Welcome to Yakyubaka.com

Tag: 広陵

喜多 真吾 (広陵)

by on Jul.24, 2015 @ 5:21 pm, under Scrapbook, 高校・大学・社会人
Tags: ,

喜多 真吾 (広陵)
きた・しんご

185cm / 80kg
R / L

===

広陵4強!喜多4安打&高校通算27号

「高校野球・広島大会準々決勝、広陵6-1西条農」(23日、しまなみ)

... 主将で4番の喜多真吾内野手(3年)が今大会2本目となる本塁打を放つなど4安打2打点と活躍。

... パワーを見せつける一打に、喜多主将は右拳を強く握る。今大会2本目。高校通算27本目の本塁打で試合を決めた。

Daily Sports 7/24/2015

===

ドラフト・レポート

===

Comments Off on 喜多 真吾 (広陵)

下石 涼太 (広陵)

by on Mar.10, 2013 @ 5:17 pm, under Scrapbook, 高校・大学・社会人
Tags: ,

下石 涼太 (広陵)
しもいし・りょうた

174cm / 70kg
R / L

===

広陵・下石変身 省エネ投球/広島大会

<高校野球広島大会:広陵7-0賀茂>◇18日◇2回戦◇東広島アクアスタジアム

広陵の下石涼太投手(3年)が18日、夏バージョンの省エネ投球を披露した。5回をわずか46球で、1安打無失点。全イニングが守備時間4分以内という、「速射砲投球」でリズムをつくった。センバツで219球を投げながら、済美の2年生エース安楽(あんらく)智大に投げ負けた悔しさが、ニュースタイルをつくり上げた。チームは賀茂にコールド勝ちで、春夏連続の甲子園出場に向け発進した。

非の打ちどころがなかった。下石はプレーボールのサイレンが鳴りやむ前に、2球を投げた。相手打者に考えさせる暇も与えないまま、正確無比なボールを投げ込む。5回2死まで完全投球だ。15人目の打者となった重田に、二遊間を破られる中前打を許したが、5回無失点でマウンドを譲った。

... 勝てる投手になるために、私的欲求も捨てた。センバツ直後に、正捕手だった柳沢一輝(3年)が投手に転向。間近で150キロに迫る剛球を見せられ、「速い球を投げたいと思っていたけど、自分の投球が定まっている」とキレと制球で勝負するスタイルを追求した。

Nikkan Sports 7/19/2013

===

広陵コールド発進!下石5回0封

「高校野球・広島大会2回戦、広陵7-0賀茂」(18日、東広島運動公園)

2回戦16試合が行われた。今春のセンバツに出場した広陵は七回コールド勝ちで初戦を突破した。エース・下石涼太投手(3年)が5回1安打無失点の快投。打線も6安打で7点と効率よく得点を重ねた。

... チームを勢いづけたのはエース下石だ。初回、わずか3分で三者凡退に打ち取ると、その後は“超省エネ投球”。二回は6球、三回は9球で3つのアウトを奪った。低めを突く制球力は抜群。5回を投げてわずか46球。1安打無失点と安定感あふれる投球を披露した。「夏の大会は疲れがたまりやすい。球数を減らし、打たせて取ることが大事。自分の投球ができた」と汗をぬぐった。

今春のセンバツでは安楽擁する済美と対戦。219球の熱投は実らず悔し涙を飲んだ。「1球の大切さを学んだ。だから1球に集中して投げてきた。ブルペンで150球を投げても集中力は落ちなかった」。直球の最速は144キロ。だが「球速よりも大事なのはコントロール」と制球力に磨きをかけて臨む今夏だ。

Daily Sports 7/19/2013

===

広陵・下石 219球12Kも「自分が悪い…」

第85回センバツ高校野球大会第5日2回戦  広陵3―4済美 (3月26日  甲子園)

延長13回1死満塁、マウンドの広陵(広島)・下石はホームで封殺する狙い通りにゴロを打たせた。しかし打球は一塁手の坂田のミットからこぼれ、サヨナラ負け。

それでもエースは「ランナーをためた自分が悪い」と言った。緩急と小気味いいテンポを武器に219球。12三振を奪った充実感よりも「勝負どころで甘い所 にいった」と悔しさが上回った。味方打線は9回に追い付いたが、延長10回無死満塁を生かせないなど、あと1点が遠かった。投手としては異例の1番打者と して無安打だった下石は「打ち負けずにいこうと思ったが(安楽は)いい球だった。夏まで、一からやり直したい」と前を向いた。

Sponichi 3/27/2013

===

【センバツ】広陵・下石、219球熱投もサヨナラ負けに涙

◆第85回センバツ高校野球大会第5日 ▽2回戦 済美4x―3広陵=延長13回=(26日・甲子園球場)

... 延長13回を232球で完投し、強豪・広陵(広島)相手にサヨナラ勝ちを呼び込んだ。

みるみる涙があふれた。延長13回1死満塁。広陵・下石涼太は219球目の直球で狙い通りにゴロを打たせたが、打球は一塁手の手につかず、三塁走者が生還 (記録は内野安打)。「仲間に支えられて…。みんな『思い切り(右腕を)振れ』って言ってくれて…。ホント申し訳ない…」。あっけない幕切れに、しゃくり あげるしかなかった。

この日の最速は延長10回に記録した142キロ。元々は遊撃手で、本格的な投手転向は昨秋。それだけにスタミナが課題だったが「200球投げても全然しんどくなかった」。被安打11ながら要所を締め、12奪三振と気迫を見せた。

Sports Hochi 3/27/2013

===

広陵が今年初の対外試合で逆転勝ち

「高校野球練習試合、広陵9‐3長門」(9日、広陵グラウンド)

第85回選抜高校野球大会(22日開幕・甲子園)に3年ぶりに出場する広陵が、長門(山口)と今年初の対外試合を行い、逆転勝ちした。最速144キロ右腕の下石涼太投手(2年)は、7回6安打3失点(自責2)で終えたが、立ち上がりに課題を残した。

初回、2本の単打や暴投などでいきなり2失点。制球が定まらず、投球数は35球を費やした。二回も失点こそしなかったが、2死から四球を与えた。「立ち上がりは球もバラバラだったし、狙った所に投げられなかった。反省しなければいけない」。三回以降、制球が安定し、省エネ投球ができただけに序盤の投球に悔いが残った。

Daily Sports 3/10/2013

===

Comments Off on 下石 涼太 (広陵)

佐野 恵太 (広陵)

by on Jul.20, 2012 @ 6:48 pm, under Scrapbook, 高校・大学・社会人
Tags: ,

佐野 恵太 (広陵)
さの・けいた

175cm / 65kg
R / L

===

広陵18点爆勝発進!佐野3安打3打点

「高校野球広島大会・2回戦、広陵18-0音戸」(19日、みよし運動公園)

春夏通算42回の甲子園出場を誇る広陵が、15安打18得点と音戸を圧倒。五回コールドで初戦を突破し、3回戦に駒を進めた。強肩強打でプロ注目の佐野恵太捕手(3年)は3安打3打点と活躍。攻守の要として存在感を見せつけた。

... イニング間の二塁送球は1・88秒をマークするなど、肩の強さも超高校級。プロも注目する存在だ。昨夏は二塁手のレギュラーだったが、強肩とフットワークを中井監督に買われ、11月に捕手にコンバートされた。

Daily Sports 7/20/2012

=== 

Comments Off on 佐野 恵太 (広陵)

上原 健太 (明大)

by on Jul.17, 2011 @ 10:12 am, under Scrapbook, 高校・大学・社会人
Tags: , , ,

上原 健太 (明大)
うえはら・けんた

189cm / 80kg
L / L

===

明大・上原5回零封 ハム木田氏「あらためて能力の高さ感じた」

東京六大学野球第6週第2日  明大3―1慶大 (10月18日  神宮)

... 視察に訪れた日本ハムの木田優夫GM補佐は「あらためて能力の高さを感じた」と評していた。

Sponichi 10/19/2015

===

明大・上原0封!広島統括部長が視察

「東京六大学野球、明大3-1慶大」(18日、神宮球場)

... 5安打を浴びながら5回無失点。同点の状況で代打を送られたが、最速145キロを計測した直球で相手主砲の横尾から空振り三振を奪うなど「絶好調ではないけど、相手を抑えるには十分」と、手応えをにじませた。広島・苑田スカウト統括部長は「いい直球はあったけど、まだまだこんなもんじゃない」と、期待の高さを口にした。

Daily Sports 10/19/2015

===

明大が競り勝ちタイ、上原5回0封

「東京六大学野球、明大3-1慶大」(18日、神宮)

先発したドラフト1位候補左腕の上原健太投手(4年・広陵)は5回無失点。同点の場面で代打を送られ、勝敗はつかなかったが、5安打を浴びながら要所を締め「粘れたのはよかった。ギリギリのラインの仕事はできた」と、納得の表情を浮かべた。

Daily Sports 10/18/2015

===

明大のドラ1候補の上原8回0封2勝目

「東京六大学野球 明大2-0東大」(12日・神宮)

... 今秋ドラフト1位候補左腕の上原健太投手(4年・広陵)が8回3安打無失点で今季2勝目。「調子は上がってきている」と、手応えを口にした。直球の球速は140キロ台前半ながらキレがあり「この感じでやれば、自然と球速も上がっていくと思う」と、自信をのぞかせた。

Daily Sports 10/12/2015

===

明大が延長戦制す 高山は最多安打まであと2本

<東京6大学野球:明大6-4早大>◇第3週第1日◇26日◇神宮

投げてはドラフト1位候補の上原健太投手(4年=広陵)が8回に4点を失ったものの、大学入学後最長となる9回124球を投げた。

Nikkan Sports 9/26/2015

===

ドラ1候補明大・上原が2回0封

「東京六大学野球、明大5-3立大」(21日、神宮球場)

今秋ドラフト1位候補左腕の明大・上原が、好救援を見せた。2点差に迫られた八回無死一、二塁の場面で登板。二ゴロ併殺などでピンチを切り抜けると、九回も三者凡退で試合を締めた。最速145キロの直球は威力十分。フォームが固まらず苦しんでいたが「今年一番のボールじゃないかな」と復調に手応え。善波監督も「上原の復活は大収穫」と喜んだ。

Daily Sports 9/22/2015

===

広島が熱視線!明大・上原、7回1失点で今季初勝利/東京六大学

東京六大学野球秋季リーグ第2週第2日(20日、明大4-1立大、神宮)今秋、明大にはプロ志望届提出予定者が高山を含め4人いる。この日は1メートル90の左腕で最速151キロを誇る上原が7回3安打1失点で今季初勝利を挙げた。「試合前のブルペンで、フォームと腕の振りの感覚がつかめた」と笑顔。上原は広島・広陵高出身。2年秋の時点で「1位候補」と公言してきた広島・苑田統括スカウト部長は「会議の直前にいい映像が撮れた」と目を細めた。

Sanspo 9/21/2015

===

明大ドラ1候補・上原が通算13勝目

「東京六大学野球、明大4-1立大」(20日・神宮)

明大の今秋ドラフト1位候補左腕・上原健太投手(4年・広陵)が、今季初登板でリーグ戦通算13勝目を挙げた。最速144キロを計測した直球と鋭い変化球を制球よく投げ込み、7回3安打1失点、6奪三振でまとめた。

Daily Sports 9/20/2015

===

【日本ハム】ドラ1候補に明大・上原!最速151キロ左腕に熱視線!

日本ハムの今秋ドラフト1位候補に、明大・上原健太投手(4年)が急浮上していることが1日、分かった。

... 「日本ハム・上原」が誕生すれば、152キロ左腕・吉川、156キロ右腕・有原との「広陵高剛腕トリオ」が誕生する。中でも1年先輩にあたる早大出身の有原とはライバル大学ながらも連絡を取り合うなど親しく、190センチの長身、50メートル5秒68という高い潜在能力をさらに開花させられる環境が整う。今週中にスカウト会議を行うが、今秋の最終決定まで熱視線を送ることになりそうだ。

Sports Hochi 6/2/2015

===

明大が先勝 先発・柳5回1失点「反省することが多い」

京六大学野球春季リーグ第7週   明大5―3立大 (5月23日  神宮)

... 今秋ドラフト候補の上原は7回から登板し3回1安打5奪三振無失点に「四球を出した以外はまあまあ。60%くらいの出来だった」とこちらも辛口だった。

Sponichi 5/23/2015

===

鯉ドラ1候補は190cm左腕の明大・上原

広島の苑田聡彦スカウト統括部長(70)が3日、今秋のドラフト会議で1位候補に挙げている明大・上原健太投手(4年・広陵)を視察した。上原は神宮での法大2回戦に先発し、4回8安打6失点(自責1)。スタンドから見つめた苑田部長は「状態が悪いなりにもいい球を投げていた」と評価した。

... 「こんなものではない。私の中では(1位候補であることは)変わりません」と苑田部長。今後も動向に注目していく。

Daily Sports 5/4/2015

===

【六大学】明大・上原、開幕連勝!巨人スカウト太鼓判「スケールは一番」

◆東京六大学野球第3週第2日 明大7―0慶大(26日・神宮)

巨人が今秋ドラフト1位候補に挙げる明大・上原健太投手(4年)が慶大戦に先発し、5回4奪三振無失点の好投で開幕2連勝。左人さし指裂傷で出遅れていたが、日米12球団のスカウトの前で復活をアピールした。

... 上原に復活ロードが見えた。最速145キロの直球にキレのあるフォークを織り交ぜ4奪三振で5回無失点。

... 長身190センチながら31センチの足で駆ける50メートルは驚異の5秒68。

... ドラフト1位候補に挙げる巨人の山下スカウト部長も「スケールは一番大きい。あとは球威が戻れば、完璧でしょう」と太鼓判。

Sports Hochi 4/27/2015

===

明大・上原 5回4安打無失点で今季2勝目

東京六大学野球春季リーグ戦第3週  明大7―0慶大 (4月26日  神宮)

