Welcome to Yakyubaka.com

Tag: 東北福祉大

長坂 拳弥 (東北福祉大)

by on Feb.19, 2016 @ 9:56 pm, under Scrapbook, 高校・大学・社会人
Tags: ,

長坂 拳弥 (東北福祉大)
ながさか・けんや

173cm / 78kg
R/ R

===

東北福祉大の新主将に長坂 全国大会で屈辱晴らす

昨秋の仙台六大学野球リーグ戦で優勝した東北福祉大の主将に、プロ注目の長坂拳弥捕手(3年)=高崎健康福祉大高崎=が就任した。

... 巨人のドラフト1位ルーキー、立命大・桜井俊貴投手(22)に0―1で完封負けした、昨秋の明治神宮大会。長坂は3打数1安打2三振。5回無死一、三塁と 先制の好機で空振り三振に終わり「自分が打っていれば勝てた。あの悔しさは絶対に忘れてはいけない」と力を込めて語った。

... 2秒を切れば速いとされる二塁送球で1・9秒を切る強肩を持ち、プロも注目する存在だ。

Sports Hochi 2/19/2016

===

ドラフト・レポート

===

Comments Off on 長坂 拳弥 (東北福祉大)

千葉 義浩 (日本新薬)

by on Oct.23, 2014 @ 3:39 pm, under Scrapbook, 高校・大学・社会人
Tags: , ,

千葉 義浩 (日本新薬)
ちば・よしひろ

173cm / 73kg
R / R

===

東北福祉大・千葉が日本新薬入り

仙台6大学野球の東北福祉大・千葉義浩捕手(4年=東陵)が今春、社会人の日本新薬(京都)に入社することが1月31日、分かった。千葉は昨年6月に大学日本代表入りして、翌7月オランダで行われたハーレム国際大会に参加した。昨秋のドラフト候補にもなり、進路をプロ一本に絞ったが指名されなかった。

ドラフト後は日本新薬の練習に参加。 ... 昨秋の仙台6大学リーグでは打率4割6分7厘で最高打率賞(首位打者)に輝いたが、一番の魅力は強肩。捕球から二塁ベースへの送球時間は、プロレベルの1秒8を誇る。

Nikkan Sports 2/1/2015

===

東北福祉大・千葉 強肩は「プロで通用」

大学日本代表の強肩捕手、東北福祉大の千葉義浩捕手(4年=東陵)も指名が有力視される。

... 強肩が魅力の捕手。捕球から二塁ベースへの送球時間は1秒8。「1秒9ならプロで通用するレベル」と、東北福祉大の山路哲生監督(48)は言う。今年は捕手のドラフト候補が少なく、高校、社会人を含めて千葉を高く評価している球団もある。

秋のリーグ戦で千葉が出場した8試合は捕逸がゼロ、投手の暴投は1だった。内外角にそれた投球をしっかり捕り、ワンバウンドの球を体で止めるのも得意だ。「打撃はそれほどでも」と笑うが、打率4割6分7厘で最高打率賞(首位打者)に輝いた。初球から積極的に打った。それも大学日本代表で学んだ。

社会人チームへの内定はなくプロ1本。調査書は7球団から届いた。

Nikkan Sports 10/23/2014

===

ドラフト・レポート

===

Comments Off on 千葉 義浩 (日本新薬)

川島 祐輝 (東北福祉大・軟式)

by on Oct.23, 2013 @ 5:54 pm, under Scrapbook, 高校・大学・社会人
Tags: ,

川島 祐輝 (東北福祉大・軟式)
かわしま・ゆうき

174cm / 80kg
R / R

===

日本ハム、今年も虎視眈々 異色候補は東北の軟式選手

... 東北福祉大軟式野球部の川島祐輝投手(21)だ。大学通算防御率0・44と出色の成績を残した右腕で、作新学院高2、3年時には全国大会を連覇している。日本ハムの大渕スカウトディレクターは「本当にすごい。めちゃくちゃいい投手だよ」と指名候補のリストから外れていないことを示唆した。

過去、軟式出身のプロ選手には元広島の大野豊氏や故・土橋正幸氏といった名投手がいる。大学関係者からは「正直、難しいのでは…」と心配する声が上がるが、果たして日本ハムの“ビックリドラフト”に引っかかるだろうか。

