Welcome to Yakyubaka.com

Tag: 日本生命

清水 翔太 (日本生命)

by on Jul.29, 2015 @ 12:43 pm, under Scrapbook, 高校・大学・社会人
Tags: ,

清水 翔太 (日本生命)
しみず・しょうた

177cm / 78kg
L / L

===

日生 サヨナラ王手!清水11回154球完封、上西殊勲打で18年ぶり

第86回都市対抗野球第11日・準決勝  日本生命1―0王子 (7月28日  東京D)

... 歴代最多の57度出場を誇る日本生命は、延長11回、王子(春日井市)との息詰まる投手戦を制し、1―0でサヨナラ勝ち。左腕の清水翔太投手(23)が6安打完封した。

... 白球が外野に転がった。「うわっ!抜けた」。ベンチで見守っていた清水がつぶやいた。延長11回1死三塁から上西が左前へサヨナラ打。154球の熱投が報われ全身の力が抜けた。「ほんと、良かったっす」。入社2年目、殊勲打のヒーローを笑顔で迎えた。

... 終盤は意地の張り合い。直球の球威が落ち、「捕手と相談してチェンジアップを増やした」。11回1死一塁の場面では4番の小林をそのチェンジアップで遊ゴロ併殺に打ち取った。そしてサヨナラ勝利を呼び込んだ。

Sponichi 7/29/2015

===

ドラフト・レポート

===

Comments Off on 清水 翔太 (日本生命)

廣本 拓也 (日本生命)

by on Oct.05, 2012 @ 5:17 pm, under Scrapbook, 高校・大学・社会人
Tags: ,

廣本 拓也 (日本生命)
ひろもと・たくや

183cm / 83kg
R / R 

===

阪神中村GM ポスト球児を電撃視察

... 中村GMは、社会人屈指の強肩を誇る日本生命・広本拓也捕手(23=法大)にも熱視線。収穫の多い電撃視察となったようだ。

◆広本拓也(ひろもと・たくや)1988年(昭63)10月22日、大阪府生まれ。浪速(大阪)では1年秋から正捕手も、甲子園出場経験はなし。法大では 1年秋からリーグ戦デビューし、4年春から正捕手。日本生命では1年目から正捕手となり、昨年の都市対抗8強進出に貢献。遠投110メートル。50メート ル走6秒8。183センチ、83キロ。右投げ右打ち。

Nikkan Sports 10/5/2012

===

ドラフト・レポート

===

Comments Off on 廣本 拓也 (日本生命)

吉原 正平 (日本生命)

by on Jul.16, 2012 @ 7:56 pm, under Scrapbook, 高校・大学・社会人
Tags: ,

吉原 正平 (日本生命)
よしはら・しょうへい

170cm / 74kg
R / R

===

日本生命・吉原2戦連続完封 入社目指したJR九州に恩返し

第83回都市対抗野球2回戦  日本生命1―0JR九州 (7月21日  東京D)

1―0の9回2死三塁。日本生命の新人右腕、吉原は最後の力を振り絞り、代打・佐藤を空振り三振に仕留めた。94年の西濃運輸・中ノ瀬幸泰以来となる2試合連続の完封勝利。しかも中ノ瀬の完封は2回戦と準決勝の2試合で間に1試合挟んでいるのに対し、吉原は1、2回戦連続の完封劇だ。

Sponichi 7/22/2012

===

日本生命・吉原が2試合連続完封/都市対抗

第83回都市対抗野球第9日(21日、日本生命1-0JR九州、東京ドーム)日本生命の新人右腕、吉原が2試合連続完封勝利を挙げた。いずれもスコアは 1-0。吉原は「東京農大のときは一度も完封なしだったのに…。調子がよく最初から飛ばした。九回のピンチも、打たれても同点だと思い、思い切り投げた」 と振り返った。

Sanspo 7/21/2012

===

本生命ルーキー吉原完封/都市対抗

<都市対抗野球大会:日本生命1-0四国銀行>◇16日◇1回戦◇東京ドーム

大会最多、54度目の出場の日本生命は、ルーキー吉原が1回の1得点を守り切り、チーム通算50勝目を挙げた。先発の吉原は調子が良くなかったそうで8安打を許したが、要所を得意のフォークボールを中心に締め、完封した。

Nikkan Sports 7/16/2012

===

ドラフト・レポート

=== 

Comments Off on 吉原 正平 (日本生命)