今秋ドラフト1位候補に挙がる明大・上原が5回4安打無失点で今季2勝目を挙げた。開幕前に左手人さし指の裂傷で出遅れたため72球での降板となったが「緩急が使えた。あしたも行ける準備をしたい」と27日の3回戦に目を向けた。

Sponichi 4/26/2015

===

明大のドラフト候補活躍 上原5回0封&高山満弾

<東京6大学野球:明大7-0慶大>◇第3週第2日◇26日◇神宮

... 先発のドラフト1位候補、上原健太投手(4年=広陵)が最速145キロをマークし、5回を4安打4奪三振で無失点に抑えた。

Nikkan Sports 4/26/2015

===

明大ドラ1候補の上原、東大相手に5回無失点

<東京6大学野球:明大7-0東大>◇第1週第2日◇12日◇神宮

... 先発のドラフト1位候補、上原健太投手(4年=広陵)は、5回3安打8奪三振で無失点に抑え、初勝利を挙げた。

3月に左手人さし指を裂傷した影響で、本調子ではなかったが、スライダーなど変化球主体で抑えた。

Nikkan Sports 4/12/2015

===

ドラ1候補の明大・上原2回2失点

「社会人・東京六大学対抗戦、富士重工5-1明大」(4日、神宮)

... 今秋ドラフト1位候補の最速151キロ左腕・上原健太投手(4年・広陵)は2回3安打2失点。11日に開幕するリーグ戦に、不安を残した。

... 六回から登板すると、初球にいきなり同点ソロを被弾。さらに2二塁打で勝ち越された。最速は142キロにとどまった。3月12日のオープン戦で左手人さし指の皮がむけ、2週間ノースロー。

Daily Sports 4/5/2015

===

ドラフト候補、明大・上原に不安の声「自信がないように見える」

スポニチ後援第42回東京六大学・社会人対抗戦第1日  明大1―5富士重工 (4月4日  神宮)

今秋ドラフト1位候補左腕の明大・上原が6回から登板し2回3安打2失点。先頭打者にいきなり左越えソロを許す投球に「何もないですね。投手としてのボールが投げられていない」と不安を口にした。

3月に左手人さし指の裂傷を負い投げ込みが不足しているが、善波達也監督は「マウンドに立っている姿が自信がないように見える。あれではリーグ戦で放らせられない」と奮起を促した。

Sponichi 4/5/2015

===

【六大学】明大・上原、3回0封5K!ドラ1候補6球団視察

◆オープン戦 東農大北海道2―3明大(7日・那覇)

巨人が今秋ドラフトの1位候補に挙げている明大の上原健太投手(新4年)が7日、沖縄遠征2度目のオープン戦(那覇)で先発。東農大北海道を相手に3回4安打無失点、5三振を奪った。習得中のカーブも決まり、ソフトバンク、ロッテなど、国内6球団の前で好投した。

Sports Hochi 3/8/2015

===

【六大学】明大・上原、7回3失点も日米スカウトは大絶賛!

◆オープン戦 明大4─6沖縄電力(3日・那覇)

明大の151キロ左腕・上原健太(新4年)が3日、故郷・沖縄に殺到したスカウト陣の前で、凱旋登板した。今季初のオープン戦・沖縄電力戦(那覇)で先発 し、6回まで2安打無失点。だが7回、不運な安打から3失点した。 ... 。7回6安打3失点、6K にも渋い表情だった。

それでもネット裏は異常事態となった。5人態勢のソフトバンクなど、沖縄のオープン戦では異例の日米6球団16人が集結。とりわけ熱い視線を送ったのが、4人態勢で視察した巨人だ。

... この日、直球の最速は141キロ。

Sports Hochi 3/4/2015

===

明大ドラ1候補上原、オープン戦で7回6K3失点

東京6大学野球連盟の明大が3日、沖縄セルラー那覇で、沖縄電力と今季初のオープン戦を行い、4-6で敗れた。

先発のドラフト1位候補、190センチ左腕の上原健太投手(3年=広陵)は、7回6奪三振3失点で降板した。

Nikkan Sports 3/3/2015

===

明大・上原「富士山カーブ」で世界一狙う

... オリックス、西武、DeNAのスカウトの前で、ブルペンで121球の投球。100球を超えると、カーブを12球続けた。最速151キロの直球にフォークなどが武器だが「カーブが決まれば、1試合のスタミナが半分くらいになる。連投もできる」と習得に取り組む。ドラフト上位候補では“日本一”の190センチから投げ下ろす左腕で、「上から落ちていくイメージ」と、落差の大きい決め球を理想に掲げた。今夏のユニバーシアードでは、悲願の世界一へ、大学日本代表エースの期待が掛かる。対外国人にも、緩い変化球は有効になりそうだ。

Nikkan Sports 2/20/2015

===

“今秋ドラ1候補”…明大・上原感激 マエケンは「格が違う」

... 商学部のゼミの一環で、1日にオリックスと巨人を回り、この日はソフトバンクにも足を運んだ。「前田健太投手のキャッチボールが印象的。一球一球がきれい。格が違う」。中学まで暮らした沖縄では例年広島のキャンプを見学。当時のブラウン監督から「ぜひカープに」と“スカウト”された逸話も披露した。1位候補の評価には「ありがたい。ラスト一年で結果を残したい」と語った。

Sponichi 2/3/2015

===

広島ドラ1候補 明大・上原がキャンプ見学「早くこの舞台に立ちたい」

広島が今秋ドラフトの1位候補に挙げている明大・上原健太投手が2日、日南キャンプが行われている天福球場に姿を見せた。

商学部で参加しているゼミ合宿の一環というキャンプ見学で前日1日は巨人とオリックスをまわり、広島が3球団目。午後からはソフトバンクのキャンプ地にも足を運ぶ予定。

Sponichi 2/2/2015

===

明大 上原の始動に楽天など6球団「今年結果を残さなければ意味がない」

... 昨年末から体調不良に陥っていた今秋ドラフト上位候補左腕の上原も元気な姿で参加。楽天など6球団が訪れる中、ランニングなどで汗を流した。

Sponichi 1/7/2015

===

MAX151キロ左腕の明大・上原 大リーグも注目の逸材

明大・上原は最速151キロを軸にスライダー、スクリューを柔らかい腕の振りから繰り出す本格派左腕。50メートル5秒6と身体能力は抜群で、大リーグも注目する逸材だが「まずNPBで頑張ってから、いつかMLBに挑戦したい」と冷静だ。

... 明大でも1年春からベンチ入り。昨秋は防御率0・96で最優秀防御率のタイトルを獲得し、着実に成長を遂げている。オリックスに1位指名されたエース・山崎が卒業し後継者の自覚も十分。「先発完投できるように体を大きく、強くしたい」と並々ならぬ決意でオフを過ごしている。

Sponichi 1/3/2015

===

【広島】今秋ドラ1候補に「明大のウエケン」こと上原健太投手が浮上

広島が、今秋のドラフト1位候補として明大の151キロ左腕、上原健太投手(20)を密着マークする方針であることが31日、分かった。沖縄出身ながら、広陵高で3年を過ごした“地元”発の逸材。名前もレッドソックスの「上原」と前田の「健太」を合わせた超エース級だ。

明大では1年春からリーグ戦に登板。昨秋は3勝1敗、リーグトップの防御率0・96で、オリックス入りした山崎福とともに2季ぶりの優勝に貢献した。球団 関係者は「今度の候補で一番でしょう。ストレートは速いし、変化球もあって、投げっぷりがいいよね」と絶賛。大学通算9勝ながら、さらなる伸びしろも見込 まれている。

Sports Hochi 1/1/2015

===

明大上原2失点も逆転で2年連続決勝

<明治神宮大会:明大6-2創価大>◇18日◇大学の部準決勝◇神宮

... 広島が来年のドラフト1位候補に挙げる190センチ左腕、先発の上原健太投手(3年=広陵)が、2回に2点を先取されたが、粘りの野球で逆転した。

Nikkan Sports 11/18/2014

===

明大・上原は広島来年ドラ1候補

<明治神宮大会:明大9-0徳山大>◇15日◇大学の部準々決勝◇神宮

広島が来秋のドラフト1位候補に、明大・上原健太投手(3年=広陵)を挙げていることが15日、分かった。地元広島の高校出身でもあり、球団幹部も注目していることを明かした。今後のスカウト会議を経て情報を精査していくが、身長190センチの大型左腕はスケールの大きさも魅力だ。

上原は中学まで沖縄で過ごし、広陵に入学。2年夏には甲子園に出場した。明大に進学後は、長身から繰り出される角度を最大の武器に成長。最速151キロの直球を軸に、スライダーも決め球にし、昨年の春秋連覇にも大きく貢献した。

... 視察したスカウト陣も太鼓判を押した。苑田スカウト部長は「間違いない素材です。フォームのバランスがいいから、腕が振れる」と高評価を下した。

Nikkan Sports 11/16/2014

===

1メートル90!明大の長身左腕・上原が早大封じた

東京六大学野球第3週第3日  明大5―4早大 (9月30日  神宮)

3回戦2試合が行われた。第1試合は明大が早大を5―4で下し、勝ち点2として単独首位に立った。今季初先発した上原健太投手(2年)が6回1失点でリーグ戦通算5勝目をマーク。

... 明大は1メートル90と長身の2年生左腕・上原が今季初先発し、勝ち点奪取に貢献した。最速148キロの直球にスクリューやフォークを織り交ぜて7奪三振。6回4安打1失点の好投で、6回の勝ち越しを呼び込み「スクリューが効いていた。四球がないのも良かった」と満足そうだ。初回に自らの失策などで招いた1死二、三塁では、投前に弾んだ打球を捕ると、本塁を狙った走者に飛びついてタッチする気迫のプレーも見せた。

Sponichi 10/1/2013

===

明大勝ち点も監督に笑顔なし/東京6大学

<東京6大学野球:明大5-4早大>◇第3週第3日◇30日◇神宮

明大が逆転で2勝1敗とし、今季2つ目の勝ち点を挙げた。

初先発の上原健太投手(2年=広陵)は6回を被安打4の1失点に抑えて勝利投手になった。「先発は今朝いわれました。変化球がまとまっていたかなと思います」と上原。最速148キロにスクリュー、スライダー、フォークを交えて早大を牛耳った。

Nikkan Sports 9/30/2013

===

明大・上原、初先発で勝ち点奪取に貢献

東京六大学野球2回戦  明大5―4早大 (9月30日  神宮)

明大は190センチと長身の2年生左腕、上原が今季初先発し、勝ち点奪取に貢献した。140キロ台後半の速球に数種類の縦の変化球を駆使。6回1失点の好投で、6回の勝ち越しを呼び込み「スクリュー(ボール)が効いていた。四球がないのもよかった」と満足そうだ。

初回に自らの失策などで招いた1死二、三塁では、投前に弾んだ打球を捕ると、本塁を狙った走者に飛びついてタッチする気迫のプレーも見せた。

Sponichi 9/30/2013

===

明大逆王手!無敗法大止めた/東京6大学

<東京6大学野球:明大6-3法大>◇第7週第3日◇27日◇神宮

明大は、今季初先発の上原健太投手(2年=広陵)が7回途中3失点で粘り、3季ぶり優勝へ逆王手をかけた。

... 負ければV逸の大一番。大役を任されたのは、今季初先発の上原だった。190センチ、86キロの大型左腕。再来年のドラフト1位候補だが、今季は救援で5試合登板したのみ。善波達也監督(50)は「彼の持っているボールと、法政と2日間やって、今日は上原の方がいいかなと。気持ちの面もすべて含めて」と言った。

Nikkan Sports 5/28/2013

===

1年生6人スタメン!明大・上原 新戦力コンビで3勝目

東京六大学野球第6週第2日  明大3―1慶大 (10月14日  神宮)

... リーグ戦初先発の上原健太投手が、坂本誠志郎捕手との1年生バッテリーで7回1/3を1失点と好投し、チーム最多の3勝目を挙げた。

... 明大はフレッシュな力で優勝戦線に踏みとどまった。広陵出身の1メートル90の大型左腕・上原が、最速144キロの直球を武器に慶大打線を3安打に封じて、7回1/3を1失点と好投。過去の2勝は中継ぎでの白星だっただけに「先発の勝ちの方がうれしいです」と喜んだ。

Sponichi 10/15/2012

===

明大1年生・上原が好救援 指揮官「先発で使いたくなる」

東京六大学野球第5週第1日  明大11―3東大 (10月6日  神宮)

明大は広陵(広島)出身の1年生左腕・上原が好救援で今季2勝目を挙げた。先発・関谷が2回3失点でKOされ、3回から緊急登板となったが、5イニングで7三振を奪って2安打無失点。

今夏のキャンプで1日200球以上の投げ込みを行い、課題のカーブと制球力に磨きをかけてきた左腕は「だいぶ感覚がつかめてきた」と満足げ。善波達也監督も「素晴らしい投球だった。先発で使いたくなる」と先発転向も示唆していた。

Sponichi 10/7/2012

===

広陵散る…大砲・丸子は早大進学目指す

「高校野球広島大会・3回戦、広陵4-5近大福山」(20日、呉二河)

同じくプロ注目の上原健太投手(3年)もプロ志望届は提出せず、明大への進学を目指す。

Daily Sports 7/21/2011

===

丸子徹底マークも広陵コールド発進

「高校野球広島大会・2回戦、庄原実1-10広陵」(16日、しまなみ)