ZakZak 10/24/2013

===

東北福祉大・川島 浪人覚悟で熱望

軟式の大学日本代表で、8月の全日本大学選手権で優勝投手になった東北福祉大・川島祐輝(4年=作新学院)が、ドラフト会議を前にプロ球界入りを熱望している。

全日本では4試合中3試合に登板し、すべて完投で日本一に貢献した。決勝の神奈川大戦では延長10回を4安打完封するなど、28イニングで2失点(自責1)、34奪三振という安定感を見せた。

... 軟球での球速は136~138キロ。押し出すようにしていたリリースを、硬球では手首と指先を使って切るように修正して球により回転を与え、最速も140キロまでアップした。

... 軟式の場合、プロ志望届は必要ないが、目指すはプロ一本。就職活動はしていない。すでに3球団に投球ビデオを見てもらった。育成枠でも構わない。

Nikkan Sports 10/23/2013

===

ドラフト・レポート

===

Comments Off on 川島 祐輝 (東北福祉大・軟式)

永田 恭一 (東北福祉大)

by on Oct.08, 2013 @ 5:40 pm, under Scrapbook, 高校・大学・社会人
Tags: , ,

永田 恭一 (東北福祉大)
ながた・たかひで

178cm / 79kg
R /R

===

東北福祉大・永田がプロ志望届

東北福祉大(仙台6大学)の永田恭一外野手(4年=埼玉・花咲徳栄、177センチ、77キロ、右投げ右打ち)が7日、プロ志望届を提出した。今春の全日本大学選手権で4番を務め、8強入りに貢献。今秋第6節までのリーグ通算成績は計55試合出場で打率4割9分4厘。12年春に最高打率賞、ベスト9を外野手で2度受賞している。

Nikkan Sports 10/8/2013

===

ドラフト・レポート

===

Comments Off on 永田 恭一 (東北福祉大)

出口 心海 (東北福祉大)

by on Apr.15, 2013 @ 4:44 pm, under Scrapbook, 高校・大学・社会人
Tags: ,

出口 心海 (東北福祉大)
でぐち・しんかい

183cm / 81kg
L / L

===

東北福祉大 7回コールドで4戦全勝

<仙台6大学野球:東北福祉大9-1東北工大>◇第3節第2日◇14日◇東北福祉大

... 2年生左腕の出口心海(岩手・盛岡大付)が約1年ぶりにリーグ登板。自己最速146キロを交え、5回を4安打無失点8奪三振でゲームメークし、リーグ通算2勝目を挙げた。

東北福祉大の出口が約1年ぶりのリーグ登板を白星で飾った。「三振を狙っていけ」。ベンチの指示通りに4回まで毎回の8奪三振。4回表2死満塁の場面では7番打者を空振り三振に仕留めて窮地を脱した。2回表には昨秋の新人戦以来の自己最速146キロをマーク。3回2死まで4者連続三振も奪った。最速を知らされた出口は「うれしい。真っすぐ中心に押していこうと思っていました」と力勝負を振り返った。

... だが昨秋は左肩を痛め、打者1人にワンポイント登板しただけ。左肘を痛めた今春は登板機会がなかった。

Nikkan Sports 9/15/2014

===

東北福祉大出口10Kデビュー/仙台6大学

<仙台6大学野球:東北福祉大10-0東北大>◇第1節第2日◇14日◇東北福祉大野球場

東北福祉大は10-0の5回コールドで東北大に連勝し、順当に勝ち点を挙げた。3日に入学した1年生左腕・出口心海(岩手・盛岡大付)が1安打完投勝利。打者16人に対し、6者連続を含む毎回の10奪三振でリーグデビューを初白星で飾った。

東北福祉大の1年生ルーキー出口が鮮烈なリーグデビューを飾った。スタートから2者連続三振。与四球後、船木吉裕捕手(4年=横浜隼人)が二塁盗塁を阻止すると、2回表1死からは6者連続の空振り三振ショーを披露した。4回表、相手2番に中前打を許したが、動じることなく後続を断ち切り、計69球で大学公式戦初登板初勝利を挙げた。

