Welcome to Yakyubaka.com

Tag: 福谷 浩司

福谷 浩司 (慶大)

by on Sep.13, 2010 @ 12:59 pm, under 高校・大学・社会人
Tags: , ,

福谷 浩司 (慶大)
ふくたに・こうじ

182cm / 85kg
R / R

===

慶大・福谷最優秀防御率逃す/東京6大学

<東京6大学野球:早大6-3慶大>◇最終週最終日◇28日◇神宮

中日から1位指名を受けた慶大・福谷浩司投手(4年=横須賀)が最優秀防御率を逃した。規定回数に到達した9回、照明安打(二塁打)の走者を内野 ゴロでかえされ2点目を失った。防御率は1・04に上がり、法大・三嶋(0・89)を超えることはできなかった。福谷は「点を取られては抑えの意味がな い。初めての5回からでしたが、先発のつもりで投げました。自分の実力です」とタイトルにこだわりは見せなかった。悔やんだのは中日4位指名の早大・杉山 との対戦が実現しなかったこと。首位打者のかかる主砲は3回に交代していた。「やり切れない。どうせなら打たれたかった」と訴えるように話した。

Nikkan Sports 10/28/2012

===

中日ドラフト1位 慶大・福谷は5回4安打2失点

東京六大学野球最終週第2日  早大6-3慶応 (神宮球場)

慶大が早大に3-6で2連敗して3位が確定した。25日のプロ野球ドラフト会議で中日から1位指名の慶大最速155キロ右腕のエース福谷浩司は2-4の5回から登板。7回まで無安打に抑えて流れを引き込むかと思われたが、8回に横山に初安打を許した後、大野大の中前適時打で失点。さらに9回にも連打で1点を献上し、計4安打を浴び、六大学最後の登板を飾ることはできなかった。

Sponichi 10/28/2012

===

ドラ1・福谷、セットアッパーとしてフル回転誓う…中日

中日からドラフト1位指名を受けて以降、初の実戦となった27日の東京六大学リーグの早大戦で、慶大・福谷浩司投手(21)は最速148キロの直球を主体に、7回からの2イニングを無安打投球。「(プロに入れば)連戦連投は当たり前。状態を整え、疲れを感じないような投球ができればいい」と、大学で抑えを務めるMAX155キロ右腕は、プロではセットアッパーとしてフル回転することを誓った。

Sports Hochi Osaka 10/28/2012

===

テレビ生出演大忙し!中日1位の慶大・福谷 最速148キロ

東京六大学野球最終週第1日 慶大4―7早大 (10月27日 神宮)

慶大の最速155キロ右腕・福谷は、4―7の7回から4番手として登板した。この日は最速148キロを計測するなど、2イニングを無安打無失点。ドラフト1位の貫禄を見せつけ、「調子が悪かったのでどうなるかと思ったけど、ゼロに抑えられたのはよかった」とホッとした表情を見せた。

Sponichi 10/28/2012

===

中日は福谷1位 競合回避の高木監督「残りクジにも残らん」

中日は都内で編成会議を行い、慶大の福谷浩司投手(21)を1位指名することを公表した。中田宗男スカウト部長は「確率と将来性、そして地元。それらを考えて決めた。まだまだ上積みが期待できるし、先発も後ろも両方いけると思っている」と説明した。

Sponichi 10/25/2012

===

慶大・福谷、学会ドキドキ指名にワクワク

... 運命のドラフトまであと2日。さぞ頭の中はそれでいっぱいかと思ったら、慶大・福谷は違った。「卒論を(12月に研究)学会に出すことになって、今学校が 忙しいんですよ」。理工学部電子工学科所属の異色右腕は、日々研究にいそしんでいた。論文テーマは「野球に混在する曖昧さの定量化」から「投球動作におけ る球の出所の見づらさの定量化」と学会仕様に変更。自分の投球をハイスピードカメラで撮り、データ通りの数値が出るか実験したりする…らしい。

