Welcome to Yakyubaka.com

Tag: 日本通運

北川 利生 (日本通運)

by on Mar.10, 2016 @ 7:41 pm, under Scrapbook, 高校・大学・社会人
Tags: ,

北川 利生 (日本通運)
きたがわ・りお

177cm / 80kg
R / R

===

日本通運が白星発進 ルーキー北川3回先制3ラン

<社会人野球・東京大会:日本通運4-2大阪ガス>◇10日◇神宮

日本通運が、ルーキー北川利生外野手(22=創価大)の1本塁打を含む2安打3打点の活躍で白星発進した。

Nikkan Sports 3/10/2016

===

ドラフト・レポート

===

Comments Off on 北川 利生 (日本通運)

池田 望 (日本通運)

by on Mar.12, 2014 @ 7:55 pm, under Scrapbook, 高校・大学・社会人
Tags: ,

池田 望 (日本通運)
いけだ・のぞむ

179cm / 63kg
R / R

===

日本通運 2戦連続完封勝ち!2年目・池田、緩急自在

全国社会人野球 第69回東京スポニチ大会予選リーグBブロック  日本通運1―0日立製作所 (3月11日  横浜)

日本通運は2年目右腕の池田が4安打に抑え、チーム2試合連続完封勝ちを収めた。

6回まで0―0と緊迫の展開も「先に点はやらない」と緩急で凡打の山を築いた。拓大出身で、前日にNTT東日本を3安打完封した井口とは同い年。「お手本であり、ライバル」と刺激を受けている。

Sponichi 3/12/2014

===

ドラフト・レポート

===

Comments Off on 池田 望 (日本通運)

渡辺 圭 (日本通運)

by on Apr.14, 2013 @ 9:47 pm, under Scrapbook, 高校・大学・社会人
Tags: , ,

渡辺 圭 (日本通運)
わたなべ・けい

171cm / 69kg
L / L

===

日通唯一3連勝で4強 新人・渡辺が快投

全国社会人野球 第69回東京スポニチ大会予選リーグBブロック  日本通運4―3日本新薬 (3月12日  大田)

12日、3会場で予選リーグ8試合が行われ、4強が出そろった。Bブロックは98年以来16年ぶりの優勝を狙う日本通運が日本新薬を4―3で下して唯一の3連勝をマーク。先発したルーキー・渡辺圭投手(22)が、7回途中2失点の好投で、上々のデビューを飾った。

... 先発を任せられたのは新人左腕の渡辺だった。東海大甲府、東海大時代にドラフト候補にも挙がった逸材も、4強進出がかかる大一番に「まさか自分が先発とは思わなかった」と動揺した。それでも、先輩の激励などで奮起。130キロ台後半ながら切れのある直球をテンポ良く投げた。走者を背負えば「後ろには良い投手がたくさんいる。いけるところまでいこう」と開き直り、7回途中まで2失点と粘った。1点差に迫られた9回には、10日にNTT東日本を完封したばかりのエース井口が登板、貫禄のパーフェクト締めだ。

Sponichi 3/13/2014

===

虎、来年ドラフトへ超速視察

超速の視察だ。阪神・中尾孝義スカウトが19日、沖縄・宮古島でキャンプを張る社会人・日本通運の視察に訪れ、来年のドラフト上位候補との呼び声が高い東海大・渡辺圭投手(22)に熱視線を送った。

171センチ、69キロと小柄ながら、最速146キロの直球と多彩な変化球を操る快速左腕。大学時代は通算17勝1敗、防御率1・40の成績を残し、現在は今春に入社する日本通運のキャンプに参加している。昨年はプロ志望届を提出しなかったため、ドラフトで指名することはできなかったが、阪神サイドはかねて高い評価を与えていた。

Daily Sports 2/20/2014

===

【首都大学】東海大・渡辺、4安打完封

◆報知新聞社後援 首都大学野球第1週第1日(13日・平塚) 4季連続65度目の優勝を目指す東海大は、3季連続の開幕投手を務めた左腕・渡辺圭投手(4年=東海大甲府)が1―0で大東大を4安打完封。14奪三振の快投で白星スタートを飾った。城西大は増田優貴投手(3年=八代東)が完封し、筑波大に先勝した。

