Welcome to Yakyubaka.com

Tag: 巨人

杉内 俊哉 (巨人)

by on Feb.17, 2011 @ 11:07 pm, under プロ
Tags: , , ,

杉内、充実の200球超えでフォーム固め

ソフトバンク・杉内が「200球超え」でフォームを固めた。5日、ブルペンで115球を投げだ左腕は、ある感覚をつかんだ。

「軸足にしっかりと体重を乗せればいいんだ」。軸足のためが、左腕を引き上げる時間を稼ぐ効果を生む。体の開きも抑えられ、シュート回転しない直球を投げ られる。投球練習後、サブグラウンドで遠投、強めのキャッチボールを30分追加。ブルペン投球と合わせ計200球を超えた。「(感じを)つかみつつあっ た。平らなところではいい感じ。あとは傾斜を使って投げるよ」。また、統一球対策には「ブルペンでボールを3、4個用意して替えながら投げる」と、ファウ ルなどで球が替わる場面を想定するなど準備は着々だ。

Sponichi 2/6/2011

===

Comments Off on 杉内 俊哉 (巨人)

東野 峻 (巨人)

by on Feb.17, 2011 @ 10:59 pm, under プロ
Tags: , ,

東野開幕へ300球 沢村、内海を「意識」

巨人東野峻投手(24)が16日、気合の300球超えで、自身初の開幕投手へアピールした。前日15日の紅白戦で先発して32球を投げたが、連日のブルペ ン入り。「紅白戦の内容が納得できなかったし、悔しかった。投げて調整しようと思った」。斎藤投手コーチ、ファンから大きな拍手を浴びたが、期する思いが 胸にはあった。

Nikkan Sports 2/17/2011

===

東野「メラメラ」人生最多300球!沢村に内海に負けん!

東野峻投手(24)が16日、自身初、チームでも今キャンプ最多となる300球の投げ込みを行った。調整遅れを指摘されていた昨年のチーム最多勝右腕が、一気にエンジン全開にした。

Sports Hochi 2/17/2011

Comments Off on 東野 峻 (巨人)

内海 哲也 (巨人)

by on Feb.17, 2011 @ 10:58 pm, under プロ
Tags: , ,

内海「トリプルアクセル投法」202球

巨人内海哲也投手(28)が12日、新フォームの完成を印象づけた。ブルペン入りし、今キャンプチーム最多となる202球の投げ込み。新たに取り組むフィ ギュアスケートのジャンプを参考にした「トリプルアクセル投法」で、200球を超える熱投を華麗にクリアした。2年連続3度目の開幕投手に向け、氷上なら ぬマウンド上で真価を発揮する。

Nikkan Sports 2/13/2011

===

Comments Off on 内海 哲也 (巨人)

小山 雄輝 (天理大)

by on Oct.12, 2010 @ 1:58 pm, under 高校・大学・社会人
Tags: , , ,

小山 雄輝 (天理大)
こやま・ゆうき

187cm / 77kg
R / R

===

プロ野球志望届提出 - 10月1日 > 2010年巨人4位

===

広島「岸2世」天理大・小山を上位指名へ

岸2世だ! 広島がドラフト上位候補として天理大・小山雄輝投手(4年=大府)をリストアップしていることが14日、分かった。11日の阪神大学リーグ関 西外大戦で完封した小山の投球を、苑田スカウト部長も直接視察。細身ながら187センチの長身から投げ下ろす最速149キロ右腕は、西武・岸を思わせる。 今ドラフトでは即戦力投手の補強が最優先だが、将来性抜群の好素材も狙う。

小山は最速149キロのストレートとカーブ、スライダー、フォークを駆使する本格派右腕。大学2年まで内野手としてプレーし、投手転向後の経験が浅いこと から、今後大きく成長する可能性を秘めた逸材だ。細身の長身、長い手足、そして端正なマスクは、東北学院大から入団し、西武の主力投手に成長した岸を思わ せる。

...

小山の投球を視察した苑田スカウト部長は「未完成の素材で、しなやかな感じ。ただし、投手としてはまだ経験不足。体の柔らかさを使い切れていないし、ひじの使い方もまだ分かっていないようだ。それが分かれば、大化けする可能性がある」と話した。

Nikkan Soprts 10/15/2010

===

天理大・小山に巨人3位以内

<阪神大学野球:天理大2-0関西外大>◇第7節1回戦◇11日◇南港中央

今秋ドラフト候補の天理大・小山雄輝(4年=大府)が大学最終節の登板で、評価を急上昇させた。11日の関西外大1回戦(南港中央)に先発し、6安 打4三振無四球で今季初完封。セの全6球団を含む9球団19人のスカウトが見守る中、右背筋痛からの復帰登板で好結果を出した。

最速149キロ右腕のリーグ戦最終登板になる可能性があり、中日中田、広島苑田らスカウト部長クラスを含む9球団が最終チェックに詰めかけた。小 山は三塁を踏ませない投球で今季初完封の4勝目。右背筋痛で9月27日の帝塚山大3回戦登板を回避したが、この日の最速は147キロをマーク。巨人益田ス カウトは「素材、伸びしろを考えると上位24人から36人の中に入ってくる投手」と3位以内の上位候補と断言した。

Nikkan Sports 10/12/2010

===

ドラフトレポート

===

Comments Off on 小山 雄輝 (天理大)

成瀬 功亮 (旭川実)

by on Oct.05, 2010 @ 5:03 pm, under 高校・大学・社会人
Tags: , , ,

成瀬 功亮 (旭川実)
なるせ・こうすけ

182cm / 79kg
R / R

===

プロ野球志望届提出 - 10月4日 > 2010年巨人育成6位

===

旭川実の145キロ右腕・成瀬に巨人熱視線

最速145キロ右腕には、ソフトバンクなど数球団が興味を持ち、調査書は巨人1球団に提出している。仮に指名がなければ道内の大学受験を予定するが「取ってくれる球団があるのなら、そこで精いっぱいやりたい」。巨人は育成枠での指名を含め熱視線を送っている。

育成ドラフトでの指名なら両親、岡本監督らと相談になるが「自分としては育成でも何でも行きたいと思っています」と強い意欲を持っている。小中高 を通じ、投手としては2番手のポジションが続いた成瀬の野球人生だが、努力の末に迎えるドラフト会議。スポットライトを浴びる可能性を十分に秘めている。

Nikkan Sports 10/27/2010

===

旭川実・成瀬プロ志望届を提出

今夏の甲子園に出場した旭川実の成瀬功亮(こうすけ)投手(3年)が4日、北海道高校野球連盟にプロ志望届を提出した。甲子園で自身最速を更新する145キロをマークした右腕が、28日に行われるドラフト会議での指名を待つ。

直球が売りの成瀬が決断した。プロ入り希望者に義務付けられている書類を提出し、道高野連に受理された。岡本大輔監督(37)は「本人と親御さんが相談して決めました」と経緯を話した。大学進学も考えながら、運命の日を心待ちにする。

...

