Welcome to Yakyubaka.com

Tag: 第10回 BFA 18Uアジア選手権

栗原 陵矢 (春江工)

by on Sep.07, 2014 @ 1:55 pm, under Scrapbook, 高校・大学・社会人
Tags: , , ,

栗原 陵矢 (春江工)
くりはら・りょうや

178cm / 74kg
R / L

===

ドラフト 春江工・栗原捕手指名有力

... 栗原捕手は福井市森田中出身で、身長1メートル78、体重75キロ。遠投は100メートル、50メートルを6・0秒で走る。

中学時代から中日本代表に選ばれるなど将来を嘱望されていた。春江工入学直後から正捕手となり、2012年秋の北信越大会では打率6割1分5厘の活躍。高 校球界で無名に近かった同校を明治神宮大会4強、翌春の選抜大会初出場に導き、チームカラーにちなんだ「オレンジ旋風」の原動力となった。

守備では、捕球から二塁への送球時間はプロに匹敵する1・8秒台を度々記録し、元内野手らしい軽快なフットワークを披露。打撃では、タイミングを外されても外野まで運ぶ力や広角に打ち分ける技術を持つ。

Yomiuri Shimbun 10/21/2014

===

楽天、春江工・栗原をドラフト指名検討

... 二塁送球1・8秒の逸材で、9月のU18日本代表で主将を務めた。安部井本部長は「エース、4番、センターラインなどチームの軸になる人はドラフトでしか取れない」と話した。1年目の内田は捕手登録も事実上は内野手。現在、捕手は5人と頭数が不足。将来の正捕手候補として栗原をリストアップしている。

Nikkan Sports 10/18/2014

===

春江工・栗原、進路は「プロ1本」

18Uアジア選手権・決勝、韓国2‐1日本」(6日、バンコク)

決勝で初めてスタメンを外れた日本の主将・栗原陵矢(3年・春江工)は、七回2死一、三塁に代打で登場。同点打かという痛烈なライナーを放ったが、二塁手の好守に阻まれた。試合後は、「こういうメンバーに選んでもらって自信になる。(進路)はプロ1本です」とプロ志望を宣言。日本代表からは他にも高橋、香月、岡本、脇本、浅間がプロ志望届を提出する見込みだ。

Daily Sports 9/7/2014

===

ドラフト・レポート

===

Comments Off on 栗原 陵矢 (春江工)

森田 駿哉 (法大)

by on Jul.27, 2014 @ 11:38 pm, under Scrapbook, 高校・大学・社会人
Tags: , , ,

森田 駿哉 (法大)
もりた・しゅんや

183cm / 79kg
L / L

===

立大先勝、法大ルーキー森田を9安打KO

<東京6大学野球:立大8-1法大>◇第2週第1日◇18日◇神宮

立大が、開幕戦で白星を挙げた法大のルーキー森田駿哉投手(1年=富山商)に9安打を浴びせてKOし、先勝した。

Nikkan Sports 4/18/2015

===

法大・森田 佑以来3人目の1年春開幕星

「東京六大学野球、法大1-0慶大」(11日、神宮)

春季リーグ戦が開幕し、法大・森田駿哉投手(1年・富山商)が6回4安打無失点の好投で初勝利を挙げた。1年春に開幕投手を務めて勝利を挙げたのは、07年の早大・斎藤佑樹(現日本ハム)以来8年ぶり3人目。

... 堂々とした姿だ。最速147キロの直球に、スライダー、フォークなどの変化球もさえ、毎回の10奪三振。中村との1年生バッテリーで、慶大の谷田と横尾のドラフト候補コンビも無安打に封じた。

Daily Sports 4/12/2015

===

法大・森田、3人目の1年春開幕投手星

「東京六大学野球、法大1-0慶大」(11日・神宮)

法大のルーキー左腕、森田駿哉投手(1年・富山商)が先発し、6回4安打無失点の好投で、リーグ戦初勝利を挙げた。

1年春に開幕投手を務めて勝利を挙げたのは、07年の早大・斎藤佑樹(現日本ハム)以来8年ぶり3人目となる。

序盤から最速147キロを計測した直球に、スライダー、フォークなどの変化球も決まり10奪三振。

Daily Sports 4/11/2015

===

法大・森田が神宮デビュー 2回1失点「公式戦はもっとシビア」

東京六大学・社会人対抗第2日  法大6―5東芝 (4月5日  神宮)

昨夏甲子園に出場した富山商出身の左腕・森田が神宮デビューを飾った。3回から2番手で登板し2回3安打1失点。「感覚としては悪くなかった。公式戦ではもっとシビアになると思うので、冷静にやれるようにしたい」と話した。

Sponichi 4/5/2015

===

森田「幸せでした」7回3失点、富山商8強にあと一歩届かず

◆第96回全国高校野球選手権大会第11日 ▽3回戦 日本文理6x─5富山商(21日・甲子園)

... 全国屈指のエース左腕・森田の夏が終わった。まさかの逆転サヨナラ負けをベンチから見つめ、ぼう然自失。

... 高校入学後の朝練では、一番最初に来てグラウンド外周を走り、自主練習では最後まで残って取り組んだ。「部室では野球雑誌を常に読んでいる。自主練習では 自分の世界に入って黙々とこなしている」とチームメート。下半身の強さはチーム屈指で、スクワットは160キロを上げる。全国では無名の存在だったが、今 夏の甲子園で大ブレーク。チームを16強入りに導き、今大会ナンバーワン左腕の評価を得た。

プロを志望すればドラフト上位候補だが、卒業後は東京六大学の強豪大進学を志望する。「自分を追い込んで、貪欲に練習したい。もう一段階踏んで、しっかりと野球に取り組みます」と森田。日本一の目標は果たせなかったが、この悔しさを糧にさらなる飛躍を遂げる。

Sports Hochi 8/22/2014

===

富山商 41年ぶり夏2勝!森田「90点」納得の完投ショー

第96回全国高校野球選手権2回戦  富山商3―1関西 (8月17日  甲子園)

... 最速144キロの直球、120キロのスライダー、そして100キロ台のカーブ。ちょうど20キロずつ球速が違い、緩急を自在に操って11三振を奪った。8回までは三塁すら踏ませない圧巻の投球。「1番、3番、4番に仕事をさせなかったのが大きかった」との思惑通り、マークした打者を無安打に封じ、胸を張った。

最大の武器は縦に落ちるスライダー。原点は2年前の夏までさかのぼる。当時1年生だった森田は同じ左腕の桐光学園・松井裕樹(現楽天)が今治西戦で1試合22奪三振の大会記録を打ち立てた試合をテレビ観戦した。

... 11奪三振中、スライダーで奪ったのは8個。松井のようにワンバウンドでも空振り三振を奪う場面は3回あった。ネット裏で視察したオリックスの由田慎太郎スカウトは「高校生の左投手として全国で3本の指に入る。バランスがいい」と絶賛した。

Sponichi 8/18/2014

===

富山商・森田11K完投 41年ぶり夏2勝

<全国高校野球選手権:富山商3-1関西>◇17日◇2回戦

富山商のプロ注目左腕、森田駿哉投手(3年)が2試合連続の好投。チームは41年ぶりの夏の甲子園2勝目を挙げた。

先発9人のうち左打者を7人並べた関西打線を寄せ付けなかった。8回まで2安打無失点。9回に1点を失い2試合連続完封こそ逃したが、左打者への外角低めへ140キロ台の直球とスライダーを集め11三振を奪った。

Nikkan Sports 8/17/2014

===

富山商・森田144キロ完封!NO1左腕だ

<全国高校野球選手権:富山商2-0日大鶴ケ丘>◇11日◇1回戦

大会NO・1左腕、富山商・森田駿哉投手(3年)が、最速144キロをマークして、完封スタートを切った。日大鶴ケ丘(西東京)を6安打8奪三振で無失点に抑え、勝利した。

... 富山商の183センチ左腕森田がキレキレのスライダーで日大鶴ケ丘を完封し、同校に04年以来10年ぶりの夏1勝をもたらした。この日の8奪三振は、すべてスライダーで空振り三振に仕留めた。

... 中学時代から富山では速球派として有名だった左腕は、この1年でさらに成長。冬場に走り込み体重は昨秋から5キロ増。身長も2、3センチ伸びた。球速も5キロアップ。100球すべて変化球だけ投げる日を設け、1年かけ新球スライダーを操れるようになった。

大学進学予定だが、この日の完封はネット裏のプロスカウトたちの評価を高めた。「いずれはプロで活躍したい」と森田本人もその気だ。昨夏は富山第一が県勢40年ぶりに8強入り。

NIkkan Sports 8/12/2014

===

【富山】富山商6回イッキ6点で大逆転!10年ぶり16回目の甲子園

◆第96回全国高校野球選手権富山大会 ▽決勝 高岡商3―9富山商(26日・富山市民球場)

決勝戦が行われ、富山商が10年ぶり16回目の甲子園出場を決めた。MAX146キロ左腕・森田駿哉(3年)が先発し、苦しみながらも、準決勝から2試合連続で完投勝利した。

... 準決勝、決勝の連投で、エースの意地を見せた。夏前は自己最速146キロをマークしたが、今大会では調子は下降気味。しかし、前崎秀和監督(37)は「抽選の時から連投を決めていた。3点を取られても、代える気持ちはなかった」と、エースに全てを託していた。

その心意気に、森田が応えた。ストレートは143キロをマーク。甘く入った直球は痛打され、「今大会は打たれる場面が多いが、どうやって最少失点に抑えら れるか。頭を切り換えました」と森田。5回まで3失点した後は、気迫の投球を見せた。コースを際どく突いて無失点に抑えると、打線も奮起。6回には5安打 で一気に試合をひっくり返した。

Sports Hochi 7/27/2014

===

ドラフト・レポート

===

Comments Off on 森田 駿哉 (法大)

岸田 行倫 (大阪ガス)

by on Jul.16, 2014 @ 11:43 am, under Scrapbook, 高校・大学・社会人
Tags: , , ,

岸田 行倫 (大阪ガス)
きしだ・ゆきのり

174cm / 72kg
R / R

===

大阪ガス、19歳正捕手の岸田がけん引車

「第41回社会人野球日本選手権・2回戦 大阪ガス7-2永和商事ウイング」(5日・京セラドーム大阪)

... 好調な投手陣を見事にけん引しているのが社会人1年目の岸田行倫捕手(19)だ。報徳学園時代に内野手としてプロから注目されていたが、高校3年時にチーム事情から捕手転向。大阪ガス入社後も捕手として経験を積み、この秋から正捕手の座を奪った。

まだ捕手経験が2年足らずとは思えないほど落ち着き払っており、スローイングスピードも2秒を切る。そして何よりも光るのはリズムの良さ。

... 打ってもセンスの良さが際立っており、三回には貴重な追加点となる右前適時打。五回は無死二塁から三塁線へ鮮やかなセフティーバントを決め、攻撃面でもリズムを生み出した。

Daily Sports 11/5/2015

===

岸田3安打2打点「自分の打撃」U18

<U18アジア選手権:日本11-0フィリピン>◇1日◇1次ラウンド◇タイ・バンコク

日本の3番岸田行倫(報徳学園)が3安打2打点と活躍した。

... 公式戦では初めてという一塁守備でも、四回無死一、二塁のピンチで相手バントを好捕し、併殺につなげた。

Nikkan Sports 9/2/2014

===

報徳学園 春夏連続出場へ好発進!4番岸田“爆発”5打点

兵庫大会2回戦  報徳学園10―1須磨翔風 (7月15日)

報徳学園(兵庫)が、4番・岸田が2本の適時二塁打を含む5打点の活躍で7回コールド勝ち。

Sponichi 7/16/2014

===

ドラフト・レポート

===

Comments Off on 岸田 行倫 (大阪ガス)

脇本 直人 (健大高崎)

by on Jul.03, 2014 @ 8:36 am, under Scrapbook, 高校・大学・社会人
Tags: , , ,

脇本 直人 (健大高崎)
わきもと・なおと

178cm / 80kg
R / L

===

盗塁だけじゃない!健大高崎・脇本 プロレスラー並握力91キロ打法

第96回全国高校野球選手権3回戦  高崎健康福祉大高崎8―3山形中央 (8月21日  甲子園)

... 3回1死満塁では内角球に腕を畳み、右翼線に走者一掃の適時二塁打も放った。甲子園での3試合で13打数7安打、打率・538。春先からノーステップ打法に取り組み「ボールをしっかり呼び込んで打ち返せるようになった」と胸を張る。バットをリードする右の握力は91キロ。プロレスラーも顔負け、リンゴを片手で握りつぶしたこともある力は、ギリギリまで引きつけて打てる源だ。

8回には二盗も決めた。今大会は失敗なしの6盗塁。大会記録に2と迫ったが「記録より、勝つために走る」ときっぱりと言った。

Sponichi 8/22/2014

===

上州のゴジラ脇本5打点、健大高崎初8強

<全国高校野球選手権:高崎健康福祉大高崎8-3山形中央>◇21日◇3回戦

高崎健康福祉大高崎(群馬)の「上州のゴジラ」、高校通算57本塁打の脇本直人外野手(3年)が、バットで初の8強に導いた。3回に3点適時二塁打を放つなど2安打5打点の活躍で山形中央を下した。1盗塁で大会通算6盗塁として、大会個人最多記録にあと2個に迫った。昨年の前橋育英に続く、群馬県勢の連覇へあと3勝と迫った。

... 2回戦までに5盗塁を決めて、50メートル走6秒1の俊足と走塁技術がクローズアップされた。だが、もともとは高校通算57本塁打のスラッガーとして注目をされていた。8回には2死三塁から、カーブを中前に運び、5打点の荒稼ぎだ。憧れは本家ゴジラの元ヤンキース松井秀喜氏。「打ちにいく時、軸がぶれない」と理想に掲げている。

Nikkan Sports 8/22/2014

===

「機動破壊」健大高崎 走った!11盗塁 通算57発男は4盗塁

第96回全国高校野球選手権2回戦  高崎健康福祉大高崎10―0利府 (8月18日  甲子園)

... 高校通算57本塁打を誇るプロ注目の強打者は足も一級品だ。初回だ。50メートル6秒1の俊足を飛ばして内野安打で出塁すると、難なく二塁、そして三塁を陥れた。相手バッテリーを揺さぶる走塁で3点の先制攻撃を導き、「相手はあまり警戒してこなかったので一発で決められて良かった」。6回にも四球を選ぶと、二盗を成功させた。

入学時は走塁の技術が伴わず「全然ついていけなくて、いつも怒られてばかりだった」と振り返る。それでもバッテリー心理や配球を読むことを覚えるとスライディング練習にも時間を費やした。盗塁で失速しないためにベース直前からスライディング。「ズボンが破れて、春から5枚くらい替えた」と笑う。

Sponichi 8/19/2014

===

健大高崎11盗塁で10点奪い3回戦へ

<全国高校野球選手権:高崎健康福祉大高崎10-0利府>◇18日◇2回戦

... プロ注目の3番脇本直人外野手(3年)は3安打4盗塁と活躍した。

Nikkan Sports 8/18/2014

===

プロ注目の脇本2安打 健大高崎初戦突破

<全国高校野球選手権:高崎健康福祉大高崎5-3岩国>◇13日◇1回戦

... 1回の第1打席。内角スライダーに詰まりながらも右前に落とすと、俊足を飛ばし二塁打に。二塁到達タイムは7秒70をマークした。

3回の第2打席は無死一、三塁から左犠飛を放ち1打点。5回の第3打席は初球139キロ直球を中前安打。すかさず二盗を決めた。第4打席は三ゴロ、第5打席は鋭い遊撃ライナーに倒れ4打数2安打1打点1盗塁。高校通算58本目の本塁打はお預けとなったが、持ち味を存分に発揮しプロ球団のスカウトに存在をアピールした。