小林 誠司 (日本生命)

by on Dec.28, 2010 @ 12:40 pm, under 高校・大学・社会人
Tags: , , ,

小林 誠司 (日本生命)
こばやし・せいじ

178cm / 78kg
R / R

===

プロ野球志望届提出 - 10月2日

===

“巨人外れ1位候補”日本生命・小林「プロで試したい」

巨人の外れ1位候補の日本生命の小林は手応えを胸にその瞬間を待つ。

社会人No・1捕手は「2年前と違って、今回は楽しみ。野球だけでなく、人間的にも成長できたので」。同大4年で迎えたドラフトでは「1位以外は日本生命に行く」と発言。社会人野球でレベルアップする道を選んだ。この日のJR九州との練習試合では1安打。「アマチュアで培ったものをプロで試したい」と話した。

Sponichi 10/24/2013

===

谷繁監督、初仕事はポスト自分選び

... この日、名古屋市内の球団事務所でスカウト会議を開き、就任会見を終えたばかりの谷繁監督が初参加した。谷繁は「将来のドラゴンズを考えたドラフトを」と要望。中でもポスト谷繁獲得は今ドラフトの重点課題でもあり、日本生命・小林誠司捕手(24=同大)を上位候補にリストアップした。小林は強肩、強打が売りで、阪神も中村GMが視察するなど各球団の評価も高い即戦力捕手。谷繁が負担の多い監督兼任となることでより捕手需要は高まっており、小林に白羽の矢を立てた。

Nikkan Sports 10/11/2013

===

巨人 ドラ1候補に“阿部の後継者”日生・小林が浮上

24日のドラフト会議で、巨人の外れ1位候補に日本生命の小林誠司捕手(24)が浮上していることが7日、分かった。球団は即戦力投手とともに阿部の後継者の育成を急務としており、今後はドラフト当日まで他球団の動向をにらみながら、シミュレーションを重ねていく。

... 小林は広陵時代は広島・野村とバッテリーを組み、同大時代は「1位指名以外なら日本生命に行きます」と宣言して話題を呼んだ。捕手として強肩とリード面を高く評価されており「社会人No・1捕手」の呼び声が高い。巨人は原沢敦球団代表兼GMが、7月の都市対抗を直接視察。山下哲治スカウト部長も「肩を含めた守りは今秋の候補でもトップクラス。打撃も大学のころより良くなった」と口にするなど、以前から高く評価していた。

Sponichi 10/8/2013

===

巨人代表 ドラ1候補の日本生命捕手を極秘視察 ポスト阿部期待

第84回都市対抗野球1回戦  日本生命3―4三菱重工横浜 (7月15日  東京ドーム)

巨人・原沢敦球団代表兼GMが、今秋ドラフト1位候補の日本生命・小林誠司捕手(24)を極秘視察した。

バックネット裏に陣取る山下哲治スカウト部長らスカウト陣からは離れた位置で、個別に動きをチェック。「日本生命には(ドラフト)候補がたくさんいるから。(小林は)ヒットも打ったけど、基本的には捕手として評価している」と多くは語らなかったが「ポスト阿部」は重要な補強ポイントであり、熱心にペンを走らせていた。山下部長は「肩を含めた守りは今秋の候補でもトップクラス。打撃はもう少しパワーが欲しいけど、大学の頃より良くなった」と評価。密着マークを続けていく。

Sponichi 7/16/2013

===

阪神中村GM 日本生命・小林を直接視察

阪神中村勝広GM(63)が今秋のドラフト上位候補の日本生命・小林誠司捕手(23=同大)を直接視察することが30日、分かった。6月19日に阪神ファームと日本生命の試合が鳴尾浜で行われ、スカウト陣とともに訪れるつもりという。

Nikkan Sports 5/31/2013

===

日生・小林を巨人熱視線!阿部後継候補だ

巨人が今秋ドラフト上位候補選手の日本生命・小林誠司捕手(23=同大)に熱視線を送った。22日、川崎市のジャイアンツ球場で2軍対日本生命のプロアマ交流戦が行われ、原沢球団代表兼GMやスカウト陣が異例の大集結。注目を集める中で社会人屈指の捕手は強肩を披露し、好リードで8-3の「金星」に導いた。阿部の後継者探しは重要な補強ポイントで、今後も動向を追い続ける。