最速143キロの背番号1・上原健太投手(3年)は、直球が136キロ止まりで3回1失点。高校通算45本塁打の4番・丸子達也内野手(3年)は、第1打 席から2打席連続で死球を受けるなど、ほとんど打撃をさせてもらえなかった。プロ注目の2選手には大リーグ・メッツ、ロッテ、巨人のスカウトも視線を送っ ていた。しかし、躍動したのは2人以外の選手だった。

Daily Sports 7/17/2011

===

ドラフト・レポート

===

Comments Off on 上原 健太 (明大)

丸子 達也 (早大)

by on Jul.25, 2010 @ 2:58 pm, under 高校・大学・社会人
Tags: , ,

丸子 達也 (早大)
まるこ・たつや

185cm / 86kg
L / L

===

早大が逆転勝ちで春秋連覇に望み

「東京六大学野球、早大6-4法大」(18日、神宮球場)

... さらに七回2死満塁から、4番・丸子達也内野手(4年・広陵)が走者一掃の決勝中越え適時二塁打を放った。

Daily Sports 10/18/2015

===

早大・丸子が逆転打「迷惑掛けてきた」連勝で勝ち点

<東京6大学野球:早大3-2立大>◇第4週第2日◇4日◇神宮

... 1点を追う5回に4番丸子達也内野手(4年=広陵)が2点適時二塁打を放ち、逆転した。今春は打率4割3分8厘で首位打者に輝いたが、今季は不振が続いていた。「4番がヒットを打てなくてチームに迷惑を掛けてきた。チャンスで回ってきたので、何とか返そうと思いました」と喜んだ。

Nikkan Sports 10/4/2015

===

早大3年ぶり4強 丸子V打で東都覇者撃破「がむしゃらに」

全日本大学野球選手権第4日・準々決勝  早大4―3専大 (6月11日  神宮)

... 広陵(広島)では通算46本塁打を放った左の大砲も大学では壁にぶつかった。1年時からベンチ入りしたが、3年間でわずか2安打。2年時にはベンチ入りメンバーが中心で暮らす寮から出された。一人暮らしをしながら「4年になって絶対に見返してやると思っていた」と誓った。週に3度のペースで筋力トレーニングをこなし、打撃練習では逆方向を意識した。今春リーグ戦では打率・438で首位打者を獲得するまでになった。

日本一になった3年前。1年生だった丸子は代打で1打席に立ち、空振り三振に倒れた。「長打を狙って、いいところを見せようと空回りした」。3年がたち「走者を還すのが4番の役割」と勝負強さを発揮した。就任1年目の高橋広監督は「頼れる4番です」と称えた。

Sponichi 6/12/2015

===

早大・丸子4強V打!主砲が成長証明

「全日本大学野球選手権・準々決勝、早大4-3専大」(11日、神宮)

... 丸子達也内野手(4年・広陵)が先制打と決勝打を放ち、2安打3打点で勝利に導いた。

3年前からの成長を証明する打球が、右中間を切り裂いた。同点の八回2死一、三塁。早大・丸子は、狙っていた直球をコンパクトに振り抜いた。「走者がいたら、確実にかえすのが4番。役割を果たせた」。決勝の2点適時三塁打で勝利をもたらし、心地よさそうに汗をしたたらせた。

Daily Sports 6/12/2015

===

早大4年・丸子 遅れてきた大砲 今秋ドラフト“大穴”なるか 3年間は本塁打・打点「0」

... 7回。プロ注目の同級生・茂木(4年)が先頭打者本塁打を放った直後の打席。2球目の高め直球をたたくと、打球は高い放物線を描いて中堅左のスタンドに飛び込んだ。

... 187センチ、97キロ。これまでは、この堂々たる体格に見合った長打を求め大振りを繰り返してきた。

... 広島の名門・広陵高時代には甲子園に春夏の2度出場。進学した早大では、昨年までの3年間で15試合の出場で2安打、打率・154。打点、本塁打ともに「0」と鳴かず飛ばずだった。だが4番を任された今季に覚醒。21打数10安打、1本塁打&5打点。リーグ3位の打率・476。これまでの後れを取り返すように打ちまくっている。

ZakZak 4/30/2015

===

早大4番丸子が特大3ラン!JR東日本ルーキー左腕・田嶋撃ち

スポニチ後援第42回東京六大学・社会人対抗戦最終日  早大3―6JR東日本 (4月6日  神宮)

早大の4番・丸子達也内野手(4年、広陵)が6点を追う9回、バックスクリーン右へ特大3ランを放った。

... 1メートル87、97キロと恵まれた体格で高校通算は46発。大学では1年春の全日本大学選手権で初のベンチ入りを果たしている。

Sponichi 4/6/2015

===

早大の新人・小島が2回4K社会人斬り

「社会人-東京六大学対抗戦、JR東日本6-3早大」(6日・神宮)

... 九回には新4番の丸子達也内野手(4年・広陵)が、右中間最深部へ特大の3ランを放った。187センチ、97キロの左の大砲は、昨秋まで代打での起用がほとんどで、リーグ戦通算13打数2安打。長打力は折り紙付きながら、確実性が課題だったが、今春は逆方向を意識した打撃で、オープン戦で4割近い打率を残している。「次の打席もあるので、結果を考えずに振れている。チームの顔として打っていきたい」と、ついに覚醒の気配だ。

Daily Sports 4/6/2015

===

広陵・丸子が早大にスポーツ推薦入学

早大は17日、来春入学の「スポーツ推薦入学試験」の合格者77人を発表し、昨春の選抜高校野球大会でベスト4入りした広島・広陵高の強打者、丸子達也、8月の全国高校総体陸上男子800メートルを制した吉田貴洋(和歌山・田辺高)らが名を連ねた。

Sports Hochi 11/17/2011

===

広陵散る…大砲・丸子は早大進学目指す

「高校野球広島大会・3回戦、広陵4-5近大福山」(20日、呉二河)

...

プロ注目の2選手も最後の夏を終えた。4打数3安打だった4番・丸子達也内野手(3年)は涙は見せず「監督やコーチ、OB、チームメートたちに感謝したい」とき然としていた。高校通算45本塁打の大砲は今後、プロ志望届を提出せずに早大への進学を目指す。

Daily Sports 7/21/2011

===

“金本2世”散る!プロ注目の丸子3安打も…

広島大会3回戦  広陵4-5近大福山 (7月20日  呉二河)

広陵は近大福山を相手に、まさかの3回戦敗退を喫した。3―2で迎えた7回に3点を奪われ逆転負け。高校通算45本塁打を誇り、母校の大先輩になぞらえ「金本2世」と呼ばれるプロ注目の丸子は3安打したが、最後の夏に甲子園には届かなかった。

Sponichi 7/21/2011

===

「金本2世」丸子が三塁打/広島大会

<高校野球広島大会:広陵10-1庄原実>◇16日◇2回戦

「金本2世」ことプロ注目の広陵・丸子達也内野手(3年)が好発進した。メッツ大慈弥スカウトら複数球団の関係者が見守る中、6回2死の第4打席 で中越え三塁打を放った。昨春センバツでは準決勝の日大三戦で弾丸ライナーのアーチを披露したが、2季連続出場の昨夏は初戦敗退。通算45本塁打。「甲子 園でまた本塁打を打ちたい気持ちは強いが、今は甲子園のことは考えない」と一戦必勝を誓った。

Nikkan Sports 7/17/2011

===

丸子徹底マークも広陵コールド発進

「高校野球広島大会・2回戦、庄原実1-10広陵」(16日、しまなみ)

最速143キロの背番号1・上原健太投手(3年)は、直球が136キロ止まりで3回1失点。高校通算45本塁打の4番・丸子達也内野手(3年)は、第1打 席から2打席連続で死球を受けるなど、ほとんど打撃をさせてもらえなかった。プロ注目の2選手には大リーグ・メッツ、ロッテ、巨人のスカウトも視線を送っ ていた。しかし、躍動したのは2人以外の選手だった。

Daily Sports 7/17/2011

===

プロ注目の広陵・丸子は2打席連続死球

「高校野球広島大会・2回戦、広陵10‐1庄原実」(16日、しまなみ)

昨夏の代表校、広陵が七回コールド勝ちして、初戦の2回戦を突破した。プロ注目の4番・丸子達也内野手(3年)は厳しいマークにあって2打席連続死球を受けたが、六回に中越え三塁打を放ち2打数1安打だった。

Daily Sports 7/16/2011

===

広陵・丸子、1年夏から4番で「金本2世」

広陵(広島)の丸子達也内野手(3年)は1年夏から4番で“金本2世”の呼び声高い左のスラッガーだ。通算45本塁打。阪神など全球団が注目する。スイン グスピードとパワーは超高校級で、昨年のセンバツでは弾丸ライナーで右翼席に運んだ。甲子園通算27勝の中井哲之監督(49)は「丸子には精神面での成長 を期待」。悲願の全国制覇で創部100周年を飾りたい。

Nikkan Sports 7/9/2011

===

広陵「金本2世」丸子今夏初安打/広島大会

<高校野球広島大会>◇24日◇4回戦

広陵の「金本2世」がお目覚めだ。4番・丸子達也内野手(2年)が今大会初安打を放った。盈進戦6回の第4打席でダメ押しの右前タイムリー。チー ムを8-0の7回コールド勝ちに導いた。今大会はこの日の第3打席まで11打席で6四死球と勝負を避けられ、リズムに乗れずにいた。8強が出そろい、25 日から準々決勝が行われる。

Nikkan Sports 7/25/2010

===

ドラフト・レポート

===

Comments Off on 丸子 達也 (早大)

有原 航平 (早大)

by on Mar.18, 2010 @ 2:42 pm, under 高校・大学・社会人
Tags: , , ,

有原 航平 (早大)
ありはら・こうへい

186cm / 90kg
R / R

===

今日ドラフト 早大・有原に7球団競合

... すでに1位指名を公言した広島、阪神に加え、日本ハム、DeNAが1位指名する方針で、オリックス、ロッテ、楽天も指名の可能性を残す。

... 最速156キロ速球と多彩な変化球を持つ大学NO・1投手。今春のリーグ戦では登板するたびに日米10球団以上のスカウトがマークしたが、今シーズンは右肘の違和感で出遅れた。開幕の法大戦はベンチを外れ、9月28日明大2回戦が初登板となった。初先発は18日の立大1回戦。6回7安打4失点し負け投手になったが、巨人スカウトのスピードガンではいきなり最速150キロを計測し、日米13球団、約40人集結したスカウトを驚かせた。「まだ全力まではいっていませんが、前回の登板より力強く投げられました」と、ドラフト会議前に、しっかり復活をアピールした。

Nikkan Sports 10/23/2014

===

“ドラフトの目玉”早大・有原 あとは待つだけ 練習→授業

今ドラフト最大の目玉選手である早大・有原は現在東京六大学秋季リーグ戦の真っ最中で、この日は11月1日からの早慶戦に向けて西東京市・東伏見グラウンドで午前8時から練習。午後からは大学の授業に出席した。

... 18日の立大戦では今季初先発で6回4失点も最速150キロを計測。視察した日米13球団のスカウトからもあらためて絶賛の声が上がった。

Sponichi 10/23/2014

===

【明大・善波監督 この選手が凄い】亜大・山崎は抑え適任の集中力

... 大学No・1と言われる有原航平(早大)は積んでいるエンジンが大きい。7、8割の力でも150キロを投げられる素材。制球力もいいし、外角にあの威力の球を決められたら大学生では打てない。課題を挙げるとすれば、縦の変化球。ツーシームやチェンジアップの完成度が上がればもっといい投手になる。

Sponichi 10/22/2014

===

ドラフトの目玉、早大156キロ腕・有原に1位指名5球団以上か

23日のドラフト最大の目玉は、早大の156キロ右腕・有原航平投手(4年)だ。地元・広島は既に1位指名を公言し、阪神、DeNAに加え、日本ハム、ヤクルトなども争奪戦に加わる可能性が高く、5球団以上の競合が予想される。

Sponichi 10/22/2014

===

早大・有原 スケール一番150キロ右腕

◆有原航平投手(広陵-早大)

マウンドに上がった時のスケール感は、今ドラフト文句なしのNO・1だろう。187センチ、90キロの体格で、太もも回りは右が61センチ、左が63センチと女性のウエスト級だ。右ひじ痛から復帰した18日のドラフト前最終登板は、日米13球団の前で150キロをマーク。「あとは(1位で)行くか、行かないかの判断」との声が続出。5球団以上が“大当たり”を狙って、くじ引きに参戦しそうだ。

Nikan Sports 10/22/2014

===

早大・有原150キロ!スカウト40人うなる

<東京6大学野球:立大5-3早大>◇第6週第1日◇18日◇神宮

早大のドラフト1位候補で、156キロ右腕の有原航平投手(4年=広陵)が今季初先発し、23日に控えるドラフト会議を前に日米13球団のスカウトの前でデモンストレーションを行った。右肘の違和感のため、今季は9月28日明大2回戦で3回を投げて以来2試合目の登板で、先発は5月31日慶大1回戦以来のこと。6回7安打4失点し負け投手になったが、巨人スカウトのスピードガンでは最速150キロを計測し、復活をアピールした。

... 5月31日慶大1回戦以来の先発は6回7安打3四球4失点。「真っすぐが走らない中でしっかり抑えようと思いましたが、自分の投球ができずに悔しい」と、辛口で110球を振り返ったが、巨人スカウトのスピードガンでは最速150キロを計測。完調でない中、ツーシームを軸に緩急織り交ぜた投球で日米13球団、編成トップを含む約40人のスカウト陣をうならせた。