旭川市出身で182センチ、79キロ。しなやかな投球フォームから投げ込むキレのある速球が持ち味で、スライダー、カーブを織り交ぜる上手投げの速球派だ。しなる腕の振りなどの素質を評価するスカウトもおり、本人も以前から将来的には「プロ志望」だった。

Nikkan Sports 10/5/2010

===

ドラフト・レポート

===

Comments Off on 成瀬 功亮 (旭川実)

和田 凌太 (広島工)

by on Jul.21, 2010 @ 12:57 pm, under 高校・大学・社会人
Tags: , , ,

和田 凌太 (広島工)
わだ・りょうた

179cm / 71kg
R / R

===

プロ野球志望届提出 - 9月17日 > 2010年巨人育成1位

===

広島工・和田2安打3打点発進/広島大会

今春の中国大会王者で第1シードの広島工は、プロ注目の和田凌太内野手(3年)が2安打3打点と活躍し、福山明王台に11-1で5回コールド勝ちし た。

ネット裏でプロ10球団のスカウト陣が見守る中、和田が2安打3打点の上々発進。初打席の初回1死二、三塁では遊ゴロも、先制の打点付き。4、5 回に適時打を放ち「調子は良くないんですが…」と詰まりながらの安打に苦笑いだった。この日、45歳の誕生日を迎えた沖元茂雄監督は「あいつは常識外の面 もある。好きにやらせていますよ」と目を細める。

Nikkan Sports 7/21/2010

===

ドラフト・レポート

===

Comments Off on 和田 凌太 (広島工)

田中 太一 (大分工)

by on Jul.21, 2010 @ 9:05 am, under 高校・大学・社会人
Tags: , , ,

田中 太一 (大分工)
たなか・たいち

179cm / 72kg
R / R

===

プロ野球志望届提出 - 9月7日 > 2010年巨人3位

===

中日ドラフト上位に大分工・田中浮上

“浅尾2世”を離さない! 中日が、28日に行われるドラフト会議の上位指名候補として、大分工・田中太一投手(3年)をリストアップしていることが9 日、分かった。全国的にはほぼ無名の選手だが、150キロ近い直球と「太一カーブ」と呼ばれる変化球が最大の特徴。スカウト陣は高校球界屈指の右腕を極め て高く評価をしており、上位での獲得を目指すことになりそうだ。

...

最大の特徴は手元でグイグイ伸びる球質だ。ややスリークオーター気味のフォームから投げ込む直球は最速149キロ。そこに、自らの名前を冠した「太一カー ブ」と呼ばれる縦変化の高速カーブを織り交ぜて三振を積み上げる。今夏の大分県大会初戦、別府羽室台戦で1試合自己最多の17奪三振を記録。決勝では強 豪・明豊を破り、5試合32回を投げ33三振を奪ってチームを甲子園に導いた。

その姿は竜のイケメン右腕と重なる。九州地区を担当する渡辺麿史スカウトは「九州では間違いなくNO・1の投手。素材的としては文句ない。状態が良ければ すぐにでも150キロは出ると思う。腕の位置だとか球質なんかはうちの浅尾と似ているんじゃないかな」。同じタイプの投手として今季、59ホールドポイン ト、47ホールドと日本新記録をマークした浅尾の名前を挙げた。

Nikkan Sports 10/10/2010

===

大分工・田中2ケタK狙う/夏の甲子園

いきなり同じ九州の延岡学園と対戦することが決まった。口蹄(こうてい)疫問題の影響を受けた宮崎県を勝ち抜いたチーム。「初めて対戦するので。どこと対 戦しても同じです」。特別意識がないのは自信の裏返しでもある。大分大会では自己最速タイの148キロをマークし、自慢の「太一カーブ」も武器に三振の山 を築いた。5試合で32イニングを投げて33奪三振。プロも注目する九州の「ドクターK」は甲子園の大舞台でもその力を十分に発揮するつもりだ。「本音で 言えば、関東とか、強豪のチームと対戦したかったという気持ちはありますが、まずは初戦は勝ちにいくことです」と口元を引き締めた。

Nikkan Sports 8/15/2010

===

大分工のドクターK、甲子園へ/大分大会

<高校野球大分大会>◇27日◇決勝

「太一カーブ」で甲子園へ乗り込むぞ! プロ注目の148キロ右腕、大分工の田中太一投手(3年)が明豊を破り、17年ぶり3度目の甲子園出場を 決めた。9回、明豊の追い上げをしのいで3-2で逃げ切った。大分大会5試合32イニングで33奪三振の「九州のドクターK」が甲子園で三振を狙う。

Nikkan Sports 7/28/2010

===

大分工・田中148キロ17K/大分大会

ドラフト候補右腕、田中太一投手(3年)が初戦の別府羽室台戦に先発し、17奪三振で1安打完封した。10球団30人のスカウトの前で、自己最速タイの 148キロをマーク。9回の先頭打者に初安打を許して大記録は逃したが「九州NO・1右腕」の実力を示した。中日中田スカウト部長は「ドラフト上位で消え る可能性がある素材。見て良かった」と話した。田中の目標はプロ。九州では珍しい楽天ファンという右腕の今後が注目される。

Nikkan Sports 7/21/2010

===

巨人スカウト絶賛!「大分のドクターK」10球団の前で圧巻17K!

【大分・大分工4-0別府羽室台】10球団のスカウトが熱視線を送った大分工の田中太一投手(3年)が、別府羽室台戦で17奪三振の快投で1安打完封勝 利。「大分のドクターK」の実力を見せつけた。

...

MAX146キロの直球と120キロ台後半の「太一カーブ」が効果的だった。「太一カーブ」とは昨夏、力んで投げたカーブが高速のまま鋭く落ちた偶然から 誕生した魔球。「リリースポイントが定まらなかった。40点」と本人は不満顔も、巨人の武田スカウトは「切れも伸びも素晴らしい。これで完ぺきじゃない の?」と絶賛した。

Sponichi 7/21/2010

===

ドラフト・レポート

===

Comments Off on 田中 太一 (大分工)

沢村 拓一 (中大)

by on Sep.15, 2009 @ 8:09 pm, under 高校・大学・社会人
Tags: , , , ,

沢村 拓一 (中大)
さわむら・ひろかず

184m / 86kg
R / R

===

プロ野球志望届提出 - 10月13日 > 2010年巨人1位

===

沢村登板せず 東洋大が2位/東都大学

<東都大学野球:東洋大5-3中大>◇最終週最終日◇29日◇神宮

東洋大が中大を破り、勝ち点4として2位を決めた。中大は勝ち点3のまま終わり3位となり、巨人から1位指名された沢村拓一投手(4年=佐野日 大)の登板はなかった。

Nikkan Sports 10/30/2010

===

中大・沢村が完封 ドラフト前に真価発揮

ドラフト会議前日の登板となった中大の沢村が12奪三振で完封。巨人など複数球団による競合が確実視される剛腕が真価を見せつけた。

序盤は変化球を多投したが、中盤からエンジン全開。持ち味の150キロを超す剛速球で押し、七回を除いて毎回三振を奪った。第2試合で国学院大が優勝を決 め、残念ながらラストシーズンをリーグ制覇で飾ることはできなかったが「負ければ終わりのゲームに先発するのはものすごく光栄。勝ててよかった」と笑顔を 見せた。

Sanspo 10/27/2010

===

中大・沢村「いいドラフトになればいい」

<東都大学野球:中大4-0国士舘大>◇第4週3日日◇27日◇神宮

最速157キロのドラフト1位候補、中大・沢村拓一投手(4年=佐野日大)がドラフト会議を翌日に控え、4安打完封、12三振を奪う好投。試合後にテレビカメラ4台、約50人の報道陣を前に会見した。

Nikkan Sports 10/27/2010

===

中大・沢村が4安打12K完封/東都大学

<東都大学野球:中大4-0国士舘大>◇第4週3日日◇27日◇神宮

最速157キロのドラフト1位候補、中大・沢村拓一投手(4年=佐野日大)がドラフト会議前最後の登板。4安打完封、12三振を奪う好投を披露した。

この日の最速は155キロ。中盤、スライダーが抜け始めると、ストレートで押すなど臨機応変の投球で国士舘打線を寄せ付けなかった。

Nikkan Sports 10/27/2010

===

中大・沢村、巨人と相思相愛の157キロ右腕

身長1メートル84、体重90キロの堂々たる体格から、学生最速タイの157キロの直球を投げ込む中大の右腕・沢村拓一(ひろかず)投手。今夏の世界大学 選手権は左脇腹肉離れで日本代表の座を辞退したが、患部をかばって8分の力で投げることを覚えて逆に球の伸びが増し、「ひと皮むけた」と評するスカウトは 多い。巨人と相思相愛だが、果たして1本釣りとなるか。

Sasnpo 10/27/2010

===

沢村「向こうがどういうものなのか凄く興味がある」

沢村自身、メジャーにも興味を示している。昨年は中大の1年先輩、中村尚史投手がインディアンスとマイナー契約。海の向こうが身近な存在となったようで 「中村先輩が頑張っていることは凄い刺激になってる。向こう(米大リーグ)がどういうものなのか、凄く興味がある」とも語っている。

Sponichi 10/26/2010

===

ドラフト風雲急!沢村獲り、ヤンキース参戦!

