Welcome to Yakyubaka.com

Tag: 福岡大

梅野 隆太郎 (福岡大)

by on Aug.30, 2012 @ 12:09 pm, under Scrapbook, 高校・大学・社会人
Tags: , ,

梅野 隆太郎 (福岡大)
うめの・りゅうたろう

173cm / 75kg
R / R

===

「城島2世」獲る!阪神、強肩強打の福岡大・梅野を上位指名へ

『城島2世』を獲る!! 今月24日に開かれるドラフト会議で、阪神が福岡大の梅野隆太郎捕手(22)を上位候補にリストアップしていることが15日、分 かった。近年は生え抜きの捕手が育たず、正捕手不在に悩まされる虎。1位は即戦力投手、九州共立大の大瀬良大地投手(22)を指名する方針を固めている が、強肩強打の大学No.1捕手も上位で狙っていく。

... 「いい捕手なのは間違いない。肩も強いし、打撃も光るものがある」と球団関係者。三拍子そろった大学No.1捕手。最大の武器は強肩で、二塁送球の到達タイムは、プロレベルの2秒を上回る平均1・9秒、最速は1・7秒台を誇る。

さらに福岡工大城東で高校通算24本塁打、九州六大学野球リーグで7本塁打を記録した長打力も魅力だ。今夏の日米大学野球では日本代表の主将も務め、本塁打を放つ活躍も見せた。1メートル76と大柄ではないが、その強肩強打ぶりは「城島2世」と評される素材だ。

Sanspo 10/16/2013

===

福岡大V 梅野が逆転打/九州6大学

<九州6大学野球:福岡大8-2九州国際大>◇7日◇桧原運動公園野球場

福岡大が2季連続の優勝を飾った。今秋ドラフトの上位候補、梅野隆太郎捕手(4年=福岡工大城東)が1点を先制された直後の1回裏に逆転の2点適時二塁打。5回も先頭で打席に立ち、中越えの二塁打を放って追加点につなげた。

Nikkan Sports 10/7/2013

===

梅野が2打席連発6打点/九州6大学

<九州6大学野球:福岡大13-1九州大>◇7日◇筑豊緑地野球場

今秋ドラフトの上位候補、福岡大の梅野隆太郎捕手(4年=福岡工大城東)が10球団のスカウトの前で2打席連続の本塁打を放った。

7回に左中間へソロを放ち、8回は左翼ポール際に2ラン。9回も2死満塁から走者一掃の二塁打を放ち、6打点と注目の打力を見せつけた。梅野は「スカウトの方がたくさん見にきてくれていて意識した。最後のアピールなんで」。ドラフト上位指名でのプロ入りの目標へ、最高のアピールとなった。

Nikkan Sports 9/8/2013

===

【日米大学】日本、王手!米ドラ1蹴った右腕を初回KO

◆報知新聞社後援 日米大学野球 ▽第3戦 日本5―2米国(8日・マツダスタジアム)

... 日本の4番が「メジャーの卵」を打ち砕いた。初回1死一、二塁。梅野は内角の149キロ直球をはじき返すと、打球は右翼手の頭上を越えた。この先制二塁打 が口火となり、一挙4点。先発のビードをわずか1/3回でKOした。「直球で押してくると思っていた。いいところで打ててよかった」と白い歯をこぼした。

... 3試合連続主軸に座り、11打数3安打。第2戦(7日)では敬遠されるなど米国側からの警戒も強まっている。「4番を打たせてもらっていますからね」。王手をかけた日本で、主砲の存在感が際立った。

Sports Hochi 7/9/2013

===

プロ注目福大・梅野2回戦で涙/大学野球

<全日本大学選手権:富士大5-3福岡大>◇2回戦◇13日◇東京ドーム

... 今秋ドラフト上位候補の梅野隆太郎捕手(4年=福岡工大城東)は4打数1安打。「ボールを引きつけて打とうとしたけれど、焦りもあって体が開いてしまった。投手の失点は自分の責任。もっとレベルアップしなければ」と大学最後の秋に向け、攻守の成長を誓った。