Nikkan Sports 8/13/2014

===

健大高崎が戦国群馬制した/群馬

<高校野球群馬大会:高崎健康福祉大高崎1-0伊勢崎清明>◇27日◇決勝◇上毛新聞敷島

... 試合後、日米プロが注目する「上州のゴジラ」こと脇本直人外野手(3年)は、甲子園での大暴れを誓った。

... 日米プロ8球団が注目する脇本が1安打に抑えられるなど、強力打線が封じられる苦しい展開。

... 準々決勝ではアクシデントに見舞われた。ヘッドスライディングした際、右手小指を突き指。骨にひびが入った。痛み止めを飲み、ばんそうこうを巻いただけで出場した。準決勝では、高校通算57号となる決勝本塁打。痛みを忘れてバットを振った。

Nikkan Sports 7/28/2014

===

幼なじみが光成の連覇の夢打ち砕く 健大高崎・脇本決勝打

群馬大会3回戦  高崎健康福祉大高崎6-2前橋育英 (7月20日  高崎城南)

打って、走って、そして見極めてV腕を打ち崩した。高崎健康福祉大高崎は1―2の7回2死満塁で、高校通算54発を誇る3番・脇本が甘く入ったスライダーを右前へ逆転の2点適時打。大会前には電話で激励し合った幼なじみから放った決勝打に「うれしいの一言」と喜んだ。

この日はけん制が得意な高橋光から3盗塁。146キロを右腕に当てられて出塁した初回は6度もけん制されながら、初球から走って盗塁成功。「腕はまだ痛いけど、練習通りに走れた」と胸を張った。低めの変化球の見極めも徹底し、8四死球のうち、脇本一人で3四死球。「低めを1球振ったら三振と同じ。そのくらいの意識でやっていた」としてやったりの表情だった。

Sponichi 7/21/2014

===

上州のゴジラ 健大高崎・脇本140m弾

... 高崎健康福祉大高崎(群馬)の「上州のゴジラ」、脇本直人外野手(3年)は、高校通算54本塁打を誇るスラッガー。全国区の活躍はないが、ドラフト指名を夢見て、進路をプロに絞って勝負する。

... 高崎健康福祉大高崎の脇本は6月29日に行われた本庄第一(埼玉)との練習試合で、左翼への満塁弾を含む5打数3安打6打点。高校通算54本塁打とし、元ヤンキース松井秀喜氏(40)が星稜時代に積み上げた60発超えも視界に入れた。ドジャースなど日米8球団が注目するスラッガーの口癖は、「プロに入って、おじいちゃんとおばあちゃんに楽をさせてあげたい」。祖父母への恩返しに、進路はプロに固まっている。

... 昨夏の練習試合では推定140メートルの特大弾。握力91キロの腕っぷしとスクワットで160キロを上げる下半身が、規格外のパワーを生む。また、遠投は110メートル、50メートル走も6秒1。あこがれのオリックス糸井のように、走攻守にセンスが光る。

Nikkan Sports 7/3/2014

===

ドラフト・レポート

===

Comments Off on 脇本 直人 (健大高崎)

吉田 有輝 (履正社)

by on May.12, 2014 @ 4:52 pm, under Scrapbook, 高校・大学・社会人
Tags: , ,

吉田 有輝 (履正社)
よしだ・ゆうき

173cm / 70kg
R / L

===

【春季大会】センバツ準V履正社、決勝進出!吉田5打点、永谷5回8K

◆高校野球春季大阪府大会 ▽準決勝 大冠0―13履正社=5回コールド(11日・舞洲)

... 履正社が、センバツ準優勝の実力を見せつけた。1―0の3回1死二塁から3連打で2点を加えると、今大会で4番を務める吉田有輝内野手(3年)が右翼ポール際に3ランを放り込んだ。「感触は良かった」。5回にも適時打を放つなど、5打点の荒稼ぎだった。

Sports Hochi 5/12/2014

===

ドラフト・レポート

===

Comments Off on 吉田 有輝 (履正社)

山城 大智 (亜大)

by on Apr.22, 2014 @ 9:27 pm, under Scrapbook, 高校・大学・社会人
Tags: , , ,

山城 大智 (亜大)
やましろ・だいち

176cm / 77kg
R / R

===

「琉球のライアン」亜大・山城 神宮デビューも2ラン被弾

東都大学野球秋季リーグ戦第1週最終日  専大7―3亜大 (9月4日  神宮)

「琉球のライアン」こと沖縄尚学出身の亜大・山城大智投手(1年)が神宮デビューを果たした。

3―5の7回から登板すると、いきなり3者連続三振。8回も3者凡退で切り抜けた。だが、9回に先頭打者に二塁打を許すと、次打者の初球が甘く入り、2ランを被弾した。生田勉監督は「経験を積ませる意味で投げさせている。まだ力がない」と今後の成長に期待していた。

Sponichi 9/4/2015

===

“NOライアン”山城、圧巻の3回完全

「18Uアジア選手権・1次L、日本20‐0スリランカ」(2日、バンコク)

... 先発の山城大智投手(3年・沖縄尚学)は、左足を高く上げる『ライアン投法』を封印して3回6奪三振と、新境地をみせた。

... 代名詞の左足を高く上げるフォームではなく、すべてセットポジションからの投球。力が劣るスリランカ相手とはいえ、打者9人から6奪三振と完全に封じ「今日は『NOライアン・デー』で」と、にんまり笑った。

この日の最速は137キロ。スピードは多少落ちても、テンポの良さを重視し、とにかくストライクを集めた。

Daily Sports 9/3/2014

===

山城と小島で5回完全 U18日本が2連勝

<U18アジア選手権:日本20-0スリカンカ>◇2日◇1次リーグ◇タイ・バンコク

打線は1回に9点を奪うなど19安打を放ち20得点。守っては先発の沖縄尚学・山城大智投手と浦和学院・小島和哉投手のリレーで5回をパーフェクトに抑えた。

山城は3回を投げ無安打無失点6奪三振。

Nikkan Sports 9/2/2014

===

琉球のライアン力尽きる 5回8失点で涙

<全国高校野球選手権:三重9-3沖縄尚学>◇22日◇準々決勝

... 5回を投げ1本塁打を含む11安打を浴びまさかの8失点。5回でマウンドを降り6回から右翼へ。7回の打席で代打を送られベンチに下がった。

左足を顔の近くまで上げるライアン投法。力投型だけに疲労が心配されていた。立ち上がりから微妙な制球に苦しみ、直球のキレもいまいち。5回に打者一巡の猛攻を受け5失点。悔しい降板となった。

Nikkan Sports 8/22/2014

===

沖縄尚学サヨナラで夏初8強

<全国高校野球選手権:沖縄尚学6-5二松学舎大付>◇20日◇3回戦

「琉球のライアン」沖縄尚学・山城大智投手(3年)が、13安打5失点と苦しみながらも、サヨナラ勝ちで同校夏初の8強に導いた。9回10奪三振で完投すると、安里健内野手(3年)がサヨナラ二塁打を放ち、二松学舎大付(東東京)に競り勝った。

Nikkan Sports 8/21/2014

===

沖縄尚学春夏8強 ライアン10K完投

<全国高校野球選手権:沖縄尚学6-5二松学舎大付>◇20日◇3回戦

... 「琉球のライアン」こと山城大智投手(3年)は13安打を浴び5失点したが2戦連続2桁となる10三振を奪って完投した。

Nikkan Sports 8/20/2014

===

進化した“沖縄のライアン”尚学・山城 今大会最多14K完投

第96回全国高校野球選手権2回戦  沖縄尚学3―1作新学院 (8月17日  甲子園)

... 進化した「沖縄のライアン」。その背景には投球術の向上や技術面の充実があった。8強に終わった今春のセンバツまでは「ただがむしゃらに投げていた」状態だったが、打者の対応を見ながら投球することを覚えた。「(作新学院は)真っすぐを狙ってきたので意図的にボールにしたり、直球と同じ軌道でツーシームを投げた」。沖縄大会から本格的に使うツーシームを多投し、スライダーやカーブも交えて幻惑。決め球の引き出しも多く、3三振の作新学院の中村主将を「チーム全体で真っすぐ狙いだったが、変化球主体で対応できなかった」と嘆かせた。

豪快なフォームは真夏の甲子園に耐えられるか。センバツ後、比嘉公也監督は「連投になるとスタミナが心配」と気にしたが、山城は「相手打者に威圧感を与えられる。これが自分のフォーム」とこだわり続けた。ブルペンでは連日200球を投げ込み、新球ツーシームも磨き、自身3季連続出場の甲子園で成長した姿を見せつけた。

Sponichi 8/18/2014

===

沖縄尚学・山城14K春から逆襲のライアン

<全国高校野球選手権:沖縄尚学3-1作新学院>◇17日◇2回戦

... 今までに見たことがないライアンだった。沖縄尚学・山城は「この夏、甲子園の主役になりたい。甲子園は特別な場所。春から成長した姿を見せるために来た」と話す通り、圧倒的な存在感で作新学院をねじ伏せた。胸の高さまで左足を上げるフォームは変わらないが、最速143キロの直球、スライダー、直球と同じ軌道から鋭く落ちるツーシームとすべてを自在に操った。

... この日の3安打もすべて左だったが、14三振中、10三振は左打者から奪った。外角ギリギリの球の出し入れを覚え、膝元へワンバウンドを投げられるようになり左嫌いを克服した。

Nikkan Sports 8/18/2014

===

沖縄尚学ライアン山城、進化の14K

「全国高校野球・2回戦、沖縄尚学3-1作新学院」(17日、甲子園)

... 初回に先制弾を浴びたが、逆にこれでスイッチが入る。七回の3者連続三振など、八回以外は毎回三振を量産。無四球の安定感で、二回以降は三塁を踏ませなかった。

この日の最速は143キロをマーク。さらに直球狙いの相手打線を、配球面でも手玉に取った。捕手の伊良部が「ストレートを張っているバッターに有効」と明かしたように、低めに鋭く沈むツーシームを多投。次々とバットに空を切らせた。

... 相手に応じた投球ができるようになった山城は、沖縄大会で4試合に登板してわずか1失点。30回で31奪三振と圧巻の投球を披露した。

Daily Sports 8/18/2014

===

琉球のライアン 沖縄尚学・山城が14K

<全国高校野球選手権:沖縄尚学3-1作新学院>◇17日◇2回戦

琉球のライアン・沖縄尚学の山城大智投手(3年)が1失点完投、14奪三振の快投で初戦を勝利した。

初回に先制ソロ本塁打を許すが、その後は最速143キロの直球とスライダー、ツーシームを低めに集め追加点を許さなかった。

Nikkan Sports 8/17/2014

===

沖縄尚学、エース・山城が1安打完封で4強入り/春季九州大会

... 昨秋大会を制し、選抜大会でも8強入りした沖縄尚学はエースの山城が1安打完封、打線も16安打を放って日南学園(宮崎)に6-0で完勝した。

Sanspo 4/22/2014

===

ドラフト・レポート

===

Comments Off on 山城 大智 (亜大)

岸 潤一郎 (拓大)

by on Jan.07, 2014 @ 6:07 pm, under Scrapbook, 高校・大学・社会人
Tags: , , ,

岸 潤一郎 (拓大)
きし・じゅんいちろう

175cm / 72kg
R / R

===

拓大1年・岸 異例の“二刀流”デビュー

「東都大学野球、拓大1-1亜大」(6日、神宮)

... 拓大のルーキー岸潤一郎投手(1年・明徳義塾)は「3番・DH」でスタメン出場しながら、六回からは救援でリーグ戦初登板。DH制を採用する東都リーグでは、異例の“二刀流出場”を果たした。

... DHで3打席立った後、六回からリーグ戦初登板。DHで出場した選手の救援登板は、08年春の亜大・岩本貴裕(現広島)以来14季ぶり。

... 昨秋の国体以来の登板は3回1安打1失点、2奪三振。七回に被弾したが、1点を追う九回にバットで取り返す。先頭の打席で左翼線二塁打を放ち、チャンスメーク。ここで代走を送られた後、チームは同点に追いついた。

... 右肩を痛めた影響で、ここまでDHでの出場のみだったが、やっと解禁。本格的な投球練習は1週間前に再開したばかりだった。

Daily Sports 5/7/2015

===

拓大・岸が“二刀流デビュー”

「東都大学野球、拓大1-1亜大」(6日・神宮)

拓大のルーキー、岸潤一郎投手(1年・明徳義塾)が神宮での“二刀流デビュー”を果たした。これまでの8試合はDHでの出場。この日は「3番・DH」で先発し、両チーム無得点の六回から救援。リーグ戦初マウンドに立った。

直球は最速139キロ。カットボールで打者の内角を突くなど強気の投球を見せたが、七回に亜大の4番・桝沢に右越えの先制ソロを被弾し、3回1安打1失点、2奪三振。許した唯一のヒットがホームランだった。

敗戦投手になるピンチは自らのバットで免れた。九回無死から左翼線に二塁打を放って出塁。代走を送られてお役ご免となり、打撃では4打数1安打だった。その後、無死満塁から6番・逸崎の中犠飛で、拓大が同点に追いついた。

Daily Sports 5/6/2015

===

拓大・岸二刀流デビュー3回1失点&同点呼ぶ二塁打

<東都大学野球:亜大1-1拓大>◇第5週第2日◇6日◇神宮

... 3番指名打者で先発し0-0の6回からマウンドへ上がった。7回に亜大・桝沢にいったんは勝ち越しとなるソロ本塁打を許したが、9回先頭打者として同点のきっかけとなる二塁打を放った。3回を投げ1安打2三振1失点で投手として神宮デビューを果たした。

Nikkan Sports 5/6/2015

===

拓大・岸、ブルペンで投球練習 6日にも神宮デビュー

東都大学野球春季リーグ第5週  拓大4―8亜大 (5月5日  神宮)

明徳義塾(高知)出身の拓大・岸が、早ければ6日にも神宮デビューする可能性が出てきた。開幕前に右肩を痛めた影響で今季は打者に専念しているが、この日の亜大1回戦ではイニング間にブルペンで投球練習を行った。「投げられるのであればいい経験になるので投げたい」と意欲を見せた。

Sponichi 5/5/2015

===

拓大ルーキー岸が3戦目で初安打初V打

<東都大学野球:拓大2-0駒大>◇第1週第3日◇10日◇神宮

拓大のルーキー、岸潤一郎投手(1年=明徳義塾)がリーグ戦3試合目にしてついに初安打を放った。

1回裏1死二塁。1回戦で無安打に抑え込まれた駒大・東野からセンター右へ先制適時三塁打を放った。

... 大学でも二刀流に挑戦するが、右肩違和感のため打者でのスタート。「3番指名打者」で先発も1、2回戦はいずれも4打数無安打に終わっていた。9打席目に飛び出した初安打がうれしい決勝適時三塁打となった。