学部の優秀者に与えられる「藤原賞」も受賞した、ザ・インテリ。「プロでも暇つぶしで勉強は続けたい」と言ってのける一方で、“秀才キャラ”を嫌う。「こ れから目指すプロは、野球の成績だけで戦うところ。文武両道とかじゃないですから」。中日が単独指名する可能性もある、れっきとしたドラフト1位候補だ。 実力で評価されることにこだわりを持つ。

だからこそ、この1年は苦しんだ。3月のキャンプ中に右足内転筋を肉離れ。完治したと思ったら、秋は開幕戦で左足首を負傷した。22年間でたった2度のけ が。でもそれが、人生で一番大事な年に重なった。「そんなヤワな体だったのかと情けなかった。ベンチでテーピングしながら監督に『代わるか?』って聞かれ たとき、正直終わったな、と思いました」。

Nikkan Sports 10/23/2012

===

ドラフト1位候補、慶大・福谷 執念の救援!5回を無失点

東京六大学野球第6週第3日  慶大0―0明大 (10月15日  神宮)

慶大は今秋ドラフト1位候補の福谷が、執念の救援でチームの危機を救った。0―0の8回から今季最長の5イニングを投げ、3安打無失点。3時間14分の死闘は引き分けに終わったが「展開的に12回まであると想定はしていた。あすにつながる結果になった」と前を向いた。

Sponichi 10/16/2012

===

虎ドラフト隠し玉は早大・杉山“捕手”

... 視察した中村GM ...

また、同GMは3回無失点だった慶大の福谷について「即戦力というより鍛え抜いての伸びしろがポイント」と分析。

Daily Sports 10/14/2012

===

慶大・福谷、阪神・中村GM御前で3回無失点

東京六大学リーグ第6週第1日(13日、慶大5-2明大、神宮)“ポスト球児”の候補探しのため阪神・中村GMが視察する前で登板した福谷は、3回を2安 打、3奪三振の無失点に抑えた。優勝のためには敗戦は許されない状況で「東大戦(9月29日、2回2/3を1失点)で救援に失敗し、ヒットより四球が多 かったことに注意しました。今はリーグ戦で勝って、いいテンポになって、ドラフトにいければ、という感じです」とリーグ戦集中だ。

Sanspo 10/14/2012

===

9球団が視察!慶大・福谷に1位候補の中日スカウト満足

東京六大学野球第6週第1日  慶大5―2明大 (10月13日  神宮)

... この日は9球団のスカウトが視察。1位指名候補に挙げる中日の中田宗男スカウト部長は「だいぶ良くなってきた」と今春の右内転筋痛からの復調を喜んでいた。

Sponichi 10/14/2012

===

プロ注目の慶大・福谷、東大に打たれた

「東京六大学野球、東大5‐5慶大」(29日、神宮)

... 慶大の155キロ右腕・福谷が野球の難しさを痛感した。3点リードの七回1死満塁で登場すると、押し出し四球に適時打を浴びるなど一度は逆転を許した。九回にもサヨナラのピンチを招くなど、2回2/3で2安打3四球1失点。東大に敗戦寸前まで追い込まれた。

8日の開幕戦・立大戦で左足首を負傷。22日の法大戦で復帰してから2度目の登板だった。足の影響は否定したが、先発全員の11安打を放った東大打線の勢いにのみ込まれた。

... ドラフト会議まで1カ月足らず。この日も4球団のスカウトが視察した。

Daily Sports 9/30/2012

===

阪神、ドラフト候補に球児後継者も視野

阪神は、FAでメジャー移籍が確実な守護神・藤川の後継者も視野に入れている。3年春に155キロをマークした慶大の剛腕、福谷浩司投手。今季春は10試 合30回1/3を投げ、防御率2・08を記録している。他球団から上位で指名される可能性もあるが、継続して動向を見守っていく。大学生では同じく慶大の 左腕・竹内大助を始め、立教大・小室正人投手らに注目している。

Sanspo 9/23/2012

===

155キロ右腕・福谷が負傷交代

「東京六大学野球、立大4-6慶大」(8日、神宮)