Nikkan Sports 10/19/2014

===

今季初先発!早大・有原、4失点も右肘不安なし!!/東京六大学

... 右肘に不安を抱えながらの調整で、今季これまでの登板は救援での1試合だけ。プロ野球志望届提出後初登板でもあった。自己最速は156キロだが、この日のMAXは149キロ。二回、立大・岡部に甘いカットボールを捉えられ、右越えソロを許すなど、本来の調子には遠かった。

それでも、ネット裏の日米計13球団のスカウトの評価は不変。既に1位指名を公表している広島・苑田統括部長は「6回投げているし、フォームのバランスは 春よりいい」。1位候補にしている巨人・山下スカウト部長も「スケールの大きさを感じる。初先発(しただけ)で十分」と安堵していた。

Sanspo 10/19/2014

===

有原初黒星も虎中村GM「肘問題ない」

「東京六大学野球、立大5-3早大」(18日、神宮)

阪神がドラフト1位の最有力候補に挙げる早大・有原航平投手(4年・広陵)が今季初先発し、6回7安打4失点で今季初黒星を喫した。開幕前に違和感を訴えた右肘の状態が心配されたが、110球を投じて回復ぶりを印象づけた。立大は開幕7連勝を飾った。明大は相手のサヨナラ暴投で延長十二回の熱戦を制した。

... 初回先頭を143キロの直球で見逃し三振。二回に甘いカットボールで先制弾を浴びるなど、制球にばらつきはあったが、不運な安打もあっての4失点。最速は149キロを計測し、三振も7つ奪った。

ネット裏には日米13球団のスカウトが集結。阪神は7人態勢で視察した。今季初視察となった中村GMは「腕も振れていた。肘は問題ないのでは」と言及。評価については「デリケートな時期なので多くはいえない」としたが「それにしても排気量が違う」と、スケール感に舌を巻いた。

Daily Sports 10/19/2014

===

早大・有原、149キロマークも「全力でいけてない」/東京六大学

東京六大学秋季リーグ第6週第1日(18日、早大3-5立大、神宮)右肘痛で出遅れていたドラフトの目玉、早大のエース有原が今季初先発し6回4失点だっ た。最速は149キロをマークしたが、腕を力強く振る場面は少なかった。「肘が良くなってから投げ込みができていない。全力ではまだいけていない」と完全 復活には少し時間がかかるようだ。

志願した先発のマウンドで「この前よりは力強く投げられた」と9月の前回登板より上向いている実感はある。既に1位指名を決めている広島の苑田スカウト統括部長は「春より(フォームの)バランスがいい。(不安は)かけらもない」と強調した。

Sanspo 10/18/2014

===

立大、ドラ候補の早大・有原攻略で今季7連勝/東京六大学

... 立大は、ドラフト上位候補で今季初先発の早大・有原航平投手(4年)を6回7安打4得点と攻略し、今季7連勝。

Sanspo 10/18/2014

===

【阪神】中村GMが早大・有原を視察

阪神の中村ゼネラルマネジャー(GM)が18日、神宮球場で行われた東京六大学リーグでドラフト1位候補の有原(早大)を視察した。

今秋のリーグ戦で初めて先発した右腕は立大戦で6回4失点だった。右肘を痛めた影響が懸念されるが、中村GMは「肘については問題ないという判断。投げ込み不足は否めないが、柔と剛を兼ね備えている。(指名は)総合的な判断になる」と話した。

Sports Hochi 10/18/2014

===

阪神中村GM 早大・有原を生チェック

... 大学NO・1右腕と呼び声の高い有原は右肘の違和感で今秋リーグ戦、開幕戦の出場登録から外れた。今ドラフトの目玉だけに故障の状態が注目されていたが9月28日の明大戦で復帰登板。18日、19日の立大戦でもドラフト前最後の登板が予想される。中村GMは有原についてこう語った。

「見に行こうとおもっている。ビデオで確認して腕も振れていたし(故障の影響は)何も感じなかったけどな。生で見ておきたいというのがある」

将来の可能性を秘めた安楽か、即戦力として計算できる最速156キロを誇る有原か、ドラフト1位指名はいまだに結論が出ていない。ただ、安楽も右肘の故障を抱えていることもあり、球団内ではチーム事情も考慮して、即戦力が必要なのではという声が多い。中村GMの最終チェック次第では、ドラフト1位の決定に大きな影響を与えそうだ。

Nikkan Sports 10/7/2014

===

右肘不安の早大・有原 東大戦中継ぎ待機へ

今秋ドラフト1位候補の早大・有原が、4日からの東京六大学秋季リーグ戦・東大戦で中継ぎ待機することになった。

この日、西東京市・東伏見グラウンドでの練習には参加したエース右腕について、岡村猛監督は「状態は横ばい。展開によって使いたい」と話した。有原は右肘の違和感で開幕週の登板を回避し、9月28日の明大戦に救援で復帰。一方、9日締め切りのプロ志望届は東大戦後に指揮官と面談した上で提出する。

Sponichi 10/4/2014

===

巨人ドラ1最有力!早大・有原、復活投3回0封/東京六大学

... 六回から3番手で登板して3回を無安打無四球無失点。最速は148キロ止まりながらカーブ、スライダー、カットボール、ツーシームを駆使した。打者10人に対し、5奪三振と圧巻の37球だった。

大学ナンバーワン右腕獲得へ。26日にリーグ3連覇を決めた巨人が、ドラフト1位指名の最有力候補としていることが分かった。この日は藤本、柏田、榑松 (くれまつ)、吉武の4人のスカウトがバックネット裏に集結。「5、6割の力で緩急をつける別の有原君を見せてくれた」と榑松スカウト。5月には原沢球団 代表兼ゼネラルマネジャー(GM)が視察に訪れ、「スケールの大きさを感じる投手」と評価していた。

Sanspo 9/29/2014

===

有原 右肘違和感から復活登板 巨人スカウト「さすがの投球」

東京六大学野球第3週最終日  早大0―7明大 (9月28日  神宮)

... 0―4の6回からマウンドに上がると3回無安打5奪三振。最速148キロを計測し「真っすぐは走っていないので変化球を低めに投げようと思った。肘は変な感じはない」とホッとした様子だった。今秋ドラフト1位候補に挙げている巨人・榑松伸介スカウトは「まだ5割くらいの力だと思うが、さすがの投球」と評価した。

Sponichi 9/29/2014

===

早大・有原3回無安打救援 復活アピール

<東京6大学野球:明大7-0早大>◇第3週第2日◇28日◇神宮

右肘の違和感で戦列を離れていたドラフト1位候補の目玉右腕、早大・有原航平投手(4年=広陵)が今季初登板で復活をアピールした。6回から救援し3回を無安打無失点。5三振を奪う好投で日米10球団のスカウトをうならせた。

... 早大の有原が神宮のマウンドに戻ってきた。4点を追う6回。先頭打者の5球目だ。ゆったり振り下ろされた右腕から、148キロの直球が繰り出され一ゴロに仕留めた。表情を変えず、その後も淡々と右腕を振った。奪った5三振の決め球はすべてカットボールで37球中直球は10球程度。最速に8キロ届かなくても、無安打無失点に抑えた。

Nikkan Sports 9/29/2014

===

ドラ1候補有原初登板 3回無安打5K

<東京6大学野球:明大7-0早大>◇第3週第2日◇28日◇神宮

ドラフト1位候補の早大・有原航平投手(4年=広陵)が今シーズン初めてマウンドに上がった。

4点ビハインドの6回からリリーフし、3回を無安打無失点に抑え、5三振を奪った。有原は「変化球で打たせていこうと思いました。抑えられたことは良かったです」と語った。

Nikkan Sports 9/28/2014

===

早大・有原 今季初登板で3回5K!スカウトの前で…右肘OK

東京六大学野球秋季リーグ戦  早大0―7明大 (9月28日  神宮)

... 0―4の6回からマウンドに上がると3回無安打5奪三振。ネット裏にはスカウト陣が視察に訪れる中、最速148キロを計測。「監督からも“流れを変えてくれ”と言われていたので、一生懸命投げた。肘は変な感じはない」と振り返った。

Sponichi 9/28/2014

===

ドラフト目玉、早大・有原が今季初登板

「東京六大学野球、明大7‐0早大」(28日、神宮)

今秋ドラフトの目玉右腕、早大・有原航平投手(4年・広陵)が今季初登板した。3回無安打無失点、5奪三振と上々の投球を見せた。

0‐4の六回から、3番手としてマウンドへ。カーブ、カットボールなど変化球を主体に、打者10人に対して許した走者は失策の1人のみ。直球も最速148キロを計測した。

Daily Sports 9/28/2014

===

早大・有原は登板せずブルペンで20球

「東京六大学野球、明大8‐3早大」(27日、神宮)

1回戦2試合が行われた。早大は明大に敗れ、今季初黒星。今秋ドラフト1位候補右腕の有原航平投手(4年・広陵)が今季初めてベンチ入りしたが、登板はなかった。

右肘違和感から戦列復帰した有原は、回復ぶりを披露する機会はなかった。1点差に追い上げた六回、ブルペンで捕手を立たせて約20球を投じたが、直後に味方が3失点。

... 視察した9球団のスカウト陣もチェックはお預け。7人で訪れた阪神の佐野統括スカウトは「投げるまで来ますよ」と残念そうに話していた。

Daily Sports 9/28/2014

===

【六大学】早大・有原27日復帰!右肘完治せずも岡村監督明言

右肘痛で戦列を離れていた早大のドラフト目玉候補・有原航平投手(4年)が、27日からの東京六大学リーグ・明大戦で復帰する。26日は西東京市内の同校 練習場でブルペン入りした。岡村猛監督(59)は「明日(27日)から投げさせます。5~6割の出来だが、チームの勝利のために投げるのがエースでしょ う」と明言。中継ぎで最長3イニングを予定している。

Sports Hochi 9/27/2014

===

ドラフトの目玉早大有原が明大戦で復帰へ

右肘の違和感で戦線を離脱している今秋ドラフトの目玉右腕で、最速156キロの早大・有原航平投手(4年=広陵)が、27日から行われる東京6大学リーグの明大戦で中継ぎとして復帰するプランがあることが24日、分かった。この日、東京・東伏見の早大グラウンドで練習を行い、投内連係の後、シート打撃に登板。打者4人に対し、右飛、遊ゴロ、四球、中飛で計14球を投じた。岡村猛監督(59)は「肘の痛みはないようですし、投げさせるつもりでベンチに入れます」と、ゴーサインを出したが「まだピリッとしないところがあるし、今の状況で長いイニングというのは難しいかもしれない」と、リリーフ起用を示唆した。実戦は2日のホンダ戦で3イニングを投げて以来となる。

Nikkan Sports 9/25/2014

===

コンディション上がらず…早大・有原 初戦先発回避濃厚

... 法大と対戦する今春2位の早大は今秋ドラフト1位候補のエース・有原航平投手(4年)が、先発を回避することが濃厚となった。疲労による不調が理由とみられる。

... 早大がピンチに見舞われた。ラストシーズンの開幕を翌日に控えたこの日、エース有原はブルペン入りせずに練習を終えた。岡村猛監督は「有原のコンディションは良くない。ブルペンやシート打撃でも投げているけど、球威も制球もまだ。どうするか、一晩悩みたい」と説明。右肘などに疲労が蓄積している可能性もあり、指揮官は「あすの試合後にお話しします」と明言を避けた。関係者の話では、先発回避は決定的な状況だという。

Sponichi 9/13/2014

===

早大156キロ右腕 有原「プロの世界へ」

今秋ドラフトの目玉右腕、最速156キロの早大・有原航平投手(4年=広陵)が、プロ入りへの思いを口にした。9日、東京・東伏見の早大グラウンドで、故安部磯雄氏、故飛田穂洲氏の胸像お披露目セレモニーに出席。岡村猛監督(59)との話し合いはこれからで、プロ志望届を提出する日程は未定とした上で「プロの世界に行きたいと思って、レベルの高い大学でやってきた。プロに行きたいという目標は変わってないです」と言った。巨人、ヤクルト、日本ハムなどが1位候補に挙げるなど、10月23日のドラフトでは複数球団の1位競合が確実。5季ぶり優勝を目指すリーグ戦開幕が13日に迫り「自分の力で優勝したい。5勝は絶対条件。評価してもらうためにも、秋は頑張らないといけない」と引き締めた。

Nikkan Sports 9/10/2014

===

早大崖っ縁 有原痛恨1球…逆転2ラン被弾、今季初黒星

東京六大学野球最終日第1日  早大1―2慶大 (5月31日  神宮)

早大の有原が1球に泣いた。6回まで3安打7奪三振と抑えていたが、7回に逆転2ランを浴びて今季初黒星。 

... 球場のスピードガンで誤表示ながらも165キロを計測するほどに直球は走っていた。それでも「ある程度はいい投球ができていた。

Sponichi 6/1/2014

===

早大・有原、痛恨の被弾「技術不足」

「東京六大学野球、慶大2-1早大」(31日、神宮)

... 直球は150キロ台を連発し、六回まで3安打7奪三振だったが、七回、竹内に痛恨の被弾。マウンドでガックリとうなだれた。「悪いボールではなかったけど技術不足。いい投球はできたが、負けたので意味がない」と潔く敗戦を認めつつ「捕手と相談し直そうと思う」と、2回戦以降の雪辱登板をにらんだ。

Daily Sports 6/1/2014

===

早大・有原、痛恨の1発に泣き今季初黒星

<東京6大学野球:慶大2-1早大>◇最終週第1日◇31日◇神宮

早大のエース有原航平投手(4年=広陵)が痛恨の1発を浴び、慶大に王手をかけられてしまった。立ち上がりは上々だった。150キロ超えを連発。6回までは被安打3本で7三振を奪った。それが7回、竹内惇に投じた内角の148キロをスタンドまで運ばれ、今季初黒星となった。