小林のすべての動きが巨人フロント陣にチェックされた。1回2死一塁の守備。初球にいきなり、隠善に盗塁を仕掛けられた。同大時代に二塁への送球タイム1秒9を誇った強肩の見せ場。「コントロールに気をつけて力まないように投げた」という送球は少し高くなり、セーフになった。それでも「投手のクイックが甘かった。肩は良かった」と言う隠善の印象が一級品であることを物語っていた。

Nikkan Sports 4/23/2013

===

日生・小林の始動にG、ソフトB視察

今秋ドラフト上位候補の日本生命・小林誠司捕手(23)が15日、大阪府吹田市内のグラウンドで始動した。同大時代もプロから強肩を評価されていたが、自身が希望したドラフト1位指名はなく、社会人野球に進み、今年が2年目。「何としても日本一を取りに行く。プロに挑戦したいという気持ちと、ワクワクする気持ちがある。(ドラフト指名の)順位はこだわらない」と語った。

... この日は巨人、ソフトバンクのスカウトが視察。巨人・益田スカウトは「肩の強さは天性のもので守備力はアマチュアトップレベル。大学時代からいい選手だったので楽しみ」と期待を込めた。

Daily Sports 1/16/2013

===

ドラフト候補、小林にスカウト陣熱視線

今秋ドラフト候補の日本生命・小林誠司捕手(23)が15日、大阪府吹田市の同社グラウンドで始動した。同大時代もアマチュアトップレベルの強肩を評価されていたが、本人が希望した1位指名はなく社会人入り。社会人野球2季目の今年は、上位候補に挙がっている。

小林は、「今年は何としても日本一を取りに行く。スローイングを安定させ、体も大きくしたい」と抱負を語った。巨人、ソフトバンクのスカウトが視察した。

Daily Sports 1/15/2013

===

広島 来秋のドラフト候補に野村の元女房

広島が来秋のドラフト上位候補として、日本生命・小林誠司捕手(23)をリストアップしていることが29日、分かった。広陵時代に新人王の野村とバッテ リーを組んだ“元女房”だ。同大時代も二塁送球タイム1秒9の強肩が評価され、ドラフト候補に挙がっていた。球団関係者は「大学のときよりも打撃が良く なっている」と、社会人になってからの打撃面の成長を評価。今秋のドラフトは野手偏重になったため、バッテリーの強化は必須事項となっている。

Nikkan Sports 12/30/2012

===

ルーキー・小林、攻守に活躍!日本生命が圧勝…社会人野球日本選手権

◆社会人野球日本選手権第2日(4日・京セラドーム大阪) 1回戦3試合が行われ、都市対抗8強の日本生命がJR四国 に7回コールド勝ち。16安打13得点と打線がつながり、来秋ドラフト上位候補の捕手・小林誠司(23)が打っては先制犠飛を含む2打点、守っては好リー ドで2安打完封に導いた。新日鉄住金かずさマジックは3投手の継投でJR東海を2―0で下した。

Daily Sports 11/5/2012

===

同大・小林は指名されず…日本生命へ/ドラフト

プロ野球ドラフト会議が27日、都内ホテルで行われ、1位指名以外は社会人入りを表明していた同大の小林は指名されず、来年から日本生命に進むことになった。

Sanspo 10/27/2011

===

同大・小林がプロ志望届提出

同大・小林誠司捕手(4年=広陵)が2日、所属の関西学生野球連盟にプロ志望届を提出した。ロッテ、中日、横浜などが注目する強肩捕手は進路について「1位指名ならプロ、2位以下なら日本生命に入社します」と明言している。

Nikkan Sports 10/3/2011

===

同大・小林がプロ志望届を提出へ

同大の主将、小林誠司捕手(4年=広陵)がプロ志望届を提出する意思を29日、明らかにした。1位指名を受けた場合はプロ入りし、2位以下なら日本生命に 入社する。プロ入りの条件を絞った理由について「もともと社会人を考えていましたが、1位の評価が頂けるなら自信を持ってプロの世界に飛び込みたいと思い ます」と語った。遠投115メートルの強肩捕手にロッテが上位候補でリストアップ。「ポスト谷繁」の補強を目指す中日や横浜も指名候補に挙げている。