155キロ右腕・福谷(慶大)にとっては前途多難な開幕となった。1点を追う八回1死二、三塁から遊ゴロを放って一塁に駆け込んだ際に左足首をひねり負傷。仲間の肩を借りてベンチに引き揚げた。

... 春は右内転筋を痛めて出遅れ、雪辱を期した秋初戦も負傷。試合後は「軽く腫れている」と説明すると、自力で歩いて車に乗り込み病院へ向かった。幸い軽傷と判明し、9日のベンチ入りは当日の状態をみて決める。この日は視察した10球団のスカウトに十分なアピールはできなかったが、ここから巻き返しを図る。

Daily Sports 9/9/2012

===

ドラフトで注目の慶大・福谷 左足首を痛めて途中交代

東京六大学野球秋季リーグ  慶大6―4立大 (9月8日  神宮)

今秋のプロ野球ドラフト会議で注目される慶大の右腕、福谷が左足首を痛めて途中交代し、試合後に東京都内の病院で検査を受けた。慶大野球部は「軽症で大事に至らなかった」と発表した。

7回途中から救援登板した福谷は8回裏の打席で同点打となる遊ゴロを打ち、一塁に駆け込んだ際に痛めた。

Sponichi 9/8/2012

===

虎007熱視線の慶大・福谷が今季初星逃す

「東京六大学、早大3‐5慶大」(2日、神宮)

今秋のドラフト1位候補右腕、慶大・福谷が完封目前で今季初勝利を逃した。九回に不 運な内野安打などで3失点し、同点を許した。それでも、最速148キロの直球で三振を奪うなど「今季の中で一番よかったと思う」と手応え。視察した阪神の 平塚スカウトも「力を入れた時は、いいボールが来ている」と評価していた。

Daily Sports 6/3/2012

===

ポスト球児は超秀才 福谷 慶大理工学部で電子工学専攻

阪神が今秋ドラフト1位候補に慶大・福谷浩司投手(21)をリストアップしていることが14日分かった。3年春に自己最速となる155キロを計測した本格派右腕は、理工学部に在籍し電子工学を専攻。文武両道の同学部生に贈られる「藤原賞」も受賞するなど、異色の経歴の持ち主だ。

阪神の球団関係者は福谷について「当然リストアップしている」と明言した。将来的には藤川の後を継ぐ守護神候補にもなり得ると考えているようで「ポスト球児? あてがわないといけない。非常に楽しみです。一番の魅力は真っすぐだよね。打者に向かっていく気持ちがいい」と続けた。

...

福谷は今季リーグ戦では中継ぎで6試合、11イニングを投げ、12三振を奪い、無失点を継続中。今春の沖縄・石垣島キャンプ中に右内転筋を痛めたものの、現在は順調に回復している。

Sponichi 5/15/2012

===

伊藤隼に続き…阪神 2年連続で慶応ボーイ1位指名?

阪神が今秋ドラフト1位候補に慶大・福谷浩司投手(21)をリストアップしていることが14日分かった。球団関係者は将来的には藤川の後を継ぐ守護神候補にもなり得ると考えているようで「非常に楽しみです。一番の魅力は真っすぐだよね」と話した。

...

福谷は愛知県知多市出身。横須賀高では1年春からベンチ入りし、2年夏の県大会4回戦が最高成績ながら、4番エースとして注目を集めた。プロ志望届けを提出するも指名からは漏れ、AO入試で慶大に進学。1年秋にリーグ戦初登板を果たすと、2年春には先発、抑えにフル回転し11季ぶりの優勝に貢献。好調を維持し秋には5勝1敗、防御率1・32で初のベストナインに輝き、3年春は守護神として13試合中12試合に登板する鉄腕ぶりも披露。0・59で最優秀防御率賞を獲得した。