Nikkan Sports 5/31/2014

===

早大・有原 今季初被弾もプロ評価不変「今季一番いい投球」

東京六大学野球春季リーグ戦最終週  早大1―2慶大 (5月31日  神宮)

今秋ドラフト上位候補の早大・有原が、手痛い一発を浴びた。1点リードの7回1死二塁から竹内惇に逆転2ランを許し今季初黒星。「一発の失点がもったいない」と今季初被弾を悔やんだ。

3万3000人の大観衆が入り、ネット裏にはプロ球団のスカウトが集結。巨人・榑松伸介スカウトは「こういう舞台で今季一番いい投球。スピードも、両サイドのコントロールもいい」とあらためて高評価を口にした。

Sponichi 5/31/2014

===

早大・有原 リーグ戦現役最多の通算18勝目

東京六大学野球  早大8―3明大 (5月19日  神宮)

... 早大・有原が現役最多の18勝目を挙げた。17勝で並んでいた明大・山崎との投げ合いを制し「素直にうれしい。直接対決に勝てて良かった」と話した。完封した1回戦から中1日。最速153キロの直球は149キロ止まりで4回には連続二塁打を浴びて2失点した。それでもツーシームとチェンジアップを軸に修正し、初めて視察したロッテ・林信平球団本部長も「体が大きいし、器用。十分伸びしろがある」と高く評価した。

Sponichi 5/20/2014

===

早大・有原、現役単独最多18勝!直接対決で慶大倒す/東京六大学

... 大学球界のエースに求められる3回戦勝利を初めて手にした。明大・山崎との現役最多勝同士の投げ合いを制し、単独最多の通算18勝(10敗)としたのだからさらに価値ある1勝だ。

視察したロッテ・林球団本部長は「必ずどこかが1位指名の評価というのは当然」とうなずいた。

Sanspo 5/20/2014

===

【六大学】早大・有原、2失点も現役最多18勝!慶大戦へ闘志

◆東京六大学野球第6週第3日 早大8―3明大(19日・神宮)

巨人が今秋のドラフト1位候補に挙げる早大の 156キロ右腕・有原航平(4年)が、現役単独トップとなる通算18勝目を挙げた。中1日で疲れが残る中、5回5安打2失点で今季5勝目。

... エース・有原が5回2失点の粘投で現役単独トップの通算18勝目を挙げた。122球を投げた1回戦から中1日。最速148キロと直球が走らず変化球主体に 切り替え、打たせて取る巧みな投球だった。

Sports Hochi 5/20/2014

===

早大・有原 現役最多18勝目 早慶戦へ「いつも通りやれれば」

東京六大学野球第6週第3日  早大8―3明大 (5月19日  神宮)

早大の有原は完封した1回戦に続いて勝利を挙げた。球威はもうひとつだったが「コントロールを意識した。うまく打たせて取ることができた」と粘りの投球だった。

現役では単独最多となる通算18勝目。3回戦での勝利は初めてということもあって「やっと勝てたので、これからも頑張れる」とほっとした様子で話した。優勝は早慶戦の結果次第となり「なおさら負けられない。いつも通りやれれば」と静かに闘志を燃やした。

Sponichi 5/19/2014

===

ドラ1候補の早大・有原が単独トップ18勝

<東京6大学野球:早大8-3明大>◇第6週最終日◇19日◇神宮

早大が2勝1敗で勝ち点4とした。ドラフト1位候補の有原航平投手(4年=広陵)が先発し5回を投げ5安打2失点。リーグ単独トップとなる18勝目を挙げた。

Nikkan Sports 5/19/2014

===

早大・有原 初の無四球完封 153キロ出た!巨人GMも絶賛

東京六大学野球第6週第1日  早大2―0明大 (5月17日  神宮)

1回戦2試合が行われ、勝ち点3の早大は今秋ドラフト1位候補・有原航平投手(4年)が4安打無四球で完封し、明大を2―0で下した。有原は現役最多に並ぶ通算17勝目。同じく勝ち点3の慶大は立大に2―3で敗れて初黒星を喫した。

... 今季最速の153キロを計測するなど直球が走り、チェンジアップの制球も抜群。「明大は簡単に三振は取れない。低めに集めていこうと思った」と丁寧に投げ続け、自身初の無四球完封につなげた。

スタンドには今季最多の1万5000人の観客。国内、メジャー球団合わせて15球団以上のスカウトが集結した。ドラフト1位候補に挙げる巨人の原沢敦球団代表兼GMは初めて視察に訪れ「スケールの大きさを感じる。(即戦力投手の補強は)今年というより、プロ野球球団なら投手の整備が永遠の課題」と今後も密着マークを続ける意向を示した。

Sponichi 5/18/2014

===

早大・有原に日米18球団が熱視線

<東京6大学野球:早大2-0明大>◇第6週第1日◇17日◇神宮

今秋ドラフトの目玉、早大・有原航平投手(4年=広陵)が、4安打7奪三振完封で、リーグトップの4勝目を挙げた。自己最速156キロに迫る、今季最速タイの153キロをマーク。現役最多タイの通算17勝目で、明大に先勝した。

... 神宮には、国内11球団に加え、レッドソックス、ドジャース、ジャイアンツ、ダイヤモンドバックスなどメジャー7球団以上のスカウトが集まった。大リーグのスカウト陣は、早大戦後に、神宮から巨人-広島が行われた東京ドームに大移動。1位候補に挙げる巨人は原沢GMを含めて、7人態勢でチェックした。今季初のアマチュア視察になった同GMは「非常にスケールの大きさを感じる選手。スピード、球種、身体能力を含めて、そういうものを感じる」と言った。

... 2回には今季最速タイの153キロをマーク。9回2死から投じた119球目も150キロだった。

Nikkan Sports 5/18/2014

===

【六大学】早大・有原153キロ無四球完封!現役最多タイ通算17勝

◆東京六大学野球第6週第1日 早大2―0明大(17日・神宮)

早大の156キロ右腕・有原航平(4年)が、自身初の無四球完封でリーグ単独トップの4勝目を挙げた。今秋のドラフト1位候補に挙げる巨人の原沢球団代表 兼GMら、日米のスカウト陣が見守る前で最速153キロをマーク。通算17勝目は、現役1位に並ぶ数字だ。

... ワセダの絶対エースが、王者の前に立ちふさがった。有原が4安打完封。3者連続を含む7三振を奪い、明大3連覇の夢を打ち砕いた。

... 今季初めてツーシームを本格解禁。「いろいろ自分の中で考えて」と理由をはぐらかすが、「絶対に勝ちたかった」という大一番に向け封印していたことは明らかだ。

Sports Hochi 5/18/2014

===

早大・有原、日米13球団スカウトの前で完封!/東京六大学

... 優勝争いは佳境。さらにネット裏には、巨人などの球団首脳を含む日米13球団のスカウト陣が集結。緊張感が高まるなか、有原が堂々の完封ショーを演じた。

「投手戦になると思っていた。自分が点を取られなければ、負けない。明治は三振しないとわかっていたので、低めに投げ、バックに守ってもらおうと思っ た」。序盤は最速153キロの真っすぐ主体で、中盤に緩い変化球を中心に123球、4安打7三振無四球。投球の多彩さ、抜群のスタミナを見せつけた。

... ネット裏には巨人・原沢球団代表兼GM、通路をはさんでヤクルト・松井編成部長の姿もあった。「神宮(での学生野球視察)はことし初めて。『個々』という ことでなく、時間があったら見たいと。有原君? スケールの大きさを感じる投手だね」と原沢氏。前方でメジャーのスカウトも熱視線を送っており、有原詣で はさらに過熱しそうだ。

Sanspo 5/18/2014

===

早大・有原 初戦以来の完封、今年最速153キロ「絶対勝ちたかった」

東京六大学野球第6週第1日  早大2―0明大 (5月17日  神宮)

最後の打者を詰まった遊ゴロに打ち取ると、早大の有原は両手でガッツポーズをつくった。気迫のこもった投球で完封し「相手が明大で絶対勝ちたかった」と笑みを浮かべた。

今季初戦で完封した後は9回を投げきれず、試合のなかった前週は体の切れを出すため走り込む量を増やした。効果はてきめんで、ことし最速という153キロをマーク。最後まで球威が落ちなかった。

Sponichi 5/17/2014

===

早大・有原153キロで4安打7K完封

<東京6大学野球:早大2-0明大>◇第6週第1日◇17日◇神宮

今秋ドラフトの目玉、早大・有原航平投手(4年=広陵)が、4安打7奪三振完封で4勝目を挙げた。

最速は153キロをマーク。巨人、阪神など日米スカウトが集結した。

Nikkan Sports 5/17/2014

===

早大有原、貫禄の投球で東大ねじ伏せる

「東京六大学野球、早大11-0東大」(3日、神宮)

... 納得できる内容ではなくとも、キッチリとゼロを並べた。6回3安打無失点、7奪三振で白星を挙げた有原は「味方が点を取ってくれて楽に投げられた」と、打線に感謝した。

「調子がよくなくて高めにいっていた」という状態ながら「東大は振ってくると思っていたので、打たせていこうと思っていた」と冷静に分析。150キロ前後の直球にチェンジアップなどを交えて、点差が開いた三回以降は危なげなかった。

Daily Sports 5/4/2014

===

早大・有原、6回0封無四球3勝!捕手の土屋に感謝/東京六大学

東京六大学春季リーグ第4週第1日(3日、早大11-0東大、神宮)今秋のドラフト1位候補右腕、有原は「岡村監督から、“相手を意識しないで早稲田の野 球をするように”と言われていた」と、東大の連敗記録更新がかかった試合でも落ち着いたもの。6回を3安打無失点、無四球で7三振を奪って今季3勝目を挙 げた。「真っすぐを狙われていると思ったけど、真っすぐと変化球でうまくリードしてくれた」と捕手の土屋に感謝していた。

Sanspo 5/4/2014

===

早大ドラ1位候補の有原 3安打無失点で3勝目も不満

東京六大学第4週第1日  早大11―0東大 (5月3日  神宮)

早大は今秋ドラフト1位候補の有原が、6回を3安打無失点で今季3勝目。通算では16勝目を挙げた。

それでも初回、2回と先頭打者に出塁を許したこともあり「球が高めに浮いてしまいました。次は自分でリズムを持ってこられるようにしたい」と反省を口にした。

Sponichi 5/4/2014

===

早大・有原、1失点粘投!Gスカウト高評価/東京六大学

... ドラフト候補のエースはこの日最速151キロをマーク。自己最速の156キロに及ばなかったものの、三回に大城にカットボールを右前適時打にされた以外は危なげない投球だった。

バックネット裏にはヤンキース、レンジャーズ、ドジャースといった大リーグ球団を含む日米6球団のスカウトが視察。巨人も熱心で、山下スカウト部長が「昨年より粘る力を見せた。大学野球のエースの自覚だね」と高評価した。

Sanspo 4/29/2014

===

【六大学】早大・有原、中1日で7回途中1失点!最速151キロ出た

◆東京六大学野球第3週第3日 早大4―3立大(28日・神宮)

早大と慶大が勝ち、ともに勝ち点2に伸ばした。早大は今秋ドラフト1 位候補の156キロ右腕・有原航平(4年)が156球を投げた1回戦から中1日で先発。元日本ハム監督のヤンキース・ヒルマン特別補佐ら日米6球団のスカ ウトの前で7回途中1失点も、3勝目はならなかった。

... 有原の“7度目の正直”はならなかった。中1日で疲れが残る中、最速151キロを記録。毎回走者を許したが、6安打1失点でまとめた。だが、3―1の7回1死でマウンドを譲ると、救援が同点とされたため勝ち星はつかず。

Sports Hochi 4/29/2014

===

ヒルマン元監督「有原直球いい」

<東京6大学野球:早大4-3立大>◇第3週最終日◇28日◇神宮

元日本ハム監督で現ヤンキース特別補佐(育成担当)トレイ・ヒルマン氏(50)が視察に訪れた。「だれと限らず見ているが(早大の)有原は真っすぐとチェンジアップがいい。大学野球の采配は興味深い」と元監督らしい目線で観戦。

Nikkan Sports 4/29/2014

===

早大・有原が勝ち星逃すもチームは勝利

「東京六大学野球、早大4‐3立大」(28日・神宮)

... 先発した今秋ドラフトの目玉、有原航平投手(4年・広陵)は、六回まで毎回走者を背負いながらも、最速151キロの直球にカットボール、ツーシームなどの変化球を織り交ぜ、6安打1失点と粘りの投球。勝ち投手の権利を持って七回途中で降板したが、後続が同点を許し、今季3勝目はならなかった。それでも「チームが勝てたのが一番」と、にこやかに話した。

Daily Sports 4/28/2014

===

早大・有原に中村GM「かつての江川」

「東京六大学野球、早大5‐3立大」(26日、神宮)

早大が先勝した。今秋ドラフトの目玉、有原航平投手(4年・広陵)が今季2勝目。同じくドラフト1位候補の中村奨吾内野手(4年・天理)は1号2ランを放った。

.... だが、本調子でなくとも最速153キロを計測した右腕。日米12球団のスカウトが集結し、阪神の中村GMは「かつての江川(元巨人)のような雰囲気を持っている投手だと思う」と絶賛した。状態が上向けば、ネット裏はますます過熱しそうだ。

Daily Sports 4/27/2014

===

早大・有原、チーム勝利も3失点「もっと低めに」/東京六大学

... 今秋ドラフトの目玉を見ようと国内外12球団のスカウトが集結。有原がうまさを見せた。

... こう話すドジャースの大慈弥(おおじみ)氏らメジャースカウトは、1メートル87、90キロの体から150キロ台後半の真っすぐ、ツーシーム、スライダーなどを投げる有原をダルビッシュ(現レンジャース)、田中(現ヤンキース)らにダブらせて視察していた。