今ドラフトの目玉、中大の157キロ右腕・沢村拓一投手(22)について、ヤンキースが身分照会を行ったことが25日、分かった。 沢村は28日のドラフ ト会議で巨人をはじめとする複数球団が1位指名を検討している逸材。メジャー志向も持っている沢村の獲得にヤ軍が本腰を入れる構えを見せたことは、国内球 団の戦略に影響を与えることは必至だ。本番3日前にしてドラフトが風雲急を告げてきた。

Sponichi 10/26/2010

===

沢村「僕の意志は固いです」/東都大学

運命のドラフトまで5日と迫った。すでに巨人が1位指名の方針を固めている。意中の球団を表明することはできないが「意志あるところに道はある。信じて待 つしかない。僕の意志は固いです」と口調を強めた。国士舘大(1勝)東洋大(1勝1敗)から勝ち点を挙げれば優勝の可能性が残されている。「ここから2連 勝しますよ」。大学創立125周年のメモリアルVと、夢だったプロ入り-。まだあきらめるわけにはいかない。

Nikkan Sports 10/23/2010

===

中大沢村156キロも…負けた/東都大学

<東都大学野球:国学院大2-0中大>◇第7週最終日◇22日◇神宮

最速157キロ右腕、中大・沢村拓一投手(4年=佐野日大)が、今季2敗目を喫した。4回、1死三塁から野選で先制を許すと、後続に適時二塁打を 浴びた。直球の最速は156キロをマーク、14三振を奪って完投したが、打線の援護に恵まれなかった。勝ち点を落とし、首位からも陥落。「見ての通りで す。負けは負けなんで」と表情は硬かった。

Nikkan Sports 10/22/2010

===

中大・沢村14奪三振の好投も敗戦/東都

東都大学野球リーグ第7週第3日(22日、中大-国学大、神宮)中大の沢村は14三振を奪いながらの敗戦にショックを隠せなかった。「調子は良くも悪くもなかった。(四回に二塁打で)2点目を取られたのは力不足」と言って口を固く結んだ。

Sanspo 10/22/2010

===

巨人清武代表あらためて「沢村1位」

巨人清武球団代表が20日、中大・沢村拓一投手(4年=佐野日大)を28日のドラフト会議で1位指名する方針をあらためて明言した。19日のスカウト会議 を「圧倒的多数のスカウトが沢村君を高評価した」と振り返り、チームの補強ポイントに合致する先発完投型であること、沢村本人が巨人入りを希望しているこ となども決め手になったと明かした。また、今回のドラフトの指名方針について「投手中心の補強にしたい。何人か将来の礎となるような投手をとりたい」と見 通しを語った。

Nikkan Sports 10/21/2010

===

中大・沢村14回156球完投/東都大学

<東都大学野球:中大2-1国学院大>◇第7週初日◇19日◇神宮

1回戦3試合を行い、今秋ドラフトの目玉右腕、中大・沢村拓一投手(4年=佐野日大)が国学院大に延長14回完投勝利を挙げた。ヤンキースなど日米12球団スカウトの前で、最速154キロ、散発8安打6奪三振1失点にまとめた。

延長14回、156球を投げ終えた沢村は、涼しげな表情で会見場に現れた。「疲れてないです。15回でも20回でもいけました」。驚異のスタミナで見せつけた投手戦に「ものすごく楽しかった。観客を魅了できたと思う」と満足げだ。

Nikkan Sports 10/20/2010

===

巨人「沢村1位」相思相愛157キロ右腕

巨人が最速157キロ右腕、中大・沢村拓一投手(4年=佐野日大)を、ドラフト会議で1位指名する方針を固めた。19日、東京・大手町の球団事務所でスカウト会議を開き、指名選手の絞り込みを行った。

...

残り少ないドラフト前の登板に、ネット裏には日米12球団のスカウトが集結。広島苑田スカウト部長は「いつもよりコースは甘い気がするけど、ここまで放れ るのは立派なもん」と変わらぬ高評価を与えた。プロへのアピールの時期は終わったという右腕が欲するのは、6年ぶりの優勝だけ。勝ち点2が4校並び、白星 は落とせない。「とにかく次まで、必死になってやりたい」と力を込めた。

Nikkan Sports 10/20/2010

===

巨人、ドラ1は沢村「先発完投型で一番」

巨人が19日、都内でスカウト会議を開き、28日のドラフト会議で中大の最速157キロ右腕、沢村拓一投手(4年)を1位指名する方針を固めた。

球団関係者は沢村に絞った理由について「先発完投型がウチのチームにとってもっとも必要だった。その中で一番、評価が高かったのが沢村だった」と説明した。

Sanspo 10/20/2010

===

中大・沢村14回完投勝利/東都大学

<東都大学野球:中大2-1国学院大>◇第7週初日◇19日◇神宮

1-1のまま延長14回まで続いた投手戦は、157キロ右腕、中大・沢村拓一投手(4年=佐野日大)に軍配が上がった。沢村は156球を投げ、8 安打6奪三振。4回に四球から先制点を失ったが、その後は散発3安打に抑えた。国学院大を含め、勝ち点2で並ぶ4校が優勝へしのぎを削っており「自分の与 えられた試合はもう負けない」と頼もしかった。

Nikkan Sports 10/19/2010

===

スカウト陣ホレ直した 沢村 延長14回でも150キロ「20回でもいけた」

【中大2―1国学院大】中大の剛腕、沢村が延長14回、156球を1失点で投げ抜いた。「疲れはなかった。15回でも20回でも(いけた)。すごく楽しかった」と笑った。

1回から150キロ台の直球を連発し、圧倒的な球威でねじ伏せていく。14回にも150キロを計測した。ネット裏にはプロ野球のスカウトが多く詰め掛け ていたが「アピールの時期は終わった。今はドラフトのことは考えていない。最後は笑って終わりたい」とラストシーズンを優勝で飾ることを誓った。

Sponichi 10/19/2010

===

中大・沢村、意中の球団があるらしい

<東都大学野球:東洋大2-0中大>◇第6週初日◇14日◇神宮

中大の高橋善正監督(66)は試合後、沢村拓一投手(4年=佐野日大)がプロ志望届を提出したことについて「意中の球団があるのは、そうらしい」 と明かした。さらに「自分が思っているところなら、すんなり(いく)。そうじゃなかったら、いろいろ考えられる」と続け、意中の球団を表明できない現行の ルールについては「自分の行きたいところも言えないのはおかしいんじゃないのか」と持論を展開した。

Nikkan Sports 10/15/2010

===

沢村155キロ2失点完投も黒星/東都大学

<東都大学野球:東洋大2-0中大>◇第6週初日◇14日◇神宮

1回戦を行い、今秋ドラフトの目玉右腕、中大・沢村拓一投手(4年=佐野日大)が優勝を争うライバル東洋大に敗れた。日米14球団スカウトの前で、プロ志望届提出後初登板。最速155キロで2失点完投したが、打線の援護に恵まれなかった。