Sports Hochi 4/14/2013

===

ドラフト・レポート

===

Comments Off on 渡辺 圭 (日本通運)

川端 大翔 (日本通運)

by on Nov.01, 2012 @ 9:44 am, under Scrapbook, 高校・大学・社会人
Tags: , ,

川端 大翔 (立大)
かわばた・ひろと

190cm / 97kg
R / R

===

1メートル91大型右腕の日通・川端、今秋のドラフトで注目

社会人野球2年目で今秋のドラフト会議での指名が解禁になる日通(さいたま市)の右腕・川端大翔投手(24)=立大出=が23日、母校・立大とのオープン戦(埼玉・日通浦和野球場)に先発し、4回4安打2四球5三振3失点だった。

身長1メートル91、体重100キロの体から最速149キロの直球、フォーク、カットボールをややスリークオーター気味で投げ込むパワータイプだ。

Sanspo 2/23/2016

===

立大が開幕4連勝“二刀流”川端が復活

... 3点差の六回からは、直前の攻撃で代打出場した川端大翔内野手(4年・沼田)が救援登板。最速147キロを計測した直球などで3回1安打無失点、4奪三振と好投し、相手に流れを渡さなかった。

大学入学後に投手に転向も、3年春に右肩を痛めて、リーグ戦の登板は2年秋以来、2年ぶりだった。

高校通算40本塁打の打撃を生かして野手に専念していたが、投手陣に故障者が相次いだこともあり、今年6月から投手に本格復帰。苦難の時を乗り越えての復活に「最初マウンドに上がった時は緊張したが、2イニング目からは思い出した。(野手兼任の)疲れも何もない。優勝できるなら壊れてもいい」と頼もしかった。

Daily Sports 9/28/2014

===

立大開幕4連勝 二刀流川端が好救援

<東京6大学野球:立大6-3慶大>◇第3週第2日◇28日◇神宮

... 今シーズンから内野手として登録された“二刀流”の川端大翔内野手(4年=沼田)が2番手で救援した。6回に代打で登場すると7回から2年ぶりに神宮のマウンドに上がった。

3回を投げ1安打無失点、無四球で4三振を奪った。「久々で最初は緊張しましたが、2回以降はしっかり投げられました」と笑顔だった。

Nikkan Sports 9/28/2014

===

立大・川端翔 難病と闘うチームメートに勝利届けた

東京六大学野球新人戦最終日・3位決定戦  立大3―1早大 (10月31日  神宮)

立大は1メートル90、97キロの大型右腕・川端翔が難病のチームメートに勇気の1勝を届けた。4年生のエース左腕・小室から教わったカットボールを武器に7回1/3を5安打1失点と好投。

この日は難病を患い、半年間の入院を経て一時退院した同じ2年生の外野手・安部が神宮で観戦。「みんなで勝利をプレゼントしようと言っていたので勝ててよかった」と笑顔を浮かべた。

Sponichi 11/1/2012

===

ドラフト・レポート

=== 

Comments Off on 川端 大翔 (日本通運)

井口 拓皓 (日本通運)

by on May.01, 2012 @ 7:03 pm, under Scrapbook, 高校・大学・社会人
Tags: , ,

井口 拓皓 (日本通運)
いぐち・たくあき 

176cm / 78kg
R / R 

===

プロ11球団が視察!日本通運・井口 3安打完封

全国社会人野球 第69回東京スポニチ大会予選リーグBブロック  日本通運5―0NTT東日本 (3月10日  岩槻)

日本通運の1メートル75右腕・井口が3安打完封と力投。11球団のスカウトが見守る前で結果を出し、「内容は全然(ダメ)だったけど良いスタートは切れた」と話した。

Sponichi 3/11/2014

===

来秋ドラフト候補 駒大・江越 来季は「大事な場面で打てるように」

... 来秋ドラフト候補に挙がる江越大賀外野手(3年)は「今年は春は優勝争い、秋は入れ替え戦と、なかなかできない経験をした。1球に対する意識を変えて、大事な場面で打てるようにしたい」と語った。今秋3本塁打を放ち、通算9本塁打をマークする右の大砲は「目標の20本に少しでも近づけるように」と意欲を見せた。