ただ、この日は毎回のように走者を出し、スカウト陣が帰路についた九回は3失点。「もっと変化球を低めに投げないと。あす(27日)も投げることも考えています」。11安打9三振3失点を反省しながら、連投も辞さない構えを見せた。

Sanspo 4/27/2014

===

【六大学】早大・有原153キロ!3戦連続完封逃すも9K

巨人が今秋のドラフト1位候補に挙げる早大のMAX156キロ右腕・有原航平(4年)が苦しみながら開幕2連勝を飾った。神宮では自己最速タイとなる 153キロをマーク。あと1人で昨秋から3戦連続となる完封を逃したが立大に8回2/3を11安打3失点。巨人、ヤンキースなど日米12球団のスカウトの 前で、粘投を披露した。慶大は明大との接戦を制し、先勝した。

... あと1人だった。9回2死一塁。右中間三塁打で1点を返された。四球の後、この日の156球目が中前に運ばれ、ここで降板。昨秋から続く3戦連続完封どこ ろか、完投も逃した。自己ワーストの11安打を浴び「最後は自分の体力不足。球が高かったし、あれだけ打たれたら、(走者を)かえされるのは当然です」と 潔く語った。

... 中日・落合GMら、日米12球団のスカウトが集結。「投手として華がある。江川卓にダブる」とうなった阪神・中村GMが「未完成であることも魅力」と指摘したように、伸びしろを感じさせる21歳。

Sports Hochi 4/27/2014

===

早大・有原2勝も9回3失点降板「当然」

<6大学野球:早大5-3立大>◇第3週第1日◇26日◇神宮

早大が先勝した。ドラフト1位候補の早大・有原航平投手(4年=広陵)が先発。5回以外毎回走者を背負う苦しいピッチングだったが8回まで無失点。

9回2死から3失点し降板したが、リリーフの内田聖人投手(3年=早実)が抑え、有原は今季2勝目を飾った。エース右腕は「あれだけ打たれたら代えられて当然です。後輩がしっかり抑えてくれました」と振り返った。

Nikkan Sports 4/26/2014

===

今秋ドラフト目玉の早大・有原が2勝

「東京六大学野球、早大5‐3立大」(26日・神宮)

早大が逃げ切り、先勝した。今秋ドラフトの目玉、有原航平投手(4年・広陵)が完封こそのがしたものの、九回途中3失点で今季2勝目を挙げた。

150キロを超える直球に、チェンジアップやスライダーも駆使して、九回2死までは無失点。しかし、土壇場でピンチを招いて降板した。2点差まで詰め寄られた展開に「最後は直球が多くなった。変化球を多くしていれば、結果も違っていた」と力勝負を挑んだ詰めを反省。岡村猛監督も「(味方がもたついた内野安打などで)カッカしていたみたい。もう少し冷静になった方がいい」と、苦言を呈した。

Daily Sports 4/26/2014

===

早大・有原7K完封4球団スカウト熱視線

<東京6大学野球:早大3-0法大>◇第1週第1日◇12日◇神宮

今秋ドラフトの目玉、最速156キロの早大・有原航平投手(4年=広陵)が、春の開幕戦で4安打完封を決めた。法大・石田健大投手(4年=広島工)との“広島対決”を3-0で制して先勝。国内球団に加え、ヤンキース、ドジャース、マリナーズ、パドレスのメジャー4球団も視察する中、最速151キロで7三振を奪った。

... 187センチ、90キロの大型右腕は、最速156キロの直球が売りだ。大食漢で、食べ放題に出掛ければ誰にも負けない。一方でスライダー、カーブ、チェンジアップ、カットボール、ツーシームと5種類の変化球を操る繊細さがあり、オリックス中川チーフスカウトも「スケールも器用さもありますね」と評価する。打っては3回に右中間へ先制の適時二塁打。国内球団に加え、ヤンキース、ドジャースなどのメジャースカウトも熱い視線を送る中、投打にわたって活躍した。

Nikkan Sports 4/13/2014

===

早大・有原 151キロ出た!日米16球団スカウトうならせた

東京六大学野球第1週第1日  早大3―0法大 (4月12日  神宮)

.... 序盤は直球に切れがなく、4回までに3安打を許し、奪三振は0だった。きっかけをつかんだのは5回2死。第1打席で中前打を許した石田との対戦だった。9球粘られた末に四球を与えたが、そこで指先の感覚をつかんだ。5回以降は内野安打1本で切り抜け、7奪三振と尻上がりに調子を上げた。そして9回にこの日最速の151キロを計測。チェンジアップの落差も大きくなり「腕が振れるようになって、より真っすぐの軌道に近いものになったと思う」と分析した。

... 3月の米国キャンプでは現地の大学生相手に2試合に登板。150キロを超える球威は、メジャースカウトの視線をもくぎ付けにした。この日は神宮のネット裏には国内12球団に加え、ヤンキース、ドジャースなどメジャー4球団が視察。日米双方からの熱い注目にも、「やることは変わらない」と目の前の打者だけに集中した。

▼巨人・山下哲治スカウト部長 3人とも間違いなく1位候補。有原は投球の工夫ができるようになった。石田もAクラス(の評価)は変わらない。山崎は変化球の切れが良くなった。

▼ロッテ・松本尚樹編成統括 有原は高校時代から変わらず、器用なところが素晴らしい。石田は以前は直球で押している印象だったが、今は打者をしっかり見ている。

▼西武・奥園満編成部育成アマ担当部長 有原は昨年から変わらずいい投手。(石田、山崎を含めた)3投手とも見応えのある投球だった。今年の(ドラフトの)目玉になることは間違いない。

▼広島・苑田聡彦スカウト統括部長 有原はスピードがあるし、山崎はうちの野村のようにその日の調子を見て投げられる。(ドラフト)1位で消える投手。

▼オリックス・中川隆治チーフスカウト 山崎は手先が起用で、考えながら投げられる。今年の投手の中で抜けている。

▼DeNA・吉田孝司スカウト部部長 (3人とも)上位候補。山崎はバッティングもいいね。

Sponichi 4/13/2014

===

【六大学】Gドラ1候補・有原4安打完封!早大白星発進

◆東京六大学野球第1週第1日 法大0―3早大(12日・神宮)

巨人が今秋のドラフト1位候補にリストアップしている早大・有原航平投手(4年)が、4安打完封で開幕白星を挙げた。日米合わせて16球団のスカウトが見 守る中、法大のエース左腕・石田健大(4年)との投げ合いで、最速151キロの直球を軸に緩急をつけた投球で三塁を踏ませず、8回の3者連続を含む7奪三 振だった。3回には先制二塁打も決めた。

表情は変わらなかった。有原は最後の打者を右飛に仕留めると、すぐに整列に加わった。「チーム、自分としても、勢いづける投球がしたかった。その点で良 かった」。4台のテレビカメラを前にしてもクールに振り返った。4安打完封で開幕白星に導き、勢いづけるには十分すぎる120球だった。

... 大学NO1投手の開幕戦に、ネット裏にはヤンキース、ドジャースなどメジャー4球団に加え、国内12球団の日米16球団が集結した。

ドラフト1位候補に挙げる巨人・山下スカウト部長は「スケールが大きい。先発完投型。プロで2ケタ勝利を狙える力もある」と称賛した。

Sports Hochi 4/13/2014

===

ドラ1候補の早大・有原が完封&151キロ

<東京6大学野球:早大3-0法大>◇第1週第1日◇12日◇神宮

今秋のドラフト1位候補投手の対決は、4安打で完封した早大の有原航平投手(4年=広陵)が法大の石田健大投手(4年=広島工)をしのいだ。

... 前の打席で安打された石田に粘られて四球を与えたものの「腕がしっかり振れた」と、この日最速の151キロをマーク。これを機に変化球も鋭さを増し、6回以降は内野安打1本で切り抜けた。

Nikkan Sports 4/12/2014

===

早大・有原が4安打完封で開幕戦勝利

「東京六大学野球、早大3‐0法大」(12日・神宮)

早大・有原航平投手(4年・広陵)が、法大・石田健大投手(4年・広島工)とのドラフト1位候補同士の投げ合いを制し、4安打完封で開幕戦勝利を飾った。

「空振りもとれなくて、最初は調子が悪いなと思った」と話しながらも、直球はコンスタントに140キロ台後半を計測。尻上がりに調子を上げ、五回以降に7三振を奪った。

オフには地元・広島で一緒に食事にも出掛ける同郷のライバル、石田との対戦がポイントになった。第1打席で中前打を許して迎えた五回2死からの第2打席。ファウルで粘られて四球を与えたが、この日最速の151キロをマークした。

Daily Sports 4/12/2014

===

【六大学】早大・有原、お疲れ4失点もGスカウト好評価「菅野みたい」

◆オープン戦 早大2―4ホンダ熊本(11日・南郷) 東京六大学リーグ・早大の156キロ右腕・有原航平(新4年)が11日、宮崎・南郷キャンプでホンダ熊本とのオープン戦に先発。今秋ドラフト1位候補に挙げる巨人は3人態勢で視察。しかし、4回8安打4失点と崩れた。

初回と4回にともに3連打を浴び2失点。最速152キロを記録したものの暴投、死球もあり制球が乱れた。米ロサンゼルス遠征から羽田経由で18時間かけ、 8日に南郷入り。疲れに加え、使用球も日本のものに戻った影響もあった。有原は「全部言い訳にならない。悪いなりに低めを意識して投げられるよう修正した い」と話した。

Sports Hochi 3/12/2014

===

巨人ドラ1候補の早大・有原、155キロで全米王者斬り

◆オープン戦 UCLA1─2早大(5日・米ロサンゼルス、ジャッキー・ロビンソン・スタジアム) 巨人が今秋のドラ フト1位候補に挙げる早大・有原航平投手(3年)が、カリフォルニア大ロサンゼルス校(UCLA)とのオープン戦で救援登板。この時期では異例の155キ ロをマークするなど、3回無安打無失点と快投し、昨年の全米大学選手権優勝校から勝利を奪った。ボールやマウンドの違いがある中、高い適応能力を見せ、 17年の第4回WBC日本代表入りへ意欲も見せた。

アンビリーバブル―。マウンドから剛速球を投げ込む有原に、ジャッキー・ロビンソン・スタジアムの客席にいた米国人から感嘆の声が漏れた。同点の7回。打 者2人から3球三振を奪う圧巻の投球を見せると、8回には96マイル(155キロ)を計測。温暖な地とはいえ、リーグ戦前のこの時期に規格外の投球を見せ つけた。

「直球が良かった。腕がしっかり振れている感じがしました」。力負けするどころか、パワフルな全米王者を剛腕でねじ伏せた。「米国の打者はすごい引きつけ て打ってくるので、怖かった」と言いながら、全28球中20球がストライク。3回無安打無失点、1四球だけのほぼ完璧な内容だった。

Sports Hochi 3/8/2014

===

【六大学】早大・有原、米名門から11人6K!メジャースカウトも賛辞

◆オープン戦 早大3―1南カリフォルニア大(現時時間3日・米ロサンゼルス) 米ロサンゼルス遠征中の東京六大学 リーグ・早大が4日(現地時間3日)、当地で南カリフォルニア大とオープン戦を行い、3―1で快勝した。巨人が今秋ドラフト1位候補に挙げる156キロ右 腕・有原航平投手(3年)が先発し、打者11人から6三振を奪い3回0/3を1安打無失点。最速94マイル(151キロ)をマークし、メジャー関係者から も絶賛を浴びる圧巻の“全米デビュー”を飾った。

日本が誇る大学NO1の剛腕が、その実力を米国のパワーヒッター相手に知らしめた。打者11人に対し1安打無失点の快投。全米大学選手権優勝12度を誇る 名門を撃破した。「アメリカは(日本と)ボールも違い、下も硬くて、いろいろ違った。でも、なんとか抑えることができ、ほっとしています」と満足げたっ た。

立ち上がりから空振り三振を奪うと、当初から予定していた50球で交代する3回0/3まで3者連続を含む6三振を奪取。許したヒットはバント安打1本だ け。「日本と違ってパワーがある。今日は(相手は)左投手が多かったけど、これから右投手も出てきて学べるものがあったら学んで帰りたい」と収穫たっぷり だ。

Sports Hochi 3/5/2014

===

早大・有原、初実戦いきなり150キロ

今秋ドラフトの目玉、最速156キロ右腕の早大・有原航平投手(3年=広陵)が、今季初実戦でいきなり150キロをマークした。26日、東京・東伏見の早大グラウンドで紅白戦に先発。1回無死から同じドラフト1位候補の中村奨吾内野手(3年=天理)に対して、初球変化球から149キロ、143キロ、146キロと続けると、5球目に150キロをマーク。左前打を浴びたが、2回2奪三振2失点で上々の試運転を決めた。

視察した日本ハム大渕スカウトディレクターは「真っすぐ中心でいったと思う。打たれたところもあったけど、まだ調整段階。この時期に150キロ出るのはプロでもそうはいないです」と高評価した。決め球ツーシームも織り交ぜ、多彩な変化球を披露。31球で登板を終えると、ブルペンに直行して再び投げ込んだ。

Nikkan Sports 2/27/2014

===

早大右腕 今季初実戦で150キロ プロスカウトも高評価

今秋ドラフト候補の早大・有原が、西東京市東伏見のグラウンドで行われた紅白戦に登板した。今季初実戦で2回3安打2失点だったが、最速は150キロを計測。

「いつもより早めに調整してきたので球はいっている」と振り返った。視察した日本ハムの大渕隆アマスカウトディレクターは「今の時期、この球速を出すのはプロでもあまりいない」と高く評価。28日から米ロサンゼルス遠征に参加する最速156キロ右腕は「向こうの打者にどこまで通用するか楽しみ」と話した。

Sponichi 2/27/2014

===

【六大学】Gドラ1候補の早大・有原、いきなり150キロ!

