Welcome to Yakyubaka.com

Tag: 小川 泰弘

小川 泰弘 (創価大)

by on Oct.16, 2011 @ 6:42 am, under Scrapbook, 高校・大学・社会人
Tags: , ,

小川 泰弘 (創価大)
おがわ・やすひろ

172cm / 74kg
R / R

===

日本ハム上位候補に和製ライアン

日本ハムがドラフト上位候補として、和製ノーラン・ライアンと呼ばれる創価大・小川泰弘投手(4年=成章)をリストアップしていることが22日、分かっ た。最速147キロの直球とカットボール、スライダー、フォークなど多彩な変化球を操る右腕。左足を胸にくっつきそうなほど高く振り上げる投球フォーム が、メジャー324勝のライアンにそっくりだと言われる。東京新大学リーグでは通算36勝をマークし、全日本大学野球選手権でも、8強入りの原動力となっ た。球団幹部は「外れ1位で消えるかも」と、高く評価をしている。

Nikkan Sports 10/23/2012

===

オリックス ドラフト上位候補に“和製ライアン”リストアップ

オリックスが創価大・小川泰弘投手(4年=成章)を今秋ドラフトの上位指名候補としてリストアップしていることが23日、分かった。球団関係者が「上位候補のひとり」と明かした。

... 昨年ドラフトは即戦力野手中心の補強だったが、今年は投手補強に重点を置く。大学生では宮古島出身の九州共立大の左腕・川満、大体大の左腕・松葉らが上位候補。高校生では大阪桐蔭の藤浪らの名が挙がる。

Sponichi 7/24/2012 

===

オリのドラフト候補に“和製ライアン”

オリックスが今秋ドラフトの上位候補に“和製ライアン”と称される創価大の小川泰弘投手をリストアップしていることが23日、分かった。

... 最速は147キロで、カーブ、フォークなど多彩な変化球を操る。今春は同リーグ史上8人目のノーヒットノーランを達成。6月の大学選手権は2回戦で道都大(札幌学生)を3安打完封。長村編成部長は「評判通りのボールを投げていた」とさらに評価を高めていた。

Daily Sports 7/24/2012

===

“和製ライアン”創価大・小川獲り…オリックス

オリックスが今秋ドラフト上位候補として“和製ノーラン・ライアン”創価大の小川泰弘投手(22)=171センチ、79キロ、右投右打=をリストアップしていることが23日、分かった。「今年は投手中心の指名になる」と球団幹部。

左足を大きく上げる投球フォームは通算324勝、メジャー記録の5714三振を奪ったライアンにそっくり。最速147キロの直球にカーブ、スライダー、フォークなど5種類の変化球を操り、東京新大学リーグで通算30勝、リーグ記録の通算18完封と実績面でも申し分ない。他球団の動向も見ながら絞り込み作業を行っていく。

Sports Hochi 7/24/2012

===

創価大・小川、連投報われず/大学選手権

<全日本大学野球選手権:九州共立大2-0創価大>◇14日◇準々決勝◇神宮

創価大のエース小川泰弘投手(4年=成章)の連投は報われなかった。171センチと小柄ながら、メジャー300勝投手のノーラン・ライアンばりに 左足を高く上げる独特のフォームで前日は3安打完封。この日は4安打に抑えたが、打線の援護なく4強入りを前に敗れた。失点は4回、2死から四球を与え、 直後に二塁打を浴びた1点。7回、1安打されたあと野手に2つの失策が出て失った1点だった。小川は「(4回の二塁打は)ストライクを取りに行った球を狙 われた。切れがあれば違った。まだまだ力がないと思います」と話した。

Nikkan Sports 6/14/2012

===

創価大の“ノーラン・ライアン” 11K完封

全日本大学野球選手権第2日  創価大3―0道都大 (6月13日  神宮)

創価大はエース右腕・小川が先発全員となる11三振を奪い、3安打完封勝利を挙げた。

1メートル71と小柄だが、ノーラン・ライアン(現レンジャーズ球団社長)を手本に左足を胸の高さまで上げる豪快なフォームで無四球。チームを8強に導 き「(フォームは)去年から取り組んできた。あまり調子は良くなかったですけど、集中力を切らさずに投げられた」と納得の表情だった。

Sponichi 6/14/2012

===

和製ライアン創価大小川完封/大学選手権

<全日本大学野球選手権:創価大3-0道都大>◇13日◇2回戦◇神宮

和製ライアンだ。創価大(東京新大学)の小川泰弘投手(4年=成章)が道都大(札幌学生)を3安打無四球完封。171センチと小柄ながら大リーグの速球王ノーラン・ライアンばりの豪快投法で11三振を奪った。

小川は171センチの体を、背番号18が打者から見えるほどにひねる。同時に左足を高々と上げ、右足に体重を乗せると一気に投げ込む。最速143 キロ。9回、最後の打者はフォークで仕留め4者連続三振で締めた。被安打3、先発全員から11奪三振。「集中を切らさず、1球1球投げました」と113球 を振り返った。

... ネット裏に集結したスカウトの1人は匿名を希望してこう話した。「3位以内に挙がる選手です。球に力があるし今日もよかった。変化球も多い。体は関係ないですよ」と話した。変化球はスライダー、カーブ、カットボール、フォーク、チェンジアップと多彩だ。

小川もプロを志望する。「大学日本一になって、将来はプロで一流の選手になりたい」。大学日本一にはあと3勝が必要だ。「(全試合登板の)覚悟は できています。ゼロに抑えれば負けない。目の前の相手をぶっ倒すつもりで投げていきます」。目指す「一流の選手」に向け、小さな右腕がダイナミックに踏み 出した。

NIkkan Sports 6/14/2014

===

創価大エース小川3安打完封/大学選手権

<全日本大学野球選手権:創価大3-0道都大>◇13日◇2回戦◇神宮

創価大はエース小川泰弘投手(4年=成章)が3安打完封して準々決勝に勝ち進んだ。171センチと小柄な右腕は、メジャー300勝投手のノーラ ン・ライアンばりに左足を高く上げる独特のフォームから最速143キロの速球を繰り出した。さらにフォークなど変化球もおりまぜ、先発全員から計11三振 を奪った。小川は「調子はよくなかった。集中を切らさず、1球1球投げました。大学日本一になって、将来はプロで一流の選手になりたい」と力強く語ってい た。

Nikkan Sports 6/13/2012

===

小川4冠!創価大2季ぶりV/東京新大学

東京新大学野球最終週第2日(15日、大田スタジアム)2回戦2試合を行い、全日程が終了。創価大が東京国際大に6-0で快勝し、連勝で勝ち点5として2 季ぶりの優勝を決めた。東京国際大は2位。創価大は小川泰弘投手(3年)が八回からの2回を無失点。今季10試合登板で8勝0敗、防御率0・12とし、最 高殊勲選手、最優秀投手、最多勝利、ベストナインの4冠に選ばれた。

エース右腕の小川が、八回から2番手で救援し締めた。防御率を0・12で終えて、1983年春に宮山浩(流経大)が記録したシーズン最優秀防御率(0・17)を塗り替えた。8勝もシーズン最多勝利のリーグタイ記録。

Sanspo 10/16/2011

===

ドラフト・レポート

===

Comments Off on 小川 泰弘 (創価大)