Nikkan Sports 4/10/2015

===

拓大1年岸、3番DHデビューも無安打

<東都大学野球:駒大6ー0拓大>◇第1週第1日◇7日◇神宮

... 1回の第1打席はカウント3ー1から5球目136キロ直球を打ち上げ中飛。3回2死一、三塁のチャンスで回って来た第2打席はカウント1ー2から120キロの変化球に空振り三振に倒れた。5回2死二、三塁での第3打席はカウント3ー1から119キロの変化球を引っ張ったが左邪飛。走者を返すことは出来なかった。8回の第4打席はカウント1ー0から2球目133キロ直球を打ったが三邪飛。駒大の左腕、東野龍二投手(2年=履正社)の前に4打数無安打に終わった。

Nikkan Sports 4/7/2015

===

明徳出身拓大ルーキー・岸 3番DHで一刀流デビュー 東都開幕

... 甲子園に春夏通算4度出場し、通算6勝を挙げた明徳義塾(高知)出身の岸潤一郎投手(1年)は右肩痛の影響で今春は打者に専念。二刀流デビューこそならなかったが、高校通算24本塁打の長打力で打線をけん引する。

注目の二刀流ルーキーが、いきなり神宮デビューする。昨秋王者の駒大との開幕戦。「3番・DH」で起用されることが濃厚な岸は「自分のことはいいのでとにかくチームに貢献したい。優勝したい」と意気込んだ。

Sponichi 4/7/2015

===

拓大新戦力に大阪桐蔭・森と明徳義塾・岸 1年生で3、4番構想

昨夏の甲子園で活躍した森晋之介外野手(大阪桐蔭)と岸潤一郎投手(明徳義塾)が4日、東京都内で拓大の入学式に出席した。野球部は13年に創部94年目で初めて東都大学リーグ1部に昇格。2人は期待の新戦力として注目を集めそうだ。

Sponichi 4/5/2015

===

拓大・岸 二刀流継続へ「監督から両方やってくれと」

... 春夏4度の甲子園出場で通算6勝、高校通算24発でドラフト候補にもなった逸材。「(拓大の内田俊雄)監督からは両方やってくれと言われた。4年で20 勝、打つ方はつなぎに徹したい。楽しみ」と二刀流継続に意欲を見せた。昨夏のU18日本代表でともに戦った高橋光成(こうな=前橋育英)らは一足先にプロ 入りしただけに、「4年後上位指名されるような選手になって同じ舞台で戦いたい」と力を込めた。

Sponichi 1/13/2015 

===

【東都】明徳・岸、二刀流だ!拓大5位から逆襲

... 内田俊雄監督(68)は、来春入学予定の高知・明徳義塾高の岸潤一郎投手(3年)について「二刀流プラン」を持っていることを明言。

... 内田監督は「あくまで大学での練習を見てから」と前置きした上で「ウチの台所事情からすると投手をやってもらうが、登板のない試合は指名打者での起用も考えていきたい」と話した。

Sports Hochi 12/27/2014

===

明徳義塾の岸君サイクル達成で沖縄尚学に勝利

... 第1試合の沖縄尚学対明徳義塾では、明徳義塾の岸潤一郎君(投手・3年)がサイクル安打達成と、投げては3安打1失点と投打にわたる活躍で10対1と快勝しました。

岸君は、初回にセンター越えの先制の2点三塁打を放つと3回にはレフトスタンドへソロ本塁打、5回にはセンターを越える二塁打。8回には馬渕監督から「シングルを打ってこい!」という言葉を背に、センター前ヒットを放ちサイクル安打を達成しました。

Nikkan Sports 10/15/2014

===

明徳義塾・岸、抜群の打力でサイクル達成「十分でしょ」/国体

国民体育大会第3日(14日、長崎県立総合体育館ほか)高校野球硬式で、明徳義塾のエースで4番の岸が抜群の打力を見せてサイクル安打を達成した。

... 一回の最初の打席でその直球を捉え、2点三塁打。三回には変化球を左翼席へ運び「完璧。芯に吸い込まれた」と自賛した。五回の二塁打も痛烈な当たりだった。

八回の第5打席の安打で快挙を果たすと、投げても1失点で完投。

Sanspo 10/14/2014

===

明徳義塾 16安打10得点で沖縄尚学に快勝 岸サイクル安打&完投

国体高校野球1回戦  明徳義塾10―1沖縄尚学 (10月14日  長崎県営)

... 明徳は岸が初回に先制の2点三塁打、3回にソロ本塁打を放つなどサイクル安打し、投げても緩急を使って1失点で完投した。

Sponichi 10/14/2014

===

U18岸、適時打も及ばず「泣きそうに」

<U18アジア選手権:韓国2-1日本>◇6日◇決勝◇タイ・バンコク

明徳義塾(高知)岸潤一郎投手(3年)が、5試合を通じて大車輪の活躍を見せた。

... 全5試合中、左翼として4試合に先発出場。打率3割6分4厘、5打点の活躍を見せ、投手としても2試合で好救援した。

Nikkan Sports 9/6/2014

===

岸2回5K 日本完全リレーで準決勝へ

「18Uアジア選手権・1次L、日本11-0中国」(3日、バンコク)

日本は中国に七回コールド勝ちで開幕3連勝し、1次リーグ1位で準決勝進出を決めた。六回から岸潤一郎投手(3年・明徳義塾)が今大会初登板し、2回5奪三振の快投。完全リレーを締めた。

... 六回の先頭打者から5者連続三振。直球は今大会の日本投手陣では最速の143キロを計測した。変化球も出し惜しみしなかった。岸は大学進学希望だが、視察したブレーブスのフィル・デール・コーディネーターは「カットボールは切れるし、チェンジアップは落差が大きい」と高く評価した。

4度甲子園に出場した明徳義塾のエースも、ここまで2戦は「6番・左翼」で出場し、5打数3安打4打点1盗塁。

Daily Sports 9/4/2014

===

2戦連続の完全リレー 飯塚、制球さえた!岸「全力で腕を」

第10回U―18アジア野球選手権 1次リーグ  日本11―0中国 (9月3日  バンコク(タイ))

... 2回5奪三振の岸は「いつもは9回を考えて投げるが、2回だったので全力で腕を振った」。

Sponichi 9/4/2014

===

飯塚、岸の完全リレーで日本が中国に圧勝

<U18アジア選手権:日本11-0中国>◇3日◇1次リーグ◇タイ・バンコク

... 2番手の明徳義塾・岸潤一郎投手(3年)も6回から5者連続三振を奪うなど、完ぺきな投球で、2投手で前日2日のスリランカ戦に続く「完全リレー」を達成した。

Nikkan Sports 9/3/2014

===

明徳・岸「堂々と」去る…聖地で1181球

「全国高校野球・2回戦、大阪桐蔭5‐3明徳義塾」(19日、甲子園)

明徳義塾(高知)は3‐5で大阪桐蔭に敗れた。4度目甲子園の146キロ右腕・岸潤一郎投手(3年)は立ち上がりの乱調が響き、10安打5失点で力尽きた。

岸の目に涙はなかった。4度目の甲子園は2回戦敗退。3年間で一番短い夏になった。悔しくないはずはない。だが146キロ右腕は「やれることはやった。後輩たちに堂々としている姿を見てほしい」と最後まで涙を見せなかった。

... プロ注目の右腕は進路について「まだ考えていない」と話した。4度出場で計10試合に登板し、夢のマウンドから1181球を投げた。「甲子園は自分を変えてくれる場所だった。4回も来れて楽しかった」。岸は誇らしげな笑顔で聖地を去った。

Daily Sports 8/20/2014

===

明徳義塾・岸、4度目聖地で悲願へ一歩

「全国高校野球・1回戦、明徳義塾10‐4智弁学園」(15日、甲子園)

... 「ヒットは打たれたけどホームランじゃなくてありがたかった」。過去の試合映像を分析し「外のボール球を振らせる」作戦を立てた。岡本への全18球のうち直球は5球だけ。「内角を使わなくても打ち取れる」と宝刀・カットボールを外角に集める配球で挑んだ。

1打席目は狙い通り空振り三振。三回の第2打席は甘く入った球を左前適時打された。六回の第3打席は外角低めを拾われ右前打。八回の第4打席もボール気味の球で空振り三振を奪った。細心の注意を払い、致命的な1打は許さなかった。

Daily Sports 8/16/2014

===

明徳5年連続V!岸気迫の156球

「高校野球・高知大会決勝、明徳義塾6-5高知」(28日、高知県営春野)

高知の決勝では、明徳義塾が逆転で高知を下して5年連続16度目の夏の甲子園を決めた。エース・岸潤一郎投手(3年)は5失点ながら完投で1点差を守り切った。

こん身の156球目。最後の打者を空振り三振に仕留めると、明徳義塾の岸は両腕を突き上げた。歓喜の輪の中心で雄たけびだ。

Daily Sports 7/29/2014

===

明徳・岸は8回無安打投球 5年連続夏切符へ死角無し

練習試合  明徳義塾7―0済美 (7月6日  済美球技場)

明徳義塾のエース岸が8回無安打の快投を披露した。疲労性の右肘痛で約3週間ぶりの実戦登板だったが、カットボールを効果的に織り交ぜて的を絞らせなかった。直球の最速はこの日の安楽をしのぐ140キロ。許した走者は三失と四球の2人だけで、「思い通りの球はまだですが、抑えることができた」と振り返った。打線も安楽から2本塁打を含む計13安打。5年連続の夏切符へ死角は見当たらない。

Sponichi 7/7/2014

===

明徳、四国V!エース岸が完投&先制弾

「高校野球・春季四国大会決勝、明徳義塾5-2鳴門渦潮」(5日、春野)

春季四国地区高校野球大会は5日、高知市の春野総合運動公園野球場で決勝が行われ、今春センバツ8強の明徳義塾(高知)が5‐2で鳴門渦潮(徳島)を下し、2年ぶり9度目の優勝を飾った。プロ注目のMAX146キロ右腕・岸潤一郎投手(3年)は、7安打2失点で完投。打っては二回に先制のソロ本塁打を放つ活躍を見せた。

Daily Sports 5/6/2014

===

明徳義塾・岸 計493球力尽く「最後まで粘る力があれば…」

第86回選抜高校野球大会準々決勝  明徳義塾5―7佐野日大 (3月31日  甲子園)

... 初戦の智弁和歌山戦で延長15回188球投げたのを含め3試合すべてに完投し、493球を投げきった。主将としてもチームを引っ張るエースは「守備やバッテリーでの話し合いなど課題が出た。チーム全体をまとめないといけない」と夏の雪辱を期した。馬淵史郎監督は「ああいうチャンスを逃した後の守りは嫌なんですよ」と佐野日大の遊撃・竹村の美技に阻まれた延長10回の攻撃を悔いていた。

Sponichi 4/1/2014

===

明徳・岸、力尽きた…本来のキレ欠く

「選抜高校野球・準々決勝、佐野日大7‐5明徳義塾」(31日、甲子園)

疲労はピークだった。5‐5の延長十一回、明徳義塾のエース・岸が力尽きた。2死満塁で、相手4番・稲葉への内角直球が遊撃内野安打に。続く5番・小泉にも左前へ運ばれ、取り返しのつかない2点を失った。

... 延長15回、188球を投げた智弁和歌山との初戦後から「肩に張りがあった」という。

139球を投げた関東一との2回戦後、馬淵史郎監督(58)に誘われ、2人だけで宿舎近くのサウナに行った。疲労回復に努め、佐野日大・田嶋とのプロ注目エース対決に臨んだが…。直球も変化球も本来のキレを欠き、三回までに4失点。166球の力投は報われず、10年ぶりの春4強入りは夢と消えた。

3試合で計493球を1人で投げ抜いた。1年時から甲子園のマウンドに上がり、一昨年夏は4強、昨夏は8強。目標の全国制覇は届きそうで届かない。「ここから成長して、夏に戻ってきたい」。快速球右腕は、最後の挑戦に向け顔を上げた。

Daily Sports 4/1/2014

===

岸11K完投 明徳義塾10年ぶり8強

<センバツ高校野球:明徳義塾3-2関東第一>◇29日◇2回戦

明徳義塾(高知)がエース岸潤一郎投手(3年)の好投で10年ぶりのベスト8進出を決めた。

6安打で2点を失ったが11三振を奪った。初戦の智弁和歌山戦では15回、188球を投げ抜き2失点完投。そこから中4日で139球を投げきった。

Nikkan Sports 3/29/2014

===

明徳義塾・岸、188球粘投報われた

「選抜高校野球・1回戦、明徳義塾3‐2智弁和歌山」(24日、甲子園)

188球の熱投が報われた。延長十五回の激闘を1人で投げ抜いた明徳義塾のエース・岸潤一郎投手(3年)は「再試合を意識した。これほどしんどい試合はないけど、楽しかった」とお立ち台で笑顔を見せた。

プロ注目右腕はこの日、最速143キロをマーク。制球力も際立った。ただ延長十二回、高めに浮いた直球を智弁和歌山の3番・山本に右翼席へ運ばれた。冬場はストライクゾーンにゴムひもを張って投球練習。課題だった低めの制球を徹底強化してきただけに「昨年までの自分が出てしまった」と反省した。

Daily Sports 3/25/2014

===

【春に翔ぶ(5)】明徳・岸、ライバル安楽とは違う「切れで勝負」

3度目の甲子園のマウンドに向け、明徳義塾のエース右腕・岸潤一郎投手(3年)が闘争心を燃やしている。

「自己最速は145キロでスピードは興味ない。そっち(スピード)は(最速157キロの)安楽(智大)投手に任せ、こっちは切れで勝負する」

... 直球の最速は145キロだが、小さなテークバックからの腕の振りのよさと、多彩な変化球を武器にレベルの高い四国でその名をとどろかせた。公式戦8試合で59回を投げ、55三振を奪い、失点12(自責11)。防御率も1・60で、センバツの注目投手の一人に挙がる。

... チームが甲子園入りする前に岸の視察を終えたソフトバンク・山崎スカウトは「最速145キロもまだ増す可能性がある。何より手先が器用で、いくつかの変化球をうまく使える。それに安楽を意識する気持ちの強さだね」と好評価した。

Sanspo 3/20/2014

===

明徳エース岸3度目の大舞台頂点狙う

第86回選抜高校野球大会(21日開幕・甲子園)に出場する明徳義塾の右腕エース・岸潤一郎投手(2年)が、順調な仕上がりを見せている。MAX145キロの快速球に加え、冬場の練習で課題の制球力もアップ。自身3度目となる甲子園での目標はズバリ「全国制覇」だ。

... 伸びのある直球にスライダー、フォークを駆使する。1年生でメンバー入りした一昨年夏の甲子園でベスト4。昨夏もベスト8に進出するなど、大舞台での経験も十分だ。

... 昨秋から体重が2キロ増えて75キロになった。徹底的に走り込んで下半身の安定感も増した。馬淵監督は「体がひと回り大きくなった。本当の芯の強さが身についた」と成長を認める。

Daily Sports 3/13/2014

===

明徳義塾エース岸、済美を3安打完封

「練習試合、明徳義塾8-0済美」(9日、明徳義塾グラウンド)

今春センバツに出場する明徳義塾(高知)が9日、済美(愛媛)と練習試合を行い、今秋ドラフト候補右腕の岸潤一郎投手(2年)が7奪三振で3安打完封した。

この日は最速140キロを計測した直球やカットボール、冬場に覚えた“スラーブ”を制球良く投げ込み、付けいる隙を与えず。右肘違和感のため一塁で出場した相手の4番・安楽智大投手(2年)も4打数無安打に封じた。

Daily Sports 3/10/2014

===

【センバツ】明徳・岸、8球団スカウトの前で済美を3安打完封

◆練習試合 明徳義塾8―0済美 済美1―10明徳義塾=7回コールド=(9日・明徳野球道場)

