Welcome to Yakyubaka.com

Tag: 山崎 錬

山崎 錬 (慶大)

by on May.05, 2012 @ 7:36 pm, under Scrapbook, 高校・大学・社会人
Tags: ,

山崎 錬 (慶大)
やまさき・れん

176cm / 81kg
R / L 

===

慶大山崎のサヨナラ弾で開幕/東京6大学

<東京6大学野球:慶大6-4立大>◇第1週初日◇8日◇神宮球場◇1回戦2試合

山崎錬は土壇場で、練習通りのスイングを繰り出した。9回無死一塁。「つないでいこう」と打席に入った。内角の落ちる変化球を巧みにすくい上げると、打球 は右翼席で弾んだ。大学通算8号は、リーグ戦初のサヨナラ本塁打。「(体勢を)崩されたけど左半身をぶつけていけた。サヨナラ安打はあるけど本塁打は初め て。みんなの気持ちが打球に乗ってくれました」。本塁で待ち受けるナインの輪に飛び込んだ。

◆山崎錬(やまさき・れん)1990年(平2)12月13日生まれ。東京都出身。小3から大阪ドラゴンズで野球を始める。中学時代は世田谷ボーイズでプ レー。慶応高では3年春夏に甲子園出場。高校通算22本塁打。176センチ、84キロ。右投げ左打ち。大学卒業後はJX-ENEOSに進む予定。

Nikkan Sports 9/9/2012

===

“錬さんボール”の成果!慶大・山崎錬 サヨナラ弾

東京六大学野球第1週第1日  慶大6―4立大 (9月8日  神宮)

秋季リーグが開幕し、2試合が行われた。第2試合では今春3位の慶大・山崎錬主将(4年)が、同点の9回に自身初のサヨナラ本塁打となる2ランを放ち、立大を6―4で下した。

... 今夏は通常の2倍の重さとなる約300グラムの球を使用し、連日ティー打撃で500球を打ち込んだ。チーム内で「錬さんボール」と呼ばれる重量球で、体全体でスイングすることを意識付けた。2回にも体勢を崩されながら中越え適時二塁打を放つなど4打点を叩き出した。

Sponichi 9/9/2012

===

初4番慶大・山崎錬が連日弾/東京6大学

<東京6大学野球:慶大11-2東大>◇第4週2日目◇6日◇神宮

打球はバックスクリーン右端に吸い込まれた。慶大の4番・山崎錬が放った打球だ。「風が強かったんで行くかなと。しっかり振れて押し込めました」。6回1 死三塁での2ラン。前日は3番で2発含む3安打5打点、4番のこの日は、1安打3打点の固め打ちだ。山崎錬は「間がとれるようになりましたから」と好調を 説明した。

...

これで打率は3割8分5厘、3本塁打、9打点と一気に数字を伸ばした。目標は4割、4本塁打、15打点に置く。「でも自分の数字じゃなく、チームのために打席に立ちたい」。目下2冠(本塁打、打点)の主将はこう締めた。

Nikkan Sports 5/7/2012

===

慶大・山崎錬が連日弾/東京6大学

<東京6大学野球:東大2-11慶大>◇第4週2日目◇6日◇神宮

慶大が東大に連勝し、勝ち点2とした。今季初めて4番に入った山崎錬二塁手(4年=慶応)は6回、前日同様にバックスクリーン右端に飛び込む2ラ ンを放った。この日は1安打3打点で、2日間で4安打(3本塁打)して8打点の荒稼ぎだ。打率3割8分5厘、3本塁打、打点9。山崎錬は「スライダーで す。風も強かったし、押し込めた。ボールが見えています」と振り返り、主将の立場からは谷田成吾外野手(1年=慶応)の神宮1号アーチも喜んだ。「これか ら強い早稲田、立教戦があるし、あの長打力は魅力です」と話していた。

Nikkan Sports 5/6/2012

===

ドラフト候補の山崎錬 特大弾連発 慶大は3連勝

東京六大学野球第4週第1日  慶大9―1東大 (5月5日  神宮)

1回戦2試合が行われ、第2試合では今秋ドラフト候補の慶大・山崎錬内野手(4年)が東大戦で自身初となる1試合2本塁打を放ち、3安打5打点の大暴れでチームを9―1の快勝に導いた。 ...

慶大は頼れる主将・山崎錬が特大弾を連発。チームを3連勝に導いた。1―1の2回2死一、三塁から初球を右翼席中段へ。7回にはバックスクリーン右へ運んだ。今季初アーチともなり「試合を見に来てくれた少年が喜んでくれたらいいなと思っていた」と、こどもの日の活躍を喜んだ。江藤省三監督のアドバイスで、この日から試合前のウエートトレを導入。「メジャーの選手も試合前にやってると聞く。これからも続けていきたい」と話した。

Sponichi 5/6/2012

===

慶大・山崎連発にビックリ/東京6大学

<東京6大学野球:慶大9-1東大>◇第4週初日◇5日◇神宮

慶大が東大に先制点こそ許したものの、4投手から大量9点を奪い、明大戦からの連勝を3とした。3番を打つ山崎錬二塁手(4年=慶応)は2回に右 翼へ3ラン、7回にはバックスクリーンへライナーで飛び込む2ランを放った。3安打5打点。山崎錬は「1本目はチェンジアップかツーシームで、打った瞬 間、行くと思った。2本目はまっすぐです。あそこまで飛ぶとは思わなかった。びっくりです」と振り返った。今季の目標を4割、4本塁打、15打点とする主 将が4週目にして本領を発揮してきた。

Nikkan Sports 5/5/2012

===

ドラフト・レポート

===

Comments Off on 山崎 錬 (慶大)