Sponichi 5/15/2012

===

阪神 155キロ秀才右腕の慶大・福谷リストアップ

3年春に自己最速となる155キロを計測した本格派右腕は、理工学部に在籍し、電子工学を専攻する秀才右腕。今季も東京六大学の春季リーグ戦に6試合11 イニングを投げ、いまだ無失点と抜群の安定感を誇る。球団関係者は「当然リストアップしている。非常に楽しみ。一番の魅力は真っすぐ。打者に向かっていく 気持ちがいい」と高く評価。大体大の最速149キロ左腕・松葉らとともに、今後も密着マークしていく構えだ。

Sponichi 5/15/2012

===

慶大・福谷 復活3回4K/東京6大学

<東京6大学野球:慶大2-1明大>◇第3週初日◇28日◇神宮

プロ注目の慶大・福谷浩司投手(4年=横須賀)が1点を守り抜いた。1点リードの7回無死一、三塁で登板。このピンチを切り抜けると、3イニングを無安打 4奪三振。最速は148キロを記録した。右内転筋を痛めて出遅れたが、やっと本領を発揮し始めた。もっとも「自分が今できることをやろうと。納得いったの は最後の1球だけ。まだ完治はしていないし、足の不安はあります。明日もやれることをやる。いけといわれたらいきます」と話していた。

Nikkan Sports 4/29/2012

===

ドラ1候補の福谷 最速148キロ!慶大は今季初勝利

東京六大学野球第3週第1日  慶大2―1明大 (4月28日  神宮)

慶大の福谷が一打逆転の危機を救った。2―1の7回無死一、二塁から2番手で登板。自身の四球で満塁としたが、明大の3、4番を左飛、遊飛に抑えると、最後はこの日最速の148キロ直球で空振り三振を奪った。開幕前に右内転筋肉離れを起こし、現在も投内連係など練習に制限があるというが「最後の三振だけは納得のいく球が投げられた」と笑顔。今季初勝ち点を狙う、29日の2回戦に向けても「自分のできることをやるだけ」と連投へ意欲を見せた。

Sponichi 4/29/2012

===

155キロ右腕、慶大・福谷が好リリーフ

「東京六大学野球、慶大2‐1明大」(28日・神宮)

慶大が明大に先勝。今季初勝利を挙げた。

同点の七回、9番・辰巳智大外野手(4年=郡山)が右越えにソロを放ち勝ち越し。その裏、無死満塁とされたが、救援した今秋ドラフト1位候補の155キロ右腕・福谷浩司投手(4年=横須賀)が威力のある直球を軸に後続を断ち、無失点で切り抜けた。

Daily Sports 4/28/2012

===

慶大・福谷、1回0封も制球反省…東京六大学野球

◆東京六大学野球第1週第1日 慶大1―1法大=延長10回規定により引き分け=(15日・神宮) 春季リーグ戦が開 幕した。慶大は、右足内転筋肉離れで出遅れていた155キロ右腕・福谷浩司(4年)が延長10回の1イニングを1安打2奪三振で無失点に抑え、法大と 1―1で引き分けた。明大は、日大三の主軸で昨夏の甲子園を制した高山俊外野手(1年)が途中出場し、2安打2打点と活躍。東大に大勝した。

Sports Hochi 4/16/2012

===

慶大・福谷ベンチ入り 東京6大学開幕

東京6大学野球春季リーグが今日14日、神宮で開幕する。春3連覇を狙う慶大は法大と対戦。右内転筋肉離れで開幕絶望とみられた155キロ右腕、福谷浩司投手(4年=愛知・横須賀)が順調な回復を見せ、ベンチ入りできるめどが立った。

福谷は13日、横浜市内の同大グラウンドで捕手を座らせて約50球を投げた。前週から立ち投げを始め、12日にはシート打撃にも登板。江藤省三監督(69)は「まだ6~7割の力みたいだけどね。予想以上に回復が早かったから」とリリーフ待機させる構えだ。