... 昨夏の高校野球・岩手県大会決勝で、日本ハム大谷翔平(18=花巻東)に5-3で投げ勝ち、甲子園マウンドに立った。自身は初戦敗退したが、今春のセンバツで後輩たちが全国1勝を挙げ、刺激を受けた。リーグ前の関東遠征では4試合に先発。明大戦で7回を3安打無失点に抑え、自信をつけた。最速139キロの直球にカーブ、チェンジアップ、フォーク、カットボールなど多彩な変化球が武器。「任された仕事を全力でやりたい」と始まったばかりの大学生活に闘志を燃やしている。

Nikkan Sports 4/15/2013

===

“大谷に投げ勝った男”出口が大学白星デビュー

仙台六大学野球第1節第2日(14日、東北福祉大野球場)東北福祉大・出口心海投手(18)=1年=が東北大2回戦でリーグ戦初登板初先発を果たし、5回 1安打無失点に抑えて打者15人から6連続を含む10三振を奪い、うれしい初勝利を挙げた。盛岡大付高(岩手)時代は昨夏の岩手大会決勝で、花巻東・大谷 翔平投手(18)=現日本ハム=に投げ勝ったMAX145キロ左腕。プロでの投げ合いを夢見て、大学野球の第一歩を力強く踏み出した。

... 毎回の10奪三振。二回一死から6者連続三振を奪い、7者連続を狙った四回一死で、笹川健太一塁手(4年)に中前打を浴びて初安打を許した。与えた走者は 1安打1四球の2人だけ。直球、カーブ、フォーク、カットボール、チェンジアップを駆使して相手打線に二塁を踏ませなかった。

出口心海(でぐち・しんかい)

1995(平成7)年3月16日、横浜市瀬谷区生まれ、18歳。投手。瀬谷二小2年の時、瀬谷ライダーズで野球を始める。下瀬谷中時代はボーイズリーグの 横浜瀬谷ボーイズに所属。3年時に全国3位。盛岡大付高では1年秋から公式戦ベンチ入り。2年秋からエースとなり、3年夏に甲子園出場。今春に東北福祉大 入学。1メートル83、80キロ。左投げ左打ち。家族は両親と兄。

Sanspo 4/15/2013

===

ドラフト・レポート

===

Comments Off on 出口 心海 (東北福祉大)

城間 竜兵 (東北福祉大)

by on Mar.26, 2012 @ 12:12 pm, under Scrapbook, 高校・大学・社会人
Tags: , , , , ,

城間 竜兵 (東北福祉大)
じょうま・りゅうへい

171cm / 75kg
R / R

===

世界野球選手権大会

  ERA W-L APP-GS CG ShO Sv IP H R ER BB SO 2B 3B HR AB BAVG WP HBP BK SFA SHA
第25回IBAF18U 0.00 1-0 3-1 0 0/1 0 9.2 7 1 0 1 3 2 0 0 36 .194 0 0 0 0 0

===

東北福祉大・城間 神宮大会でも防御率0・00守る

... この秋は抑え、中継ぎを任されて11試合に登板。18回2/3を投げて防御率0・00と安定感は群を抜く。

... 仙台6大学リーグ現役最多の18勝、この秋初めて中継ぎ登板した富士大(北東北)との明治神宮大会東北地区代表決定戦決勝では、自己最速147キロをマークした。進化を続ける右腕に気負いはない。

東北福祉大1年春から主に先発。今秋から指揮を執る大塚光二監督(48)は、中日からドラフト2位指名された佐藤優(4年=古川学園)をリーグ戦1回戦の先発に固定した。2回戦以降は豊富な投手陣に経験を積ませるため、城間は抑え役になった。

Nikkan Sports 11/11/2015

===

東北福祉大・城間 7回6安打無失点

<仙台6大学野球:東北福祉大8-0東北大>◇第2節第1日◇6日◇東北福祉大野球場

春季リーグで68季ぶりに3位に転落した東北福祉大が、東北大を7回コールドで下し、秋初戦を飾った。先発の2年生右腕城間竜兵(八戸学院光星)が、無四球の安定感で、7回6安打無失点に抑えた。

... 光星時代に背番号「4」で二塁手兼投手だった城間は「ピッチャー次第でバッターも変わってくる。点が取りやすいように」と、直球中心から変化球で打ち取る投球へとうまく切り替えた。春以降さらに鍛えた制球力を生かし、無四球無失点で、マウンドを守りきった。