Nikkan Sports 10/15/2010

===

巨人 広島など11球団 再度高評価も沢村「情けない ふがいない」

【中大0―2東洋大】「体も開くし技術的にまだ甘い。情けない」。12奪三振を記録しながら、敗戦投手になった沢村は唇をかんだ。

この日も巨人、広島など国内11球団のスカウトが姿を見せ、広島の苑田スカウト部長は「ちょっと球に切れがなかったけど、プロでも9回投げて十分勝てる 投手」とあらためて評価。ただ、沢村の理想は高く「プロでは即戦力として2ケタ勝つつもりでやっているので、ふがいない。あす(15日)、あさっても投げ て、何とかしたい」と雪辱に闘志を燃やした。

Sponichi 10/15/2010

===

中大・沢村2失点完投も敗戦/東都大学

<東都大学野球:東洋大2-0中大>◇第6週初日◇14日◇神宮

今秋ドラフト目玉右腕、中大・沢村拓一投手(4年=佐野日大)が138球を投げ抜き6安打6奪三振2失点で完投したが、打線の援護に恵まれずに敗 れた。13日にプロ志望届を提出後、初めての試合だった。「調子がいいとか悪いとかじゃなくて、負けたことがすべて」と責任を背負い込んだ。

Nikkan Sports 10/14/2010

===

横浜オーナー、ドラフトは中大・沢村も視野

横浜・若林オーナーが10日、28日に迫ったドラフトについて初めて言及した。「東都(大学リーグ)にはハングリー精神がある」とした上、ドラフトの目玉 右腕、中大・沢村投手について聞かれると「くじ引きになってもいくと思うよ」と私見を述べた。球団編成部では、即戦力左腕の獲得を目指してスカウト活動を 行っており、絞り込みに注目だ。(都内)

Sanspo 10/11/2010

===

“視覚”の中大・沢村 アマNo.1の素材

MAX157キロの沢村の魅力はもちろん直球だ。神宮の電光掲示板に次々と表示される150キロ超の剛球は、相手打者はもちろんスタンドの「視覚」にも強烈なインパクトを与える。

「アマチュアの中でNo・1の素材。体つき、スピード、そして右打者のアウトローへの制球が素晴らしい。投げ方は違うが、タイプ的には直球で打者に攻め込んでいった斎藤雅(巨人投手コーチ)に近い」

...

「春まではスピードガンの数字を追いかけていたのではないか。今は打者を見て投げられるようになっている。速い球だけでなく、変化球の組み立てもできるようになった」

Sponichi 10/6/2010

===

沢村が連続完封で中大単独首位/東都大学

<東都大学野球:中大4-0国士舘大>◇第4週初日◇1日◇神宮

被安打8、奪三振は6止まりだった。1回に最速156キロをマークしたが、スライダー、フォークなど変化球が抜け、制球がままならない。「修正しようとし てできなかった」。本来なら28日に予定された試合だった。雨天順延に、東京6大学の日程にも左右されてずれ込んだ。「アップから重かった。体重移動がう まくいかない。軸がブレる。下(下半身)を使えばいいのに、使えなかった」と反省の弁が続いた。

Nikkan Sports 10/2/2010

===

156キロ!沢村完封で中大先勝/東都大学

<東都大学野球>◇第4週初日◇1日◇神宮

中大が4-0で国士舘大に先勝した。エース沢村拓一投手(4年=佐野日大)が最速156キロをマークし被安打8で完封した。これで亜大戦に続いて 2試合連続完封だ。チームは5連勝(1敗1分け)とし、勝ち点2のままながら、勝率で単独首位に立った。沢村は「フォームがバラバラ。力んでしまった。点 を取ってもらったあとにはギアを入れたんですが。序盤に力まなければ、もっといい投球ができた」と話し、笑顔はなかった。青学大は4回に一挙4点を奪い、 その後も追加点を挙げ6-2で東洋大を下した。

Nikkan Sports 10/2/2010

===

156キロ!沢村完封で中大先勝/東都大学

<東都大学野球>◇第4週初日◇1日◇神宮

中大が4-0で国士舘大に先勝した。エース沢村拓一投手(4年=佐野日大)が最速156キロをマークし被安打8で完封した。これで亜大戦に続いて 2試合連続完封だ。チームは5連勝(1敗1分け)とし、勝ち点2のままながら、勝率で単独首位に立った。沢村は「フォームがバラバラ。力んでしまった。点 を取ってもらったあとにはギアを入れたんですが。序盤に力まなければ、もっといい投球ができた」と話し、笑顔はなかった。青学大は4回に一挙4点を奪い、 その後も追加点を挙げ6-2で東洋大を下した。

Nikkan Sports 10/1/2010

===

中大・沢村に関する各球団スカウトの評価

◆巨人山下スカウト部長 「春より格段に良くなっている。春はストレート一本だったけど、緩急を使って、空振りがとれるようになった。投球の幅が広がった。違う沢村君を見ているようだ」。

◆西武鈴木編成部長 「今日は満点。コントロールが良くて、低めに変化球が決まるから、真っすぐも生きる。緩急が使えるようになった」。

◆阪神中尾スカウト 「今までで、変化球のキレが1番良かった。体の力みが抜けて、高めに浮くボールがほとんどなかった」。

◆中日中田スカウト部長 「スピードにこだわらず、間を取って投げていた。軸足に体重が乗るようになって、球持ち、キレが良くなった。プロで間違いなくやってくれる確証がある」。

◆広島苑田スカウト部長 「左足を踏み出してからの間ができた。スライダー、フォークのキレも良い。両サイドにも投げ分けられてた。今まで見た中で最高の出来」。

◆横浜武居スカウト 「カーブのコントロールがとても良かった。空振りで三振も取れていたし、高めも有効に使っていた」。

◆日本ハム大渕スカウトディレクター 「9回まで(直球が)145キロを切らない。それだけで素晴らしい。軽そうに放っている。特に変化球が良かった」。

Nikkan Sports 9/24/2010

===

中大・沢村、復活!10回16K完封

ネット裏で見守った巨人の山下スカウト部長は「今までで一番良かった。他球団の評価も上がるんじゃないか」と大絶賛。MAX157キロ右腕が、ドラフトを前に自らの評価をグッと高めた。

Sponichi 9/22/2010

===

復活16K!中大・沢村10回完封/東都

プロ12球団のスカウトが見詰める中、カーブ、スライダー、フォーク、ツーシームを自在に駆使しての白星。「直球で空振りを取れたり、詰まらせてファウルにできた」と、直球にも大きな手応えがあった。

Sanspo 9/22/2010

===

中大・沢村復帰即16K完封/東都大学

<東都大学野球:中大1-0亜大>◇第3週初日◇21日◇神宮

今秋ドラフト目玉候補、中大・沢村拓一投手(4年=佐野日大)が、今季初先発で、自己最多の16奪三振完封を決めた。亜大・東浜巨投手(2年=沖 縄尚学)と投げ合い、延長10回132球で3安打に抑えた。今夏左脇腹痛で大学日本代表を辞退したが、国内12球団スカウトの前で最速155キロを披露。 課題だった変化球の制球も向上し、延長10回に4番井上晴哉内野手(3年=崇徳)のサヨナラ本塁打を呼び込んだ。

Nikkan Sports 9/22/2010

===

沢村 16奪三振に終始笑顔

【中大1―0亜大】試合後、中大の沢村は終始笑顔だった。好投手、東浜との対決に立ち上がりから飛ばした。ただ、力でねじ伏せるというより、変化球を多めに緩急をつけることで亜大を翻弄し、16奪三振につなげた。

「とにかく負けないように、1回、1球を大事にした。僕は先発完投型だから、めりはりの利いた投球を心掛けた」という沢村は、三振について聞かれると 「それより出してはいけない四球など反省材料がある」と謙遜。井上晴のサヨナラ本塁打はベンチ裏にいて見ていなかったそうだが「報われた思い」と、今季初 完封を喜んだ。