Nikkan Sports 4/14/2012

===

ドラ1候補右腕 慶大・福谷が春絶望か

右内転筋を痛めていた今秋ドラフト1位候補、慶大・福谷浩司投手(4年=愛知・横須賀)が14日の東京6大学リーグ開幕戦に間に合わないことが8日、分 かった。この日の社会人との対抗戦ではベンチを外れた。江藤省三監督(69)は「本人の将来のためには完全に治してから。練習はまだ立ち投げ、キャッチ ボール程度。1カ月か、下手すれば春(のリーグいっぱい)かかるかもしれない。彼は一般企業に進むわけではないから、無理させられない」と、回復が長引い た場合には春シーズンをもエース抜きで戦う覚悟を示した。

Nikkan Sports 4/9/2012

===

ドラフト上位候補の慶大・福谷 開幕戦登板は絶望

3月に右内転筋を痛めた慶大・福谷が、開幕戦に登板することが絶望となった。

今秋のドラフト上位候補の右腕。江藤省三監督は「まだまだかかると思う。本人はプロでやりたいと言っているから、無理はさせられない」と、完治を優先させたい考えを示した。

Sponichi 4/9/2012

===

慶大・福谷は右足痛め登板回避/支援試合

<東日本大震災復興支援試合:社会人選抜7-0大学選抜>◇10日◇東京ドーム

今秋のドラフト1位候補の155キロ右腕、慶大・福谷浩司投手(3年=愛知・横須賀)は、右内転筋痛のため登板を回避した。沖縄・石垣島キャンプ 中だった4日、投球練習中に違和感を覚え、一時は歩行困難になったという。検査はしておらず、詳しい症状は不明。金光興二選抜監督(56)は「コーチから 内出血と報告を受けた。1~2回登板予定だったがやめさせた」と説明、投球再開のめどは立っていない。福谷は「楽しみな舞台だったので残念。(東京6大学 リーグ)開幕に間に合わなくても、他の投手もいますし。変な状態で投げて迷惑かけたくないので、今回は我慢」と、治療を最優先させる。

Nikkan Sports 3/11/2012

===

慶大・福谷 秀才キャラ返上がむしゃら

昨春は抑えで12試合に登板。春連覇に貢献し、最優秀防御率(0・59)を獲得した。だが「最後の2イニングくらいしか投げてないのに、他大学の先発投手 に申し訳ない。大して活躍できたとは思わない」と、全く満足しなかった。全日本大学選手権は決勝で先発し、延長10回サヨナラ負け。東京6大学リーグ最速 タイの155キロを誇る直球も、秋は150キロも出なかった。「普段の練習不足を実感した」という。

Nikkan Sports 1/5/2012

===

“来秋ドラ1候補”慶大・福谷に「ポスト球児」指名…阪神

阪神が来秋のドラフトで慶大・福谷浩司投手(20)を1位候補の最上位にリストアップしていることが8日、分かった。最速155キロを誇る大学JAPAN のリリーフエースで「ポスト球児」としてもうってつけの存在。伊藤隼太外野手(22)に続き、2年連続で“慶応ボーイ”を1位指名する可能性が出てきた。

Sports Hochi 12/9/2011

===

慶大・福谷、144キロ猛アピール

◆世界大学野球選手権日本代表候補強化合宿紅白戦 紅組1―2白組=7回終了、特別ルール=(2日・坊っちゃんスタジ アム) 来年7月の第6回世界大学野球選手権(台湾)に向けた大学日本代表候補の強化合宿が2日、愛媛・松山市内で始まった。初日から行われた紅白戦で、 来秋のドラフト1位候補の慶大・福谷浩司投手(3年)が、白組の3番手で2回を無失点と好投を披露した。

...