巨人が今秋のドラフト1位候補に挙げている早大・有原航平投手(3年)が26日、東京・東伏見の同校グラウンドで行われた紅白戦で今季初の実戦登板。2回を3安打2失点、2奪三振ながら、いきなり150キロをマークして上々の試運転を披露した。

初回の先頭打者は同じくドラ1候補の打者・中村奨吾内野手(3年)。カウント2―2からの直球を左前に運ばれたが、これが150キロだった。「(28日出 発の米国キャンプへ向け)いつもより速いペースできています」という言葉通りの剛球だ。視察した日本ハム・大渕スカウトディレクターも「この時期に150 キロを出す投手は、プロでもそういない」と舌を巻いていた。

Sports Hochi 2/27/2014

===

ドラフトの目玉早大・有原が今季初実戦

今秋ドラフトの目玉、早大の最速156キロ右腕、有原航平投手(3年=広陵)が26日、東京・東伏見の早大グラウンドで今季初実戦となる紅白戦に先発した。

2回を投げて3安打2失点、2奪三振の内容だった。

Nikkan Sports 2/26/2014

===

ドラフト候補の早大・有原、米国戦は「真っすぐで勝負」

今秋のドラフト候補で最速156キロのエース右腕、早大・有原(広島・広陵高)が25日、28日の米国遠征出発を前に「真っすぐで勝負したい」と意欲を見 せた。高校時代から注目されてきた剛腕だが、昨年の日米大学野球では代表に選ばれず、米国選手に投げるのは今回が初となる。それだけにスピードとパワーの ある大学生チームとの3試合を心待ちにしていた。

Sanspo 2/26/2014

===

9球団スカウト来た!早大156キロ右腕 2月米遠征決定

東京六大学野球の早大が、西東京市東伏見のグラウンドで始動した。今秋ドラフト1位候補の最速156キロ右腕・有原は日本ハム、中日、オリックスを除く国内9球団のスカウトが見守る中でランニングやキャッチボールなどで汗を流した。

Sponichi 1/6/2014

===

今秋1位候補、早大・有原始動に9球団

今秋のドラフト1位候補の早大・有原航平投手(3年・広陵)が5日、西東京市の同大グラウンドでチームの今年初練習に参加。156キロ右腕の始動に阪神、巨人など9球団のスカウトが集結した。

... 187センチの長身から投げ込む直球に加え、昨秋は最優秀防御率に輝くなど安定感を増した有原。阪神の平塚スカウトが「ずっと見ていく?それはそうでしょ」と徹底マークを明かせば、巨人・榑松スカウトも「大学生の目玉」と、評価は揺るぎない。

この日の有原は、投球練習はせず。ポール間走などで3時間、汗を流した。今後は課題のスタミナ強化へ、投げ込み量を増やす計画だ。

Daily Sports 1/6/2014

===

早大・有原 156キロ右腕「優勝して胸張ってプロに」

今秋ドラフトの目玉は、早大の有原航平投手(3年)だ。東京六大学野球でリーグ戦通算13勝を挙げている有原は、最速156キロを誇る大型右腕。入学時から目標に掲げていたプロ入りへ向け、いよいよ大学ラストイヤーに臨む。また、高校生では済美(愛媛)の157キロ右腕・安楽智大投手(2年)に注目が集まる。

決して遠回りではなかった。早大のエース番号「11」を3年時から背負う有原は、大学で着実にレベルアップしてきた。直球の最速は1年時から6キロ上がり156キロを計測。堂々の今秋ドラフト1位候補だ。

... 広陵(広島)では10年センバツで4強入り。当時から超高校級右腕と騒がれ、プロ志望届を提出すればドラフト上位指名は間違いなし、と言われていた。だが、夏の大会前に右肘を痛めたこともあり、プロ入りよりも進学を選択。

... 小2で野球を始めて以来、投手一筋。「小さい頃からフォームはいじられたことがない」という。最も腕が振れるスリークオーターのフォームは、体に染みこんでいる。カットボール、ツーシームなど変化球も多彩で、大舞台での経験も有原の財産。ネット裏のスカウト陣は「間違いなく1位で消える投手」と口をそろえ、各球団は早い時期からマークを続けている。

Sponichi 1/3/2014

===

剛球右腕の早大有原、来秋虎ドラ1候補

阪神が来秋ドラフト1位の有力候補として早大・有原航平投手(21)をリストアップしていることが5日、わかった。

有原は187センチの長身で、最速156キロを誇る剛速球右腕。今秋の東京六大学リーグでは、エースとして8試合に登板し3勝1敗、防御率0・72。最優秀防御率のタイトルを初めて獲得した。

... 阪神の球団関係者は「終盤でも150キロぐらい出る。また、よくなっている」と評価。来年は済美・安楽ら投手に人材がそろうが「文句なく目玉候補」と、最高ランクに位置づけていることを示唆した。

Daily Sports 11/6/2013

===

早大・有原が1安打完封 来秋ドラ1候補が慶大斬り

東京六大学野球  早大2―0慶大 (11月2日  神宮)

早慶戦1回戦が行われ、早大が慶大を2―0で下して先勝した。先発した来秋のドラフト1位候補・有原航平投手(3年)が、1安打9奪三振でリーグ戦通算2度目の完封勝利。打者28人で仕留める快投で、日本ハムからドラフト6位指名された慶大・白村明弘投手(4年)との先発対決を制した。

9回2死。早大・有原が、147キロ直球で見逃し三振を奪った。自身2度目の完封を被安打1で達成し「ツーシームとスライダーが低めに集まっていた。雨の中スタンドで応援してくれた方のためにも絶対に負けられないと思った」と納得の表情を見せた。

Sponichi 11/3/2013

===

早大・有原タイトル前進!1安打完封

「東京六大学野球、早大2-0慶大」(2日、神宮)

... ワセダのエース・有原が、来秋のドラフト1位候補にふさわしい実力を見せつけた。最後はこの日9個目の三振で締めて、わずか87球で1安打完封。永遠のライバル・慶大を寄せ付けなかった。

直球は九回にも150キロを連発。スライダーやツーシームも低めに決め、許した安打は三回のバント安打のみ。早慶戦の独特の雰囲気の中での快投に「スタンドを見ると、絶対に負けられないと思った」と胸を張った。

1位の防御率を0・72とし、タイトル獲得にも前進。高校の後輩、明大・上原との差を試合前の0・01から0・16に広げた右腕は「連絡が来て、プレッシャーをかけられていた。負けられないと思って投げていました」。先輩の貫禄を示し、笑顔がはじけた。

Daily Sports 11/3/2013

===

来秋ドラフト候補の早大・有原が完封

「東京六大学野球、早大2‐0慶大」(2日、神宮)

伝統の一戦は、早大が先勝した。来秋ドラフト1位候補のエース・有原航平投手(3年・広陵)が1安打完封で今季3勝目を挙げた。

伸びのある直球は最速151キロを計測し、九回にも150キロを連発。スライダーやツーシームも低めに制球し、三回のバント安打しか許さなかった。早慶戦の独特の雰囲気の中での快投に「スタンドを見ると、絶対に負けられないと思った。変化球で打たせて取ることができた」と胸を張った。

リーグ1位の防御率を0・72とし、タイトル獲得にも前進。試合前まで0・01差で2位につけていた高校の後輩、明大・上原との差を0・16にまで広げ「連絡が来てプレッシャーをかけられていた。負けられないと思って投げていました」と笑った。

Daily Sports 11/2/2013

===

早大・有原1安打完封で先勝/東京6大学

<東京6大学野球:早大2-0慶大>◇第8週第1日◇2日◇神宮

早大・有原航平投手(3年=広陵)が1安打完封を決めて、先勝した。

87球を投げて、1安打9奪三振。3回の内野安打1本に抑えた。「真っすぐはあまり良くなかったけど、ツーシームとスライダーが低めに決まったので良かった」と喜んだ。

Nikkan Sports 11/2/2013

===

早大・有原 165球14K完投も…延長12回ドロー

東京六大学野球第6週第1日  早大1―1法大 (10月19日  神宮)

... 早大の有原が12回165球を1人で投げ抜いた。先制直後の5回に同点弾、次打者に内野安打を許したが、その後は打者24人に対し完全投球。12回にこの日最速の152キロを計測し「12回を投げたのは初めて。6回くらいに体が重いなと思ったけど、気持ちが入っていたので疲れはなかった」と胸を張った。5安打14奪三振の快投に、岡村猛監督は「自信になったと思う」と話していた。

Sponichi 10/20/2013

===

12回に152キロ!早大・有原「負けられない」165球熱投

東京六大学野球秋季リーグ第6週第1日  早大1―1法大 (10月19日  神宮)

早大―法大は延長12回の末、引き分けた。早大の有原航平投手(3年)は、5安打14奪三振で1失点完投。165球の熱投に「きょうは負けられなかった。1人で投げようという強い気持ちだった」と振り返った。

12回に152キロを計測する投球に、法大の神長英一監督は「褒めたくはないが、凄い。怪物」と驚いていた。

Sponichi 10/19/2013

===

早大エース・有原、165球の熱投/東京六大学

東京六大学野球リーグ第6週第1日(19日、早大1-1法大=延長十二回規定により引き分け、神宮)延長十二回にこの日最速タイの152キロをマークし、 最後の打者は151キロの直球で見逃し三振。早大のエース有原が六回以降は完璧に抑える内容で、165球の熱投を展開した。

Sanspo 10/19/2013

===

早大連勝、中村2打席連続弾/東京6大学

<東京6大学野球:早大10-2東大>◇21日◇第2週第2日◇神宮

... 9回から登板した有原航平投手(3年=広陵)は、154キロをマークして、1回無失点に抑えた。

Nikkan Sports 9/22/2013

===

早大1200勝 有原153キロ!14イニング連続零封

東京六大学野球第3週第1日  早大10―1明大 (4月27日  神宮)

1回戦2試合が行われ、早大が12安打10得点で明大を10―1で下し開幕3連勝。チームはリーグ最速の通算1200勝を達成した。

... 先発した有原は自己最速タイの153キロを計測するなど7回を3安打無失点。20日の東大戦から14イニング連続無失点に「真っすぐで打者を詰まらせることができた。節目に勝つことができて良かった」と胸を張った。

Sponichi 4/28/2013

===

早大エース有原が7回無失点/東京6大学

<東京6大学野球:早大10-1明大>◇第3週第1日◇27日◇神宮

... 先発のエース有原航平投手(3年=広陵)は、7回3安打無失点で2勝目を挙げた。神宮のスピードガン153キロをマークするなど、力強い直球を主体に危なげなく投げ切った。

「スピードより、真っすぐで詰まらせることができて良かった」と言った。

Nikkan Sports 4/27/2013

===

早大・有原キレキレ7回0封/東京6大学

<東京6大学野球:早大6-0東大>◇第2週第1日◇20日◇神宮

早大のエース番号11を背負った有原航平投手(3年=広陵)が今季初登板で快投を演じた。東大相手に6回まで打者18人で封じ込む完全試合ペース。7回1死後に右前打を許し大記録の望みは断たれたが、7回を2安打無失点に抑え、今季初勝利を挙げた。東大は通算49連敗となった。

有原の投じた90球目だった。東大・飯田へのカットボールが直後に右前に落ちた。7回1死後、打者20人目が初走者となった。ここで記録の望みは消えた。もっとも有原は落ち着いたものだった。「いつかは打たれると思った。それがたまたま7回まで来ただけなんで」。淡々と振り返った。

最速151キロの速球にスライダー、カットボール、ツーシーム。さらに100キロ台のスローカーブもまじえた。東大・浜田一志監督(48)は「速球に威力はあるし、スライダーが切れていた。あのレベルのスライダーが来るとウチの打者では…」とお手上げの表情を浮かべた。

Nikkan Sports 4/21/2013

===

有原7回1死までパーフェクト 早大快勝発進

東京六大学野球第2週第1日  早大6―0東大 (4月20日  神宮)

... 先発した有原航平投手(3年)は7回を2安打無失点の好投で、昨秋に続くチームの開幕戦勝利に貢献した。

... 今春から早大のエースナンバー「11」を背負う有原が、7回1死まで完全投球を見せた。20人目の打者・飯田に右前打され、00年の上重(立大)以来、史上3人目の完全試合は逃したが「意識はしていなかった。いつかは打たれると思っていた。そこから切り替えた」と無失点で7回を投げ終えた。最速151キロの直球と100キロ台のスローカーブで緩急を生かし、無四球で7三振を奪った。

Sponichi 4/21/2013

===

早大・有原快投!東大を0封/東京6大学

<東京6大学野球:早大6-0東大>◇第2週第1日◇20日◇神宮

早大のエース有原航平投手(3年=広陵)が今季初登板で快投を演じた。最速151キロの速球に100キロ台のスローボールも織りまぜ、6回まで完全試合ペース。7回1死後、東大・飯田に134キロのカットボールを右前打され、大記録達成の望みは断たれた。この回で降板したが、7回2安打7三振で今季初勝利を挙げた。

Nikkan Sports 4/20/2013

===

早大153キロ右腕の有原 今季初実戦で2回零封

... 昨秋リーグ戦で4勝を挙げた最速153キロ右腕の先発・有原航平(2年)は、3安打を許したものの2回を無失点に抑えた。気温4度の中、最速は149キロをマーク。2回は1死満塁のピンチも切り抜け「内容は良くなかったが、点を取られなかったのが良かった。試合でもこういう感じで投げたい」と収穫を口にした。

Sponichi 2/18/2013

===

虎ドラフト隠し玉は早大・杉山“捕手”

... 視察した中村GM ...