Sponichi 9/21/2010

===

中大・沢村21日亜大戦で先発復帰

中大の最速157キロ右腕、沢村拓一投手(4年=佐野日大)が、21日の亜大戦で先発復帰する。7月25日の大学日本代表のオープン戦で左脇腹を肉離れ し、同代表を離脱。5日の青学大戦に2番手で6回1/3を投げたが、先発は今秋5戦目で初となる。高橋善正監督(66)は「放れるかと聞いたら、放れます と言っていたから」と先発起用にゴーサイン。沢村は18日のシート打撃で約70球を投げており、この日は遠投で最終調整した。「ケガは一切ない。明日から 本番だと思ってやりたい」と力を込めた。

Nikkan Sports 9/21/2010

===

中大・沢村1失点「ひどい」/東都大学

<東都大学野球:中大4-2青学大>◇第1週最終日◇7日◇神宮

7月下旬に左脇腹を肉離れし、5日の2回戦で負傷後最長の6回1/3を投げたばかり。自己最速タイの157キロをマークし復調を思わせたが、この日 は右ひじに張りを覚えた。高橋善正監督(66)は「ひじが張っているという話だった。普通に抑えて状態が良ければ、9回まで行く予定だった」と話した。右 ひじの張りは、今春のリーグ戦終盤にもあった症状。沢村は「脇腹、ひじのこともあって思うように体が動かず、これ以上投げると迷惑がかかると思った。今は 大丈夫」と話したが、今後の状態が心配される。

次戦は21日の亜大戦。沢村は「ケガ(の悪化)もないだろうと思う。先発完投するつもりです」と、巻き返しを誓った。

Nikkan Sports 9/8/2010

===

中大・沢村復調再び157キロ/東都大学

7月25日、大学日本代表のオープン戦で左脇腹を肉離れ。北海道キャンプには帯同しなかった。例年、夏場は体重が2キロ落ちるが、トレーニングと焼き肉、 馬刺しなどでタンパク質を積極的に摂取し、ベストの90キロをキープした。この日は、負傷後最多の6回1/3、97球を投じ、150キロ超えを連発した。 患部を気にするしぐさも見られたが「(内容は)納得いく状態じゃない。正直、筋肉が離れるんじゃないかという怖さは少なからずあった。でも、離れなかっ た。それはプラスだと思う」と話した。

Nikkan Sports 9/6/2010

===

沢村157キロ!脇腹痛も「行けます」

東都大学野球リーグ第1週第2日は神宮球場で2回戦2試合を行い、今ドラフト1位候補の157キロ右腕、中大・沢村拓一投手(4年)が第1試合で今季初登 板した。左脇腹痛の影響で調整が遅れていたが、2番手でマウンドに上がると自己最速タイの157キロをマーク。日米15球団のスカウトをうならせた。試合 は04年春の亜大―駒大2回戦以来6年ぶりとなる延長15回引き分に終わった。連覇を狙う東洋大は連勝で勝ち点1を挙げた。

沢村はブルペンから高橋監督に「行けます」と意思表示するとマウンドに向かった。1点ビハインドの5回2死二塁。7月に痛めた左脇腹は完治していない。だ が「気」は充実していた。

...

今秋ドラフト目玉右腕の初登板。ネット裏には日米計15球団のスカウトが熱い視線を送った。沢村はリーグ戦前、進路について高橋監督に「僕は国内(球団志 望)です」と明かしているが、大リーグのジャイアンツ・嘉数スカウトは「状態が悪い中で立派。アメリカでもドラフト1巡目(30人)に入る」と大絶賛。金 の卵の調査を今後も続けていく方針だ。

Sponichi 9/6/2010

===

中大・沢村が最速タイ157キロ/東都大学

<東都大学野球:中大2-2青学大>◇第1週2日目◇5日◇神宮

今秋ドラフトの目玉候補右腕、中大沢村拓一投手(4年=佐野日大)が青学大戦の5回2死から登板した。二塁に走者を背負っていたが、3番木野学内 野手(3年=PL学園)を自己最速タイの157キロ直球で空振り三振に切って取った。7月下旬に痛めた左脇腹肉離れの状態が心配されたが、その後も150 キロ台の直球を連発。6回3分の1を5安打1失点で抑えた。沢村は「ケガもなかった。それはプラスかなと思う」と収穫を口にしながらも、「勝ち試合だっ た」と、延長15回引き分けに終わったことを悔やんでいた。

Nikkan Sports 9/5/2010

===

中大・沢村、開幕カードは先発回避へ

今秋ドラフトの目玉右腕、中大・沢村拓一投手(4年=佐野日大)が、4日の東都大学秋季リーグ開幕戦の先発を回避することが濃厚になった。開幕前日の3 日、東京・八王子市の同大グラウンドでノースロー調整。左脇腹の肉離れから復帰し、8月31日の早大戦では154キロをマークしたが、高橋善正監督 (66)は「将来がある選手。先発させれば7、8回にまた痛める怖さがある。無責任なことはできない。勝っていたら最後はいかせるかな」と、クローザー起 用する考えを示した。

開幕カードを終えれば翌週は試合がなく、次戦は21日からになる。再調整期間は十分。沢村は「自分が、という思いは正直あるけど、与えられたイニングを無 失点に抑えたい」と気持ちを高めた。早大戦では29球中17球が150キロ超え。「痛みはない。思ったより体の張りもないです」と状態は快方に向かってい る。

Nikkan Sports 9/4/2010

===

沢村“秋の主役”だ!脇腹痛も「気」は充実

開幕を翌日に控えたこの日、沢村はキャッチボールやランニングなど軽めのメニューで終えた。1日にブルペンで約20球を投げたが、ここ2日間はノース ロー。体調は決して万全ではない。だが「気」は充実している。

世界大学選手権前の強化試合(7月25日)で左脇腹の腹斜筋を痛めた。早大・斎藤と並ぶ主戦として期待されていた責任感から強行出場も頭をよぎったが、 榎本監督らに「無理はするな。おまえには将来がある」と諭されて代表を辞退した。寝返りを打つのもつらいほどの重症。8月のチームの北海道合宿にも参加せ ず、八王子市内の練習場で必死にリハビリに励んだ。

Sponichi 9/4/2010

===

中大・沢村 154キロ連発で“不安”一掃

【中大0―4早大】中大は31日、創立125周年記念試合として神宮で早大と対戦。今秋ドラフト1位候補の157キロ右腕、沢村拓一投手(4年)が最速 154キロをマークするなど2回を3安打無失点1奪三振で、国内11球団のスカウトが見守る前で左脇腹痛の不安を一掃した。

初回の第1球。「154」の球速表示に約6000人の観衆が沸いた。19球投げた直球のうち150キロ以上が17球で、154キロを4度記録した。7月 25日に大学日本代表の強化試合(JR東日本戦)で左脇腹を痛め、世界大学選手権を辞退。「状態は半分くらい。ほとんどぶっつけ本番です」。本格的に投球 を再開したのは1週間前で、故障個所を気にするしぐさも見せたが、巨人の山下スカウト部長は「治っていなかったらあれだけ投げられない。大丈夫そう」と安 どの表情を浮かべた。

Sponichi 9/1/2010

===

中大・沢村154キロで2回0封/大学野球

<中大創立125周年記念試合:早大4-0中大>◇31日◇神宮◇観衆6000人

中大は左脇腹痛で大学日本代表を辞退した沢村拓一投手(4年=佐野日大)が先発し、最速154キロで2回を無失点に抑えた。「今まで当たり前のこ とを当たり前にできないもどかしさがあったけど、投げられて良かった」と安堵(あんど)した。