MAX155キロ右腕の視察に、国内7球団のスカウトが詰めかけた。阪神・菊地東日本統括スカウトは「福谷君は間違いなく1位候補。先発も抑えもできるの が魅力」と熱視線を送った。理工学部電子工学科に籍を置く秀才はこの日、「プロに行きたい思いは強い」と初告白。金光興二監督(56)=法大監督=は「全 日本投手陣の中心になってほしいですね」と期待を込めた。

Sports Hochi 12/3/2011

===

阪神、来季ドラフト候補に慶大・福谷

阪神の来季ドラフト候補選手として、慶大・福谷浩司投手(3年)=横須賀高=がリストアップされることが30日、明らかになった。この日の早大戦に先発し、6回8安打2失点。MAX145キロだった。

1メートル83、93キロの本格派右腕の最速は150キロに迫る。スタンドで視察した菊地東日本統括スカウトは「リストに入ってくる選手。うちだけじゃなくて、12球団がそうでしょう」と今後も注視していく。文武両道の秀才でもある。

Sanspo 10/31/2011

===

慶大・福谷「工夫がなかった」/東京六大学

東京六大学野球リーグ第3週第3日(26日、法大2-1慶大、神宮)昨季王者の慶大が勝ち点を落とした。勝ち試合の終盤を任されてきた福谷が、昨秋以来の 先発で6回2失点。11三振を奪ったが、122球と球数がかさんだ。3年生右腕は「打者の目が慣れてくるところで工夫がなかった。(勝ち越された)六回の 先頭への四球が全て」と自分を責めた。

Sanspo 9/26/2011

===

慶大、24年ぶりVならず/大学選手権

<全日本大学野球選手権:東洋大3-1慶大>◇12日◇決勝◇神宮

慶大が延長10回サヨナラ負けで、87年以来24年ぶりの優勝を逃した。先発の最速155キロ右腕、福谷浩司投手(3年=愛知・横須賀)が9回ま で失策の1点に抑える力投を見せたが、10回にサヨナラ2ランを浴びた。打線も東洋大・藤岡貴裕投手(4年=桐生一)に5安打に封じられた。今秋ドラフト 1位候補の4番伊藤隼太外野手(4年=中京大中京)は3打数無安打に終わり「チームを勝利に導くことができなくて、今はふがいなさを感じています」と無念 そうに振り返った。

Nikkan Sports 6/12/2011

===

慶大・福谷、MAX155キロ/東京六大学

東京六大学野球春季リーグ最終週第2日(30日、神宮)慶大は六回途中から救援した福谷が自己最速の155キロをマークするなど自慢の快速球で締めくくった。「気持ちが高ぶっていた」と興奮冷めやらぬ表情だった。

進学校の愛知県立横須賀高出身で、理工学部に在籍する3年生右腕。昨年は主に先発を務めていたが、今季は全13試合中12試合に救援して防御率0・59の 1位で優勝に貢献した。「先発陣がいい形で僕に回してくれた。力を出し切っているので、常にへとへと」と苦笑いしながら喜んでいた。(共同)

Sanspo 5/30/2011

===

福谷が2戦連続無失点無四球/東京6大学

<東京6大学野球:慶大0-0立大>◇第3週2日目◇26日◇神宮

慶大・福谷浩司投手(2年=横須賀)が2試合連続となる無失点無四球投球を見せた。もっとも打線の援護なく、規定により引き分けた。9回を被安打 3本の投球は報われなかった。福谷は「相手(小室)もいい投手なんで、仕方がないです」と話し、悔しさは見せなかった。「調子はずっとよくないんです。我 慢我慢の投球で、気持ちで負けないように、と思って投げたんですが、それが合っているのかも」と無失点投球を分析していた。

Nikkan Sports 9/26/2010

===

慶大・福谷 わずか103球で無四球完封

東京六大学野球・慶大4―0東大】慶大は先発の福谷が東大打線を2安打に封じ、今春の法大2回戦以来、自身2度目の完封勝利を挙げた。「ストライクを先行 させて四球を出さないように、という試合前の目標を実行できた」と無四球でわずか103球という結果を喜んだ。

今夏は力まずに力を抜いて投げることを主眼に置いて練習してきただけに「楽に投げられました。これなら連投もいけると思います」と手応えをつかんだ様子 だった。

Sponichi 9/13/2010

===

ドラフト・レポート

===

Comments Off on 福谷 浩司 (慶大)