Nikkan Sports 6/13/2013

===

福岡大激戦制す!梅野がサヨナラ演出

「全日本大学野球選手権・1回戦、福岡大4‐3中部学院大」(11日、神宮)

... 主将のバットが勝負を決めた。福岡大は2点を追う八回1死二塁から、梅野が中堅左へ同点2ラン。タイブレークで1失点した直後の十回裏は1死満塁で遊ゴロ。必死のヘッドスライディングで悪送球を誘い、サヨナラ勝ちを演出した。八回の2ランは大学通算9本目、神宮での1号。「真っすぐ一本を狙っていた。バットが前に出て飛距離が出た」。強肩・強打の逸材を、阪神・佐野統括スカウトは「センターへあれだけの当たりを打てるのはすごい。試合での落ち着きもある」と高く評価した。

Daily Sports 6/12/2013

===

プロ注目福岡大・梅野同点2ラン/大学野球

<全日本大学選手権:福岡大4-3中部学院大>◇11日◇1回戦◇神宮

福岡大(九州6大学)が延長タイブレークで中部学院大(東海地区大学)にサヨナラ勝ちした。

2点を追う8回、今秋ドラフト上位候補の梅野隆太郎捕手(4年=福岡工大城東)が同点2ラン。主将の一振りで追いつき、9回で決着はつかず。

タイブレークが導入された10回表1死満塁から押し出しで1点を先行されたが、その裏に梅野の遊ゴロが敵失を呼び、2点を奪ってサヨナラ勝ち。

Nikkan Sports 6/11/2013

===

阪神、今年も捕手補強へ 福岡大・梅野をリストアップ

... 11日に福岡県福岡市内の桧原球場で行われた春季リーグ第3節1回戦・九大戦には、木戸GM補佐を派遣。さらに、翌12日に行われた同2回戦には中村GM が直々に足を運び、熱視線を送った。編成の首脳陣が相次いで視察している事実だけでも、注目度の高さがうかがえる。それを裏付けるかのように、球団関係者 も「上位候補ですね。2位までには消える選手と思います。バッティングもいいし、走れる選手ですから」と高評価する。

最大の持ち味は、強肩だ。遠投120メートル。そして、2秒を切ればプロレベルという二塁送球の到達タイムは、最速1・7秒台を誇るというから驚くほかない。

さらに「打てる捕手」でもある。福岡工大城東では高校通算24本塁打とパンチ力も兼ね備える。現に11日の試合でも木戸GM補佐が見守る前で豪快なアーチ をかけた。走っても、50メートル走6秒2。攻守走三拍子揃った逸材は、大学2年時に日本代表に選出されて日米大学野球に出場するなど、早くから即戦力捕 手の呼び声が高かった。

Sponichi 5/14/2013

===

福大連覇へ 梅ちゃん先制/九州6大学

九州6大学野球:福岡大6-2久留米大>◇第1節初日◇29日◇桧原

秋季リーグが開幕した。春秋連覇を狙う福岡大は、久留米大を破り白星発進。主将に就任した大学日本代表候補でプロ注目の梅野隆太郎捕手(3年=福岡工大城東)が先制犠飛と適時三塁打の2打点で勝利に導いた。

◆梅野隆太郎(うめの・りゅうたろう)1991年(平3)6月17日、福岡県那珂川町生まれ。片縄小2年のとき「片縄ビクトリー」で軟式野球を始める。那 珂川中では「那珂川シャークス」に所属。福岡工大城東で1年夏からベンチ入りし、2年秋から正捕手。主将を務めた3年夏は県大会8強。高校通算25本塁 打。福岡大では1年春から正捕手。1年秋から4季連続ベストナイン。173センチ、75キロ。右投げ右打ち。

Nikkan Sports 8/30/2012

===

ドラフト・レポート

=== 

Comments Off on 梅野 隆太郎 (福岡大)