Nikkan Sports 8/31/2010

===

中大・沢村が世界大学野球辞退、故障で

世界大学野球選手権(30日開幕・神宮ほか)の大会事務局は7月27日、右脇腹を負傷した最速157キロ右腕、中大・沢村拓一投手(4年=佐野日大)が日 本代表を外れ、代わりに法大・加賀美希昇投手(4年=桐蔭学園)を招集すると発表した。沢村は25日に行われたJR東日本とのオープン戦に先発した際、右 脇腹を痛め3回途中で降板した。26日のプロ選抜戦は登板しなかったが、チームに帯同。31日の予選リーグ第2戦、中国戦に先発予定だった。

Nikkan Sports 7/28/2010

===

沢村右ひじ全快、19日から大学代表合宿

最速157キロ右腕、中大・沢村拓一投手(4年=佐野日大)が18日、19日からの大学日本代表選考合宿に向けて全快をアピールした。リーグ戦終盤、右ひ じの違和感を訴えていたが、この日は東京・八王子市の同大グラウンドで36球の投球練習を行った。「もう全然大丈夫です。前回選ばれたからといって気の緩 みはない。世界と戦えるように、しっかり結果を出したい」と気持ちを高めた。

Nikkan Sports 6/19/2010

===

沢村終戦「ゼロからやり直し」/東都大学

中大のドラフトの超目玉右腕、沢村拓一投手(4年=佐野日大)の今季が終わった。18日の1回戦でヒジを気にしていたが、高橋善正監督(66)はこの日 「痛みはないが、ハリがあるようだ」と話し、20日の3回戦に起用しない考えを明かした。沢村は今季、最速157キロを記録し5勝3敗、防御率1・23の 成績を残した。試合後「目の前で胴上げを見せられて悔しいが、全力でやって負けたのでしょうがない。ヒジ? 大丈夫です。明日が終わったらゼロからやり直 します」と話した。

Nikkan Sports 5/20/2010

===

中大・沢村、MAX151キロ止まり/東都

東都大学野球第7週第1日(18日、神宮)エース沢村は5安打2失点で完投したが、14日の亜大3回戦(6安打1失点)に続く黒星で今季3敗目(5勝)を 喫した。「(味方打線が)点を取れなければ、自分が抑えればいいだけの話。力不足です」。その亜大戦からは中3日。右ひじに張りを覚えながらの登板は、最 速151キロ止まりだったが「ひじは大丈夫です」と言い訳はしなかった。

Sanspo 5/19/2010

===

中大・沢村1失点も「力不足」/東都大学

沢村は最速152キロを記録。被安打6、10三振を奪いながら1点に泣いた。

...

そんな流れでも最速152キロをマークし奪三振10。うち3球三振が4つもあった。「ナオ(東浜)が内野ゴロが多かったんで、見ている人はつまらないと 思って。(三振を)狙うところは狙いました」。この敗戦で先頭にいた優勝争いからは後退したが、プロが注目する右腕の実力はしっかりと見せつけた。

Nikkan Sports 5/15/2010

===

1失点完投も…中大・沢村「負けたら意味がない」

【中大0―1亜大】東都大学野球第6週最終日(14日 神宮)中大は、157キロ左腕のエース沢村が6安打1失点完投、10奪三振も援護がなく自力優勝が 消滅した。

Sponichi 5/15/2010

===

鉄腕!中大・沢村、中1日10K!/東都

東都大学野球リーグ第6週第3日(14日、神宮)今秋のドラフトの超目玉、中大の157キロ右腕・沢村拓一投手(4年)が14日、亜大3回戦に先発。亜大の2年生エース、東浜巨(なお)投手との息をのむ投げ合いは、味方の援護を得られず0-1で惜敗した。それでも、今季7試合(5勝2敗)で計57イニ ングを投げ抜いた“鉄腕”は、変化球を巧みに交えるなど、進化を続ける投球術でスカウト陣をうならせた。

...

スタンドから熱い視線を送った広島・苑田スカウト部長は、この日の沢村がスライダー、カーブ、フォークを巧みに駆使していたことを指摘。「今までは 何もかも全力で投げている感じだったが、(変化球のまじえ方など)何かコツをつかんだ感じがする。体で覚えれば鬼に金棒だ」と舌を巻いた。

さらに注目すべきはそのタフさ。開幕戦の国士舘大1回戦(4月13日)で延長10回を投げ2失点完投したのをはじめ、ここまで7試合で5勝2敗。このうち 完投「5」、イニング数は「57」に上る鉄腕ぶりだ。

Sanspo 5/15/2010

===

王さん絶賛!中大・沢村1失点完投/東都

この日は日米9球団のスカウトが集合。ソフトバンク・王球団会長も、東京六大学春季リーグ戦(4月25日・早大-明大2回戦、5月1日・東大-早大 1回戦)に続いてバックネット裏のヤクルト・オーナー室で初視察。MAX156キロをマークするなど、力強い沢村の投球にうなった。

「一 発打たれたが、いい球を放っている。さすがだ。変化球と緩急をつけていたのは良かった。完投能力もあるし、力があるのは分かっているよ」

この王会長の談話を伝え聞いた沢村は「先発完投が僕のスタイル」と胸を張った。“世界の王”に強烈な印象を与えた沢村が、秋に向かって勢いを増していく。

Sanspo 5/13/2010

===

相変わらずの人気 沢村に9球団スカウト集結 王会長も評価

ソフトバンクの王球団会長が初めて東都大学リーグを視察。中大・沢村については「一発は打たれたけど、いい球を放っていた。変化球で緩急をつけていたのが 良かった」と話した。ネット裏には日米9球団のスカウトが集結。横浜の欠端スカウトは「これだけ速い直球を投げられる投手はなかなかいない」として、変わ らぬ評価を口にしていた。

Sponichi 5/13/2010

===

鷹・王会長が中大・沢村を絶賛/東都

東都大学野球リーグ第6週第1日(12日、神宮)プロ野球ソフトバンクの王会長が東都大学リーグを初めて視察した。最速157キロを誇る中大の沢村につい て「完投能力があるし、さすがですね。とにかく力があるのは分かった」と本格派の右腕を絶賛した。

Sanspo 5/12/2010

===

小宮山氏が中大・沢村を絶賛/東都大学

フォームも理にかなっている。問題点はない。ただ打者に向かって左足を踏み出して行くときに、上半身も同じように出ていく。上半身がもう少し遅れて 出てくれば、打者からすればタイミングがとりづらいし、打ちにくい。150キロが160キロにも感じられるかもしれない。上半身のねじりをギリギリまで 粘って欲しいが、それは欲を言えば、ということで決して欠点ではない。

欲を言うついでにいわせてもらえば、左腕をもっと上手に使えたら、もっと緩い球、例えば緩いカーブをマスターすれば、ということも挙げられる。た だ、あれだけ速い腕の振りをする投手が、より緩いボールをコントロールするのは難しい。できれば鬼に金棒だろうが、現状の変化球でも通用するし、悪いとい うことではない。

私が見た今年のアマ球界の投手では、沢村がNO・1だ。早大にもドラフト候補が3人(斎藤佑樹、大石達也、福井優也)いるが、現状の力でいえば、 沢村が上。投手としての完成度で上回っている。故障さえしなければ、プロのレベルでも十分に通用する楽しみな投手である。

Nikkan Sports 5/7/2010

===

沢村圧巻145キロ高速フォーク!中大Vへ奪首

元ヤンキース・伊良部ばりの高速フォークにはスカウト歴35年目の広島・苑田部長は「野茂や佐々木も130キロ台だったぞ」と目を丸くした。優勝に大きく 前進した高橋監督は「優勝争いで力を出せるのは大したものだ」とエースを絶賛。沢村は「豊作と言われる4年生の中で誰にも負けたくない」と力強かった。