... 結果を出したのは、もう一人のドラフト候補・岸潤一郎(新3年)だった。第1試合に先発した明徳義塾のエース右腕は9回を3安打完封。前日の試合で 右上腕部に死球を受け、変化球中心の投球だったが、カットボールや覚えたばかりの“スラーブ”で翻弄。

... 巨人の山下スカウト部長は「もちろんリストに入ってくる。センバツでどういう投球をするか楽しみ」と絶賛。

Sports Hochi 3/10/2014

===

明徳・岸が済美を完封、安楽無安打に

21日開幕のセンバツに出場する明徳義塾(高知)が9日、高知県須崎市の同校グラウンドで昨春センバツ準優勝の済美(愛媛)と練習試合を行った。

エース岸潤一郎(2年)がキレのあるカットボールを武器に、3安打完封の快投を見せた。「安楽とも対戦したかったし、楽しみだった。調子は悪かったが、ゼロで抑えられたのはよかった」と自身3度目の甲子園出場を前に手応えをつかんだ。今秋ドラフト1位候補の済美・安楽智大投手(2年)は「4番・一塁」で出場し、4打数無安打に終わった。

Nikkan Sports 3/9/2014

===

春のセンバツ注目株をチェック! 済美・安楽、前橋育英・高橋不在も逸材そろう

... 昨夏の甲子園3回戦で優勝候補の大阪桐蔭を1失点に抑えた明徳義塾(高知)の右腕、岸潤一郎投手(2年)の評価が高い。球速は130キロ台後半から140キロ前半だが制球力とスピンの利いた直球が武器。馬淵史郎監督は「直球のキレは安楽よりも上」と太鼓判。1年夏の甲子園で4番に座りマウンドも経験した“スーパー1年生”も最上級生。最後のセンバツでも注目だ。

ZakZak 1/7/2014

===

ドラフト・レポート

===

Comments Off on 岸 潤一郎 (拓大)

飯塚 悟史 (日本文理)

by on Jan.07, 2014 @ 6:05 pm, under Scrapbook, 高校・大学・社会人
Tags: , , ,

飯塚 悟史 (日本文理)
いいづか・さとし

185cm / 76kg
R / L

===

2戦連続の完全リレー 飯塚、制球さえた!岸「全力で腕を」

第10回U―18アジア野球選手権 1次リーグ  日本11―0中国 (9月3日  バンコク(タイ))

... 先発の飯塚は5回を投げ、球数は42球。ボール球はわずか7球と抜群の制球力を披露し「無駄な球を投げたくなかった。打たせてリズムをつくろうと思った」と納得顔。

Sponichi 9/4/2014

===

飯塚、岸の完全リレーで日本が中国に圧勝

<U18アジア選手権:日本11-0中国>◇3日◇1次リーグ◇タイ・バンコク

... 夏の甲子園で1人で5試合連続完投、650球を投げ抜き4強入りした日本文理(新潟)のエース、飯塚悟史投手(3年)が先発。5回をパーフェクト、4奪三振に抑えた。

Nikkan Sports 9/3/2014

===

5戦650球 日本文理・飯塚涙も「悔いはない」

第96回全国高校野球選手権大会準決勝  日本文理0―5三重 (8月24日  甲子園)

 

... 全5試合で完投。44回、650球を一人で投げ抜いたが、体は悲鳴を上げていた。10安打5失点に「低めで打たせていこうと思ったが、見極められた。向こ うが上だった」と振り返る。8回2死二塁、最後の打者から141キロ直球で空振り三振を奪った。

... 1年秋から背番号1を背負い、チームの大黒柱としてベスト4に貢献した。今後の進路については明言しなかったが「投手で勝負したい」と、プロ志望届を提出 する見込みだ。準優勝した09年以来の決勝進出はできず、新潟県勢初優勝の夢もかなわなかった。それでも飯塚は「最高の仲間と自分たちの野球ができた。悔 いはない」と胸を張って、甲子園を去った。

Sponichi 8/25/2014

===

日本文理飯塚5試合完投…プロの舞台へ

「全国高校野球・準決勝、三重5-0日本文理」(24日、甲子園)

... 進路は明言を避けたが「上の世界でやれるように頑張りたい」と、プロ志望が有力だ。完投の美学にこだわり、今大会は5試合650球を投げ抜いた。3季連続で出場し「本当にたくさん成長させてもらった」という聖地の経験を糧に、もっと大きな投手になる。

Daily Sports 8/25/2014

===

日本文理・飯塚全5戦完投「悔いはない」

<全国高校野球選手権:三重5-0日本文理>◇24日◇準決勝

全5試合で完投し、650球を投げ抜いた日本文理のエース飯塚悟史投手(3年)は「1番をつけている自分に、最後まで投げさせてくれた監督や仲間に感謝している」とすがすがしい表情で汗をぬぐった。

Nikkan Sports 8/24/2014

===

日本文理、新潟初Vへ飯塚4連続完投

<全国高校野球選手権:日本文理5-1聖光学院>◇22日◇準々決勝

日本文理(新潟)は飯塚悟史投手(3年)の4試合連続完投で5年ぶりに4強に進出した。

打たれても、辛抱強く右腕を振り続けた。6回を除いて毎回走者を背負い10安打されたが、速球とムキになる自分を捨てた。フォークでタイミングを外し、打たせて取った。今大会ただ1人の4試合完投。548球を1人で投げ抜いた。

... それでも、最後の打者には141キロを2球続け、気迫とスタミナを見せた。豊川(愛知)に延長サヨナラ負けを喫した今春のセンバツ後は、自主練習でひたすら走り込んだ。5日連続でブルペンに入り、200球を投げ込む日もあった。あえて肩の張った状態で投球し、精神面を鍛え、スタミナを蓄えた。

Nikkan Sports 8/23/2014

===

日本文理・飯塚3K締め!北信越旋風

「全国高校野球・2回戦、日本文理3-2東邦」(18日、甲子園)

... 注目右腕同士の投げ合いで、今秋ドラフト候補の飯塚悟史投手(3年)が6安打2失点9奪三振の好投で、2試合連続の完投勝利。これで北信越勢は史上初の4校が16強入りとなった。

... ラストボールに進化の証しが詰まっていた。日本文理・飯塚が投じた132球目。この日最速の144キロ直球に、バットが空を切る。九回は圧巻の3者連続三振締め。「『このボールで決めよう』と思っていた。次の試合につながる1球だった」。クールなエースも、満足感たっぷりだ。

序盤でスライダー、フォークのキレのよさを感じ取ると、変化球を増やし、カウント球にも多用した。捕逸で先制された四回、左翼手が打球処理を誤った不運な三塁打で加点された五回も、慌てずイニングの最後は三振。最少失点で切り抜け、自身も左前打でつないだ、六回の逆転につなげた。

Daily Sports 8/19/2014

===

日本文理・飯塚完投!5年ぶり夏勝利

<全国高校野球選手権:日本文理5-2大分>◇12日◇1回戦

... プロ注目の飯塚悟史投手(3年)が先発。制球が定まらず初回に先制点を許したが、6回以降直球から変化球中心の配球に変え8安打2失点で完投した。

Nikkan Sports 8/12/2014

===

日本文理4強 飯塚完投13K/新潟

<高校野球新潟大会:日本文理3-2中越>◇24日◇準々決勝◇ハードオフ新潟

第1シードの日本文理は、5安打2失点で完投したエース飯塚悟史投手(3年)が、中越相手に13個の三振を奪った。

... ギアを一気に上げた。4回に4安打を浴び2点を許すと、5回以降、毎回の9奪三振、被安打1の投球で勝ちを引き寄せた。「4回は外角の直球を持っていかれたので5回からは配球を変えた」。この日最速140キロの直球を見せ球にし、変化球主体に組み替えた。決め球に据えたスライダーがさえ、13個中11個の三振を空振りで奪った。尻上がりに調子を上げ、8回にも140キロを2球計測した。

... 「勝てる投手」を目指した。昨夏までの飯塚は腕を目いっぱい振って三振も取るが、四球も多かった。甲子園初戦敗退後にフォーム改造に取り組んだ。大きかったテークバックをコンパクトにし、縦振りだった腕の振りをやや下げて制球の安定を図った。冬の間はマエケン体操で肩甲骨を柔らかくし、今春のセンバツでフォームが固まった。

Nikkan Sports 7/25/2014

===

日本文理4強 飯塚が13K完投/新潟

<高校野球新潟大会:日本文理3-2中越>24日◇準々決勝◇ハードオフ新潟

先発した日本文理・飯塚悟史投手(3年)が9回完投し、5安打13奪三振2失点で準決勝に進出した。

Nikkan Sports 7/24/2014

===

【新潟】日本文理・飯塚、6回までノーヒッター!89球完投発進に巨人スカウト「楽しみな素材」

◆第96回全国高校野球選手権新潟大会 ▽2回戦 日本文理3─1新潟(13日・鳥屋野)

新潟ではドラフト候補右腕、日本文理・飯塚悟史(3年)が登場。9回1失点で初戦を突破した。

“越後の怪物”のポテンシャルは段違いだった。飯塚は力を抜いたフォームから、MAX141キロの直球を主体に内外角を突き、凡打の山を築いた。6回まで 出した走者は味方の失策による1人だけ。7回先頭で初安打を許し、ノーヒッターこそ逃したが、3安打1失点で無四球完投。たった89球で夏初戦を投げ抜い てみせた。

... 投打ともにドラフト候補に挙がる逸材への評価は高い。視察した巨人・井上スカウトは「春より投球に強弱が付けられるようになった」と成長を認めた。バット では3打数無安打だったが、6月の練習試合では昨夏の甲子園V腕、前橋育英・高橋光成(3年)から一発を放っており、井上スカウトは「左の長距離砲は、そ ういない。投打とも楽しみな素材」と語った。

Sports Hochi 7/14/2014

===

日本文理・飯塚が1失点完投勝利/新潟

<高校野球新潟大会:日本文理3-1新潟>◇13日◇2回戦◇鳥屋野球場

日本文理のエース飯塚悟史投手(3年)が9回3安打1失点の投球で3回戦に進出した。

5回まで走者を1人も出さない完璧な投球だったが、9回に連打を許し内野ゴロの間に失点。大井道夫監督(72)は「9回の失点で8回までの好投が台無しだ」と振り返った。

Nikkan Sports 7/13/2014

===

日本文理・飯塚「ゴジラ」卒業投球術磨く

... 「越後のゴジラ」を卒業する。日本文理(新潟)のエース飯塚悟史投手(3年)は昨秋の明治神宮大会で3本塁打。センバツではその長打力に注目が集まったが、1回戦敗退を機に投球術に磨きをかけた。5月の西日本短大付(福岡)との招待試合では、自己最速の145キロを計測し、同じドラフト候補の小野郁(3年)に1-0で投げ勝った。「あのニックネームはうれしくない。自分が打てなくても、周りが打ってくれる。今は勝てる投手を目指している」。飯塚の右腕が、チームを3季連続の甲子園に連れて行く。

Nikkan Sports 7/4/2014

===

越後のゴジラ、日本文理・飯塚力尽く

<センバツ高校野球:豊川4-3日本文理>◇22日◇1回戦

豊川(愛知)は延長13回で日本文理(新潟)に勝利。“越後のゴジラ”こと日本文理・飯塚悟史投手(3年)は、184球で力尽きた。

飯塚のバットから快音は聞かれなかった。昨夏以来の5番に座ったが豊川に徹底的に研究され、わずか1安打に抑えられた。エースとしての力投も実らなかった。先発し11三振を奪ったが、延長13回裏、2死二塁からスライダーを左中間に運ばれサヨナラ負け。飯塚は「悔しい。それだけです。気持ちの甘さだと思います」と肩を落とした。

Nikkan Sports 3/23/2014

===

ドラ候補、日本文理・飯塚力投実らず

「選抜高校野球・1回戦、豊川4‐3日本文理」(22日、甲子園)

... 今秋ドラフト候補右腕の飯塚が初戦で散った。勝利目前で九、十回と2度追いつかれ、最後は左中間にサヨナラ二塁打を浴びた。

延長戦に入っても直球は140キロ超。184球、11奪三振の力投も実らなかった。神宮大会3本塁打の打撃も1安打のみに終わり「力が足りなかった。負けたのは弱いから。夏に向けてやり直したい」と誓った。

Daily Sports 3/23/2014

===

日本文理が延長13回サヨナラ負け

<センバツ高校野球:豊川4-3日本文理>◇22日◇1回戦

日本文理(新潟)が延長13回の末、サヨナラ負けを喫した。

プロ注目の飯塚悟史投手(3年)が先発。序盤は球威もあり変化球も切れがあったが、8回以降は球が浮き始めスライダーが甘く入る場面が増えた。1-0で迎えた9回裏で同点に追いつかれると13回裏、2死二塁から左中間へ運ばれゲームセット。飯塚は「仲間が取ってくれた点を自分が無駄にした。たくさん応援に来てくれていたのに申し訳ないです」と悔しさをにじませた。

Nikkan Sports 3/22/2014

===

越後のゴジラ大暴れ日本文理・飯塚4打点

今秋ドラフト候補で“越後のゴジラ”の異名を持つ日本文理(新潟)のエース右腕・飯塚悟史投手(3年)が大阪でも大暴れだ。19日、大阪・茨木市内で箕面学園(大阪)と近大高専(三重)と練習試合を行い、2試合で3安打4打点を稼ぐ活躍。投げては5回1失点でチームを連勝に導き、投打で上々の仕上がりを見せた。

Nikkan Sports 3/20/2014

===

プロ注目の日本文理・飯塚好投!5回1失点

21日に開幕するセンバツ高校野球に出場する日本文理(新潟)が19日、大阪・茨木市内で練習試合を行った。

... 近大高専戦ではプロ注目の飯塚悟史投手(3年)が先発し、5回1失点と好投。大井道夫監督は「飯塚はツーストライクを取ってからもっと丁寧に投げないと。打つ方はもちろんだが、まずはエースとして頑張ってもらわなきゃ」と話した。

Nikkan Sports 3/19/2014

===

春のセンバツ注目株をチェック! 済美・安楽、前橋育英・高橋不在も逸材そろう

... 「打撃のスケールでは大谷(翔平投手=日本ハム)の向こうを張れる。現時点で左打者では一番。この1年でどこまで伸びるか楽しみだね」。セ・リーグスカウトが期待を寄せるのが日本文理(新潟)の飯塚悟史投手(2年)だ。その名を一気に全国区に知らしめたのが昨秋の明治神宮大会決勝の2本塁打。第2打席で右翼席上段に届く特大の一発を放つと、さらに中堅バックスクリーン越えの推定135メートル弾で関係者の度肝を抜いた。

飯塚は「飛ばすのが自分の持ち味」とはにかんだが、球場関係者も「あそこまで飛んだのは見たことがない」と目を丸くした一発だった。神宮大会では投球に専念するため9番に入ったが、センバツでは中軸を務める予定だ。

ZakZak 1/7/2014

===

ドラフト・レポート

===

Comments Off on 飯塚 悟史 (日本文理)