Nikkan Sports 9/30/2011

===

同大・平川、右肘痛も5安打完投!…関西学生

関西学生野球 ▽1回戦 京大1―8同大(5日・わかさスタジアム)同大が注目バッテリーでV4へ前進した。疲労性 の右肘痛を抱えていたエースの平川が5安打完投。あえて直球を多投させて終盤に本来の威力を引き出した小林主将は「心配していたけど、マウンドでは落ち着 いていた」と胸をなで下ろした。自身は強肩捕手としてドラフト候補に挙がるが「(プロへは)まだまだの部分がある。じっくり決めたい」と志望届提出につい て揺れる胸中を明かしていた。

Osaka Sports Hochi 9/6/2011

===

プロ注目の同大・小林、阪神鄭から豪快弾

「プロ・大学交流戦、阪神5‐3同大」(30日、鳴尾浜)

誰もが思わず空を見上げた。プロ相手に反撃の1点を奪った直後の四回2死二塁。阪神ほか複数球団が注目する同志社大・小林が放った一撃は、左翼ポールへ一直線だ。ゴツンという音と共に同点2ランが確認されると、鳴尾浜はこの日一番の拍手と歓声に包まれた。

...

視察した阪神の佐野仙好アマスカウト統括は「しっかりしたバッティング。肩も強い」と小林の活躍に納得の表情。関西学生連盟秋季リーグの開幕を前に「今までも見てきたし、これからも見ていく」と今秋ドラフト指名候補の1人であることを明言した。

Daily Sports 8/31/2011

===

楽天 強肩の大学No.1捕手をリストアップ

楽天は即戦力捕手の同大・小林誠司捕手(22)をドラフト上位候補とした。

小林は遠投115メートルの強肩が武器で、2秒を切ればプロでの及第点と言われる二塁送球は1・9秒を誇る。球団関係者は「小林君は上位指名候補。大学トップの捕手と評価している」と話した。

Sponichi 8/23/2011

===

中日が「ポスト谷繁」同大小林に熱視線

米村スカウトは「浅尾、伊藤と最近のうちはイケメン路線。小林君は最適です」とジョークまじりながら、表情は真剣そのもの。小林は遠投115メートルで故 障知らずの強肩を誇り、広陵1年冬に投手から捕手に転向。エース野村祐輔(明大)の信頼を得て、甲子園で3年春8強、夏は準優勝した。「野村や土生(早 大)ら広陵の仲間が目標を高く持ってやっているのは刺激になる」と、リーグ3連覇へのけん引力も発揮するつもり。最速147キロ右腕の平川も「投げる試合 は全部勝つつもりです」と意気込みを語った。

Nikkan Sports 1/9/2011

===

同大・小林は強肩で野村の元女房

11年秋のドラフトには、10年に1度と称されたハンカチ世代を上回る実力派がめじろ押しだ。いち早く来秋のドラフト候補をチェックした。

同大の主将、小林誠司捕手(3年=広陵)は2年秋のNPB選抜-大学日本代表戦(東京ドーム)で見せた強肩と守備力によって、高評価を不動のもの にした。広陵に入学した時点では投手兼遊撃手で、1年冬から捕手に。明大・野村をリードして07年夏の甲子園で準優勝した。「高校で野村、大学で藤井さん (日本生命)に会えたのが自分の幸運」と感謝する。

Nikkan Sports 12/28/2010

===

ドラフト・レポート

===

Comments Off on 小林 誠司 (日本生命)

井上 晴哉 (日本生命)

by on Dec.28, 2010 @ 12:37 pm, under 高校・大学・社会人
Tags: , ,

井上 晴哉 (日本生命)
いのうえ・せいや

180cm / 98kg
R / R

===

【広島】“110キロ巨漢スラッガー”日本生命・井上の指名検討

... 地元・広島の崇徳高出身の右の大砲が、ドラフトの隠し玉だ。社会人でも出場はDHが多く、守れるポジションは一塁に限られる。同首脳が「守るのは少し難し い」と話すように難点はある。だが、広島に入団すれば、いきなりチーム日本人選手最重量となる体格は魅力的。球団内では「パワーに加え、確実性もついた」 と、打撃面での評価は上昇している。