西村亮監督は「江越はもっとできる。4番の働きを期待したい」とさらなる成長を求めた。

Sponichi 12/24/2013

===

駒大・井口10回に力尽く/東都大学

<東都大学野球:中大4-2駒大>◇第7週初日◇17日◇神宮

2位駒大が延長10回、2-4で中大に敗れ、優勝の可能性が消滅した。0-2から同点に追いつく粘りを見せたが、10回に先発の井口拓皓(たくあ き)投手(4年=市川越)が3連打を浴びて2失点し、力尽きた。西村亮監督(38)は「チャンスで1本出ていればというところ。最後まで優勝争いはでき た。今年の選手は徐々に成長してくれて、それなりの戦いはできた。4年生は卒業するが、いい意味でつなげていけるようにしたい」と話した。

Nikkan Sports 10/17/2012

===

駒大・井口 気迫の連投!2回4K 首位・亜大に勝ち点1差

東都大学野球第5週最終日  駒大3―1東洋大 (10月3日  神宮)

1回戦で124球を投げ完投した駒大のエース井口が、気迫の連投で優勝への望みをつないだ。2点リードの8回から3番手として登板。落差のあるチェンジアップを武器に2イニングで4三振を奪った。

Sponichi 10/4/2012

===

駒大・井口が完投勝利/東都大学

<東都大学野球:駒大3-2日大>◇第5週初日◇1日◇神宮

駒大が日大に先勝した。先発の井口拓皓(たくあき)投手(4年=市川越)が1回に3安打2失点。いきなり追う展開となったが、6回に同点に追いつ くと、8回に5番江越大賀外野手(2年=長崎・海星)が左中間スタンドへ決勝のソロ本塁打を放った。現在勝ち点1で、日大戦は1部リーグ残留を決めるため にも重要なカード。2回以降無失点で完投した井口は「自分の失点を返してもらったので、エースとして追いつかれることも逆転されることも許されないと思っ た」と振り返った。

Nikkan Sports 5/1/2012

===

ドラフト・レポート

===

Comments Off on 井口 拓皓 (日本通運)

牧田 和久 (日本通運)

by on Aug.31, 2010 @ 1:43 pm, under 高校・大学・社会人
Tags: ,

牧田 和久 (日本通運)
まきた・かずひさ

178cm / 78kg
R / R

===

摂津の穴埋め期待…「日通のサブマリン」獲り

ソフトバンクが、今ドラフトで日本通運のサブマリン、牧田和久投手(25)の獲得を目指すことが分かった。静清工―平成国際大を経て入社4年目の牧田は、 下手から最速130キロ台半ばの直球とシンカー、シュートなどの変化球を駆使。今夏都市対抗で日本新薬を完封して、スカウト陣の評価を一気に上げた。

Sponichi 10/16/2010

===

日本通運・牧田 進化のサブマリン完封発進!

入社2年目の08年日本選手権で右ひざ前十字じん帯を断裂。全治8カ月の重傷で昨年大会はスタンドから声援を送った。1シーズンを棒に振ったが、リハビリ 期間中に自分の投球を見つめ直した。下手投げの特性を生かすため、内外角の左右だけでなく前後を使う投球にたどり着いた。前後とは投球の際、球持ちの長さ でタイミングをずらすこと。球離れのタイミングをずらしてバットの芯を外す。この日も130キロ台前半がやっとの直球でも再三、打者を詰まらせ、そして泳 がせた。

▼オリックス・中川スカウト 球持ちがいいから130キロの直球でも詰まらせることができる。なかなかいないタイプだし、面白い投手。勝ち進んだときの投 球とかを見てみたい。

Sponichi 8/31/2010

===

ドラフト・レポート

===

Comments Off on 牧田 和久 (日本通運)