香月 一也 (大阪桐蔭)

by on Sep.24, 2013 @ 2:34 pm, under Scrapbook, 高校・大学・社会人
Tags: , , ,

香月 一也 (大阪桐蔭)
かつき・かずや

173cm / 80kg
R / L

===

大阪桐蔭・香月 26日プロ志望届提出へ

大阪桐蔭・香月一也内野手(3年)が、今日26日にプロ志望届を提出する。香月は今夏甲子園大会で打率4割4分4厘、1本塁打、10打点を挙げ2年ぶりの全国制覇に貢献。今月初旬にタイ・バンコクで開催され、準優勝した「U18(18歳以下)アジア選手権」でも主力を務めた。12球団OKの姿勢で10月23日のドラフトを待つ。

Nikkan Sports 9/26/2014

===

香月、木製バットに自信3安打3打点

「18Uアジア選手権・1次L、日本20‐0スリランカ」(2日、バンコク)

日本の5番・香月一也(3年・大阪桐蔭)が3安打3打点。初回に中前への2点適時打を放つと、二回に中堅への二塁打、四回には右前適時打。大阪桐蔭では今夏甲子園優勝。好調を持続しての大暴れに「全国制覇して少しは浮かれたけど、ここに来て切り替えた。木のバットにも慣れてきて自信を持って打席に入れています」と充実の表情だった。

Daily Sports 9/3/2014

===

大阪桐蔭・香月プロ志望!正随は進学へ

... 三回に一時同点とする犠飛を放った香月は「できればプロに行きたい」と次の舞台を見据えた。正随は無安打ながら不慣れな一塁を守り抜いた。

Daily Sports 8/26/2014

===

史上初夏3年連続対決制し大阪桐蔭16強

<全国高校野球選手権:大阪桐蔭5-3明徳義塾>◇19日◇2回戦

... 香月が先陣を切った。1回1死。中前の当たりを二塁打にした峯本に続き、岸の内角高め直球を右越えの高校通算30号2ラン。通算19打席目の甲子園1号を「峯本がよく二塁に行ってくれた。気持ちを楽に打席に入れました。昨年明徳義塾に負けて悔しい思いをした。今年こそ自分の打撃をしようと思っていました」。優しい顔がほころんだ。

プロ注目で、今年の大阪桐蔭の顔。6歳で兄に連れられて打撃センターに行き、生まれて初めてバットを握って80キロの球を打ち返した。そんな打撃センスの持ち主が、大阪桐蔭で森に出会った。木製バットでも金属でも同じように打てる才能は森と同じ。「森さんのような打者になりたい」とバットを振った。森から愛用の野球用具を譲り受け、甲子園の無念も受け継いだ。昨年8月17日、明徳義塾に負けたとき「来年、お前たちは勝ってくれ」と森に言われ、いっそう泣いた。「森さんのためにも明徳に勝つ」と家族にも誓った。

Nikkan Sports 8/20/2014

===

大阪桐蔭・香月が本塁打&2回3K0封

「高校野球秋季大阪大会・3回戦、大阪桐蔭8‐1港」(23日、花園)

大阪桐蔭の4番・香月が六回、8点目となる通算13号ソロを放つなど4打数3安打2打点とけん引した。六回からは救援登板し、2回を2安打3奪三振で無失点。中学時代はエースだったが高校では打者に専念しており、前日一度投球練習しただけでマウンドに上がった。25日に行われる4回戦は、昨秋と今春の大阪大会で敗れた履正社と対戦する。「球を低めに集めれば大丈夫。明日の練習で調整したい」と意気込みをみせた。

Daily Sports 9/24/2013

===

ドラフト・レポート

===

Comments Off on 香月 一也 (大阪桐蔭)

高橋 光成 (前橋育英)

by on Jul.27, 2013 @ 8:14 pm, under Scrapbook, 高校・大学・社会人
Tags: , , , , ,

高橋 光成 (前橋育英)
たかはし・こうな

187cm / 78kg
R / R

===

世界野球選手権大会

  ERA W-L APP-GS CG ShO Sv IP H R ER BB SO 2B 3B HR AB BAVG WP HBP BK SFA SHA
第26回18Uワールドカップ 12.00 1-0 2-0 0 0/1 0 3.0 5 4 4 1 3 0 0 2 13 .385 1 0 0 0 0

===

前橋育英・高橋 国際舞台活躍でドラ1

日本から4400キロ以上離れたタイでも、熱い視線は注がれていた。高橋は9月5日、U18アジア選手権の台湾戦に先発。バンコクから車で約1時間の球場に3球団が訪れ、西武は最も多い3人態勢で視察した。渡辺シニアディレクターが「やはり1球1球のポテンシャルが高い。総合的に見て上で指名される選手ですね」と評価した約1カ月半後、西武では異例のドラフト1位指名が発表された。

... 好感触をつかんだ試合と球団の評価が一致した。台湾戦は5回で降板したが、2回には自己最速タイの148キロを計測した。1月に右手親指を骨折し、なかなか状態が上がらなかったが、国際舞台で感覚が戻った。直球が走ると自慢のフォークも生きた。「ボールの威力が増して自信がついてきました。ドラ1でいきたいと思うようになりました」。昨夏の甲子園優勝右腕は、1位でのプロ入りをはっきりと描いた。

Nikkan Sports 10/23/2014

===

【指名を待つ男たち(下)】高校生編 最速148キロ!昨夏甲子園V腕の前橋育英・高橋光成

... 最速148キロをマークし、初出場した昨夏の甲子園では、2年生エースとして最後までマウンドを守った。角度のある真っすぐとフォーク、スライダーは早く から各球団のスカウトが「ことしのドラフトでも上位」と太鼓判を押していた。今夏は群馬大会3回戦で優勝した高崎健康福祉大高崎に敗れ、甲子園連覇の夢は 断たれたが、プロへの思いは揺るがず、9月に2年連続で高校日本代表として出場した18Uアジア選手権終了後に、プロ志望を正式表明した。

1月に右手親指を骨折し、出遅れたこともあり、甲子園出場を逃してもその評価は、全く変わらず。西武は早々に「藤浪(阪神)以上の柔らかさもある」と1位指名を公言した。

Sanspo 10/22/2014

===

前橋育英・高橋光成 潜在能力に高評価

... 188センチの長身。高低にも内外角にも角度をつけられ、スライダーとフォークをコースに決める器用さもある。2年夏から3年夏までで体重はプラス7キロ。スラリとしていた右腕の下半身は、ドッシリした安定感をまとった。最速149キロは変わらなかったが、球威は格段に増した。

タフさは折り紙付きだ。今年1月に右手親指を骨折したのは、ボールをぶつけたアクシデントのため。昨夏は酷暑の聖地で全6試合登板5完投しながら、肩や肘に不安を抱えることはなかった。

Daily Sports 10/22/2014

===

【元横浜高部長・小倉氏 この選手が凄い】伸びしろ感じる前橋育英・光成

... 今年の高校生は松坂世代とかダルビッシュ・涌井世代みたいな力はないけど、伸びしろを感じさせる投手はいる。

それを一番感じるのは高橋。去年の夏に甲子園で対戦したけど、その時は140キロ程度で大したことはなかったから打てると思ったんだよ。負けたけどね。それが3年になってスピードが出てきた。日本代表にも入ったし、面白い存在になると思う。セットの時にクセもあったからプロでは直されるかもしれないけど、フォークを決め球として持ってるのも大きいね。

Sponichi 10/18/2014

===

西武ドラ1は前橋育英・高橋光成!抽選なら“神の手”渡辺SD出番

高橋光成の評価は…

在京の投手出身スカウトは「上背があるため直球に角度があり、フォークボー ルもいい。右手親指の骨折の影響でこの夏は成績を残せなかったが、逆に使い減りしていない分、将来性も魅力」と話す。在阪球団スカウトも「未完成な状態で 甲子園を制覇した。度胸もよく、安楽君と素材では双璧」と太鼓判を押した。

Sanspo 10/16/2014

===

【西武】ドラ1に前橋育英・光成!異例公表「一本に絞っていく」

◆光成、ネット速報で知り「びっくり」

高橋はネット速報で西武の1位指名宣言を知った。「自分でもびっくりです。(今夏の)甲子園に行けなかったので、評価が下がっているのではと不安もありましたから」と驚きの表情を見せた。この日は、秋季関東大会(25日開幕・千葉)に出場する新チームと群馬・太田市内のグラウンドで練習し、シート打撃にも登板。プロ入りへの準備は順調なようだ。

Sports Hochi 10/16/2014

===

西武 1位指名は前橋育英・高橋 雄星以来の公言「彼しかいない」

... 例年は直前まで絞り込まないが、前日の編成会議で決定。1位指名選手を公言するのは09年の菊池(花巻東)以来で、同本部長は「今年は異例だが、一本に絞りました。彼しかいない」と語気を強めた。

高橋は最速149キロの直球を誇る1メートル88の本格派右腕。昨夏甲子園では、2年生エースとして前橋育英を初出場初優勝に導いた。昨年から2年連続で高校日本代表にも選出。今年9月にタイで開催されたU―18アジア野球選手権に、渡辺久信球団本部シニアディレクター(SD)を派遣し、密着マークを続けてきた。

Sponichi 10/16/2014

===

前橋育英・光成、プロ志望届提出

今秋のドラフト上位候補右腕、前橋育英・高橋光成投手(3年)が11日、プロ志望届を学校側に提出した。群馬県高野連を経て、近日中に日本高野連のホーム ページで公示される見込み。タイ・バンコク郊外で行われたU―18アジア野球選手権でエースとして準優勝した149キロ右腕は、大会後に「自分もプロを目 指したい」と明言。8日の帰国後に荒井直樹監督(49)らと話し合い、提出を最終決断した。

Sports Hochi 9/12/2014

===

高橋光成、帰国後プロ志望届提出へ

野球の18Uアジア選手権(タイ)で準優勝した高校日本代表が7日、現地で取材に応じ、今秋ドラフト候補右腕の高橋光成投手(3年・前橋育英)は「プロを目指している。(帰国後に)出したい」と、改めてプロ志望届を提出する意向を明かした。

Daily Sports 9/8/2014

===

高橋粘投2失点、西武・渡辺SD高評価

「18Uアジア選手権・準決勝、日本3‐2台湾」(5日、バンコク)

先発した日本のエース・高橋光成投手(3年・前橋育英)は五回途中2失点で降板。毎回走者を背負いながら、味方の失策絡みの失点のみと粘った。 ... この日は西武、ソフトバンク、楽天のスカウトも視察。最速148キロを計測した右腕に、西武・渡辺SDは「ポテンシャルは高い。上の方で指名される選手」と話した。

Daily Sports 9/6/2014

===

【U18】光成、63球中60球が直球!フィリピンを5回0封7K

◆U―18アジア野球選手権 ▽1次ラウンド 日本11―0フィリピン=7回コールド=(1日、タイ・バンコク)

【バンコク(タイ)=広瀬雄一郎】高校日本代表のエース右腕・高橋光成(前橋育英3年)が、開幕カードとなった1次ラウンド(R)のフィリピン戦に先発、5回を2安打無失点、7奪三振。 ... 視察したメジャー5球団のスカウトをうならせた。

188センチの長身から繰り出す直球。100%の力を出し切らなくても、高橋から投げられたボールは切れ味鋭かった。5回2死。この回3人目の打者をスライダーで空振り三振に仕留め、エースの“試運転”は終わった。最速は141キロながら、63球中、実に60球が直球。

... Rソックスのディーブル環太平洋スカウトは「彼にとって、この相手なら直球で十分」とうなずく。ツインズのキムスカウトも「7割の力で投げていたようだ が、力強い」。また、マリナーズのカオ国際スカウトは「日本と韓国、台湾はチェックする。エースはタカハシだね? マークします」と、その将来性に二重丸 を付けていた。

Sports Hochi 9/2/2014

===

高橋、メジャースカウトも絶賛の0封星

「18Uアジア選手権・1次L、日本11‐1フィリピン」(1日、クイーンシリキット球場)

1次リーグが開幕し、大会2連覇を狙う1組の日本はフィリピンに11‐0で七回コールド勝ちした。先発した高橋光成投手(3年・前橋育英)が5回2安打無失点、7奪三振の力投で、白星発進に貢献した。

... ネット裏では、メジャー5球団6人のスカウトも視察。ブレーブスのフィル・デール・コーディネーターは「以前より体も大きく強くなっている。いい投手だね」と賛辞を送った。

Daily Sports 9/2/2014

===

日本コールド発進 高橋光成三塁踏ませず

<U18アジア選手権:日本11-0フィリピン>◇1日◇1次ラウンド◇タイ・バンコク

... 前橋育英(群馬)高橋光成投手(3年)が先発し、5回を2安打無失点に抑えた。7奪三振、無四球で課題だった制球面もクリアし、エースとしての大役を果たした。

... 高橋が自慢の直球で毎回の奪三振で、三塁を踏ませない好投を見せた。「変化球を使わなくても大丈夫だと思った」と、3回まですべて直球で3者凡退に仕留めた。最速は141キロ。4回に2安打されスライダーを使ったが63球中、60球を直球で押した。

Nikkan Sports 9/2/2014

===

前橋育英・高橋光成3回9人ピシャリ

... 日本のエースとして高橋が貫禄の投球を披露した。関大を相手に3回を投げ打者9人をピシャリ。投じた球数はわずかに29球だった。

前回の反省を生かした。27日に先発した近大との練習試合。制球を乱し、3回2/3を投げ5安打2四球3失点。球数は78球も要した。

... 視察したオリックス内匠スカウトも「(前回と違って)今回はコントロールの良さがみられた。修正能力をみせられるのは魅力」と評価した。

Nikkan Sports 8/30/2014

===

光成 関大相手に3回完全 さすが高校ジャパンのエースだ

... 高校ジャパンのエースの投球だ。高橋は中1日の先発ながら、低めを突いて3回を完全投球。

... 今代表での実戦初登板となった27日の近大との練習試合では、3回2/3を3失点。自己最速の149キロをマークしたが、3四死球と荒れた。その反省を生かし、9球団18人のスカウトが見守る中で抜群の制球力を見せた。2回に最速146キロの直球で空振り三振を奪った以外は内野ゴロ5、外野フライ3と打たせて取った。 ... 中日・米村明スカウトは「ずいぶん良くなってる。力みがなくなった」と評価した。

Sponichi 8/30/2014

===

前橋育英・高橋「プロを志望」決意固める

... 涙に暮れた7月20日の群馬大会3回戦から1カ月以上がたち、高橋はすっきりとした表情で会見場に現れた。昨夏は甲子園優勝投手に輝いたが、今夏は前日25日の決勝をスタンドから見つめた。群馬大会敗退後初めて公の場に登場し、進路については「プロを志望してます。(タイ遠征から)帰ったら(プロ志望届を)出すと思います」と決意を固めた。

... ただ1人の2年連続代表入り。盟友の分まで「投手の中心としてチームを引っ張っていきたい」と誓った。昨夏は楽天松井裕、西武森らとともにU18世界野球選手権に出場し、決勝で米国に敗れて準優勝に終わった。経験を生かした外国人対策として「甘いボールは打たれる。低めに集めたい」と対戦を思い描く。

... 高橋広監督(鳴門渦潮)からエースの指名を受け、チーム“開幕戦”となる、今日27日の近大との練習試合に先発することが決まった。

Nikkan Sports 8/27/2014

===

前橋育英敗退…昨夏V腕光成、6回まで0封も7回まさかの6失点

群馬大会3回戦  前橋育英2-6高崎健康福祉大高崎 (7月20日  高崎城南)

... 1メートル88、88キロの大柄な体が見る間に小さくなっていく。高橋光は仲間に肩をさすられ、うつむきながら整列に加わった。逆転負け。静かに涙し、声は今にも消え入りそうだった。