春はエース不在で8投手が登板。山路哲生監督(48)はその中から「大事な試合で結果を出していたので」と、城間を秋の初戦先発に選んだ。「もう少し大胆に投げてくれたら」と注文をつけつつも、「粘り強く投げてくれた。最後は本人が投げたいというので行かせました」とたたえた。

Nikkan Sports 9/7/2014

===

東北福祉大・城間5勝/仙台6大学

<仙台6大学野球:東北福祉大4-3仙台大>◇第5節最終日◇9月30日◇東北福祉大野球場

東北福祉大が仙台大を破って2勝1敗とし、勝ち点を4に伸ばした。初戦から中1日で先発した城間竜兵(1年=青森・光星学院=現八戸学院光星)が8回2/3を5安打3失点で、今季リーグトップに立つ無傷の5勝目を挙げた。

東北福祉大の1年生右腕城間がチームを勝利に導いた。リーグ初完封目前の9回表2死一、二塁から3ランを浴びて降板したが、単独トップの5勝目。最優秀新人賞はもとより、チームが優勝すれば最優秀選手賞(MVP)の有力候補にも浮上した。8回まで無失点投球の城間は「(被弾は)インコースひざ元のカットボールをうまく拾われました。『やっちまった』という気持ちです」と悔しさをにじませた。

Nikkan Sports 10/1/2013

===

城間 7回無失点「しっかりコースを突いていけた」

18U世界野球選手権1次ラウンド  日本8―0パナマ (9月2日  蚕室)

宿舎で同部屋の大谷に負けじと、投げては日本の先発・城間(光星学院)が7回3安打無失点。三振は1つだけだったが、全米ドラフト指名を受けた3人が名を連ねたパナマ打線相手に凡打の山を築いた。

「初回は緊張したが、しっかりコースを突いていけた。体が大きい人が多かったので、低めに投げることを意識した」。小倉監督は「(城間は)制球がいいし、度胸もある」と評価していた。

Sponichi 9/3/2012

===

城間、打たせて凡打の山築く/高校野球

<高校野球IBAF18U世界選手権:日本8-0パナマ>◇2日◇予選第1ラウンド◇韓国・蚕室

日本は城間竜平(青森・光星学院)の打たせて取る投球が光った。三振は1つだけだったが、大柄な打者が並ぶパナマ相手に、130キロ台後半の真っ すぐやカットボールで内角を大胆に突き、凡打の山を築いた。「木製バットなので、インコースを使っていこうと思っていた」と、してやったりの表情だった。 春夏の甲子園大会決勝で敗れた大阪桐蔭の藤浪が第2戦で完封したことが刺激になったという。右腕は「ちょっと意識した。自分もいいピッチングをするつもり だった」と胸を張った。

Nikkan Sports 9/2/2012

===

光星城間、背番4史上初春夏完封/甲子園

<全国高校野球選手権:光星学院4-0遊学館>◇12日◇2回戦

光星学院(青森)の城間竜兵(3年)が、今春センバツに続いて完封を飾り、初戦突破した。背番号「4」の完封は、夏の大会では54年の山沖儀行 (三原=広島)が秋田戦で達成して以来58年ぶり。春夏完封は史上初だ。センバツ1回戦の北照(南北海道)戦に続き、夏の初戦でも快投。この日最速142 キロの直球を中心に、遊学館をわずか4安打。三塁を踏ませなかった。121球を投げ抜いた右腕は「内角への直球が良かった。9回は(完封を)意識した」。 仲井監督に「ナイスピッチング」と声をかけられ、笑顔を見せた。

センバツ後から確実に進化した。準優勝で相手に研究され、春の県大会や練習試合でも変化球ばかり狙われた。「直球に磨きをかけないと、変化球が生きな い」。毎日100球以上を投げ込んだ。二塁手と兼任の城間は、打撃や守備練習が大半。合間や練習後にブルペンに入る。走り込みはメニュー通り30分。「走 るのが得意でも、マウンドでダメな投手もいる」。狙い通りに球速は3キロアップ。最速143キロまで伸ばした。

