Welcome to Yakyubaka.com

Tag: 寺島 成輝

寺島 成輝 (履正社)

by on Jul.28, 2014 @ 2:47 pm, under Scrapbook, 高校・大学・社会人
Tags: ,

寺島 成輝 (履正社)
てらしま・なるき

181cm / 81kg
L / L

===

履正社・寺島を巨人など6球団が視察 最速143キロ快投ショー

... 「この冬は、絶対的なストレートを投げられるよう磨いてきた」と話していたように直球主体に3回を1安打無失点に抑え3三振を奪った。直球の最速は143キロ。今春センバツ出場は果たせなかったが、巨人、ヤクルト、オリックス、日本ハムなど6球団のスカウトが最速148キロ左腕を視察し注目度の高さをうかがわせた。

Sponichi 3/12/2016

===

履正社・寺島は“能見2世”夏にかける

... 中学時代から「世代No.1左腕」の称号を受けてきた。1年夏から公式戦のマウンドを踏んできた。今秋のドラフトでは間違いなく上位候補に名前が挙がる寺島。持ち味は最速148キロをマークする直球だけではない。

阪神・能見をほうふつとさせるキレ味抜群のフォークで三振を量産してきた。先発マウンドでチェンジオブペースを実践するなど、高校生離れした投球センスは他校の指導者やプロのスカウトからも高く評価されている。

Daily Sports 1/6/2016

===

履正社・寺島150キロで夏は初聖地だ

今秋のドラフト1位候補、履正社・寺島成輝投手(2年)が4日、大阪府茨木市の同校グラウンドで始動。最速148キロ左腕は「日本中の(人が)見ている前で150キロを出したい」と宣言。

... この日は巨人・益田スカウト、阪神・畑山統括スカウト補佐が視察。益田スカウトは「高校No.1左腕」と絶賛。畑山スカウトも「車なら大きなエンジンを積んで潜在能力はある。あとは勝ちきるところを見たい」と期待した。

Daily Sports 1/5/2016

===

148キロ左腕 履正社・寺島、無安打無得点締め

最速148キロ左腕、履正社(大阪)寺島成輝(2年)は、無安打無得点試合で15年を締めくくった。11月23日の練習試合・京都成章戦で打者27人を2四球のみに抑えた。全107球中9割近くを直球で攻め「しっかり腕を振ってストレートを投げる、そのテーマでいい結果が出ました」と顔をほころばせた。

Nikkan Sports 12/31/2015

===

履正社センバツ絶望的、寺島9K1失点も完封●

<高校野球秋季大阪大会:阪南大高1-0履正社>◇10日◇3位決定戦◇舞洲

... 来秋ドラフト1位候補の寺島成輝(2年)が9奪三振1失点と力投 ...

... 「来秋の目玉候補なのは間違いない」(オリックス内匠スカウト)とすでにプロの評価は揺るぎない。だが甲子園に届かない。

Nikkan Sports 10/11/2015

===

履正社・寺島5回完全11奪三振

「高校野球秋季大阪大会・2回戦、履正社10-0高槻」(13日、履正社茨木グラウンド)

履正社が五回コールド勝ち。来年のドラフト上位候補の呼び声が高い最速148キロ左腕、寺島成輝投手(2年)が5回をパーフェクト、11奪三振と貫禄を見せつけた。

直球だけでなくスライダーやチェンジアップも駆使し、毎回2つ以上の三振を奪った。二回1死からは5者連続三振の奪三振ショー。背番号1は「球が浮いたりして思い通りにいかなかった。(自己採点は)40点くらい」と納得がいかない表情だ。それでも、183センチ、86キロの恵まれた体格から投げ下ろす直球の球威に押され、外野へ打球が飛んだ打者は1人だけだった。

Daily Sports 9/13/2015

===

2年生148キロ左腕、履正社・寺島 5失点「申し訳ない」

第97回全国高校野球選手権大阪大会2回戦  履正社1―5大阪桐蔭 (7月19日  舞洲)

... 履正社の148キロ左腕・寺島は9回5失点(自責点3)。

... 2回裏に自らの適時打で1点を先制した直後に暗転した。3回2死二、三塁で藤井を二ゴロに打ち取るも、二塁手の古川が「打球を見失って焦りました」と適時失策となって逆転を許したが「(野球に)ミスは付きもの」と表情を変えず、直後にけん制で走者を刺した。昨年夏は2番手で8イニングを1失点に封じた相手に粘投したが、終盤に重い3点を許した。

Sponichi 7/20/2015

===

履正社・寺島5失点敗退に号泣

「高校野球・大阪大会2回戦、大阪桐蔭5-1履正社」(19日、舞洲)

... MAX148キロ。この日も145キロを計測した。大阪桐蔭打線も中盤まで、その直球をまともに捉えられなかった。打っても3安打1打点。

ただ三回、タイムリーエラーで2点を失う。球の浮き始めた終盤には、さすがに大阪桐蔭の打者につかまり、最後は突き放された。

Daily Sports 7/20/2015

===

【秋季大会】履正社にスーパー1年生!5年連続センバツ出場へ意欲

◆秋季高校野球 大阪府大会4回戦 東大阪大柏原3―5履正社(東大阪大柏原G)

今春センバツ準優勝の履正社が、大阪府大会4回戦で東大阪大柏原を下し5回戦進出を決めた。2点差に迫られた6回途中から登板した寺島成輝が、5三振を奪い1失点に抑える好救援。“スーパー1年生左腕”は、大阪では史上初となる5年連続センバツ出場へ意欲を見せた。

ピンチでの緊急登板にも全く動じなかった。6回だ。4―2と2点差に迫られ、なおも2死二、三塁。ここでマウンドに上がった寺島は「点を与えたくなかった ので三振を狙った」。言葉通り、相手打者を外角低めの直球で空振り三振に斬ると、何事もなかったようにベンチへ引き揚げた。

... 終わってみれば3回1/3を3安打5K。

Sports Hochi 9/22/2014

===

履正社 底力4強、寺島好救援/大阪

<高校野球大阪大会:履正社7-1枚方津田>◇27日◇準々決勝◇舞洲

... 4回戦・八尾戦の6回で公式戦デビューし、4イニング無失点の力投で逆転勝ちを呼び込んだ。「きょうは1点勝っている展開での登板で、きょうの方が緊張しました。3年生の最後の夏に投げさせていただいていますから」と、まだあどけない顔に真剣な表情を浮かべた。

打者7人に対し、32球オールストレートで5奪三振。リードした捕手の八田夏(3年)は「先発の溝田が変化球主体だったので相手の目が慣れていると思い、真っすぐで押して行こうと決めました」と振り返ったあと「他の学校に、見せたくなかったので」とにやりと笑った。カーブ、フォークを封印し、最速144キロの直球押しで反撃を封じた。

Nikkan Sports 7/28/2014

===

Comments Off on 寺島 成輝 (履正社)