... 敗れはしたが、視察した11球団35人のスカウトの評価は不変だ。自己最速にあと1キロと迫る147キロをマーク。巨人・原沢敦球団代表兼GMは「あの1イニングで評価が変わることはない。上位候補」と評した。

進路を問われた高橋光は「上の世界でできると信じてトレーニングを続けたい」とプロ志望を明言。目指す投手像を問われると「どんな試合でも負けない投手に」と言い切った。プロ注目の右腕は涙を拭き、顔を上げて高校生活最後の夏に別れを告げた。

▼広島・高山健一スカウト ボール自体はシーズンで一番良かった。右打者の外角に決めた147キロは1軍クラス。

▼DeNA・吉田孝司スカウト部長 大きくなった体を使い切れていない印象だったが、直球は素晴らしい。上位で消えるでしょう。

▼中日・中田宗男スカウト部長 ケガで一番投げなきゃいけない時に投げられなかったのでは。でも春よりしっかり投げている印象。

Sponichi 7/21/2014

===

昨夏甲子園V腕・高橋光、3回戦で散る

「高校野球・群馬大会3回戦、高崎健康福祉大高崎6‐2前橋育英」(20日、高崎城南)

群馬大会では、昨夏甲子園優勝の前橋育英が、高崎健康福祉大高崎に逆転負けし、3回戦で敗退した。今秋ドラフト1位候補右腕の高橋光成投手(3年)は、七回に大量6失点。2年連続の甲子園出場はならなかった。

... 最高峰の世界が待つ。この日は11球団35人のスカウトが集結。巨人・原沢GMは「評価が変わるわけではない。素材としては上位。ぜひ生で見たかった」と話した。試合後、プロ志望を表明した高橋光は、目標の投手像を問われ「負けない投手。どんな試合でも負けない投手になりたい」と繰り返した。最後の夏の悔しさは、きっとこれからの糧になる。

Daily Sports 7/21/2014

===

【群馬】前橋育英・光成、3回戦敗退!夏連覇の夢、親友に打ち砕かれた

◆第96回高校野球選手権群馬大会 ▽3回戦 高崎健康福祉大高崎6―2前橋育英(20日・高崎城南)

... 次の舞台はプロ。巨人・原沢GMら編成トップを含めて集まった11球団 35人が、光成の評価そのものだ。「上の世界でできることを信じてトレーニングしたい。プロに行けるようにしたいです」。悔しさで消え入るようだった声 が、この時だけはハッキリ聞こえた。(広瀬 雄一郎)

巨人・原沢球団代表兼GM「この1試合、この1イニングで評価することはありませんが、持っている素質としてはドラフト上位です。体を見ても、素材としても。高いレベルでもう少し、試合を見たかったですね」

中日・中田スカウト部長「春よりもしっかり投げられるようになっていました。(骨折で)出遅れ、投げ込む時期に投げていないし、この日だけで評価が変わりません」

日本ハム・大渕スカウトディレクター「昨夏の甲子園の状態を見せてもらえれば、それで十分に評価できます。きょうの投球は、そこに近いものになってきていると思います」

Sports Hochi 7/21/2014

===

巨人・原沢GM、前橋育英・高橋光「上位指名する可能性ある」/群馬

西武・鈴木球団本部長 「高橋の評価は変わらない。きょうの相手は一番強かったんじゃないかな」

中日・中田スカウト部長 「春よりは確かによくなっているし、上位(指名)でしょう」

DeNA・吉田編成・スカウト部長 「故障明けということできょうは仕方なかったんじゃないかな。負けても関係ない。体を生かしたストレートとフォークをよく見せてもらった」

Sanspo 7/21/2014

===

光成散る…前橋育英、健大高崎に逆転負け「力不足です」/群馬

... それでも、この日は自己最速にあと1キロに迫る最速147キロの直球と鋭く落ちるフォークを武器に8回を投げ、7三振を奪った。今秋のドラフト1位候補だ けに高崎城南球場には11球団35人のプロ関係者が集まり、巨人・原沢球団代表兼GMは「この試合でどうこうということはない。体、持っているものは存在 感があり、上位指名の可能性はある」と高評価した。

... これまで球団にこだわらずプロ一本でと公言しており、今秋のドラフト会議では上位で指名される可能性が高い。この悔しさをバネに、高橋光がさらなる高みを目指す。

Sanspo 7/21/2014

===

昨夏甲子園Vの前橋育英 3回戦敗退…光成 プロ希望を語る

群馬県大会3回戦  前橋育英2―6高崎健康福祉大高崎 (7月20日  高崎城南)

... 先発した昨夏甲子園優勝投手の高橋光成(こうな)投手(3年)が「4番・投手」で先発。6回まで無失点で踏ん張ったが、2―0で迎えた7回に制球を乱し、自らの暴投などで6失点。逆転負けを喫し、甲子園連覇の夢は破れた。

高橋は「力不足で申し訳ない」とうなだれたが、進路のことを聞かれると「プロに行けるようにしたい」と語った。

Sponichi 7/20/2014

===

昨夏甲子園Vの前橋育英が3回戦敗退

「高校野球・群馬大会3回戦、高崎健康福祉大高崎6‐2前橋育英」(20日、高崎城南)

... 今秋ドラフト1位候補の高橋光成投手(3年)は8回完投したものの6失点。最速147キロを計測した直球などで六回までは得点を許さなかったが、2点リードの七回に、打者11人の猛攻で5安打を集中され、一挙6点を奪われた。

Daily Sports 7/20/2014

===

前橋育英・高橋光成「悔しいです」/群馬

<高校野球群馬大会:高崎健康福祉大高崎6-2前橋育英>◇20日◇3回戦◇高崎城南

昨夏全国制覇の前橋育英が3回戦で姿を消した。

先発した高橋光成投手(3年)は6回まで相手打線を無失点に抑えたが、疲れが出た7回につかまり一挙6点を失った。高橋は「制球が甘かった。プレッシャーはあった。悔しいです」とうつむいて話した。

Nikkan Sports 7/20/2014

===

前橋育英・高橋光 打者15人で12K 三振全て直球

群馬大会2回戦  前橋育英7―0松井田 (7月14日  高崎城南)

... 満足にバットにすら当てさせなかった。高橋光が最速144キロの直球で押しまくる。15人の打者に対し、12奪三振でその全てが直球。全89球中、実に85球が直球で、しかもバットに当てられたのはわずか10球。無安打はもちろん、外野に打球を飛ばさせなかった。

... 秋以降は近所のスーパーでも買い物客に囲まれてサインを求められるなど、常に衆人環視の状況に置かれ、いら立ちを隠せない日々も続いた。さらに今年1月、バント練習中に右手親指を骨折。2カ月近く投球練習ができず、右手の握力も約10キロも下がったという。新チームも昨秋、今春といずれも県大会で初戦敗退。苦境が続いた。

それでもリハビリ期間中に徹底した筋力トレーニングで下半身と肩甲骨の周辺を鍛え上げた。その成果が球速アップにもつながった。10カ月ぶりの公式戦登板。「緊張もあって力んでしまった」と序盤からボールが何度も高めに浮いた。それでも「左肩が上がりすぎていた。ショートバウンドを投げるイメージで」とすぐさまフォームを修正した。

▼DeNA・高田繁GM 去年に比べればまだ万全じゃないけど、あれだけ投げられればいい。

▼ロッテ・永野吉成チーフスカウト 素材の良さは既に実証されている。課題の直球がレベルアップして球威も良くなってきている。

Sponichi 7/15/2014

===

前橋育英・高橋光、圧巻奪三振ショー!打者15人12K/群馬

... ロッテのスカウトのスピードガンでは最速144キロを計測。2月に練習中に右手親指付け根を骨折した不安を一蹴した。

... ネット裏にはDeNAの高田GMら、各球団のスカウトがズラリ。ロッテはなんと5人が熱い視線を送った。永野チーフスカウトは「素材の良さは、去年から証 明されている。課題を持って投げていた。データも取られるので、あまり手の内を見せないようにしていた感じがする」と評価した。

Sanspo 7/15/2014

===

【群馬】光成が圧巻投球!スカウト20人が驚いた

◆第96回高校野球選手権群馬大会 ▽2回戦 前橋育英7x―0松井田=7回コールド=(14日・高崎城南)

... ドラフト1位候補右腕の夏初戦に中日、日本ハムなど、プロ9球団約20人のスカウトが集結した。DeNAは唯一、編成トップの高田GMが直々に視察。「体が大きいし、魅力がある。故障を心配していたけど、あれだけいいボールを放っていたら、問題ないでしょう」

最多5人態勢で目を光らせたのはロッテだ。担当外のスカウトも集結し、クロスチェック。永野チーフスカウトは「一番の魅力は甲子園の時のように自分でゲームメークできて、勝てる投球ができるところ」と評した。さらに「去年より球威を感じる」と続けた。

巨人・吉武スカウトはビデオカメラで投球フォームを撮影しながら見守った。「立ち上がりが良かった。次戦が楽しみになった」と語ったように、高崎健康福祉大高崎戦では、さらに多くのスカウトが集まりそうだ。

Sports Hochi 7/15/2014

===

夏の主役が躍動 高橋光が5回12K/群馬

<高校野球群馬大会:前橋育英7-0松井田>◇14日◇2回戦◇高崎城南球場

夏の主役は譲らない。昨夏の甲子園で全国制覇したドラフト上位候補、前橋育英(群馬)高橋光成投手(3年)が、プロ9球団スカウトの前で5回12奪三振と快投した。今夏初戦の松井田戦に先発し、7回コールドで勝利。最速は142キロ止まりも、15アウト中12アウトを三振で奪い、連覇に向けて盤石のスタートを切った。

復調の気配を漂わせた。高橋光がマウンドで躍動した。188センチの長身を生かしたダイナミックなフォームで思い切り投げ込む。2度の3者連続三振など、ほとんど直球で勝負した。「感覚を確かめるために」と控えめだが、威力は十分。安打を許さず、前に飛ばされた打球は三ゴロの1度。2回は先頭打者に四球を与えたが、送りバントすらさせず、力でねじ伏せた。

... 栄冠後の11カ月は、苦悩の道のりだった。昨秋は県大会で初戦敗退(3番手で登板)。今年1月には練習中に右手親指を骨折したが、走り込んで下半身を強化した。1日4食の食事で体重は7キロ増え、89キロに。先月6日、練習を手伝いにきた昨夏の女房役、小川駿輝捕手(19=大東大)は「(去年に比べ)ボールが重くなって、キレも増していました」と成長した点を挙げた。

Nikkan Sports 7/15/2014

===

前橋育英が白星発進! 高橋光が5回無安打12K/群馬

第96回全国高校野球選手権群馬大会2回戦(前橋育英7-0松井田=七回コールド、14日、高崎城南)昨夏全国制覇の前橋育英が初戦突破した。エースの高 橋光成(3年)は先発で5回を投げ、打者15人に対し、無安打投球。12奪三振、1四球の無失点と格の違いをみせつけた。

Sanspo 7/14/2014

===

前橋育英・高橋光5回12Kで初戦突破

「全国高校野球選手権・群馬大会2回戦、前橋育英7‐0松井田」(14日、高崎城南)

... 今秋ドラフト上位候補右腕の高橋光成投手(3年)が先発。5回を投げて無安打無失点、12三振を奪ったものの、制球に苦しむ場面もみられた。

しかし、高めに抜ける球も多く、5回まで89球を要した。高橋光は「球が全部浮いて、今日はダメだった。身体が前に突っ込んで、リキみがあった」と反省。

Daily Sports 7/14/2014

===

前橋育英・高橋光5回12K快投/群馬

<高校野球群馬大会:前橋育英7-0松井田>◇14日◇2回戦◇高崎城南球場

... 試合は甲子園優勝投手の高橋光成(こうな=3年)が先発。5回を投げ1四球のみの被安打0、2度の3者連続三振を含む12奪三振と圧巻のピッチングを見せた。高橋は「緊張して力みがありましたが、初戦勝ててホッとしています」と話した。

Nikkan Sports 7/14/2014

===

春夏V腕対決は痛み分け 浦学・小島、6回2失点 前橋育英・光成は7回5失点

◆練習試合 前橋育英5―5浦和学院(浦和学院グラウンド)

昨春の甲子園Vの浦和学院と昨夏Vの前橋育英が6日、浦和学院グラウンドで練習試合を行い、5―5で引き分けた。前橋育英の高橋光成投手(3年)は7回8 安打5失点も「(ストライクを)いれにいった球を打たれた。でも序盤は直球で押せた」と手応え。最後の調整登板を終えた。

高橋光は5回表に自己最速にあと1キロに迫る147キロをマーク。視察した巨人の山下哲治スカウト部長も「今季見た中では一番の投球」と話すなど1月に負った右手親指骨折からの完全復活を印象づけた。

Sports Hochi 7/7/2014

===

前橋育英・高橋光1日4食で体重7キロ増

... 昨夏、甲子園V投手に輝いた前橋育英(群馬)・高橋光成(3年)が最後の夏に挑む。新チーム後は公式戦で1試合に登板したのみ。チームは秋、春とも県初戦で敗退した。1月には右手親指の付け根を骨折するなどアクシデントも重なったが、1日4食の食事と走り込みで、体重は昨年から7キロ増えて89キロに。「強いボールを楽に投げられるようになった」と、レベルアップの成果を口にした。ノーシードで臨む今大会に向けて、「工藤(主将)1人に優勝旗を返しに行かせるわけにはいかない」。エースとしてフル回転し、夏のマウンドで再び輝きを取り戻す。

Nikkan Sports 7/4/2014

===

【めざせ甲子園 熱闘球児(中)】前橋育英・高橋光成投手

... エースの高橋光成(こうな)投手(3年)は昨夏、2年生ながら最速148キロの直球にスライダー、カーブ、フォークボールを駆使して、優勝投手に輝いた。 1メートル88、89キロと恵まれた体格で今秋のドラフト上位候補に挙がる右腕は、故障からの復活だけでなく、昨秋、今春と県大会で初戦敗退したチームの 再起を懸けた夏になる。

6月29日、高橋は横浜商大高(神奈川)との練習試合で今季初完投した。神奈川の有力校の粘り強い攻撃にあい、9安打2失点、6三振。浮いた変化球を痛打された場面もあったが、高橋本人は安どしたようだった。

Sanspo 7/3/2014

===

前橋育英・高橋光成、9回2失点6K!練習試合で完全復活アピール

◆高校野球練習試合 宮崎日大12―6前橋育英、横浜商大高2―2前橋育英(29日・横浜商大高グラウンド)

昨夏甲子園Vの前橋育英(群馬)が、練習試合2試合を行った。横浜商大高(神奈川)戦には今秋ドラフト候補のエース・高橋光成(こうな、3年)が先発。今年初の完投で1月に負傷した右手親指骨折からの完全復活をアピールした。

9安打を浴びながらも、自らの巧みなバント処理で3度の併殺を奪う好守も見せ、9回を2失点6奪三振にまとめた。

Sports Hochi 6/30/2014

===

昨夏の甲子園V腕、前橋育英・高橋 内角攻めで投球に幅

昨夏甲子園V腕の前橋育英・高橋光成(こうな)投手(3年)が28日、東大和市内で行われた創価との練習試合に「4番・投手」で先発した。2回を1安打無失点で最速141キロを計測。降雨のため3回表で打ち切りとなり「調子が良かったのでもう少し長く投げたかった」と残念がった。