Nikkan Sports 8/13/2012

===

光星・城間、ダルカーブで13K…春季東北大会

◆春季高校野球東北大会第3日 ▽準々決勝 一関学院2─3光星学院(9日・青森県営) 準々決勝4試合が行われ、光 星学院(青森1位)は右腕・城間竜兵投手(3年)が一関学院(岩手2位)から13三振を奪う快投で3―2で完投勝利を飾った。盛岡大付(岩手1位)と花巻 東(同3位)の県勢対決は、両チーム合わせて6本塁打を含む26安打の乱打戦となり、盛岡大付が10―9で準決勝進出を決めた。仙台育英(宮城1位)は弘 前学院聖愛(青森2位)を9―2の7回コールドで下し、聖光学院(福島1位)は学法石川(同3位)に13―7で勝って4強入りした。

最後は力でねじ伏せた。1点リードで迎えた9回。最後まで粘ろうとする一関学院に、城間は真っ向勝負を挑んだ。最後の打者は外角直球で空振り三振。13三振を奪う圧巻の内容にも「三振の数は数えてなかった。自分は打たせて取るピッチャーなので」と淡々と振り返った。

Sports Hochi 6/10/2012

===

1メートル71“小兵”城間が完封 背番号4の意地見せた

センバツ1回戦  光星学院3―0北照 (3月25日  甲子園)

花巻東・大谷や大阪桐蔭・藤浪と1メートル90を超える長身投手が注目を浴びる中、城間は1メートル71の小兵右腕だ。前チームで外野手兼投手だった、昨年のヤクルトのドラフト1位・川上から教わったカットボールと、自己最速を1キロ更新する140キロの直球で内野ゴロ13個と打たせてとる投球スタイル。8回には本来なら内野手が捕るマウンド付近の高いフライも自身でキャッチし「5人目の内野手」を体現した。被安打7。再三のピンチを切り抜けた右腕に仲井宗基監督も「勝ちに不思議の勝ちあり」と笑った。

Sponichi 3/26/2012

=== 

Comments Off on 城間 竜兵 (東北福祉大)

生多 良介 (東北福祉大)

by on Sep.21, 2011 @ 12:45 pm, under Scrapbook, 高校・大学・社会人
Tags: ,

生多 良介 (東北福祉大)
おぶた・りょうすけ

170cm / 68kg
R / L

===

★今春の首位打者・生多主将、復調へ

1番打者の生多(おぶた)良介主将(4年)も復調気配だ。春季リーグ戦は打率・538で首位打者に輝いたが、今季は4試合を終えた時点で打率・250と低迷。しかし、17、18日の東北工大戦2試合で計8打数4安打し、打率は・350まで上昇した。

「自主練習で手応えをつかみ、(東北工大戦では)感じよく振り抜けた。もっと(調子を)上げていきたい」と意欲をみせた。

Sanspo 9/21/2011

===

ドラフト・レポート

===

Comments Off on 生多 良介 (東北福祉大)

真砂 将広 (東北福祉大)

by on Aug.29, 2011 @ 10:27 pm, under Scrapbook, 高校・大学・社会人
Tags: ,

真砂 将広 (東北福祉大)
まさご まさひろ

175cm / 75kg
R / R

===

★バットを折りながら先制 真砂が執念の一打

二回二死満塁から「8番・捕手」の真砂将広(4年)が、バットを折りながら先制の左前2点適時打を放った=写真。内角直球に詰まったが執念で運んだ一打に、「振り切っていなかったらあそこまで(打球が)いかなかったと思う」。試合を優位に進められた安打に胸を張った。

Sanspo 8/29/2011

===

ドラフト・レポート

===

Comments Off on 真砂 将広 (東北福祉大)

茂山 周平 (東北福祉大)

by on Aug.29, 2011 @ 10:24 pm, under Scrapbook, 高校・大学・社会人
Tags: ,

茂山 周平 (東北福祉大)
しげやま・しゅうへい

178cm / 82kg
R / R

===

東北福祉大・茂山、七回“サヨナラ”満弾

打球が右翼芝生席中段に吸い込まれるのを、茂山は納得の表情で見届けた。大学通算2本目の本塁打が勝利を決める“サヨナラ”満塁弾に、言葉も弾む。

「打った瞬間(本塁打と)わかった。みんながチャンスを作ってくれて、自分もつなごうという意識だった」

左打ちながら左投げを苦にせず、3打数3安打4打点の大暴れ。山路哲生監督(45)も「感じはよかったし、このままいけばいい」と評価した。しかし茂山は開幕直前まで、長い不調にあえいでいたのだ。