逆方向への長打が打てて、趣味はお菓子作りと器用な一面もある。もともと広島ファンだけに、相思相愛が実れば「コイのおかわり君」が誕生する。

Sports Hochi 10/23/2013

===

広島が日本生命・井上の下位指名検討

... 井上晴哉(いのうえ・せいや)1989年(平元)7月3日、広島県生まれ。崇徳では高校通算31本塁打。中大では1年春に全試合4番で1部昇格に貢献。2年秋に首位打者を獲得するなど、東都通算12本塁打。3年夏には大学日本代表に選出された。日本生命では主にDHとして打力を発揮している。180センチ、105キロ。右投げ右打ち。

Nikkan Sports 10/23/2013

===

本生命がコールド勝ち/日本選手権

<社会人野球日本選手権:日本生命13-0JR四国>◇4日◇京セラドーム◇1回戦

日本生命(大阪)が16安打で13点を挙げ、JR四国(香川)に7回コールド勝ちした。4番DH井上晴哉(23=中大)は4打数4安打2打点と打線をけん引した。

180センチ、106キロという右のスラッガーは、全安打が中堅から右と、巨体から想像しにくい器用さを披露した。「4の4は社会人になってから初めて。今は106キロあるので、体重が100キロになったらプロを考えたい」と話した。

Nikkan Sports 11/4/2012

===

プロ入りの基準は沢村先輩 日本生命・井上の高いハードル

スポニチ後援第38回社会人野球日本選手権第2日  日本生命13―0JR四国 (11月4日  京セラドーム)

... 中大出身の新人・井上が4安打2打点と活躍。第1打席は無死一塁から中前打を放ち先制機を演出。6回の第4打席は無死満塁から中越えの二塁打で2打点を挙げた。

100キロを超える巨体から意外に?器用なバットコントロールで大学時代から東都リーグの強打者として鳴らした井上。大学4年時にはプロからも声はかかっていたが、プロ志望届は提出せず社会人へ進んだ。

Sponichi 11/4/2012

===

島袋力投 中大逃げ切り残留/東都大学

<東都大学野球1、2部入れ替え戦:中大7-5拓大>◇最終日◇14日◇神宮

中大(1部6位)が7-5で拓大(2部1位)を振り切り、2勝1敗として1部残留を決めた。4番の井上晴哉一塁手(4年=崇徳)が初回に先制犠 飛、9回にはダメ押しの二塁打するなど3安打3打点して勝利を導いた。 ...

1年時から中大の4番に座る井上が、学生最後の試合で踏ん張った。3安打3打点。9回には1死一塁から二塁打を放ち、貴重な1点をもたらした。「(2部に)落として卒業すれば、人生の苦い経験になるところだった。よかった」と話し、涙を流して喜んだ。

Nikkan Sports 11/15/2011

===

中大・井上は三塁挑戦へ、巨人も熱視線

巨人もリストアップする今秋ドラフト候補の中大・井上晴哉内野手(3年=崇徳)が、「体重100キロ切り」と「三塁挑戦」を春までの目標に掲げた。 4番一塁、体重102キロの右の大砲は「体重が増えて体のキレが悪くなったし、100キロを切りたい。プロとか将来を考えれば、サードも守れた方がいい」 と、2月のキャンプから三塁も練習する意向。グラウンド外周の50周走では15人中15位に沈んだが、初詣のおみくじには「勝負事で何事もうまくいくと書 いてありました。よしって感じ」と話した。

巨人はスカウト3人であいさつに訪れた。山下スカウト部長は「右のパワーヒッターは貴重だし、今後の成長を楽しみにしてます」と評価した。

Nikkan Sports 1/16/2011

===

中大・井上は体重100キロの大砲

11年秋のドラフトには、10年に1度と称されたハンカチ世代を上回る実力派がめじろ押しだ。いち早く来秋のドラフト候補をチェックした。

中大・井上晴哉内野手(3年=崇徳)は、体重100キロの巨漢から柔らかな打撃を見せる右の大砲。中学時代、野球に必要な反射神経と脚力を養うた めにバドミントン部とサッカー部に入ったという変わり種。入学直後から4番を務め、1部リーグで通算打率3割、7本塁打。今夏の世界大学選手権では初の日 本代表に選ばれた。秋は体重7キロ増加で調子を落としたが、来春は「3割5分と6本塁打が目標。打てたら自信を持ってプロに行けます」と巻き返しを図る。

Nikkan Sports 12/28/2010

===

ドラフト・レポート

===

Comments Off on 井上 晴哉 (日本生命)