成長を見せたのは内角への制球力。2回、2人の打者にいずれも3ボール1ストライクから懐に直球を投げ込み、ストライクを奪った。内角攻めで投球の幅を広げ「もっと厳しく突いていきたい」と貪欲だ。5月以降4番に座った打撃では鋭い遊直を放った。1月下旬に骨折した右手親指は問題なく、投打にわたってチームをけん引する。

Sponichi 6/29/2014

===

前橋育英 ノーシードから連覇へ!光成 体重7キロ増で進化証明

... 昨夏の甲子園では2年生エースとして初戦の岩国商(山口)戦で9者連続奪三振の衝撃デビュー。全6試合で自責2の快投で初出場初優勝の立役者になった。だが、新チーム結成後は秋、春ともに県大会初戦敗退。今大会はノーシードから連覇に挑む。

1月下旬に右手親指を骨折。その影響で春季県大会は登板しなかったが、その間に走り込みや体幹トレーニングに励み、体重は7キロ増の89キロになった。現在は連投もこなせるようになり、荒井直樹監督は「普通に投げられる」と太鼓判。昨夏優勝メンバーの工藤主将も「光成を中心に守り勝つ。全員で光成を助ける」と援護を誓った。

Sponichi 6/21/2014

===

甲子園V腕、前橋育英・高橋が乱調6失点

<練習試合:東海大相模9-8前橋育英>◇14日◇東海大相模グラウンド

昨夏の甲子園で優勝投手に輝いた前橋育英(群馬)の高橋光成(こうな)投手(3年)が東海大相模との練習試合に先発し、5回6失点と打ち込まれた。

106球を投げて13安打5四死球の乱調。3回には打者一巡の猛攻で5失点し、本塁打も2発を浴びた。140キロ台を計測したのは2球だけで、「全然ダメでした。コントロールがよくなかった」と悔しがった。

Nikkan Sports 6/14/2014

===

前橋育英・光成、日米プロ8球団前に7回5安打4失点

昨夏の甲子園優勝投手、前橋育英(群馬)の高橋光成(こうな・3年)が24日、横浜スタジアムで横浜隼人(神奈川)との練習試合に先発。日米のプロ8球団を前に7回5安打4失点、7奪三振の投球を披露した。

テンポ良く投げる投球リズムは健在だった。1月の右手親指骨折から約4か月たち、球速も最速140キロと安定。6―5でチームに勝利をもたらした。右腕は 「だんだん良くなってきましたが、きょうは守備からリズムを作れなかった」と4四死球を反省したが、この日も巨人、マリナーズなど8球団が密着。巨人は松 尾GM補佐が「ビデオでは見たが、実際に見るのは初めて。いい投手」と直接チェックに訪れた。

Sports Hochi 5/25/2014

===

甲子園V腕の高橋光成に日米8球団集結

「高校野球練習試合、前橋育英6-5横浜隼人」(24日、横浜)

昨夏甲子園優勝右腕の前橋育英・高橋光成投手(3年)が、横浜隼人との練習試合に先発。今秋ドラフト1位候補のチェックに、阪神など日米8球団のスカウトが訪れた。

1月末のバント練習中に右手親指を骨折し、本格的な投球再開が4月初旬。まだまだ、回復途上にある。この日の最速は140キロ。7回5安打4失点の結果に「いいバランスで投げられなかった」と、反省を口にした。

それでも、スライダーやフォークで7奪三振。

Daily Sports 5/25/2014

===

前橋育英・高橋 練習試合で7K 日米8球団が視察

昨夏の甲子園優勝投手でドラフト候補右腕の前橋育英・高橋光成(こうな)投手(3年)が24日、横浜スタジアムで行われた横浜隼人との練習試合に先発した。

日米8球団のスカウトが視察する中、7回で7奪三振も5安打4失点。チームは6―5で勝利したが最速は140キロ止まりで、4四死球と制球にも苦しみ「準備できていなかった。重心が左に倒れ、球が引っ掛かった」と猛省。それでも1月下旬に骨折した右手親指は、順調に回復。体重は昨秋から7キロ増の89キロと一回り大きくなった。広島の高山健一スカウトは「直球の切れがもっと上がれば上位候補に入る」と評価した。

Sponichi 5/25/2014

===

前橋育英・光成、最速142キロで7回0封7K

◆MRT招待高校野球 ▽前橋育英8―0日南学園=7回コールド=(11日・サンマリンスタジアム宮崎)

昨夏の甲子園優勝投手で、今秋ドラフト上位候補右腕の前橋育英(群馬)の高橋光成(こうな・3年)が11日、宮崎県内の高校と対戦する「MRT招待高校野 球」(サンマリン宮崎)の日章学園戦に先発し、7回無失点&3ランと投打に大暴れ。エースで4番として、コールド勝利に導いた。

高い弾道がサンマリンの風に乗った。5回2死一、二塁。高橋光はスライダーをたたき、右翼へ3ラン。「感触は良かったですけど、まぐれ」と笑ったが、投げても7回2安打0封、5連続を含む7Kで圧倒。ソフトバンクなどが視察する中、最速142キロの貫禄だ。

Sports Hochi 5/12/2014

===

前橋育英・高橋光2戦連続先発で7回0封

<高校野球:MRT招待・前橋育英8-0日章学園>◇11日◇サンマリンスタジアム宮崎

昨夏の甲子園優勝投手、前橋育英(群馬)高橋光成投手(3年)は、7回2安打無失点と好投し、7回コールドで勝利した。

Nikkan Sports 5/11/2014

===

前橋育英・高橋光141キロ 6回0封5K

<高校野球:MRT招待・前橋育英4-0日南学園>◇10日◇サンマリンスタジアム宮崎

昨夏の甲子園優勝投手、ドラフト上位候補の前橋育英・高橋光成投手(3年)は、今春の宮崎王者日南学園と対戦し、6回5奪三振で無失点に抑えた。1月にバント練習中に右手親指の付け根を骨折し、春季大会は登板せずに初戦敗退した。この日は最速141キロをマーク。「コントロールは前より良くなってきた」と手応えを感じている。骨折のため、右手の握力は10キロほど落ちて約40キロになった。決め球フォークも「昨年より落ちてない」と課題に挙げるが、夏までに調整を続けていく。

Nikkan Sports 5/11/2014

===

昨夏甲子園V腕、前橋育英・高橋 144キロ出た 骨折回復順調

昨夏甲子園優勝投手でドラフト候補右腕の前橋育英・高橋光成(こうな)投手(3年)が10日、宮崎市のサンマリンスタジアム宮崎で行われた日南学園(宮崎)との練習試合に先発。6回を6安打無失点に抑え、チームも4―0で勝利した。

高橋は今年1月下旬に右手親指付け根を骨折。今春の群馬県大会は登板せずに初戦敗退していた。この日は最速144キロをマークし「7割くらいまでは回復している。夏は全試合自分が投げるつもりで臨みたい」と笑顔。変化球も自在に操り、順調な回復ぶりを披露した。

Sponichi 5/11/2014

===

前橋育英・高橋光は6回5K無失点

昨夏の甲子園優勝投手、前橋育英(群馬)高橋光成投手(3年)が10日、宮崎市のサンマリン球場で行われたMRT招待高校野球大会の日南学園(宮崎)戦に先発し、6回5奪三振無失点に抑えた。

1月下旬にバント練習の際に右手親指の付け根を骨折。今春の県大会は、登板せずに初戦敗退した。

Nikkan Sports 5/10/2014

===

前橋育英 コールド負け プロ7球団スカウト視察も高橋光登板せず

春季高校野球群馬大会2回戦  前橋育英0―10樹徳 (4月12日  桐生)

... 巨人、西武など7球団のスカウトが視察する中、昨夏甲子園優勝投手のドラフト候補右腕・高橋光成(こうな)は投球練習こそしたが登板機会はなかった。1月末に右手親指を骨折し、3月下旬に本格的な投球練習を開始したばかり。「万全で投げられなくて悔しい。今は6、7割の状態まで戻ってきているので、夏は全部自分が投げるつもりで体調を整えたい」と話した。

Sponichi 4/13/2014

===

前橋育英・高橋光が右手親指骨折

今秋ドラフト1位候補で昨夏甲子園優勝右腕の前橋育英・高橋光成投手(2年)が、右手親指を骨折していたことが3日、わかった。1月25日の練習中、バントした際にボールを当てたもので、全治1カ月と診断された。現在は患部を固定し、ランニング中心のメニューをこなしている。

Daily Sports 2/4/2014

===

前橋育英V腕、高橋始動に3球団熱視線

... V右腕の高橋光成投手(2年)には3球団のスカウトが熱視線を送った。最速148キロのストレートにスライダー、カーブ、フォーク、ツーシームを操る188センチの長身エース。

ラストイヤーの目標は「甲子園に出ることと、プロに行くこと。あと体重も5キロぐらい増やしたい」と現在の85キロからパワーアップを図る。

Nikkan Sports 1/5/2014

===

前橋育英V投手の高橋光、国内プロ志望「進学は考えていません」

... 国内だけでなく、米大リーグのスカウトの視察も受けている高橋はこの日、「夏の甲子園の後の目標は、プロで活躍すること。メジャーは今はないし、進学は全 く考えていません。両親も同じ考えです」と明言した。9月の18U(18歳以下)W杯でともに日本代表として戦った、1年先輩の桐光学園(神奈川)の松井 裕樹が楽天にドラフト1位で入団したことにも刺激を受けたといい、早期の進路決定となった。

高橋は今夏の甲子園で、2年生エースとして6試合に登板。計687球を投げて防御率0・36と安定した内容で、前橋育英を初優勝に導いた。1メートル88の長身から投げ込む最速148キロの直球に加え、スライダー、フォーク、カーブ、ツーシームと変化球も多彩だ。

Sanspo 12/25/2013

===

前橋育英が敗退 高橋光3回2失点/国体

<東京国体高校野球:修徳5-1前橋育英>◇3日◇準決勝◇八王子市民

今夏の甲子園を制した前橋育英が準決勝で姿を消した。先発の荒井海斗主将(3年)が4回8安打3失点と打ち込まれ、5回から継投した高橋光成投手(2年)も3回4安打2失点と踏ん張れなかった。

Nikkan Sports 10/3/2013

===

高橋光打たれ、前橋育英準決勝で敗退

「東京国体 高校野球硬式準決勝、修徳5‐1前橋育英」(3日・八王子市民)

今夏甲子園優勝の前橋育英が敗れ“2冠”はならなかった。エース・高橋光成投手(2年)は2点ビハインドの五回から2番手で登板。五、六回に適時打を許すなど、3回2失点でマウンドを降り、流れを変えられなかった。

四回から肩を作るように指示されたが、試合展開が早くなったこともあり、ブルペンで捕手を座らせての投球練習は5球のみ。

Daily Sports 10/3/2013

===

高橋光「松井さんにバカにされる」/国体

<国体高校野球:前橋育英4-2明徳義塾>◇29日◇1回戦◇八王子市民

... 甲子園優勝投手の高橋光成(2年)は6安打2失点完投。最速は140キロ止まりで奪三振も2個。それでも6回以降は無安打に抑え、満員のスタンドのファンをうならせた。

Nikkan Sports 9/29/2013

===

甲子園V腕、米は「一段階上のレベル」

「18U(18歳以下)野球ワールドカップ2次ラウンド・日本4‐10米国」(7日、台中インターコンチネンタル)

今夏の甲子園優勝投手の高橋光成投手(2年・前橋育英)が世界の洗礼を浴びた。

九回からマウンドに上がったが、ランニング本塁打を含む2者連続本塁打を浴びるなど、1回を投げて4安打で4失点。「調子は悪くなかったけど、他のチームより一段階上のレベルだった。力不足」と完敗を認めた。それでも気持ちを切り替え「明日(8日の米国との決勝で)投げる投手に打たれたコースを伝えられれば」と、チームへの貢献を誓っていた。

Daily Sports 9/7/2013

===

甲子園V右腕に世界の洗礼…2者連続本塁打含む4失点

第26回IBAF18Uワールドカップ2次ラウンド  日本4―10米国 (9月7日  台中)

今大会2度目の登板となった高橋光(群馬・前橋育英)が9回に登板。2者連続本塁打を含む4失点と、世界レベルの洗礼を受けた。

「自信を持ってマウンドに上がった」と意気込んだが、先頭打者を内野安打で出塁させ、2点ランニング本塁打と左越えのソロ本塁打を浴びた。今夏の甲子園大会で優勝した2年生右腕は「相手バッターがすごくて、通用しなかった。自分の力不足」とうなだれた。

Sponichi 9/7/2013

===

夏V腕・高橋光2番手登板で日の丸1勝

「18U・W杯・1次ラウンドA組、日本15‐0チェコ」(3日、台中)

今夏甲子園V腕が、上々の日の丸デビューを飾った。前橋育英・高橋光が四回から2番手で今大会初登板。甲子園決勝以来のマウンドで、1安打こそ許したものの2回を無失点。国際大会初勝利の“オマケ”もついた。

「1本打たれたけど、疲労もとれていたし、まあまあ良かったかな」。久々の実戦で結果を出し、ほおが緩んだ。この日の最速は142キロながら、低めへの制球は健在。フォークとスライダーで3三振を奪った。西谷監督は「低めにうまく変化球を投げる。十分使える」と高く評価した。

Daily Sports 9/4/2013

===

安楽に刺激!高橋光 2回3K無失点「負けられない気持ちあった」

第26回IBAF18Uワールドカップ1次ラウンドA組  日本15―0チェコ(6回コールド) (9月3日  台中)

... 4回からは2番手で今夏の甲子園優勝投手、高橋光成(前橋育英2年)が今大会初登板。5回にこの試合でチェコ唯一の安打を打たれたものの、すべてフォークで3個の三振を奪い、2回を無失点で切り抜けた。

高橋光成は甲子園の決勝から中12日となるマウンドを無失点で終え、「疲れも大分取れてきて、楽しく投げられた」。前日のベネズエラ戦で同じ2年生の安楽智大(済美2年)が毎回の16奪三振で鮮烈の世界デビューを飾ったことは意識しており、「ライバルとして負けられない気持ちはあった。きょうは、それ以上の投球はできなかったけど、ここから追いつきたい」と闘志を見せた。

Sponichi 9/3/2013

===

前橋育英・高橋光成に“藤浪、大谷級”の評価

第95回全国高校野球選手権大会は、初出場の前橋育英(群馬)が深紅の優勝旗を手にした。頂点に導いたのは2年生エース・高橋光成(こうな)。プロのスカウト陣は早くも来年ドラフトの目玉候補に指名した。

... 中日・中田スカウト部長は「まず身長(188センチ)があって体格があるのがいい。落ちる球を持っているし、低めへの制球力もある。胸元のインコー スへシュートも強気に投げられるのもいい。決勝までバテなかったのは相当な馬力があるということ。全体的なバランスがよくまだまだ伸びる余地がある」と高 評価。

別のスカウトも「(ストレートは)球速以上に球威がある。150キロ以上出ても打たれてしまう投手はいるが、高橋君は球威がある上に落ちる球もあ る。球威が何よりも武器」と絶賛し「高卒ルーキーでは藤浪(阪神)や大谷(日本ハム)と肩を並べるぐらいになれる素材。来年のドラフトの目玉になる可能性 がある」との声も。スーパー右腕の今後が楽しみだ。