▼巨人・伊原ヘッドコーチ プロでも球が速いのはたくさんいるけど、沢村の場合は縦のカーブ、スライダーもある。横浜の寺原タイプだね。プロでも十分に 通用するでしょう。活躍するかどうかは分からないけど…。

Sponichi 5/7/2010

===

中大・沢村にG熱視線!12K奪首投/東都

この日は日米11球団のスカウトが集結。中大OBのオリックス・熊野スカウトは「プロで勝つためには、低めに球を集めることや緩急を含めた投球術が必要」 とあえて注文を付けた。そして「これだけの球を放れる投手は、ほかに早大の大石ぐらい。プロのスカウトはゾッコンです」と後輩をたたえた。

Sanspo 5/7/2010

===

G伊原ヘッド、沢村は「十分通用」/東都

沢村を一目見ようと、巨人の伊原春樹ヘッドコーチ(61)が球場に足を運んだ。

「(横浜の)寺原タイプ。投げ方や球の質が似てい る。速いだけなら打たれるが、沢村君はカーブ、スライダーもある。プロでも十分通用するでしょう。活躍するかはわからないけれどね」

Sanspo 5/7/2010

===

150キロ超連発!沢村 12K完投

東都大学野球リーグ第5週第3日は6日、神宮球場で中大―東洋大3回戦を行い、中大が12―4で快勝して2勝1敗とし、勝ち点3に伸ばした。中大は沢村が 12三振を奪う力投を見せ、9安打4失点で完投し今季4勝目。3回に遠藤の適時二塁打で勝ち越すと、5回に3点、9回に7点を入れて突き放した。

中大は首位を争う東洋大に地力の差を見せつけ、圧倒した。150キロを超える速球にスライダー、フォークボールを要所で用いて完投した沢村について、プ ロ野球巨人などで活躍した高橋監督は「今回(東洋大に)投げた2試合で一皮むけたんじゃないか」と絶賛した。

Sponichi 5/6/2010

===

ドラ1候補に14球団 巨人スカウト絶賛「一番良かった」

5日の東洋大戦で最速157キロを記録した中大・沢村に日米14球団のスカウトが集結。ドラフト1位候補に挙げる巨人の山下スカウト部長も「今季見た中で 一番良かった。(シーズン前の右手中指)マメの影響もないようだ」とほめあげた。

▼サンフランシスコ・ジャイアンツ・嘉数スカウト ウチのガンで97マイル(約156キロ)がでました。プロでも出ない数字。林昌勇(ヤクルト)か五十 嵐(メッツ)くらいです。

▼メッツ・大慈弥スカウト 国内希望なの?日本に残るのはもったいない。大志を抱いてもらいたい。

▼広島・苑田スカウト部長 もしウチに来れば、前田健太に次ぐローテーション投手になれる。でもまだ慎重に見続けるよ。

▼日本ハム・山田GM 乾を見にきたんだけどね。沢村はプロでは抑えも先発もできるよ。

Sponichi 5/5/2010

===

中大・沢村が自己最速157キロ!/東都

東都大学野球第5週第1日(4日、神宮)中大の沢村が一回二死から、東洋大の木村への初球で157キロの球速をマークした。神宮球場の大学生最速とされる 自己記録を1キロ更新。「スピードには興味がないし、チームが勝てればどうでもいい」と話したが、連休を利用して来場した約8000人の観客からどよめき が起こった。

Sanspo 5/4/2010

===

東洋大と直接対決…中大・沢村「身を削ってでも…」

ドラフト1位候補で先発予定の156キロ右腕、中大・沢村拓一投手(4年)はノースロー調整で走り込み中心のメニュー。右手中指のマメは完治していないが 「身を削ってでも勝つ」と意気込む。昨年は春と秋に1度ずつ東洋大を完封しており「東洋大より僕の方が練習量は上。負けるわけはない」と話した。

Sponichi 5/4/2010

===

中大沢村14球団スカウトの前で157キロ

今秋ドラフトの超目玉、中大・沢村拓一(ひろかず)投手(4年=佐野日大)が、日米14球団スカウトの前で神宮大学生最速となる157キロをマークした。 大学生ながら158キロの日本記録にあと1キロと迫り、156キロだった自己最速を1キロ更新。東洋大との首位攻防戦に先発し、8回5安打9奪三振1失点 で先勝した。伝説の剛速球投手、同姓の沢村栄治を彷彿(ほうふつ)とさせる快速右腕に、同リーグ異例の約8000人の観衆が酔いしれた。

Nikkan Sports 5/4/2010

===

中大・沢村、153キロで完投/東都大学

「100回投げたら、絶好調は2回。98回を、悪いなりに勝てれば良いと思っている」。この日も調子が良いとは言えなかった。3回、7番伊藤に148キロ 直球を右翼席へ運ばれ、先制された。だが4回以降はカーブやスライダーを前回より多めに投げ、9回を投げ切った。大学生の神宮最速156キロの直球は、こ の日も153キロを計測したが「球速は1番になった。興味はない」とまで言った。「常に1番でありたい。勝ち星です」と話す背番号18のエースには、風格 が漂っていた。

Nikkan Sports 4/24/2010

===

中大、沢村の1失点完投勝利で首位/東都

失点は三回無死、伊藤に浴びた右越え先制ソロ本塁打だけ。四回からスライダー、ツーシーム、カーブを多めに投げ、4安打完投でチームに勝ち点2をも たらした。

「一度負けた相手にもう一度負ければ、プライドがないということ。やられたらやり返す気持ちで投げました」

...

中日・井上スカウトは沢村の一回のプレーがチームを鼓舞したと指摘した上で、MAX153キロをマークした投球について「球に迫力があった。フォークの精 度をあげれば、今すぐプロで十分できる」と絶賛した。

Sanspo 4/24/2010

===

中大・沢村、南にリベンジ/東都大学

中大が立正大を13-1で下し2勝1敗として、2つ目の勝ち点を挙げた。最速156キロのプロ注目右腕、沢村拓一投手(4年=佐野日大)は被安打4で1失 点完投。打線も長短15安打してエースを援護した。中大は勝ち点2、4勝1敗となり、首位東洋大に並んだ。

Nikkan Sports 4/23/2010

===

中大・沢村が3回降板/東都大学

今秋ドラフトの目玉、中大の最速156キロ右腕、沢村拓一投手(4年=佐野日大)が3回4安打5失点(自責1)で降板した。2回に1点を先制した が、続く3回に5失点。「調子がいいとか悪いとかではない。1点を守り切れなかった自分の責任」と話した。

Nikkan Sports 4/20/2010

===

ドラ1候補沢村「160キロで勝てる保証があるなら目標にするが…」

前週の国士舘大戦は巨人の清武代表ら日米計16球団のスカウトが見守る中、10回2失点(自責1)で完投勝利。周囲は最速記録の更新に期待が集まるが 「160キロ投げて勝てる保証があるなら目標にしますけど、勝つことが目標なので変化球を使いながらゲームメークをしたい」と優勝に向けて、勝利優先の姿 勢を強調していた。

Sponichi 4/20/2010

===

巨人清武代表、中大沢村を異例の視察

67年ぶりに「巨人沢村」は誕生するのか。今秋ドラフトの目玉、最速156キロ右腕、中大・沢村拓一投手(4年=佐野日大)が日米16球団のスカ ウトの前で、延長10回135球を投げ抜き2失点完投した。最速は154キロをマーク。1位候補の1人にリストアップする巨人は、清武球団代表が異例の直 接視察をした。沢村姓が巨人に入団すれば、伝説の速球投手、沢村栄治(1943年退団)以来になる。

135球を投げ抜いた沢村の右手中指は、痛々しく黒ずんでいた。5回から血マメができて「ズキズキした」。それでも続投を志願し、血染めのボール で延長10回2失点。「見苦しくても、勝てばいい」と喜んだ。

...