柿田 裕太 (日本生命)

by on Jul.26, 2010 @ 1:07 am, under 高校・大学・社会人
Tags: , , ,

柿田 裕太 (日本生命)
かきた・ゆうた

181cm / 75kg
R / R

===

プロ野球志望届提出 - 8月27日

===

虎外れ1位候補日本生命・柿田を最終確認

阪神の佐野仙好アマスカウト統括(62)と池之上格スカウト(59)が10日、大阪府内で、今秋ドラフト外れ1位候補の1人、日本生命・柿田裕太投手(21=松本工)を最終チェックした。柿田は練習試合・三菱重工神戸戦に先発し、最速143キロの直球を軸に3回0/3を2安打1失点。佐野統括は「1つ1つの球を見ても、春のキャンプを順調に送ることができれば十分即戦力」と評価した。

Nikkan Sports 10/11/2013

===

阪神 外れ1位候補に社会人長身右腕リストアップ

阪神は、日本生命の柿田裕太投手(21)を外れ1位候補としてリストアップしていることが7日、分かった。1メートル82の長身から投げ下ろす直球は最速145キロで、チェンジアップ、フォークなど多彩な変化球を操る即戦力右腕。松本工(長野)3年夏には甲子園に出場し、日本生命3年目の今季は都市対抗も経験している。

... しかし、エース能見が来季35歳を迎える先発陣は高齢化が進んでおり、若手は藤浪と松田ぐらい。チーム事情も考慮し、抽選で外した場合でも高校生ではなく「即戦力投手」の方針で、その筆頭候補として柿田に注目していく。

Sponichi 10/8/2013

===

日本生命・柿田に虎スカウト熱視線

「都市対抗野球近畿地区第2次予選、日本生命10-3大阪ガス」(27日、舞洲)

阪神の佐野統括スカウトら6人が27日、今秋のドラフト候補、日本生命の高卒3年目右腕、柿田裕太投手(20)に熱視線を送った。

... リリーフ登板の柿田は最速144キロのストレートに変化球を織り交ぜ4回を5安打1失点。「自分のピッチングをしようと思った」と振り返り「去年までと違い、戦力になれてうれしい半面、しっかりやらないといけないと思っている」と自覚を口にした。

将来性の高い逸材を、この日は8球団24人のスカウトが視察。阪神は長野・松本工時代からマークしてきた。「厳しいコースに意識して投げられている。社会人3年間で順調に伸びているのは素晴らしい」と池之上スカウト課長は評価を上げる。身長182センチ、社会人になって6キロ増えたという体重85キロの恵まれた体。MAX145キロの直球に加えカットボール、フォーク、スライダーを操る。

Daily Sports 5/28/2013

===

プロ注目の松本工エース 進路は「じっくり考えたい」

全国高校野球選手権に初出場し、1回戦で敗れた松本工ナインが9日、松本市の同校へ戻った。九州学院戦で5回12失点したエース柿田裕太(3年)は今後に ついて「じっくり考えたい。野球を続けたい。今月中には答えを出したい」と語った。初の大舞台で実力を発揮できずに終わった悔しさを胸に、プロ志望届提出 の判断をした上で、大学進学、社会人入りなど進路を絞っていくことになりそうだ。

Sponichi 8/10/2010

===

松本工祝初出場、柿田852球激投/長野大会

松本工が松商学園を延長10回の末に6-5で下し、創部66年目で春夏通じて初の甲子園出場を決めた。プロも注目する最速142キロ右腕、柿田裕太投手 (3年)が11安打を浴びながらも、5失点完投。2回戦からの6試合60イニング、852球を1人で投げきった。この日も、5回あたりから右肩が「だるい 感じで上がらない」状態だったが、「気力でいくしかなかった。味方が守ってくれると信じてた」と腕を振り続けた。

Nikkan Sports 7/26/2010

===

9回2死から追いついた!松本工“劇的”初切符

【長野・松本工6―5松商学園】松本工のプロ注目右腕・柿田が176球を投げ切り、初の甲子園を劇的な逆転勝利で決めた。

...

柿田は今大会、3試合の延長戦を含む全6試合60回計832球を1人で投げ抜いた。スタミナ不足を解消するためにこの冬、学校までの往復14キロを自転車 からランニングに替えた努力が実った。「ほかの代表校に低めのストレートがどれくらい通用するか試したい」と大舞台に闘志を見せる。中村監督も「柿田は凄 い。うまく調整できれば活躍するでしょう」と、MAX142キロ右腕で信州旋風をもくろむ。

Sponichi 7/26/2010

===

エース柿田 全6試合完投!

