Welcome to Yakyubaka.com

Tag: 関谷 亮太

関谷 亮太 (JR東日本)

by on Oct.15, 2012 @ 7:49 pm, under Scrapbook, 高校・大学・社会人
Tags: , ,

関谷 亮太 (JR東日本)
せきや・りょうた

180cm / 76kg
R / R

===

JR東日本・関谷を阪神など7球団視察

「社会人野球・東京都企業秋季大会、JR東日本4-3NTT東日本」(23日、大田スタジアム)

JR東日本の今秋ドラフト候補・関谷亮太投手(24)が、東京都企業秋季大会準決勝のNTT東日本戦に登板し、阪神を含む7球団のスカウトが視察した。

八回無死一塁から救援し、2回を無安打無失点。落差のあるチェンジアップで3者連続を含む4三振を奪った最速148キロ右腕は「キレがよかった」と自賛。DeNAの吉田スカウト部部長は「真っすぐも速いし、チェンジアップがいい」と評価した。

Daily Sports 9/24/2015

===

今秋ドラフト“台風の目”候補 JR東日本・関谷にスカウト熱視線

6日に神宮球場で行われた社会人と東京六大学野球との対抗戦で、JR東日本のエース・関谷亮太投手(23)が早大を6回1安打無失点。チームを6-3の勝利に導いた右腕に、ネット裏のプロスカウトたちが熱視線を送った。

許した安打はわずかに1本、四球も1つ。直球は140キロ台前半がほとんどだったが、7三振を奪うなど球速表示以上の球威を披露した。

... 日本ハムの大渕スカウトディレクターは「角度のある直球を高低に投げられる。同じ腕の振りから低めにフォークとチェンジアップもある。高低で勝負できる本格派といっていい。3月の大会の時はよくなかったが、今日は1安打。素晴らしいよ」と高評価だ。

ZakZak 4/8/2015

===

明大 関谷 2戦連続完封!自己最多15K 逆転Vあきらめん

東京六大学野球第6週第2日  明大4―0慶大 (5月19日  神宮)

明大の4年生右腕・関谷が自己最多の15三振を奪い、2試合連続完封勝利を挙げた。

7安打を許したが、140キロ台中盤の直球と120キロ台のチェンジアップで緩急を生かし「真っすぐが走っていたから変化球が生きた」と満足そうに振り返った。20日の慶大3回戦に勝利すれば法大と勝ち点4で並び、25日からの直接対決に持ち込める。善波達也監督は「何とかつなげた。勝って、法大にチャレンジしたい」と意気込んだ。

Sponichi 5/20/2013

===

明大・関谷が毎回15K完封/東京6大学

<東京6大学野球:明大4-0慶大>◇第6週第2日◇19日◇神宮

明大は右腕関谷亮太投手(4年=日大三)が2試合連続完封。優勝の望みをつなぐ会心の投球を「真っすぐが走っていたので、変化球が余計に生きた」と振り返った。

力強い直球とチェンジアップを武器に「狙って取れた」という三振は毎回の15を数えた。善波監督は「あした(3回戦)も放ってもらわなくては。フル回転で何とか慶応に勝って法政に挑戦したい」と話した。

Nikkan Sports 5/19/2013

===

明大・関谷が10回無失点/東京6大学

<東京6大学野球:明大0-0慶大>◇第6週3日目◇15日◇神宮

明大が延長12回、0-0で慶大と引き分けた。先発の関谷亮太投手(3年=日大三)が10回まで144球を投げ、2安打無失点。10回に3者連続 三振を奪うなど、底知れぬスタミナを見せた。「序盤は調子が悪かったけど、テンポよく投げられて、波に乗れた。直球が走っていなかったので、コースを突い ていこうと。焦りはなかった」と振り返った。

関谷は5四死球を出したが、いずれもコースを突いた球が微妙に外れたもの。善波達也監督(50)は「関谷は、ちょこちょこ四球を出したけど、大事な試合なので丁寧に、よく放ってくれたということ。ナイスピッチングでした」と絶賛していた。

Nikkan Sports 10/15/2012

===

ドラフト・レポート

=== 

Comments Off on 関谷 亮太 (JR東日本)