巨人は6人体制でマークした。異例の直接視察を行った清武球団代表は、早大・大石、斎藤の名前を挙げた上で「1位候補? それはそうでしょう。堂々たるも の。素晴らしいピッチャー」と評した。「巨人沢村」は沢村栄治以来、存在しない。元巨人、高橋善正監督(65)は「そんなこと言ったら天の方が怒っちゃ う」と笑い飛ばすが、現実になる可能性はある。

Nikkan Sports 4/14/2010

===

沢村―鮫島のバッテリーの活躍光る

プロ注目右腕の沢村は10回を1人で投げ抜く力投。序盤は持ち味の直球で押し、五回に右手中指に血まめをつくった後は変化球を多投して4安打に抑え「(中 大にとって)開幕戦なので何が何でも勝ちたかった」と誇った。

女房役で主将も務める鮫島はチームの全打点を挙げる活躍。「初めて3番に起用されたので、期待に応えられてよかった」と笑みを浮かべた。

Sponichi 4/13/2010

===

最速156キロのドラフト1位候補右腕、中大・沢村拓一投手(4年=佐野日大)が延長10回を4安打1四球7奪三振で完投し、チームの開幕戦を白星で飾っ た。初回からエンジン全開で150キロ超えを連発し、8イニングを3者凡退に仕留める安定ぶり。「先発した試合はマウンドを譲りたくない。勝てたことが一 番よかった」と完投勝利を喜んでいた。

Nikkan Sports 4/13/2010

===

今秋ドラフトの“目玉”中大・沢村いよいよ登場

東都大学は13日に第2週の2試合を行い、今秋ドラフトの目玉、中大の156キロ右腕・沢村拓一投手(4年)が、チーム開幕戦となる国士舘大戦に先発す る。

12日は、室内練習場でキャッチボール程度の軽めの調整。今オープン戦は右手中指先端のマメなどで出遅れたが、5試合に登板し、24回で2失点32奪三 振、防御率0・75と順調な仕上がりを見せており「投げた試合はゼロに抑える」と堂々の無失点宣言だ。

Sponichi 4/13/2010

===

中大・沢村が今季初実戦で2回5K

今秋ドラフト1位候補の中大・沢村拓一投手(3年=佐野日大)が19日、同大グラウンドで東京ガスとのオープン戦に今季の実戦初登板した。巨人、日本ハ ム、ソフトバンク、ロッテの総勢6人のスカウトが視察する中、6回から2番手で登場。2回で2安打2四球も、最速148キロで3者連続を含むオール空振り の5三振を奪い、無失点に抑えた。「実戦感覚がなかったので打者相手に投げられて良かった。いろんなボールが試せました」と45球を振り返った。

変化球の決め球を、昨季のスライダーからフォークに変更。握りも浅めに変え、最後はフォークで連続三振を奪った。直球に球速があるだけに、変化球が生き た。日本ハム今成スカウトは「ベース上でも勢いがある、我々が望む本当のストレートを投げる。江川(元巨人)以来だね」と目を細めていた。【斎藤直樹】

Nikkan Sports 3/20/2010

===

プロ注目右腕、中大・沢村が始動!気になる進路は?

最終学年を迎える沢村は「この1年で人生が決まる」と飛躍を誓うと早速44球の投球練習を行った。注目の進路について元巨人投手の高橋監督は「本人に“メ ジャーに行くか?”って聞いたら、“行きません。国内でやります”と言っていた」。一方の沢村は「秋になって終わってから考えたい」とした上で「チームが 勝つことを何より優先したい」とまずはチームの優勝に専念することを誓っていた。

Sponichi 2/11/2010

===

佑ちゃん超え!中大・沢村詣でに10球団

ドラフトイヤーを迎え、球速へのこだわりを捨てる。昨秋、大学生の神宮最速の156キロを出したが、その試合でも敗れるなど、東都リーグ通算10勝9敗。 新年は「モデルチェンジする。緩急をつけ、スピードより勝つことを重視していく」と決意した。大学では封印していた110~120キロのカーブに再度取り 組み、同じ球速でも球をより速く見せる工夫をする。

Nikkan Sports 1/11/2010

===

中大・沢村始動に斎藤超え10球団が集結

昨秋リーグ戦で156キロをマークした右腕に、ロッテ、中日を除く国内10球団15人のスカウトが集結。5日に始動した早大・斎藤の9球団を上回る“プロ 詣”に、「指名されれば12球団OKです。でも156キロの肩書は過去のこと。今年は球速より緩急勝負です」と話した。それでも4月2日には早大とのオー プン戦が決定し、「斎藤君にいいところを見せたい」とライバル心もチラリ。巨人の井上スカウトは「(昨年のプロアマ戦で対戦した)坂本が感心するほどの 球。力はある」と評していた。

Sponichi 1/11/2010

===

中大・沢村始動に10球団スカウト集結

東都大学野球リーグの中大が10日、八王子市の同大で新年初練習を行った。今秋ドラフトの1位候補、沢村拓一投手(3年=佐野日大)を擁するだけに、練習 にはプロ10球団のスカウトが集結した。沢村は「今年1年はアクセル踏みっぱなしでいきたい」と新年の目標を掲げた。視察に訪れた巨人井上スカウトは「ス ピードも含め、投手として持っているものすべてがトップレベル」と評価していた。また、昨年末に脊柱(せきちゅう)管狭窄(きょうさく)症の手術を受け、 前日9日に退院したばかりの高橋善正監督(64)も元気な姿を披露した。

Nikkan Sports 1/10/2010

===

岡田監督156キロ右腕中大・沢村マークだ

オリックスが「岡田指令」で中大の156キロ右腕・沢村拓一投手(3年)に密着マークすることが24日、分かった。新年10日の同投手の練習開始日に熊野 スカウト部長ら複数の球団関係者を送り込む。11月のプロアマ戦で生視察した岡田監督も「沢村が一番すごいんちゃうか」と高評価。

Sanspo 12/25/2009

===

1回戦で打ち込まれた中大のエース沢村(3年)が救援し、区切りの通算10勝目を挙げた。七回に追い付かれ、なおも二死三塁のピンチでマウンドへ。150 キロ台の直球で後続を無安打に抑え「前日KOされているので、やり返してやるという強い気持ちで投げた」と笑顔。敗れていれば優勝の可能性が消滅していた だけに、高橋監督は「連投はさせない方針だが、きょうは特別」と安堵(あんど)の表情だった。

Sanspo 10/22/2009

===

この日投げ合った中大の沢村は150キロ台の直球が武器の東都を代表する投手だが、1年生右腕は春のデビュー戦でも完封で投げ勝っており「負けたくなかった」とうれしそうだった。

Sponichi 10/20/2009

===

中大・沢村、完封にも反省/東都

中大の沢村が6連覇に挑む東洋大を完封した。奪三振はわずか2だったが、最速152キロの直球と切れのいいスライダーを低めに集めて凡打の山を築いた。

高橋監督は「安定していた。今までで一番いい」と笑顔で話した。だが本人は「調子は良くなかった。普段はファウルになる球が内野ゴロになって結果的に打ち取れた」と反省の弁だった。

Sanspo 9/29/2009

===

中大の156キロ腕 直球イメージ、逆手に11K

【中大3―0立正大】完封した中大のエース沢村は制球が定まらず、甘く入った球を痛打される場面が目立った。だが、終盤は変化球を低めに集めて計10三振を奪い、「沢村はストレートというイメージを逆手に取れた」と振り返った。

156キロを計測しながら敗れた前週を踏まえ、「球速よりも勝つこと」を意識した。今夏の日米大学選手権、アジア選手権を経験した右腕は「『全日本の投手としてのプライドを持て』と自分に言い聞かせてきた」と明かした。

Sponchi 9/15/2009

===

ドラフト・レポート

===

Comments Off on 沢村 拓一 (中大)