Tokyo Sports 8/24/2013

===

前橋育英・高橋光日本一「怪童」尾崎超え

<全国高校野球選手権:前橋育英4-3延岡学園>◇22日◇決勝

▼前橋育英・高橋光が防御率0・36をマークした。過去3年の優勝エースの防御率を見ると10年島袋洋奨(興南)1・94、11年吉永健太朗(日大三)2・90、12年藤浪晋太郎(大阪桐蔭)0・50。高橋光は並み居る3年生の数字を上回った。歴代の下級生V投手と比べても、防御率0点台は65年上田卓三(三池工=0・90)以来の快挙。のちに「怪童」と呼ばれた61年尾崎行雄(浪商=0・41)をしのぎ、74年の金属バット採用後、これほど安定した下級生も珍しい。

Nikkan Sports 8/23/2013

===

前橋育英 22年ぶり初出場V 高橋光「奇跡」体調不良も3失点完投

第95回全国高校野球選手権決勝  前橋育英4―3延岡学園 (8月22日  甲子園)

前橋育英(群馬)が、延岡学園(宮崎)を4―3で下し初出場初優勝を飾った。ここまで防御率0・00のエース高橋光成(こうな)投手(2年)は、今大会初の自責点を許しながらも、9回6安打3失点(自責2)で完投。全6試合で5試合完投し、防御率は驚異の0・36。すい星のごとく現れた2年生右腕が、群馬県勢では99年の桐生第一以来、14年ぶりとなる頂点へ導いた。

最後は自信のある直球、ではなくフォークを選んだ。今大会通算687球目。狙い通りに空振り三振を奪った高橋光は、駆け寄るナインの抱擁を一身に受け止めた。

... 全6試合で5試合完投。準決勝までの5試合41イニングを投げ自責点は0だった。しかし4回に4安打を集中され、今大会45イニング目にして初めて自責点2を記録した。「0で抑えたい気持ちはあった」。39年・海草中(和歌山)の嶋清一と48年・小倉(福岡)の福嶋一雄に並ぶ防御率0・00での優勝はかなわなかった。それでも同0・36は、昨年春夏連覇を達成した大阪桐蔭・藤浪晋太郎の0・50さえも上回る堂々の好成績だ。

Sponichi 8/23/2013

===

41回防御率0・00 前橋育英 決勝進出 高橋光成「負ける気しない」

第95回全国高校野球選手権大会準決勝  前橋育英4―1日大山形 (8月21日  甲子園)

前橋育英(群馬)の高橋光成(こうな)投手(2年)が日大山形との準決勝に先発し、1失点完投で初の決勝進出に導いた。失策絡みで自責点は0。ピンチに強い2年生エースは5試合41回を投げ、いまだ防御率0・00だ。このまま0・00で優勝すれば39年・海草中(和歌山)の嶋清一と48年・小倉(福岡)の福嶋一雄に並ぶ快挙。「ミスター0」は22日に初優勝を懸け、延岡学園(宮崎)戦(正午開始)に先発する。

... 1メートル88の長身右腕。「日本を代表する凄い投手」と憧れる開幕17連勝中の楽天・田中と全く同じ身長だ。最速148キロの直球、変化球はスライダーとフォークを武器にするところも同じなら、ピンチでの強さまで似ている。先頭打者への被打率は・205。昨季春夏連覇した藤浪(大阪桐蔭、現阪神)の・057と比較すれば決して優れてはいない。通算でも・206だが、得点圏では・107まで下がり「(ピンチでは)気持ちが入るので、いつもより思い切り腕を振ってコースに投げる」と自己分析した。

ピンチでも平常心を保つ。その秘けつにゴミ拾いがある。高橋光はナインとともに入学時から毎朝15分間、寮の周りをゴミを拾いながら散歩する。「ゴミを拾うのは一つの気づき。野球でも相手の変化に気づくことができる」と荒井直樹監督。巨人のエースだった桑田真澄も現役時代にゴミ拾いし、打者との駆け引きに生かした。高橋光も「いつもと同じ生活ができて、気持ちが穏やかになってそれがつながった」と話す。大阪の宿舎でも毎朝続けている。

精神面での成長も大きい。春まではピンチになると周りが見えなかったが、同じ2年の中堅手・工藤は「今は内野手に声を掛けたり、立ち居振る舞いが変わった」という。前夜は試合のことを考えすぎて寝付けなかったが「でも、勝つイメージが出来上がった」とプラス思考全開だった。

Sponichi 8/22/2013

===

前橋育英・高橋光、防御率ゼロ優勝王手

「高校野球・準決勝、前橋育英4-1日大山形」(21日、甲子園)

初出場の前橋育英(群馬)が日大山形を4‐1で下し、決勝に進出した。高橋光成投手(2年)が7安打1失点で完投勝利。今大会自責点0のまま、優勝に王手をかけた。延岡学園との決勝では91年の大阪桐蔭以来、戦後8校目となる初出場初優勝に挑む。

... 初回から直球を連打されて1死満塁のピンチ。5番・吉岡にも直球を痛打されたが、高橋知の好守で二ゴロ併殺に切り抜けると、以降は修正能力の高さを見せた。スライダーやフォークを軸に打たせてとりつつ、キーマンに挙げた4番・奥村との対戦など、勝負どころではギアチェンジ。九回最後の104球目に、この日最速の142キロを記録。本調子でない中、きっちりまとめた。

ツキも持っていた。六回先頭に二塁打を浴びた際、中継ミスで打者走者が三進。中堅手の失策が記録されたため、次打者の左犠飛で許した失点も自責点にはならなかった。自責ゼロの継続を試合後に知ると「マジっすか?自責1かと思った。ちょっとは意識したので」。にっこり笑って喜んだ。

... 5試合41回を投げて、防御率は0・00のまま。

Daily Sports 8/22/2013

===

高橋光「体だるくて重い」右膝痛も

第95回全国高校野球選手権記念大会は20日、休養日のため試合は行われず、初出場で準決勝に進出した前橋育英(群馬)は、大阪・豊中市内で約1時間30分の練習を行った。

エース右腕・高橋光成投手(2年)は、前日の準々決勝・常総学院戦で自打球を右膝に当てた影響もあり、ウオーキングとストレッチに終始。キャッチボールも行わなかった。野手陣はフリー打撃と素振りで感触を確かめる程度の軽いメニューだった。

連投でチームを4強入りに導いた高橋光は「体がだるくて重い感じ。膝は痛い」と、さすがに疲労は隠せない様子。それでも「中1日置けば良くなる。明日には間に合わせる。しっかりケアして、明日はゼロ(無失点)で抑えたい」と、準決勝の日大山形戦へ闘志を燃やしていた。

Daily Sports 8/20/2013

===

【夏の甲子園】前橋育英・高橋光成、ダル&マー超え!2年生3戦防御率0・00

◆第95回全国高校野球選手権大会第11日 ▽3回戦 横浜1─7前橋育英(18日・甲子園) 前橋育英(群馬)の2 年生エース・高橋光成(こうな)が横浜(神奈川)相手に1失点完投勝利。チームを群馬勢初の初出場ベスト8に導いた。バットにボールを当てて捕ゴロに打ち 取るなど、漫画「巨人の星」の大リーグボール1号をほうふつとさせる幸運も発揮。2年生右腕の初登板から3戦で防御率0・00は、東北・ダルビッシュ(レ ンジャーズ)や駒大苫小牧・田中(楽天)も達成出来なかった。連戦となる準々決勝(対常総学院)も目が離せない。

Sports Hochi 8/19/2013

===

前橋育英・高橋光3連続完投で横浜撃破

<全国高校野球選手権:前橋育英7-1横浜>◇18日◇3回戦

前橋育英(群馬)の高橋光成投手(2年)が、強打の横浜打線を1失点に抑え、8強進出を決めた。

初戦、2回戦の1-0完封に続き、126球を投げて、8安打5奪三振で1失点で完投した。

打撃陣は12安打で7得点。高橋は「低め、低めに集めようと思いました。1点取られたのが悔しいです」と、今大会初失点を悔やんだ。

Nikkan Sports 8/18/2013

===

2年生では40年ぶり 前橋育英・高橋光が1―0連続完封

第95回全国高校野球選手権2回戦  前橋育英1―0樟南 (8月16日  甲子園)

9連続三振の次は40年ぶり快挙!初出場の前橋育英(群馬)はエースの高橋光成(こうな)投手(2年)が、樟南(鹿児島)戦で5安打完封勝利。1―0の9回無死二塁のピンチも3者連続三振で切り抜けた。2試合連続の1―0完封は史上7人目で、2年生投手となると、73年夏に怪物・江川卓を擁した作新学院を倒した銚子商・土屋正勝以来。次々に記録を打ち立てる1メートル88の右腕は、18日の3回戦で、強豪・横浜(神奈川)に挑む。

... 12日の岩国商(山口)との1回戦では大会歴代2位の9者連続を含む13奪三振。この日は「調子が悪いので打たせて取ろう」とスライダー、フォーク、カーブをコーナーに投げ分け、8回まで16個のゴロアウトを奪い、三振はわずか3個だった。しかし、最大のピンチでは「気力でちょっと(三振を)狙った」とスイッチが入り、3者連続空振り三振に斬った。

... 1メートル88の長身からこの試合も最速144キロを記録したが、高橋光の長所はテンポにある。冬場は2日に1度、100球連続で捕手からボールを受け取ってすぐに投げる練習を行った。「自分がいい時はテンポがいい。本来のリズムをつくることで、後半に変化球も決まるようになった」という。

≪大会史上7人目≫前橋育英の2年生右腕・高橋光が岩国商戦に続き、1―0で完封。2年生の2試合連続完封は、04年に修徳・斉藤勝がマークして以来。2試合連続の1―0完封となると、76年PL学園・中村誠治以来史上7人目で、2年生では60年大宮・大塚良夫、73年銚子商・土屋正勝が記録して以来40年ぶり3人目となった。

Sponichi 8/17/2013

===

浦学・小島の分も!前橋育英・高橋光、9連続K

第95回全国高校野球選手権大会第5日(岩国商0-1前橋育英、12日、甲子園)新たなドクターKの誕生だ!! 前橋育英(群馬)のエース右腕、高橋光成 (こうな)投手(2年)が1回戦の岩国商(山口)戦で三回から六回にかけての9連続を含む、13三振を奪う快投を演じた。昨夏、松井裕樹投手(神奈川・桐光学園)が樹立した10連続には及ばなかったが、最速145キロの直球に変化球を交えて、大会史上27度目の全員奪三振もマーク。5安打2四球で、1-0での完封勝利を飾った。

巨人・山下スカウト部長 「素材的には申し分のない2年生投手。春の関東大会よりよくなっているし、今後どれだけ成長してくれるかだね」

ソフトバンク・永山部長 「体は大きいし、だいぶまとまってきた。大きな本格派になってくれるよう期待してます」

DeNAの吉田編成・スカウト部長「角度があるし、ゆったりしたフォームから投げ込んでくる。球持ちもいい」

オリックス・古屋国内グループ長 「安楽(済美)、小島(浦和学院)、伊藤(横浜)と2年生に楽しみな投手が多い中、すでに活躍している藤浪(現阪神)、大谷(現日本ハム)のような大型右腕として楽しみ」

広島・高山スカウト 「県大会でも見たことがない投球をここ(甲子園)でした。150キロ以上を投げられるようになるだろうし、本当は目立ってほしくない逸材」

Sanspo 8/13/2013

===

前橋育英・高橋光が9者連続含む13K

「全国高校野球・1回戦、前橋育英1-0岩国商」(12日、甲子園)

... 聖地のマウンドで背番号1が躍動した。高橋光が岩国商打線を翻弄。9者連続奪三振を含め、先発全員から三振を奪取。9回5安打13奪三振の完封勝利だ。

... 奪三振ショーの幕開けは三回だった。1死二塁、中川雄貴内野手(3年)から見逃し三振を奪うと、六回1死まで9者連続Kをマークした。

... この日は最速145キロの直球を軸にカーブ、スライダー、フォークを低めに集めた。試合前には「コントロールに気をつけていきたい」と話していた通り、低めへの制球も抜群だった。

Daily Sports 8/12/2013

===

ニューヒーロー現る!前橋育英・高橋光「意識せず」9連続K

第95回全国高校野球選手権大会1回戦  前橋育英1―0岩国商 (8月12日  甲子園)

... 昨夏、桐光学園・松井が初戦(1回戦)の今治西戦で記録した10連続奪三振まであと1と迫った前橋育英・高橋光だが「(記録は)知らなかった。三振を取りたいという気持ちはあるけど、そんなに意識していない」と、淡々と振り返った。

記録は相手の打者がセーフティーバントを試みたことで途切れたが、高橋光は打球を冷静に処理、悔しそうな素ぶりは見せなかった。味方が4回に挙げた1点を守り抜いて5安打13K完封。

... 1メートル88の長身右腕。群馬大会では6試合38回で36奪三振で荒井監督は「三振を取れる投手ではあるけど、まさか大舞台でこれほどの投球をするとは」と驚くほどの快投。

Sponichi 8/12/2013

===

【群馬】前橋育英、夏の甲子園初切符!エース・高橋光が4安打9K完封

◆第95回高校野球選手権群馬大会 ▽決勝 前橋育英3―0東農大二(28日・上毛新聞敷島球場) 前橋育英が東農大二を3―0で破り、夏の甲子園初出場を決めた。2年生エース・高橋光成(こうな)が自己最速を4キロ更新する148キロをマークするなど、4安打3四死球9奪三振で完封。

... 万感を込めて右腕を振り抜いた。3点リードの9回2死。109球目、高橋光の投じたこん身の直球に、球審の右腕が上がった。スコアボードには「148」の 表示。自己最速を4キロも上回っての見逃し三振締めだ。大歓声が降り注ぐ中、メンバー最長身188センチの背番号1は、あっという間に歓喜の輪の中に消え た。

Sports Hochi 7/29/2013

===

前橋育英 夏の甲子園初出場/群馬大会

<高校野球群馬大会:前橋育英3-0東農大二>◇28日◇決勝◇上毛新聞敷島球場

... 先発したエース右腕・高橋光成(こうな)投手(2年)が今大会、初完封の力投を見せた。9奪三振で東農大二打線を封じ込めた。最後の打者を自己最速を4キロ更新する、148キロの直球で見逃し三振を奪うと、マウンド場で雄たけびをあげた。試合後、高橋は「最高です。甲子園では150キロ投げたい」と興奮気味に話した。

Nikkan Sports 7/28/2013

===

前橋育英 2年生エースが完封&ソロ本塁打

群馬決勝  前橋育英3―0東農大二 (7月28日  上毛新聞敷島)

... 前日の準決勝に続く登板でスタミナを考え、力まずにコーナーを丁寧に攻めた。7回に1死満塁のピンチを迎えるも、後続を断ち完封した。

2点を先制した後の4回には、自らリードを広げるソロ本塁打。最後の打者からは、自己最速となる148キロの直球で見逃し三振を奪い「ピンチでも落ち着いて投げることができた。(甲子園では)自分に負けないようにしたい」と笑顔で話した。

Sponichi 7/28/2013

===

前橋育英・高橋好投で初の決勝/群馬大会

<高校野球群馬大会:前橋育英5-1樹徳>◇27日◇準決勝◇上毛新聞敷島球場

前橋育英が、エース右腕・高橋光成(こうな)投手(2年)の好投で、夏の大会初の決勝へと進んだ。

188センチの長身から、自己最速の144キロの直球を投げ、スライダーやフォークを交える投球で8奪三振で樹徳打線を押さえ込んだ。

Nikkan Sports 7/27/2013

===

ドラフト・レポート

===

Comments Off on 高橋 光成 (前橋育英)