決勝戦を含め、6試合60イニングを投げ切った柿田。苦難を乗り越え、たくましくなったその直球を、夢舞台でも投げ込むつもりだ。

Sponichi 7/25/2010

===

ドラフト・レポート

===

Comments Off on 柿田 裕太 (日本生命)

藤井 貴之 (日本生命)

by on Jun.21, 2010 @ 11:25 am, under 高校・大学・社会人
Tags: , ,

藤井 貴之 (日本生命)
ふじい・たかゆき

185cm / 80kg
R / R

===

日本生命・藤井 7K8回途中零封 都市対抗と2冠へ王手

スポニチ後援第41回社会人野球日本選手権第10日・準決勝  日本生命6―0伯和ビクトリーズ (11月8日  京セラドーム)

都市対抗で橋戸賞(最優秀選手)に輝いた日本生命・藤井が8回途中まで投げ、3投手で無失点リレーを果たした。

切れ味鋭いスライダーを武器に7三振を奪った右腕は「調子はそんなに良くなかったが、粘れたのが良かった」と胸を張った。

Sponichi 11/9/2015

===

日本生命2大大会制覇王手 藤井8回0封完封リレー

<社会人野球日本選手権:日本生命6-0伯和ビクトリーズ>◇準決勝◇8日◇京セラドーム大阪

... 都市対抗で橋戸賞(最優秀選手賞)を受賞した藤井貴之投手(27=同大)が今大会で初めて先発し、8回途中まで無失点。

Nikkan Sports 11/8/2015

===

日生4強!藤井貴 右足負傷も魂のKK締め 12回タイブレーク制す

第86回都市対抗野球第9日・準々決勝  日本生命4―2トヨタ自動車 (7月26日  東京D)

... 最後はこの試合最速、145キロの直球だった。藤井貴の92球目。先制2ランを放っていたトヨタ自動車の主砲・木下のバットに空を斬らせた。延長12回1死満塁のタイブレーク。2点勝ち越して迎えた直後のマウンド。2者連続三振で締めた右腕は「必死でした。1点は取られてもいいと思って投げた」と汗を拭った。

絶対的エースの佐川が捕まり、4回途中からのロングリリーフは鬼気迫る投球だった。右足首はテーピングで固めていた。10回、一塁ベースカバーの際に打者走者に踏まれてベンチで治療を受けた。十河章浩監督は降板も考えたが、本人が「行きます」と宣言。約4分間の中断後、マウンドに戻ると後続も断った。結局8イニングを2安打無失点で投げきった。

Sponichi 7/27/2015

===

同大・藤井が3安打12K完封/関西学生

<関西学生野球>◇第1週初日◇わかさスタジアム京都

秋季リーグ戦が開幕し、2季連続優勝を目指す同大と立命大が先勝した。同大は京大に7-0と完勝。3安打12奪三振のエース藤井貴之(4年=天 理)は大学通算21勝を完封で飾った。

Nikkan Sports 9/5/2010

===

同大・藤井が開幕完封 プロ志望届は“出しません”

リーグ通算21勝目を挙げた4年生右腕は、社会人の日本生命入りを希望。ドラフトで指名も予想されるが、プロ志望届を出す予定はないという。「社会人で きっちり結果を出してからプロに行きたい」と話した。

Sponichi 9/4/2010

===

同大150キロ右腕・藤井が日生へ

プロ注目の150キロ右腕、同大・藤井貴之投手(4年=天理)が社会人の日本生命に進むことが23日、分かった。関西学生リーグ戦で通算20勝13敗。今 春、13季ぶりのリーグ優勝に導いた。

Nikkan Sports 8/24/2010

===

阪神スカウトも太鼓判 古豪のエース“もっと良くなる”

力のある速球とスライダーで2回を無安打2奪三振。自身は「2回目の先頭をノースリーにしてしまった(結果は三振)。自分のカウントにしないといけない」 と厳しく自己採点したが、阪神の中尾孝義スカウトは「低めにボールがいっていた。スライダーも良かったし、右打者は嫌なんじゃない?これでいいシュート、 フォークもあればもっといい投手になる」と期待を込めて高く評価した。

Sponichi 6/21/2010

===

ドラフト・レポート

===

Comments Off on 藤井 貴之 (日本生命)