... この日は登板のなかった法大の三嶋に関しては「ブルペンを見させてもらいました。実戦で見たかったけど、スカウトの意見を尊重します」と話した。

Daily Sports 10/14/2012

===

早大・有原、4安打1失点完投勝利

東京六大学リーグ第6週第1日(13日、法大1-2早大、神宮)1回戦2試合を行い、早大が法大に2-1で勝ち、慶大が5-2で明大を下した。早大は右腕・有原航平投手(2年)が4安打1失点で完投勝ち。

... 最速153キロを誇る有原が、七回に150キロをマークするなど131球の熱投。「優勝のためには1つも落とせない。1点守り切れば勝てると思いました。最後も球の勢いは変わりませんでした」と有原。

Sanspo 10/14/2012

===

早大・有原が粘り強い投球/東京6大学

<東京6大学野球:早大2-1法大>◇第6週初日◇13日◇神宮

連覇には勝ち点を落とせない早大は有原が粘り強い投球を見せた。1点を争う展開にも、右腕は「1点を守り切れば勝てると思っていたので気にしていなかった」と涼しい顔だった。

9回1死一、二塁で三振を奪うと、最後は直球でバットを折り、投ゴロ。9回にマウンドで声を掛けた岡村監督も「きょうは有原。『おまえに任せた。思い切っていけ』と言うだけだった」と満足そうだった。

Nikkan Sports 10/13/2012

===

早大・有原 投げて打って3勝目「たまたまです」

東京六大学野球第4週第1日  早大4―2立大 (9月29日  神宮)

1回戦2試合が行われた。第1試合では早大・有原航平投手(2年)が8回2失点で今季3勝目をマーク。6回には自らが決勝打を放ち、立大を4―2で下した。

... 今季から先発に転向した早大・有原が、苦しみながらも3勝目を挙げた。3回までに2本塁打を許したが、その後は8回まで無失点で切り抜け「打たれたことは 忘れて、0点でいこうと思いました」と汗を拭った。同点の6回2死満塁では中前に2点タイムリーを放ち「バッティングはたまたまです」と照れた。岡村猛監 督は「有原が投げて打って、1人でシナリオを書いた」と称えていた。

Sponichi 9/30/2012

===

早大有原 四球から3失点/東京6大学

<東京6大学野球:明大3-2早大>◇第3週最終日◇25日◇神宮

春の覇者・早大が逆転負けして勝ち点を落とした。好投していたエース有原航平投手(2年=広陵)が7回、先頭への四球から乱れ3安打を許して3失 点。打線もその後の反撃の好機をバント失敗、けん制死などのミスで生かせず、明大に逃げ切られた。岡村猛監督(57)は「明治の方が勝利への執着心が強 かったということでしょう。有原も悔しいでしょう。精進してたくましい投手になるよう指導していきたい」と話していた。

Nikkan Sports 9/25/2012

===

早大・有原が初完封!明大を3安打、109球で料理

東京六大学第3週第1日  早大4―0明大 (9月22日  神宮)

... 今春はストッパーとして優勝に貢献した早大・有原が、自身4度目の先発で初完封を飾った。最速149キロの直球とチェンジアップを軸に明大打線を3安打、 109球で料理。昨春、昨秋の明大戦に3試合登板(先発2試合)したが、いずれも黒星が付いただけに「もう打たれちゃいけないと思った」と雪辱の勝利を喜 んだ。21日に広陵の先輩にあたる巨人・西村がストッパーとして3年ぶりのリーグ制覇に貢献。「直接会ったことはないけど凄い投球をしている。ああいうふ うになりたい」と先輩に負けない活躍を誓った。

Sponichi 9/23/2012

===

有原が初完封!早大先勝…東京六大学野球

◆東京六大学野球第3週第1日 早大4―0明大(22日・神宮) 春秋連覇を狙う早大は、今季から先発に転向した 153キロ右腕・有原航平(2年)が明大を散発3安打に抑え、リーグ戦初完投を完封で飾った。法大は、プロ注目の155キロ右腕・三嶋一輝(4年)が1点 リードの7回から登板し、3回を完全救援。慶大に先勝した。

... かつての輝きを取り戻した。広陵時代は、150キロ近い直球と鋭いスライダーを武器に3年センバツで4強入り。プロ志望届を提出すれば1位指名間違いなし と言われた逸材だった。大学では、ランニング嫌いによる体力不足で主にリリーフ。今夏の軽井沢キャンプで「人生でいちばんキツかった」。走り込みに取り組 み、スリムな体とスタミナを手にして先発の座をつかみ取った。

Sports Hochi 9/23/2012

===

早大、法大が先勝/東京6大学

<東京6大学野球>◇第3週初日◇22日◇神宮

1回戦2試合を行い、春秋連覇を狙う早大と、法大が先勝した。早大は明大に4-0で快勝し、法大は慶大を3-2で振り切った。

早大は有原が3安打に抑えてリーグ戦初完封。

Nikkan Sports 9/22/2012

===

早大 春秋連覇へ白星発進!先発転向の有原7回無失点

東京六大学野球第1週第1日  早大6―1東大 (9月8日  神宮)

今春は抑えを務めた早大・有原が、自身初の開幕投手に抜てきされ、7回2安打無失点。春秋連覇を狙うチームの白星スタートに貢献し「チームのために投げようと思った。体力もそこまでバテなかった」と汗をぬぐった。

岡村猛監督は「(開幕投手は)一番調子がいいのが有原だったので託しました」と説明した。春に4勝を挙げた1年生右腕の吉永は、9日の第2戦に先発する。

Sponichi 9/9/2012

===

開幕抜てき早大2年有原好投/東京6大学

<東京6大学野球:早大6-1東大>◇第1週初日◇8日◇神宮球場◇1回戦2試合

春秋連覇を狙う早大が6-1で東大を下し、先勝した。先発の有原航平投手(2年=広陵)が7回を無四球で2安打無失点と好投。開幕投手に抜てきし た岡村猛監督(57)は「一番調子がいいのが有原で、夏のコンディションもよく、託した。いい出来だった。制球も伸びもあった」と満足そうな表情を浮かべ た。

Nikkan Sports 9/8/2012

===

有原が152キロ!大瀬良も150キロ

大学日本代表候補の強化合宿2日目が23日、平塚球場で行われた。初の紅白戦を行い、早大・有原航平投手(2年=広陵)が、登板した全12投手で最速の 152キロをマーク。2回4安打2失点にも「真っすぐで勝負しようと思って、多めに投げた。安打にはなっていたけど詰まっていたので、秋のリーグ戦までに 威力を上げたい」と話した。

Nikkan Sports 6/23/2012

===

早大・有原152キロ!好救援/東京6大学

<東京6大学:早大3-1法大>◇第5週初日◇12日◇神宮

ピンチでの登板にも、有原は慌てなかった。2点リードの6回2死満塁。今季一番早いイニングで出番が回ってきた。カウント3ボール2ストライクからの6球 目。「一番自信ある真っすぐをど真ん中でもいいので思い切って投げた」。150キロの直球で代打の代打、伊藤諒を二ゴロに打ち取った。7回には今季のリー グ最速、自己最速を1キロ更新する152キロをマーク。9回に1点は失ったが、打者13人から6三振を奪うなど直球が走った。

オフの減量が効いた。大学入学後に体重が10キロ増の98キロまで太り、昨年12月には左太ももを肉離れした。今年2月の沖縄キャンプで10キロの距離を 超える走り込みを敢行し、最初に野菜から食べる食事方法の変更で体重を90キロにまで減量。「体がすごく動きやすい」と実感している。さらに学生コーチの 小堀と高速カメラで撮影した投球動作を解析し、腕の角度や下半身の使い方を研究。スライダー回転になりがちだった直球をバックスピンに修正し「映像を見な がら科学的にやってます」と自信をつけた。

Nikkan Sports 5/13/2012

===

自己最速152キロマーク 早大・有原好救援で5連勝

東京六大学野球第5週第1日  早大3-1法大 (5月12日  神宮)

早大の有原が好救援で開幕5連勝に導いた。6回2死満塁から2番手として登板すると、代打・伊藤諒を150キロ直球で二ゴロに打ち取ってピンチを脱出。7回には自己最速を1キロ更新する152キロの直球で三振を奪うなど3回1/3を1失点、6奪三振と好投した。今年2月の沖縄キャンプで1日10キロの走り込みを行い、野菜中心の食生活に変えて最大99キロあった体重を90キロまで減量。「今年は体が軽いです」と笑顔だった。

Sponichi 5/13/2012

===

早大1年生有原初先発も黒星/東京6大学

<東京6大学野球:明大4-2早大>◇第3週初日◇24日◇神宮

早大のルーキー有原航平投手(1年=広陵)が初先発したが、5回1/3を3失点で降板し敗戦投手となった。それでも1回に自己最速を更新する 151キロを記録。常時140キロ台後半の直球を主体に明大打線を3安打に抑えるなど、大器の片りんを見せた。岡村猛監督(56)は「いいものは使う」と 先発起用した理由を話し「(有原は)いい経験をしたでしょう。ある程度自信につながると思う」と続け、今後に期待した。

Nikkan Sports 4/24/2011

===

早大有原150キロデビュー/東京6大学

<東京6大学野球:東大3-3早大>◇第1週2日目◇10日◇神宮

早大のルーキー有原航平投手(1年=広陵)が6回から2番手でリーグ戦デビューした。自己最速を1キロ更新する150キロをマーク。直球は常時 140キロ後半を記録するなど2回1安打1三振で0点に抑えた。開幕2戦目での登板に「出るチャンスがあれば出たいと思っていた」と話した。

Nikkan Sports 4/10/2011

===

「149キロ腕」有原が早大初練習  記事を印刷する

広陵(広島)の最速149キロ右腕、有原航平投手(3年)が8日、4月に入学する東京6大学の早大で初練習を行った。東京・東伏見の同大グラウンドで汗を 流し「この練習についていけば、自分も成長できると思う」と新天地での心境を語った。今春リーグ戦からの登板も期待されるが、岡村猛監督(55)は「ガン ガン投げてもらいたいのは正直な気持ちだが、上級生も簡単に抜かれたくないでしょう。横一線です。4年生でも1年生でも力のあるものを起用する。特別扱い はしない」と話した。

Nikkan Sports 2/8/2011

===

広陵・有原航平投手/ドラフトリポート

187センチ、87キロの見事な体から繰り出すストレートは最速149キロ。力みのないフォームから糸を引くようにアウトローに構えたミットに突き刺さ る。チェンジアップ、スライダー、カーブもいい。真っすぐでも変化球でもストライクを取れる。4安打1失点無四球。痛恨の暴投が決勝点となり0-1で敗れ てしまったが、素晴らしいピッチングだった。

...

投球フォームで少し気になるのはステップ幅が狭いことか。これは甲子園から帰京した某スカウトも指摘していた。ただ、上体だけで投げている印象はない。む しろより高い位置から腕が出ることで投球に角度が付くというプラスの効果を生んでいる。この日の球審は低めに甘いように見えたが、角度がある分、近くで見 るとストライクに見えるのだろう。

素材、そして完成度の高さといい、豊作と言われる大学生を含めてもトップランクの投手であることは間違いない。そこで気なったのが伝説のスカウト、木庭教 さん(故人)から聞いた言葉である。「広陵の選手は、よう獲らんよ」。広島商出身の木庭さんが「ライバル校の選手はいらないよ」と言っているわけではな い。「まとまりすぎて伸びしろがないんよ」。

Nikkan Sports 8/16/2010

===

元巨人チーフスカウト逸材リストアップ 広陵右腕「群を抜いた存在」

第92回全国高校野球選手権大会スカウトの目】今大会のNo・1投手は広陵の有原。直球に力があり、角度もいい。外角低めに決まる制球力と、スライダーと チェンジアップを織り交ぜる投球術も春と比べかなり上達した。群を抜いた存在と言っていい。続くのが松本工の柿田と南陽工の岩本。2人とも力を発揮できず 初戦で敗退したが、腕の振りが柔らかく投球フォームがいいので将来性がある。東海大相模の一二三と北照の又野は投手としても捨てがたいが、右の長距離打者 としても才能を感じる。

Sponichi 8/14/2010

===

広陵・有原自己新149キロも…/夏の甲子園

<全国高校野球選手権:聖光学院1-0広陵>◇12日◇2回戦

広陵(広島)・有原航平投手(3年)が、1球に泣いた。7回2死二、三塁、カウント2-3からの6球目。バットを振らせながらも暴投で1点を失 う。「絶対に抑えてやろうと力が入った」と痛恨の1球を悔やんだ。

4強入りしたセンバツは雨に泣いた。6月には右ひじ炎症に見舞われるなど万全ではなかった。それでも自己最速の149キロをマークするなど、4安打に抑え ながらも初戦で姿を消した。「きちっと低めにいっていたし、自分の中では一番いい投球。観客も多くて楽しかった。みんなに感謝です」と涙交じりの笑顔で振 り返った。

Nikkan Sports 8/13/2010

===

149キロ右腕散る 広島スカウト部長絶賛も本人は早大進学希望

0―0で迎えた7回2死二、三塁。フルカウントからの直球が暴投になり、両チームで唯一の得点を献上してしまった。「真っすぐを力いっぱい投げて、力んで しまいました」。それでもこの日は自己最速の149キロをマーク。広島・苑田スカウト部長が「大学生を含めてもアタマ(ドラフト1位)でいけるくらい」と 絶賛する逸材は、卒業後は早大に進学希望。「大学で鍛え直してプロを目指します」と、次のステージでの活躍を誓った。

Sponichi 8/13/2010

===

ドラフト・レポート

===

Comments Off on 有原 航平 (早大)