Sanspo 8/29/2011

===

Comments Off on 茂山 周平 (東北福祉大)

波多野 陽介 (東北福祉大)

by on Aug.11, 2011 @ 10:00 pm, under Scrapbook, 高校・大学・社会人
Tags: , ,

波多野 陽介 (東北福祉大)
はたの・ようすけ

176cm / 71kg
R / R

===

東北福祉大・波多野5回参考ノーヒッター

<仙台6大学野球:東北福祉大10-0宮城教育大>◇第2週第1日◇19日◇東北福祉大球場

東北福祉大の右腕・波多野陽介投手(2年=日本文理)が、公式戦初先発で5回参考記録ながらノーヒットノーランを達成した。宮城教育大相手に出塁を許したのは内野手の失策による1度だけで9三振を奪った。チームは10-0のコールドで開幕3連勝を飾った。

公式戦初先発とは思えない波多野の快投だった。3回まで5者連続三振を奪うなどパーフェクト。4回に失策で先頭打者に出塁を許したが、次打者の犠打が自分への飛球になって併殺に仕留め、5回を15人で料理した。「走者が出て(完全から)完封に切り替えた。自分の投球ができた」と、昨秋以来のリーグ2勝目を喜んだ。

NIkkan Sports 4/20/2014

===

東北福祉大無失点リレーで8強/大学野球

<全日本大学選手権:東北福祉大3-0日本文理大>◇13日◇2回戦◇東京ドーム

東北福祉大(仙台6大学)は日本文理大(九州地区)を下し、5年ぶり22度目の8強進出を決めた。1年生甲子園投手トリオの一角を担う波多野陽介(新潟・日本文理)が5回途中から2番手で救援。4回2/3を無安打7奪三振と完璧に抑え、全国初白星をものにした。

... 前日12日の初戦(近大戦)に続き、山路哲生監督(46)の大胆采配が的中した。1点リードの5回表1死三塁の窮地で1年生右腕・波多野を起用。波多野は、8番打者と三塁走者のエンドランを三振併殺で切り抜け、窮地を脱した。最終打者を三振に仕留め、大学での全国デビューを白星で飾った波多野は「無安打は気がつきませんでした。びっくりするくらい三振が取れた。直球と変化球を低めに投げ分けた結果」と会心の投球を振り返った。

Nikkan Sports 6/14/2013

===

【全日本大学野球】1年生・波多野ノーヒット救援!東北福祉大5年ぶり8強

◆報知新聞社後援 第62回全日本大学野球選手権大会第3日 東北福祉大3─0日本文理大(13日・東京ドーム) 東 北福祉大(仙台六大学)が日本文理大(九州地区大学)に3―0で勝ち、2008年以来5年ぶりの8強入りを決めた。この白星で大会通算51勝目となり、歴 代単独2位となった。2番手で登板した波多野陽介投手(1年)=日本文理=が、4回2/3を無安打7奪三振で好救援、勝利に貢献した。

Sports Hochi 6/14/2013

===

日本文理 まさかの4回戦敗退「野球は怖いね」

新潟大会4回戦  日本文理1―4巻 (7月20日  新潟市鳥屋野運動公園)

日本文理は4回戦で巻に1―4と敗れ、99年以来13年ぶりに8強に残れなかった。

昨春と夏の甲子園を経験した145キロ右腕・波多野が4回まで8奪三振も、5回1死満塁のピンチを迎えて降板。

Sponichi 7/21/2012

===

波多野、自己新145キロも「投げるコースなかった」

第93回全国高校野球選手権大会1回戦  日本文理3―14日大三 (8月10日  甲子園)

日本文理は日大三に力負けし、強打で準優勝した09年の再現はならなかった。大井道夫監督は「相手のバッティングの方が一枚上だった。完敗だね」と潔かった。

先発の波多野は5回に勝ち越され降板。自己最速を更新する145キロも記録したが「投げるコースがないくらい凄かった」と相手打線に脱帽した。決勝の舞 台を知る3年生は今年が最後だが、波多野や2番手の田村、2回に先制ホームを踏んだ早津ら主力に2年生が多く残る。早津は「しっかりチームづくりをしてセ ンバツを狙いたい」と前を向いた。

Sponichi 8/11/2011

===

ドラフト・レポート

高校野球情報.com

===

Comments Off on 波多野 陽介 (東北福祉大)